トップへ

膣内射精障害の治し方~原因No.1床オナの無理ないやめ方

カテゴリ疑問・悩み(男性)タグ

女性とのセックスやフェラチオで射精できないのが「膣内射精障害」です。

これを治すために努力している男性は多いのですが、だいたい失敗して断念しています。まるで痩せられない人みたいですよね。

だからダイエットと膣内射精障害克服は似ているんです。

膣内射精障害というといかにもヤバそうなイメージですが、実際はダイエットと同じです。まず深く考えるのをやめましょう。

膣内射精障害の治療方法~やめるしかない

膣内射精障害は女性とのセックスやフェラチオの刺激で射精できない男だけのトラブルです。

女性もセックスでイケない人は多いですが、これとは違って原因がはっきりしていて、かつ子作りができないという深刻な悩みです。

治し方自体は超簡単です。

今のオナニー方法をやめるだけです。これしかなく、特効薬も何もありません。

  • 床オナニー
  • 強く握りすぎる
  • 足ピン

原因となる主なオナニー方法はこれ。ほとんどは床オナニーが原因です。

ただ、床オナニーはやめられない。普通のオナニーをしようとしても継続できないから難しい。これってダイエットと同じですよね。

癖になっている刺激をやめる~継続しながらは無理

この膣内射精障害の原因は射精に向かう過程で行う刺激の癖です。刺激の癖が染み付くと、その刺激が伴わないと射精に向けてのメカニズムが発動しなくなります。

この癖をやめない限り膣内射精障害は改善されません。

膣内射精障害は一般的に床オナが原因ですよね。ペニスに強い圧力をかけて刺激するからです。

他にも、

強くペニスを握りすぎる、足ピンオナニーも膣内射精障害の原因です。

また、AVなどの特定シーンでのみ射精するなど視覚的な癖も同様です。

膣内射精障害を治すには、この毎回繰り返されている強い癖をやめるしかありません。継続したままというのは不可能で、いずれやめざるを得ないのです。

ダイエットはカロリーオーバーでも運動して消化すれば、食べる量を維持したまま痩せることも理論上可能です。でも膣内射精障害はそういったことが無理で、強い癖をやめるしか方法はありません。

病院なら射精障害を診てくれる泌尿器科へ

膣内射精障害は病院で診てもらえます。診察科目は泌尿器科になることが多いです。

ですが全ての医師・医院が対応しているわけではないので、ネットで事前にその記述があるかチェックするべき。

どんな治療をしてもらえるのか?

というと、実際はただの診察と指導です。

ダイエットならトピナ錠やサレノックスなどの食欲抑制効果がある投薬治療を受けられます。

でも膣内射精障害の場合は薬がありません。

その人がED気味ならバイアグラなどの勃起薬が処方されますが、大半は何も処方されません。

ただ医者に面と向かってデリケートな話を相談しただけに、何とかしようという意志が強くなります。

根気よく我慢して普通のオナニーをするしかない修行みたいな治療は、ほぼ全て自分一人でやる必要があり、自分の意志だけで継続する必要があります。

医者は直接何かをしてくれるわけではありませんが、唯一相談できる、応援してくれる人物として精神的な支えとなってくれます。これは意外とバカにできません。

気持ちいいオナホで圧力刺激なしに慣らしていく

床オナニーや足ピンオナニーなどは、射精に向かう過程や射精の直前に決まった強い刺激癖が刷り込まれています。

パブロフの犬みたいに、射精のスイッチ、条件が脳に刷り込まれています。

そのスイッチを切り替えていくのが膣内射精障害の治療。

床オナニーの場合、

圧力刺激 × 摩擦刺激 = 性感

の内、圧力刺激が尋常じゃなく大きくてメインを占めています。9:1みたいな割合です。

この圧力刺激割合を減らすことで膣内射精障害が克服できるのですが、床オナニーをやめると圧力刺激は1とか2になります。

10で射精できるとすると、摩擦刺激が足りなさすぎて無理です。

そこでオナホを使います。

セックスだと20分以上腰を振れるのに、オナホだと3分で射精してしまう人もいるほどです。それだけ摩擦刺激に優れています。

圧力刺激が大幅ダウンした分、摩擦刺激の強さでカバーします。それにはオナホを使うしかありません。

アダルトグッズなんて……という偏見は無駄で、膣内射精障害はオナホに頼らないとまず克服不可能です。

なぜTENGA?普通のオナホとの違い

膣内射精障害の克服にはTENGAが推奨されます。

これは医療機関でもそうです。

TENGAって結局はオナホでしょ?普通のオナホで良くない?

