トップへ

オナニーホールの穴の種類

カテゴリ男性向けアダルトグッズタグ

貫通式と非貫通式の2タイプ

オナニーホールには大きく分けて2種類あります。

貫通式と非貫通式の2つです。

貫通式について

貫通式は、オナニーホールの筒にある穴が、入り口から最後まで突き抜けているタイプです。

長所は、使用後のメンテナンス、洗浄がしやすいことです。穴が貫通しているので水で洗い流すときがとても楽です。ローションも落ちやすく清潔に保つことができます。無理に穴をほじくる必要もないため、痛みにくいのも特徴です。

短所は、非貫通式のようにペニスに吸い付く感覚がないことです。空気が抜けてしまうため、こするだけの気持ちよさになります。いわゆるバキューム感というオナホの内壁がペニスにまとわりつく締め付け感が全く感じられません。
刺激の強さはほとんど自分の手の握りしめ具合に頼ることになります。

また、中出ししにくいこともデメリットです。穴が突き抜けているため、オナニーホールの中で射精すると後処理が大変なことになります。
オナホのサイズが小さいとそのまま外に精液が飛び出してしまいますし、そうでなくても射精後にオナホを傾けると液ダレして後処理が非常に面倒です。

今は貫通タイプの開発は停滞しておりあまり新製品が発売されません。そのためあまり選択肢はありません。あえて貫通式を選ぶ人もいないのではないでしょうか?

非貫通式について

非貫通式は、オナニーホールの穴が突き抜けていないタイプです。もうほとんどがこのタイプです。

要は、女性の性器と同じ状態です。女性の膣が貫通しているわけないですからね。

長所は、空気が抜けないためペニスにオナニーホールが吸い付きます。バキューム感があります。女性の性器で名器と呼ばれる、締め付けや吸い付きを体感することができます。これに慣れると、セックスで射精できなくなる人もいるとか。

また、中出ししても問題ないこともメリットです。気にせず、思い切り射精できる便利さがあります。子宮口を再現したオナホも多く、奥を亀頭で突く感覚も味わえます。

短所は、非常に洗いにくいことです。穴が貫通していないため、ローションや精液が後に残ってしまいやすい特徴があります。これをしっかり洗い流すには、中から指でかき出す必要があります。素材によっては裏返して洗うことができますが、このときに、オナニーホールの穴が裂ける可能性があります。使用回数によっては、この洗浄時に裂けて使えなくなる可能性があります。

どちらを選ぶべきか?

先にも書きましたが、今は非貫通式が主流です。ほとんどがそうだと言えるでしょう。

メンテナンスのしやすさという利点を貫通式は持ってはいますが、最近のオナホは非常に高機能ながら価格が安くなっています。大体3,000円までで一級品の気持ちよさが手に入ります。
メンテナンスと耐久性のことはこの価格なら無視していいでしょう。ただ単に手の刺激以外が欲しいということで、射精の瞬間の処理も気にならないなら貫通式は本当にお手軽です。あえてバキューム感が必要ない人もいるでしょう。そんな人には貫通式やシートタイプのオナホという選択肢もあるとは思います。

ですが現状では、発売されているオナホのほとんどが非貫通式です。高級品になればなるほど当然非貫通。女性の膣も当然非貫通なので当たり前のことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