トップへ

オナニーすると精子の質が上がり子作りがうまくいく

カテゴリ疑問・悩み(男女共通)タグ

子供を作りたければオナニー

男女の悩みで性的な悩みはセックスだけではありません。オナニーも関係しているのです。

なかなか子宝に恵まれない夫婦もたくさんいるでしょう。そんな夫婦はひたすらセックスに励むことになると思います。

もし旦那がオナニーなんかしてたら、それをセックスに回せ!と奥さんは激怒することでしょう。

しかし、そのオナニーは、実は子作りに効果的だったのです!!

オナニーで精子が強くなる

その内容はニューズウィークのアメリカの選挙活動に関連した中で触れられています。

「マスターベーション反対運動の嘘」ニューズウィーク日本版

この記事によると、男性はオナニーにより一定ペース以上で射精すると、精子の質と射精後の生存率がアップします。

結果、子作り・妊娠率が上がることになり、さらに質の良さが健康な赤ちゃんを作るそうです。

しかも不思議なことがあります。オナニーして射精した後にセックスした場合、セックス時の射精は当然精液の量が減ります。しかし、その生存率はオナニー前と変わらないという実験結果があるようです。

つまりオナニーは精子の質を上げる効果があり、オナニーするをすることは子作りを妨げることではないというのです。

全く射精しないより、一定以上射精したほうがいいということです。もちろん、ここでは精子の質、子作りに関しての話でその他の影響に関しては触れられていません。

俺は昨日ヘビを操つったんだぜ!!

記事前半には面白い記述もあります。

オナニーの別名には、「マスをかく」「センズリ」なんてことが言われますが、アメリカ?では「サルを叩く」「ヘビを操る」とか表現するそうです。サルはともかく蛇?やはり欧米人はデカイんですかね。それとやはり日本人に比べて柔らかいということでしょうか。

まさしく蛇使いです。隠語にはちょうといいんじゃないでしょうか。オナニーした=蛇を使った。気づく人は何人いますかね。

また、サルを始め、チンパンジー、ゾウ、イヌ、ネコ、ウマ、ライオン、セイウチなどがオナニーするそうです。セイウチ!?どうやってするんでしょうか…

結局、オナニーって悪いことじゃないと思えてきますね。野生動物がするなら人間がやったって特に問題ないような気がします。

野生の良さを忘れた現代人間なんて言われることもありますが、オナニーはどれだけ進化してもするもので、どれだけ後退しても行う普遍のものなのかもしれません。

勃王~あそこのために材料費がかかりすぎた「健康補助食品」

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