と思うでしょう。

ですが、TENGAが膣内射精障害治療に適しているにはちゃんと理由があります。特に床オナニー由来の膣内射精障害には最適です。

握力過多を防げる

TENGAは普通のオナホと違い、硬いカップになっています。オナホをカップで覆った形です。

だから強く握りすぎて圧力をかけてしまうことがありません。だから膣内射精障害の改善に使いやすいのです。

なぜ膣内射精障害のメイン原因が床オナかというと、床オナは体重がペニスにかかるからです。圧力刺激量が半端ないからです。

手で強く握りすぎるとしても、MAX握力で自分のペニスを握らないですよね?

MAX握力って、性欲盛んな男性の年齢層だと平均50kgくらいです。かなり強く握ったとしてもせいぜい7割くらいじゃないでしょうか。だとすると35kgです。

でも床オナって、勃起して突出したペニスに体重がかかります。体重が60kgなら瞬間的にはほぼ体重全てが乗っかっているくらいです。

正直、強くペニスを握り込むくらいじゃ膣内射精障害にはなかなかなりません。握力を考えたらそこまでの刺激ではないからです。

ただ、膣内射精障害を克服するには圧力刺激を軽くしていかないといけません。通常のオナホだと強く握る気持ちよさから抜け出しにくく、カップタイプでそれが防げるTENGAにはメリットがあるのです。

確実に締め付け刺激量を減らしていける

通常のTENGAはハード、ノーマル、ソフトの3段階で用意されています。遅漏改善向けの「メンズトレーニングカップ フィニッシュトレーニング」だと5段階です。

次第に刺激が弱いタイプに切り替えていくことで、無理なく膣内射精障害を改善できます。

普通のオナホだと、どうしても違うメーカーやシリーズで刺激量を減らしていく必要があります。

しかし、オナホの刺激量はブランドやシリーズでかなり違っており、刺激をうまい具合に減らせているのかどうか分からないことが多いです。

緩めにしようとしたら逆にガバガバで射精できなかったりということも。

その点でTENGAはバキューム穴のコントロールで刺激量が調整しやすく、内部構造も3タイプで基本的に同じ。だから段階的に締め付け刺激量をいい感じに減らしていきやすいのです。

