トップへ

オナニーは悪いこと?してもいいことなのかどうか?

カテゴリ疑問・悩み(男女共通)タグ

オナニーというと虚しい、何かやっちゃいけない感じがありますよね。

これは男女共通の認識。

ではオナニーはダメなのか?というと、基本的に何もダメなことはありません。悪いことでもありません。

オナニーが悪いとする根拠・原因はない

オナニーが悪いことなら、さてセックスはどうなのでしょうか?

セックスは悪いこと、という話は聞いたことがないと思います。

オナニーとセックスの違いは、相手がいるかどうかだけです。自分で性的刺激を与えるのか?相手によって、相手を使って得るのかの違いだけです。

つまり、オナニーが悪いことなのかどうかは、射精や絶頂を迎える、気持ちよくなるということ自体とは関係なく、ただ一人でやることがダメなのかどうか?となりますよね。

一人で性的快感を味わうのが悪いことなのか……?

というと、これはもはや精神的な世界の話です。例えば宗教上の問題。これはレアですが自分の環境次第でしょう。

あとは、ほとんどが「虚しい」「相手がほしい」といった感情によってです。

自分の感情だけが問題になるのですから、オナニーが悪いことかどうかというのは全く関係がありません。

オナニーは自然に反する悪い行為?いや野生の動物もしています

セックスは子作りのために必要だから良いこと。でもオナニーは生産性がなく、いたずらに精子を浪費したり、ただ絶頂を味わうためなどで自然に反するという考えもあります。

となると野生の動物さんはどうなんだろう?

これは調べると一杯出てきますが、野生の動物もオナニーします。

人間ほどのペースではありませんが、あらゆるタイプの陸上動物、水中動物もオナニーしている姿が目撃、動画に残っています。

身近な犬でもオナニーします。

犬はレアなほうですが、何かをきっかけに性器を刺激する気持ちよさに目覚めるケースがあります。飼い主がわざと刺激を与えてやると、気持ちよさに気づいて目覚めてしまうほどです。

どの動物もというわけではないようで個体差にもよりますが、野生の動物でさえ交尾以外での性的刺激を知ると定期的にオナニーするようになります。

野生の動物でさえオナニーするのですから、自然に反する悪い行為とも言えないのではないでしょうか?

オナニーは体に悪いからやっちゃダメ?

健康面で悪影響が出るからオナニーはダメだ!という考えもありますよね。

特に男性の射精を伴うオナニーに関してはこの説が強いです。

男性は射精の回数・ペースによる

  • 射精することで体力を無駄に消費して疲労感が溜まる
  • 精子・精液を作るのに膨大なエネルギーが必要となり疲労感に繋がる
  • 男性ホルモンが増えてハゲ・薄毛になる
  • 膣内射精障害になる
  • ペニスが変形する

こんな理由が主です。

疲労感に関しては確かにそのとおり。ですが、これはやりすぎた場合の話です。

男性の射精前後では強烈にホルモンバランスが動き、興奮状態から冷静状態(賢者タイム)に、ジェットコースターレベルで変化が起きます。

ドーパミン、エンドルフィンがドバドバ出ているときから、射精の瞬間にプロラクチンが大量放出されて気分がガクンと萎えるからです。

ホルモンバランスの変動と言うと女性の生理ですが、男性には到底想像がつかない辛さがあります。種類は違いますが、ホルモンバランスが動くと疲労感や何とも言えない体調不良感を感じるのです。

この急激な体内変化に対して、精力が強い人と弱い人での耐久値に差が出ます。だから疲労感は人によって違いますし、1日や週の回数・ペースによっても違います。

だから「射精=悪い疲労」とはなりません。

普通の運動がそうじゃないでしょうか?

一般人とプロスポーツ選手が同じ練習をしたら、両者の間での疲労感は全く違います。一般人は体の何処かを壊すかもしれません。それで「運動は悪いことだ!」とはなりませんよね。

むしろ、男性の射精はその人の精力にあっていさえすれば、様々な健康メリットが発表されています。

逆に射精することによるデメリット、健康上への悪影響は発表されていません。

やり過ぎれば悪影響があるのは当たり前です。先程の運動もそう。食事だってそうです。適量を超えると害になります。睡眠でさえ寝すぎるとダメです。

射精が悪いかどうかは、完全に回数・ペースの話なんです。

女性はデメリットがない

一方で女性のオナニーは健康上のデメリットがありません。

なぜなら、男性と違って急激なホルモンバランスの上下動がないからです。

むしろ、愛情ホルモンであるオキシトシンが分泌され、精神面・美容面でのメリットが生じます。

  • 不安感の抑制
  • 食べ過ぎ抑制
  • 肌のコラーゲン生成促進(肌のハリ、シワ予防など)
  • 緊張感の抑制

とにかくいい状態になるというわけです。細かいことを言えばもっといろいろなメリットが発表されています。

女性もイクと疲労感を感じますが、男性のような強烈なホルモンバランスの変化は起きていないので、男性ほどの疲労感はありません。単純に眠くなる、まったりしたいというまどろみ感があるくらいです。

そしてオキシトシンの分泌によって穏やかになり心が満たされる面があるため、男性より絶頂を何度も求めたくなる傾向は弱いです。なので男性ほどオナニーをやり過ぎて体調面に支障をきたす、といったデメリットはありません。

オナニーが悪いと思っているとやめられない

オナニーは悪いことなのだろうか?と悩んでいる男女の多くは、オナニーを控えたほうがいいだろうか?と悩んでいると思います。

そこで、「悪い」という情報があれば、それでやめられる、回数を減らせると期待しているんだと思います。

ですが、オナニーを悪いものと考えている内は、オナニーの回数は減らせません。

やはり性欲をコントロールするのは困難。

三大欲求は自分でコントロールしようとしても難しいのはご存知のはず。食べ過ぎの自覚があるのに食事量を控えられない、寝ちゃいけないと思っても寝てしまう。性欲も同じです。

ただ性欲がある意味、精神的な強さでコントロールできる部分が他の欲求より強めです。宗教上とかでコントロールできますしね。

でも、オナニーが悪いかどうかで悩んでいるくらいなら、オナニーをコントロールできるほどの精神的な強さは持ち合わせていないでしょう。

むしろ、オナニーの質が悪いから何度もしてしまう、というのが正解です。これが何度もしてしまう理由です。

ダイエットも、毎日ずっと食事制限するより、適度に食べる日を設けたほうが長続きして痩せます。三大欲求は無理にフタをして制限するとパンクします。

オナニー1回の満足度が上がれば、今までより回数は減ります。これは男女ともにです。

オナニーが悪いかどうかと悩むくらいなら、今のオナニー方法を変えるなり工夫して、1回の絶頂で満足できる(女性はイクことができない人はイケる)ようにすれば、オナニーが悪いかどうかなんて気にしなくなりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。
オナニーのネタ・おかず情報
【お試し付き】FATEY~スマホで見せつけオナニー
スマホカメラで女性に自分のオナニーを見てもらえるサービス。風俗だとオナクラに該当。お店に行かなくてもその場でかわいい女の子に射精の瞬間まで見せつけられます。アブノーマルなオナニーもO.K. ライブチャットと違い、オナニー専用なので消費するポイント量が少なくて安上がりです。1回分くらいのポイントがお試しできます。

関連ページ