トップへ

【店舗・手段別】アダルトグッズの購入がバレる確率・危険度

カテゴリ疑問・悩み(男女共通)タグ

アダルトグッズの梱包様子

アダルトグッズを買いたい!

でも恥ずかしい!誰にもバレたくない!

誰もが心配する他人バレのリスク。

ではどんな場面、手段、状況でアダルトグッズ購入がバレるのか?可能性として考えられる全てを整理します。

最もバレないアダルトグッズの買い方はこちら

★が多いほどバレる危険性が高いです。

【危険度★★★★★】リアル店舗で買う

  • 昔からあるいかにもな大人のおもちゃ点
  • ドン・キホーテ
  • 信長書店などのDVD販売店

リアル店舗でアダルトグッズを買うならこのどれかでしょう。

最新のグッズを買うなら昔からある店舗はなしですね。

ネットで物色するのと違って、商品を手にとって見るのは楽しいし興奮モノ。カップルが「今晩これ使ってみようよ?」「えぇ~」というシーンを見ると退室したくなる現象はなんなのでしょうか。

昔からある大人のおもちゃ店

意外と国道・県道沿いにあったりして、しかも周辺にお店がなかったりで思ったより目立ちます。

地元のお店に入店・退店すると、その地元の知り合いに偶然発見される可能性はあります。

ただ単にアダルトグッズを買ったかどうかより、そういったお店に出入りしていることが恥ずかしく思っちゃうでしょう。

ドン・キホーテ

ドン・キホーテのフロア一角。だいたい角の奥に18禁のノレンがかかっているエリアがあります。その奥がアダルトグッズコーナーです。

ネットで売っているものと同じ最新のアダルトグッズが多く並んでいます。

価格はドン・キホーテだからって特別安いわけじゃありませんが、ドン・キホーテなので気軽に入りやすいメリットがあります。

アダルトグッズコーナーは目立ちにくい場所にあるので、知り合いに見つかる可能性はかなり低いでしょう。仮にアダルトグッズコーナー内で鉢合わせてもお互い様ですしね。

ただ地元だと、知り合いが店員をやっているなんてことも。

アダルトグッズコーナーからレジまで知り合いに見つからず、かつレジ打ち担当が知り合いじゃないことが条件。そこをクリアすれば、何を購入したのかは分かりません。ドンキですからね。

もし見つかった場合は、男性なら

「彼女に使うんだよ!」

という言い訳は、ウソっぽく聞こえるのであまり効果的じゃないでしょう。

信長書店

店先は普通の雑誌を並べているけど、店内をちょっと進めばエロ本だらけ。

そして一部にアダルトグッズコーナーがあります。

品揃えは店舗の規模次第。まずまずといったところでしょう。

店員さんは間違いなく男性なので、ドン・キホーテで女性店員に見られる恥ずかしさはありません。

ただ、店内で知り合いに会う可能性は捨てきれません。

ちなみにアダルトグッズの何かを万引きして捕まった人がいましたが、頑なに何を盗ったのか見せようとしていませんでした。まあ、そりゃそうか。

【危険度★☆☆☆☆】Amazon(アマゾン)

Amazonが商品を用意して在庫管理し、Amazonが発送するケースです。

後に説明している、Amazon以外の第三者が商品在庫を持っているケースとは違います。

1.ほしいものリストにアダルトグッズは登録しなければ安心

昔、「ほしいものリスト」が他人から見えるという騒ぎがありました。

もしアダルトグッズを後で買おうとウィッシュリストに入れていた場合、場合によっては誰がそのアカウントを使っているのか判明するというものでした。

まあ登録しているメールアドレスが誰のアドレスか知っていたら分かる、という話でしたけどね。個人情報漏れってわけではなかったのかと。

それでも、ほしいものリストを公開している人は、設定次第で自分の住所氏名がバレます。

もしほしいものリストをブログなどで公開しているなら、設定で偽名にするなどの設定変更が必須。

それでなくても、前回の事件みたにAmazon側の設定変更によって意図せずバレる可能性もあります。アダルトグッズはほしいものリストに入れない。これが一番の対策です。

