トップへ

抱き枕にはオナニーできるものがある

カテゴリ男性向けアダルトグッズタグ

抱き枕とは、寝るときに抱いたり、しがみついたりして使うものが一般的です。これがないと眠れないなんて人もいますし、安眠効果のあるものもあります。
特に何かを抱いて、抱きしめていると安心感が生まれるため、より深い眠りにつくこともできますね。

そしてよく眠れる行為として、男性だと射精するとぐっすり眠れます。副交感神経系の話ですね。

では射精して、その後抱き枕を抱いたらものすごくよく眠れるのではないか…なんて考えられます。

抱いて挿入もできる枕がある

よくよく考えたら、抱き枕って女性の体に見立てられないことないですよね。だから、布団を丸めて、そこにオナホを挟んで挿入するというオナニーテクニックもあります。
ただオナホを持ってやるだけより、100倍興奮して気持よくなれます。ただ抱き心地はそんなによくないですし、オナホの収まりもそれほどです。

でも、こういった考えを反映した抱き枕が発売されています。

その機能は、それ単体では抱き枕そのもの、もしくは女性の体をモチーフにしていたります。そして膣がありそうな位置に穴が開いていて、そこにオナホを装着できるか、もしくはそのままペニスが入るようになっています。

近年ではラブボディなどのエアダッチがすごい人気となっており、この抱き枕の機能と要素を持っています。こちらのほうが値段が2000円ほどと抱き枕に比べたらかなり安めの価格帯です。

しかし抱き心地と使い勝手は当然抱き枕のほうが上です。エアダッチはビニール製でゴワゴワしていますし、体重をかけたりすると破損してしぼんでしまうことがあります。抱いたまま寝返りを打ちにくいのも残念です。

その点抱き枕はあくまで大きな長い枕なので、かなり乱暴に扱っても大丈夫です。枕はたまに枕投げ大会の主役になるくらいですから。

お姉さんの抱き枕…etc

エアダッチは価格が安いことで革命をもたらしましたが、価格面を無視すればこのお姉さんの抱き枕シリーズが最強なのに異論はないと思います。収納性が悪いことを除けば…

内部には高級抱き枕と同じくビーズクッションを使用し、継ぎ目、縫い目が引っかからない高品質の縫製で縫い上げています。その抱き心地は秀逸。しっかりめの硬さですが、布生地の暖かさもありエアダッチとは段違いの安心感があります。

おっぱいパーツもあり見た目も抱き心地も本当の女性を抱いていることを想像できます。

オナホも収納しやすくできています。これも縫製の段階で設計されているので当然。ビニール製ではこうはいきません。

他にも小柄な女性タイプ、顔付きタイプの「ゆかの抱き枕セット」などがあります。

体重をかけても破れたりする品質ではありません。かなり本物志向です。この抱き枕でセックス風のオナニーでたっぷり射精し、そのまま抱いて寝るとすごいぐっすりです。

抱いて寝まくら

ボクシングのサンドバッグのようにも見えますが抱き枕です。ちょっと仕組みが特殊で、クイックチェンジという大型のオナニホールと組み合わせて使うタイプです。

この抱き枕には穴が開いてはいますが、かなり大きな穴で普通のオナホは全く固定できません。その穴に合うのがクイックチェンジで、それを装着して挿入できる抱き枕となります。

クイックチェンジ自体が腰を振れるくらいの安定感のあるものなので、これを装着すると結構な重量感で擬似セックス感が楽しめます。

しかし見た目が味気ない…もちろんこの味気なさがアダルトグッズであることをカモフラージュしてくれるので、それを重要視する人にはちょうどいいのかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