いわば禁煙治療ですね。ニコチンパッチのニコチン量を減らしていく感じで似ています。

禁煙も失敗しやすいですが、膣内射精障害の克服と同じで次第に慣らしていかないと禁断症状で床オナしてしまうので注意。

医者も勧めやすいデザインだから

TENGAはオナホだけどオナホじゃない、みたいなアダルトグッズとも言えないような市民権を得ています。

TENGAを知らない人はオナホだとは気づかないくらいです。でも普通のオナホだと気づきますよね。デザインや形だったりが卑猥なので。

だから医者もTENGAのことを説明しやすいし、実際に手にとってこれですと勧めやすいのです。

さすがに医療機関でエロエロなパッケージのオナホを出してくるのは気が引けますしね。

オナホの締め付け刺激が大丈夫な理由

TENGAはバキューム効果で締付け力がありますが、これって床オナと同じ圧力じゃないか?とも思えます。

ですがこのオナホの締め付け効果は大丈夫です。床オナの悪化原因になりません。

床オナの問題点は体重がペニスの一点にかかったり、一方向からかかり続けるのが問題だからです。

女性の膣内刺激でそのような刺激がかかることはありません。ですが膣の締め付けで全般に圧力がかかることはあります。

オナホの締め付けの場合、内部構造がペニス全体に360度の方向から均一にかかります。

均一にかかることで、一点にかかる圧力は分散されています。

膣内射精障害改善のために試せる方法

TENGA(カップタイプのオナホ)が定番ですが、これは先に述べたように医療機関が使いやすい、勧めやすいデザインだったから、というのが大きいです。

なので他の方法もあるわけです。

効果の大小はかなりありますが、ある人がダメと言っていた方法でもある人はイケるということがあります。一応幅広く検討してみたほうがいいです。

もし一つ試してダメだったとしても、まだこれだけあると思えば気が楽ですよね。そういう余裕が膣内射精障害改善には大事なんです。

1.コンドームを付けてオナニー

コンドーム画像

手軽にできる膣内射精障害の治療方法として、コンドームの利用があげられます。

オナニーをするときに生ではなく、コンドームを付けてします。

ゴム1枚分がクッションとなり、強く刺激した場合でも実際に加わる刺激量は減ります。だから、普段と同じようにやっても刺激の強さが緩和され、次第に慣れていくという話。

コンドームの中にローションを若干挿れて、オナホのようにしてゴムを滑らせる方法もあります。

2.大型オナホの利用

大型オナホの例

TENGAは刺激の強さを次第に弱めていく方法ですが、思っているより気持ちよくなくてイケない人もいます。

通常のオナホでも刺激度合いが違うので、キツキツからガバガバに移行して慣らしていく方法もあります。

ですが、通常のオナホはTENGAと違って握力次第で刺激量が決まります。TENGAはカップボディが硬いので、強く握っても大丈夫ですが、普通のオナホは握力次第で刺激量が高まります。

床オナ派はどうしても圧力を求めるので、自然と強く握り込んでしまい、圧力刺激の軽減を減らしていくのが難しいのです。

ですが、オナホ自体が大きくて握力に影響されづらいタイプならTENGA代わりに使えます。

TENGAは基本的に1回使用で捨てるので経済的ではありません。普通のオナホなら洗えるので複数回利用できますよね。

握力に影響されないタイプは大型オナホです。

据え置きタイプならなおさら。握力が介在することがないので、純粋に膣構造刺激だけでオナニーできます。

ただ価格がそれなりにするのと、TENGAに比べると保管が面倒という問題はあります。

3.AV・エロ動画を控える

膣内射精障害は基本的に床オナ圧力による性感の癖ですが、視覚的な癖が合併していることもあります。

普段から見ているAV・エロ動画の刺激に慣れすぎてしまい、実際の裸の女性にあまり興奮できず、性欲の高まりが低くてイケないのです。

現代は草食化男子が増えていますが、原因の一つにネットがあげられます。

簡単に女性の裸、セックスが見られるため、エロを求める男性独特の嗅覚みたいなものが欠如している男性が増えてしまったのです。

普段、エロ動画などを見ながらオナニーしている人は、ソフトなおかず(イメージビデオなど)でオナニーしてみるのも膣内射精障害の改善に役立ちますよ。

4.ソープ嬢に治してもらう

ソープ嬢のイメージ

お金がある人はソープ通いで練習するということもできます。

ソープは他の風俗と違いセックスが可能です。また射精に向けてあれこれ努力してくれます。

一般女性とのセックスでは、基本的に女性にあれこれ責められる時間は少なく、またその業もノーマルで低い技術ばかりでしょう。

ソープ嬢ならではのプロの業で今までにない気持ちよさに気づくこともあります。それをきっかけに一般女性とのセックスが可能になることも。

ソープ嬢の性格にもよりますが、私がイカせてあげる!と頑張ってくれる子がいます。そんな子と仲良くなれれば、複数回通っていく中でだんだんと膣内射精障害が改善されていきます。

特に精神的な面で、女性とのエッチが気持ちいいんだという気付きが得られていくのも大きいです。

仮に失敗してもお金による関係なので、別に気を使わなくていいですよね。一般女性との最後までできなかったときの気まずさはありません。むしろソープ嬢のほうがイカせてあげられなかったと気を使ってくれるくらいです。

5.乳首や前立腺を刺激する

乳首オナニーの例

男性は乳首や前立腺を刺激しながらだと性感が上がります。

風俗嬢のテクニックとして、男性客の乳首を刺激しながらペニスも刺激する方法があります。

これをやると通常より早く射精させることができます。1回射精したら終了のヘルスなどで行われます。1日に何人も相手をする風俗嬢の中には、とっとと終わらせて楽しようとする人もいます。

同じく前立腺も同様です。特に乳首刺激をすると前立腺感度が上がるように、この2つは男性の性感とリンクしています。

膣内射精障害の男性は圧力刺激がないとなかなかいけません。ですがペニスに圧力というのは間違った刺激です。

乳首と前立腺はどうか?