2.もし個人情報(購入履歴)が流出したらバレる

Amazonはアカウントに購入履歴が残ります。どの通販サイトもそうですが。

そして毎年ニュースで聞くのがAmazon以外の通販サイトやサービスサイトの「個人情報流出」大騒ぎ。

Amazonでは過去にメールアドレスが流出した事件がありました。ただそれだけで購入履歴までは分かりません。

Amazonが「技術的エラー」でユーザーの名前とメアドを流出させたことが発覚、現在は修正済み

パスワードまで漏れていたら別ですが。

仮にパスワードとセットで流出したとしても、情報を手に入れた人が、誰が何を買ったのかがネットに公表されるようなことは考えにくいでしょう。

購入履歴の個人情報は、誰が何を買っているかが分かりますが、その利用価値は広告配信に利用したり、顧客行動のデータとしてです。

つまり、オナホを何個も買っている人なら次もオナホを買うだろう。だからオナホの広告を見せようとかです。

Facebookは裏で個人情報としての行動パターンを企業に売却していたことが発覚し大騒ぎになりました。個人情報というのはお金を稼ぐのに価値があり、基本的に愉快犯がハッキングまでして晒すような種類ではありません。

基本的に心配しても意味がないでしょうね。

3.Amazonのバイトスタッフにバレている?

じゃあAmazonの配送センターのスタッフって、どこの誰に何を届けるのか知ってるじゃないの?

って疑問。

これについては、2ch(5ch)掲示板の書き込みで、Amazonでバイトをしている人が

「誰が買ったのかは分かる。住所は分からないけど」

という発言を残しています。

Amazonの倉庫でアルバイトしてるけど質問ある?

ですが、Amazonはアメリカの企業。とにかく個人情報については厳しい社会です(言うてもFacebookとか結構やらかしてますが)。名前まで分かるようになっているのかな?という疑問があるため、個人的には分からないだろうと思っています。

あと……

Amazonでの配送業務はダンボールに指定された商品を放り込んでいくのですが、発送先の住所氏名を確認して行う作業じゃないです。ひたすら機械的に、端末から支持された場所に移動して商品を回収するだけ。

そしてクソ忙しいので、仮に住所氏名を見れる環境があったとしても見てられないです。発送業務のアルバイトをしたことがある人なら分かるでしょうが、正直なんにも興味ないですよ?誰が買ったとか。そんな暇はないです……

【危険度★★★☆☆】Amazonの出品者から購入(マーケットプレイス・FBA)

Amazon自体が販売者ではない商品も多数あります。

アダルトグッズも例に漏れず。

パターンは、

  • マーケットプレイス
  • FBA(フルフィルメント by Amazon)

の2種類。

どちらも個人情報は出品者に伝わっています。オナホやバイブをどこの誰が買ったのかはバレていますよ。

1.マーケットプレイス出品者は知らない第三者

Amazonでは、

  • Amazonが管理販売する
  • 第三者がAmazonのシステムを利用して販売する

の2種類があります。

どちらもAmazonから買うので一見同じですが、個人情報の渡り方が違います。

Amazonにアダルトグッズを買った記録が残るのは仕方がありませんが、どこの誰か分からない人・企業に知られるのはどうでしょうか?

Amazonのマーケットプレイスは、あなたがアダルトグッズを買ったことが、どこの誰か分からないショップや個人に住所氏名ごと伝わっています。

Amazonの出品者例

こんな風に、Amazon以外の出品者(下の段)から購入すると、この出品者に住所氏名が伝わります。

なぜなら、このお店から発送するのですから、住所氏名と何を買ったかは当然必要だからです。

注意が必要なのは、上段は必ずしもAmazonが販売者の場合とは限りません。Amazonに在庫がない場合、マーケットプレイス出品者が上段に出ているときもあります。Amazonが販売する商品だと勘違いしやすいです。

2.Amazon配送(FBA)でも住所氏名はバレている

「この商品は、○○○○○が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 」

これはFBAと呼ばれるシステムで販売されていることを示しています。

FBAの出品例

FBAとは、Amazonに在庫の管理から出荷、その他クレーム受付までとにかく何でもやってくれるサービスです。出品者は商品をAmazonに送るだけで商売ができます。

これだとAmazon側だけに住所氏名が伝わっているように思えますよね?

