トップへ

【拡張不要】アナルにバイブやエネマグラを無理なく挿入するコツ

カテゴリ疑問・悩み(男女共通)タグ

アナルのイメージ

アナルオナニーは基本的に男性がハマる方法ですが(前立腺オナニーがあるから)、女性も膣と同時にバイブを挿れたり、彼氏に挿れられたりがありますよね。

そこで問題になるのがアナルの「キツさ」です。入らない、入るけど痛い。そこで拡張しないとって。

ただ、

  • アナルを拡張したら緩くなって戻らなくなるのでは?
  • 拡張ってどこまでやればいいの?

などが気になると思います。

ですが、アナル拡張は必要ありません。

そんなことをしなくても、アナル用のバイブやエネマグラ(アネロス)程度の太さなら、拡張リスクなしで痛みゼロで挿入可能です。

終わった後にお尻が痛くなるなんてこともありません。

アナル拡張が必要ない理由

相当太いものを出し入れするならアナル拡張は必要でしょう。

ですが、拡張と言っても実際は「リラックスできるかどうか」で、ほとんどの場合は本当に緩くなるわけじゃありません。

普段の大便のほうが遥かに太い

アナルバイブは膣のバイブより細めで、だいたい直径2~3cm強です。

では私達が排便する便の太さ。これって何cmあるかというと、そりゃもう5cm以上もあるわけです。

カチカチの太い便だと切れ痔になることがありますが、普通は何事もなく出てきます。

バイブやエネマグラが入りづらいのは緊張が理由

なぜ便だとスッと出て、アナルバイブやエネマグラは入りづらいのか?

というと、便が出るという行為に違和感も緊張感もないからです。

しかし、痔になっている人は出血が怖いので、緊張して肛門の開き具合が悪くなります。だから余計に出にくい。

外からアナルバイブやエネマグラを挿入する場合、人生において明らかに経験がない行為です。だから多少繰り返して慣れたつもりでも、どうしても体が、というかアナルが勝手に緊張して挿入を拒否してしまいます。

