トップへ

浣腸オナニーの仕方

カテゴリ男女共通の仕方タグ

排便感があるなかオナニーする

もう出る!我慢出来ない!!

そんな我慢を経てトイレで大きい方の用を足すときに一種の快感を得ることができます。これがアナルの性感にもつながるそうですが、この便が出そうでたまらない状態でオナニーするのが浣腸オナニーです。

一種のアナルオナニーです。性感は自由な状態より何か制限されたほうが興奮度が増して気持ちよくなります。目隠しによる視界の断絶や手首を縛られたりするSMプレイが例です。それをオナニーにも取り入れた一つが浣腸オナニーです。

万が一の失敗が怖い

やり方は簡単。浣腸してすぐに排便せずにそのまま我慢。そしてオナニーします。オナニーの仕方は自由です。工夫するとすれば、イチジク浣腸のような普通の浣腸にするのか、シリンジなどで液体をたっぷりと注入してやるのかといったところです。アナルもののアダルト動画を見ればすぐに分かります。相当な量の液体を浣腸され、そのままセックスしたりします。

問題はこのオナニー方法をどこでするかでしょう。オナニーなので自己抑制ができます。なので限界ギリギリでトイレにいけばいいのですが、もし間に合わなかったら…という心配もあります。まあそのジレンマが気持ちよさを招くのですが。

かといってトイレでやっていは気持ちよくありません。アブノーマル感が出ませんね、これでは。AV動画ではビニールのシートを敷いて汚れを防いでいるように見えます。かなり広く敷いておかないとダメなので大変かと思います。

あと排便してからのほうがいいでしょう。仮に出てしまっても便が出にくくなるので臭いは防げるはずです。でも便が出るときは出るのでご注意を。

アナルプラグの併用もおすすめ

浣腸後はアナルプラグで栓をするのもいいでしょう。アナルが拡張される感覚と、出ていこうとするプラグを肛門の締め付けで我慢しつつ、オナニーによる快楽で緩もうとする肛門…このジレンマとアンバランスが脳をおかしくしてくれます。

かなり上級者向けのアブノーマルオナニーです。試される方はいろいろとご注意を。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