でも違うんです。バッチリ住所氏名が出品者に連絡されています。

FBA出品者に伝わっている個人情報の内容はここで確認できます。

FBA在庫出荷レポート

FBAで出品者に伝わる個人情報

プライバシーポリシーとして伝わらないのは電話番号だけ。どこの誰か、何を買ったかはバッチリ連絡されている証拠です。

FBAだ、Amazonが集荷配送しているから安心だ♪

とはならないので注意してください。

【危険度★☆☆☆☆】ネットオークション・フリマアプリ

意外かもしれませんが、アダルトグッズ、特にA10サイクロンSAなど高価なアダルトグッズはフリマアプリで出品されていることがあります。

まあ、あまりありませんが、A10サイクロンSAはオナホ部分だけ新品にすれば不快でもありませんしね。

1.匿名配送なら分からない

  • ヤフオク・楽天なら匿名配送(ヤマト・ゆうパック)
  • メルカリはメルカリ便(ゆうパック)

で配送してもらえる出品者・出品物なら、どこの誰かは一切分かりません。

2.匿名配送がないアプリ・個人間取引サイトでもメルアド宅配便を使えば可能

フリマアプリ以外は匿名配送に対応していないことがほとんどです。

この場合でも、

メルアド宅配便

というサービスを使えば匿名配送が可能です。

ただ出品者が協力してくれる必要があります。

また、

  • 到着が遅い
  • 佐川の集荷しか使えない
  • 送料がちょっと高い

といったデメリットがありあmす。

3.【注意】返品する場合は住所氏名を相手に伝える必要がある

匿名配送を使えばフリマアプリでも安心してアダルトグッズを買えます。

ですが、返品する場合は匿名配送を使えません。

先ほどのメルアド宅配便を使えば返品も匿名配送可能ですが、だいたい返品になるときは出品者とトラブっていることが多いですよね。

となると、相手も匿名配送に協力してくれるかどうか怪しいです。

もし仮に、A10サイクロンSAやU.F.O.SAみたいな数万円するアダルトグッズの場合、電動だと故障している出品物だったなんて可能性もあります。

そうなると、いい勉強だと思って諦めるか、個人情報を晒してでもお金を取り返すかになります。

【可能性★☆☆☆☆】家族・近所の人にバレる可能性

アダルトグッズを手元に無事手に入れるまでは、まだ難関があります。

ネット通販の場合は自宅に、または局留めなどで誰にもバレずに受け取るミッションが残っています。

店から発送されたもう安心♪

とは案外とならないんです。

家族に中身を勝手に開封されてバレる

自宅に宅配してもらった場合、家族と同居しているとありうるリスクです。

家族の人によりますが、人の荷物を勝手に開けてしまう人がいます。たとえ家族でもこれはダメな行為ですが、これを平気でやってしまう人が意外といます。

特にAmazonのダンボール箱だと開けられやすいので注意。家族もAmazonを利用することがあると危険です。

Amazonの送り状の文字はかなり小さく、誰宛てかよく確認しないまま開封されるので気をつけたほうがいいです。

誤配で他人に開封される

これは怖いです。

郵便でもヤマトや佐川の宅配でも誤配というのは起こりえます。かなり確認されますが、ヒューマンエラーはありえます。

また受け取った人も宛名や送り主を特に確認せずに開封してしまう人が結構います。なので開けてから「あっ……」となる可能性は十分あります。

もし誤配されて、誤配先の人も気づかず開封。

でてきたのが、いかついバイブや、エロエロな巨大オナホだった……

となったら、考えられる行動は2つ。

  • 宅配業者に連絡して回収してもらう
  • バツが悪すぎて黙っている(犯罪になりますが)

宅配業者が誤配を回収するのはいいのですが、誤配ということは近所の誰かに配送されたわけです。

そう考えると、顔をお互いに知っている可能性もありますし、知らなくても住所を知っちゃうので、

「あ、あの人なんだ」

と思われている可能性も……

特に年末は注意です。

なぜなら超繁忙期でアルバイトが届ける可能性が結構あるからです。だから確認ミスなどで隣の家になど間違って訪問する確率がグンと上がります。この時期はコンビニ受取や郵便局留めが安心でしょうね。