緊張以外にアナルがきつい理由

アナル(肛門)は排出器官だから

アナルは本来、排出器官であって何かを挿入するように作られていません。

だから外から入ろうとするモノを迎える構造になっていません。

実際に見たことがある人は少ないでしょうが、便が肛門から出るとき、内部の直腸組織は出てきません。

でも、外からアナルバイブやエネマグラを無理に挿入しようとした場合、肛門周りの薄い皮膚が体の中に引き込まれるように引っ張られます。

これで分かるように、本来外から迎え入れるようにできていないのです。アナルバイブやエネマグラを挿入するのは人類にとって想定外。

純粋に肛門が狭い人もいる

人は体格が違うと食べる量も違います。

またそれに伴い出る便の量も違います。

口の大きさがみんな違うように、やはり肛門のサイズも違います。

普段の最大で開く直径サイズが狭い人は、同じリラックス量でも開く肛門直径が狭くなります。だからキツイと感じます。

よっぽど太いものを挿れない限りはみんな問題なく入るはずですが、多少の個人差はあるものと考えればいいでしょう。

アナル拡張なしで自然に楽に挿入可能にする事前準備

アナルがキツイ、痛いと言っている人のほとんどは、事前のリラックス準備が足りないだけです。

一旦気持ちを落ち着かせてじっくりやってみてください。

最初は面倒ですが、慣れてくるとこういった準備作業が短縮できます。そうなればストレスも痛みもフリーです。

1.ローションは肛門表側にも必要

アナルバイブやエネマグラを挿入する際、「痛っ!」となるのはアナル内部だけじゃありません。

肛門入り口表面の薄い皮膚。

これが引っ張られることでもなります。

特にここが乾燥しているとピリッと破けやすくなり切れ痔になります。

顔の皮膚が乾燥していると荒れやすい、切れやすいように、肛門周りの皮膚も保湿が必要です。

やや広めに、アナル周辺にローションを馴染ませる。これで切れ痔を防ぐことができます。

2.肛門表側を揉む

挿入を楽にするにはアナルの拡張、広さが重要と考えられがち。

ですが、実際にはアナル表面の皮膚から硬さは始まっています。

だから肛門表面をグリグリとマッサージしてほぐすだけで、一気に挿入しやすくなります。

肛門周りを人差し指でグーリグリと回すように揉みほぐすだけです。これで挿入難易度は一気に落ちます。

3.ローションを人差し指で押し込む

アナルに挿入

アナルは締め付けが強いので、膣と違ってローションが中に入りません。

ですがリラックスしたアナルなら可能。

コツは、人差し指や中指などを挿入する際に、ローションを指先端で中に押し込むイメージ。

肛門周りに余ったローションを指で穴に寄せ集めて、そのまま押し込みます。

こうすると、次第にリラックスしてきたアナルの中にローションがうまく入っていき、アナルバイブやエネマグラが入りやすくなります。

4.腹筋から力を抜いて脱力しながらやる

アナルプレイの女性

自分でアナルを触ったり挿入する場合、姿勢的にどうしても腹筋に力が入りがち。

腹筋を意識的に緩めるだけでアナルも緩みます。

エネマグラ(アネロス)を使った人なら分かるはずですが、呼吸の際に動くお腹の動きでエネマグラが動きますよね。つまり連動しているということ。

だからお腹に力が入っているとアナルも引き締まって抵抗します。

アナルを緩めるのは意識的に難しいですが、腹筋を緩めるというのならできますよね。それでO.K.です。

アナルバイブやエネマグラを無理なく痛みなしで挿れる方法

アナルに人指し指がストレスなくスポスポ入るようになるはずです。

そこまで来たら挿れたいものを挿入。NEXUS REVOのような太めのものでも、以下の手順を守れば入ります。

ただ最初は痛みを感じるでしょう。その痛みを感じる手前で一度引き抜きやり直すのがコツ。

1.止まったらそれ以上押し込まない

目的のものをアナルに挿入すると、早い段階でグッと止まってしまうでしょう。

そこから押し込もうとすると、ビキッ!とした独特の痛みが走ります。

そこまで押し込む前に、そのかなり手前の段階で一旦諦めます。我慢したら入るとか緩くなるとかは絶対にありません。

最初に書いたように、入らないのはアナルが緊張しているからです。拡張が足りないからではありませんので。

2.一度抜いてローションを足す

止まったら一度抜いて、アナルバイブやエネマグラにローションが付いているか確認しましょう。だいたい取れていると思います。

だから少量、またローションを追加して再度挿入開始。

3.再度挿入し、止まるところで引き抜く

アナルに器具を挿入

さっきより若干入るはずです。

でもまた止まります。

そしたらまた抜きます。

ローションを確認して、濡れているようなら追加しなくて大丈夫。取れているようならローション追加。

この止まっては抜いてを繰り返すのが、一番痛みも負担もなく挿入できる方法です。

なぜなら、次第にアナルがほぐれてくるからです。緊張がなくなってきて自然に緩んできます。

一時的に緩んでいるだけなので拡張ではありません。だから肛門がゆるくなって便が漏れるとかのリスクはありません。

4.進まなくなったら角度を変える

ただ、NEXUS REVOのように太めのものの場合、何度繰り返しても同じところで止まってしまうことがあります。

こんな場合、アナルバイブやエネマグラの頭を、お腹側に角度をつけることで入りやすくなります。

場合によっては逆。背中側に頭を傾けたり、とにかく前後角度を付けて挿入してみてください。

ある角度で、押し込んでいくと痛みがなくて入っていくポイントがあります。

これは直腸が完全に真っ直ぐでないのと、その角度が自分ではイマイチよく分からないため、いつの間にか直腸の壁に向かってバイブの頭などを突き進めているため入らない、痛い思いをしているのです。

詰まったら角度を変える。

これは覚えておいて損がありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。
オナニーのネタ・おかず情報
【お試し付き】FATEY~スマホで見せつけオナニー
スマホカメラで女性に自分のオナニーを見てもらえるサービス。風俗だとオナクラに該当。お店に行かなくてもその場でかわいい女の子に射精の瞬間まで見せつけられます。アブノーマルなオナニーもO.K. ライブチャットと違い、オナニー専用なので消費するポイント量が少なくて安上がりです。1回分くらいのポイントがお試しできます。

関連ページ