【可能性★☆☆☆☆】宅配業者の配送員にバレる可能性

ほぼ心配は不要です。

ただし、購入する先によっては、

  • 梱包がむき出し(中身がバレる)
  • 伝票の商品名にアダルトグッズと分かる名前の記載
  • 発送元がアダルトグッズショップと分かる名前の記載

といった状況でバレる可能性があります。

当然、コンビニ受取、郵便局留め・ヤマトや佐川の営業所留めの場合もそうです。

梱包がむき出し(中身がバレる)

アダルトグッズ専門ショップは無地箱が基本。

NLSに至っては、開封しても黒のビニールでさらに隠されていて完璧。

AmazonもAmazonが配送する商品なら、おなじみのAmazon段ボール箱です。

しかし、ヤフオクやフリマアプリ、さらにAmazonのマーケットプレイスは注意。

個人やショップが直に発送するので、梱包の仕方は一律ではありません。

ほんと、嫌がらせみたいに中身が見える状態で送ってくる人、業者がいます。

Amazonの口コミで、アダルトグッズのパッケージそのままで送られてきたなんて悲惨な内容もあります。

これは配送員個人にバレるのはもちろん、ヤマトや佐川、TGS、郵便局などの集配センター、店舗でも話題になること必至です。最悪ですよ、これは。

そして注意したいのは、大型のアダルトグッズです。

これはAmazonでも商品の段ボール箱そのままで発送される確率が若干あります。

なぜなら、TVなどの家電の場合、ソニーとか東芝とか書かれた商品段ボール箱そのままに発送伝票が貼り付けられるからです。

18歳未満禁止確認がある商品は、通常はそのまま発送はありません。

ですが、大型商品はAmazonで買わないほうが安心です。

大型商品というのは、だいたい家電で言うと炊飯器や掃除機くらいのサイズからです。

ティファールの電気ケトルくらいなら、何度買ってもAmazon段ボール箱入りでした。でも炊飯器サイズはそのまま来ることがありましたね。

ただ、ラブドールみたいに、メーカー側のパッケージが無機質な商品はそのまま来ても大丈夫です。何も書いていないし、透明フィルムで中身が見えるようになっていることもまずありませんので。

ただ、アダルトグッズショップで陳列されているような状態のパッケージの商品だと危険。

さすがに大型オナホはそのまま来ないでしょうが、ストンピングラブボールなんかは見た目がエロエロじゃないので結構危険だと思います。

梱包が甘くて隙間から見える

実際に報告された事例。

Amazonの段ボール箱に入っているものの、梱包のテープが緩くて、隙間がガッポリ開いていて中身が見える状態だったケース。

しかもコンビニ受取をしていしていたため、コンビニ店員に笑われるなんて悲惨な事態に。

Amazonの場合は機械的にじゃんじゃん発送しているので、たまに梱包が甘いケースが出てきてもおかしくありません。滅多にありませんが。

その点でアダルトグッズショップはプライバシー保護に命をかけています。もしこういった事例が起きたら一発で信用を失うからです。

この可能性を見てもアダルトグッズ専門ショップから買うのがベターと言えますね。

箱の破損で中身が見える

こっちのほうがよくあります。

特に大雨の日です。

段ボール箱は雨に濡れるとヘニャヘニャになって破けたり凹んだりします。

それで穴が開いたり箱が潰れていると、配送業者はそれを補修します。

状況によっては、その時点で中身が丸見えです。

もっと最悪なのが、家族が受け取った際に、

配送員の人「箱が潰れていて補修したんですが、もし中身に不具合あったら言ってください」

家族の誰か「あぁ。じゃあちょっと開けてみますね」

配送員の人・家族「………」

こんなことになると、家族と配送員の両方にバレるというWコンボを喰らいます。

これもアダルトグッズ専門ショップなら、NLSなんかはかなり厚い段ボール箱。しかも黒ビニールで中身を梱包。絶対にこのケースも起きませんよね。

伝票の商品名にアダルトグッズと分かる名前の記載

アダルトグッズの専門ショップは、だいたい初期設定は「PC部品」です。

自分で好きな商品名に変更できます。

Amazonの場合は商品名は書かれていません。

代わりにShipIDという英数字が記載されていますが、これはAmazon側での管理番号なので中身は特定できません。

ただマーケットプレイスの場合は、各出品者が独自で発送します。だから商品名に、PC上で表示された商品名をそのまんま記載する人、業者もいます。

発送元がアダルトグッズショップと分かる名前の記載

アダルトグッズ専門ショップはプライバシー配慮から、発送元の名前は個人名か架空の業者名。もしくは発送代行センターの名前です。

NLSに至っては発送元の名前も変えることができます。

まずアダルトグッズ専門ショップは安心です。

Amazonは、Amazon発送なら当然Amazonの配送センターが送り元です。FBAもそうです。

マーケットプレイスは当然違います。個人名やお店の名前がそのまま記載されます。

ですがアダルトグッズショップが出品者の場合、さすがにそのままは記載してこないですけどね。

アダルトグッズ専門ショップのスタッフにバレる可能性

1.スタッフに知り合いがいたらバレる可能性がある

アダルトグッズ専門ショップはAmazonみたいにスタッフの人数が多くありません。多くてせいぜい全体で数十人程度。

  • その中に知り合いがいる
  • 住所・氏名を偶然見る

といった可能性はありえます。

ただ、

  • 氏名だけ

なら同一人物かどうか分かりません。同姓同名は普通にいますし、相当珍しい名前なら別でしょうが……

だから気になるなら、Amazonじゃなくてアダルトグッズ専門ショップで、郵便局留めやコンビニ受け取りを指定すればO.K.です。これなら氏名だけでO.K.まあ、もっと言うと偽名でも受け取れます。

ただ、よっぽど暇なアダルトグッズショップならともかく、大手、例えばNLSみたいなショップなんかはクソ忙しいので、どこの誰に発送するとかは気にしていられません。

私は郵便局、ヤマトの配達アルバイトをしていましたが、発送伝票の名前なんて全く気にしていませんでした。そんな余裕も興味もなかったです。実際にやってみれば分かりますよ。

ましてや、受注スタッフ、配送スタッフくらいしか氏名は見ません。さらにバレる可能性は潰されます。

そしてまともなアダルトグッズ専門ショップほど、個人情報管理に厳しくやっており、スタッフの入れ替わりも少ないです。だから外に個人情報が漏れる可能性も低いです。

2.経営がヤバイお店は個人情報リストが売られる恐れがある

昔、倒産したアダルトグッズショップから顧客リストが流出したって話がありました。

おそらく少しでも金にしようとして売ったんだろうと。

この意味では、倒産しそうなマイナーアダルトグッズショップで、がっつり住所氏名を登録して買わないほうがいいって話ですよね。

アダルトグッズ業界は人気ショップが絞られているのは、やはり安心感は新興ショップでは積み上げられないから。なんだかんだでみんな大手で買うからです。

大手はさらに経営が安定。余計なことをしなくなる、個人情報はもっと気を使うってことでより安心に。

だから人気の大手アダルトグッズショップで買う、心配性ならNLSの一時登録で個人情報をショップに残さない。これでまず大丈夫です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オナニーのネタ・おかず情報
【お試し付き】FATEY~スマホで見せつけオナニー
スマホカメラで女性に自分のオナニーを見てもらえるサービス。風俗だとオナクラに該当。お店に行かなくてもその場でかわいい女の子に射精の瞬間まで見せつけられます。アブノーマルなオナニーもO.K. ライブチャットと違い、オナニー専用なので消費するポイント量が少なくて安上がりです。1回分くらいのポイントがお試しできます。その他一覧はこちら
アダルトグッズ特集
本当に気持ちいいおすすめ電動オナニーホール
オナニーの虚しさ、物足りなさがなくなります。自分で動かさない。たったそれだけで気持ちよさが断然変わります。
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