というと、アブノーマルではありますが、男性の性感帯なので問題はありません。

ですがヤりすぎると乳首や前立腺でしかイケなくなる可能性もあります。

あくまで補助的にならメリットは多いです。

6.電動オナホ

電動オナホの例

TENGAは膣内射精障害の改善に活躍しますが、今まで床相手にオナニーしてきた男性にとって、自分の手で動かして刺激するのは味気ないのです。

どうにも興奮できずに射精できないということもあります。

床オナはある意味受け身のオナニーです。常に圧力が強くかかり、自分の意志とは関係なく刺激されている状態です。

だからオナホも勝手に動かされることで、自分でやるより射精に近づきやすくなることがあります。

ではどうするかというと、電動オナホです。

昔から電動オナホはあったのですが、いかんせんパワー不足と激しい騒音で使い物になりませんでした。また動作に負荷がかかるためすぐに故障したり。

ですが今は改良されてまともな製品が出ています。

ちょっと大きくて音もそれなりにしますが、自分で動かさないオナホというのはやはり別格の良さがあります。

幸いにも握力に影響されることがありませんし、パワフルな動きと自分の意志に基づかない不規則な動きによって性感が高められていきます。

TENGAだとどうしてもイケないという人は、お金がかかりますが電動オナホはかなり期待できる方法です。

ちなみにTENGAにも振動系の電動オナホがあります。

7.擬似セックス(セックス・オナニー)

ラブドールの例

膣内射精障害が女性とのセックスでイケないのは、圧力癖がある他に、姿勢がセックスのものではないのが染み付いている原因もあります。

例えば手やオナホでオナニーする場合、その姿勢はセックスでもあり得る姿勢ですよね?

座っていても仰向けでも女性と交われる状態と同じです。

膣内射精障害は確かに圧力過多が原因ですが、セックスに慣れていないという人も多いです。姿勢の変化によってうまくいかない部分もあります。

だからソープなどで練習するのは効果があるのですが、実際は非現実的な面があります。

では自分ひとりでできるかというと、ラブドールを用いたセックス風のオナニーがあります。

これもオナホで射精することになりますが、握力や体重がペニスにかかることはありません。かつセックスの姿勢、動作で自ら腰を振って行います。

床オナも腰をある意味振っているので、手でTENGAより射精しやすいです。

また、昔のへんてこな形と絵のダッチワイフではなく、現代のラブドールは非常によくできています。見るだけでムラムラしてくるようなものもあり、男として思わず挿れたくなる衝動に駆られます。

一番セックスに近いオナニー方法なので、膣内射精障害の治療にはベストと言えます。

欠点はお金、収納の他に、オナホの刺激をコントロールしづらい点です。

本格的なラブドールはオナホが専用ですし、取替可能なタイプも装着すると若干キツくなるのでTENGAソフトくらいまで刺激を落としづらい問題はあります。

ですがラブドールでイケるならリアルな女性でもイケますので、手でオナニーがどうしても無理という人にはかなり価値がある方法です。

絶対にTENGAで始める必要はない

さて膣内射精障害の定番TENGAなのですが、これでもダメって人は多いです。

膣内射精障害のために作られた製品ではないですしね。重症な人には刺激が足りないんです。

膣内射精障害が治るかどうか成功するかは、最初からTENGAで何とかイケるかどうかなんです。別にTENGA以外のオナホでもいいですけどね。

最初につまづく、イケない、気持ちよくない……

となると性欲をぶちまけるのに床オナなど間違ったオナニー方法が必要になります。

イキたいのにイケないのなら、イケる方法を選ぶでしょう。

でも、床オナはしちゃダメって言われます。ではもう一生射精しないで夢精でもしていろというのか!?

床オナ卒業のために重要なこと

何かと失敗しがちな床オナ卒業。

彼女とのセックスができないなど深刻な悩みがあるのに、やっぱり膣内射精障害が改善されない、床オナしちゃという男性が多いです。

早漏原因に精神的な理由があるように、いわば遅漏である膣内射精障害にも精神的な理由が存在します。

どうしても圧力がかからないと気持ちいいという認識ができないのです。物理的な圧力刺激だけでなく、シチュエーションの刷り込みが強いため、本来なら気持ちよくなれる場面や刺激に反応しなくなっています。

非膣内射精障害の男性でも、渋谷の交差点真ん中でオナニーしてくださいと言われたら、まともに勃起できる人は少ないでしょう。

なぜなら、そんな場所で……という「思い込み」があるからです。

極端な話に聞こえるでしょうが、膣内射精障害は姿勢と圧力がかからないと気持ちよくなれないという刷り込みが精神的にあります。

まずはこれを解きほぐすことが重要。

だから、普通のオナニーでどうしてもイケない場合、床オナを完全にやめる必要もないのです。どのみち今まで長年やってきたので、これから数ヶ月やり続けても結果はそんなに変わらないです。

とにかく体重をかけるのを減らしていけばいいので、大型オナホに膝立ちですりつけるなど、圧力刺激を弱めた形で慣らしていくなどの工夫をしていきましょう。

絶対に射精しなくていい

普段の間違ったオナニーから正しいオナニーにした場合、まず射精できないです。

それがなぜか、

射精できなかった=失敗

ととらえる男性が多いです。

ですが、オナニー成功=射精ではないので、別に射精できなかったらそれはそれでいいんです。

そのオナニー中に感じた変化を手繰り寄せるのが膣内射精障害改善へのコツです。

ああ、こういう速度のほうが感じるかも、ちょっとTENGAを斜めにしたほうが気持ちいいかも、亀頭中心にこすったほうがいいかも、などなど微妙な変化でも感じたら成功です。

射精できなかったら失敗と思うなんて自分にスパルタすぎます。

いきなり床オナをやめなくていい

膣内射精障害の克服にはTENGAが推奨されますが、TENGAハードでもイケない男性は多いです。

これが問題なのは、TENGAハードのまだ上の刺激が用意されていないことです。

TENGAハードでイケないということは、刺激量を減らしすぎている証拠です。

根気よく続けて、射精できずにを繰り返している内に成功する確率は高まりますが、そこまでの根気が大変です。

だったら、床オナを軽くした方法から慣らしていくほうが懸命です。

具体的には、床オナなら全体重をかけないほうほうです。例えば逆素股です。

膝立ちの格好で体重をかけます。これなら床オナではありますが圧力刺激はかなり減ります。

床オナや間違ったオナニー方法は急にやめようとしても無理があります。正しい方法までの通過点は徐々に変化させていくと失敗しませんしストレスもたまりません。

床オナ克服はダイエットより難しい

ダイエットって失敗する確率のほうが断然高いです。床オナをやめるというのはそれ以上に難しいです。

食欲も性欲も三大欲求で強烈な欲ですが、ダイエットは気合いで何とかなるケースがある、さらに医者、ライザップみたいな指導者に恵まれています。

でも膣内射精障害は医者の指導と言っても、美人女医がTENGAでシコシコしてくれるわけじゃないです。指導されるだけです。

「膣内射精障害の治療に通院したら美人女医に無理やりやられた」

そんなソフトオンデマンドみたいな展開はありません。

結局は自分の意思次第です。

痩せたいけど食べちゃう。そんなダイエットの難しさと似ていますが、ダイエットみたいにとにかく運動する、食べないで成功しないのが膣内射精障害。こっちのほうが難しいのです。

だから、相当難しいことをしていると理解すること。ちょっとやそっとでうまくいかないから焦っちゃダメなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。
オナニーのネタ・おかず情報
【お試し付き】FATEY~スマホで見せつけオナニー
スマホカメラで女性に自分のオナニーを見てもらえるサービス。風俗だとオナクラに該当。お店に行かなくてもその場でかわいい女の子に射精の瞬間まで見せつけられます。アブノーマルなオナニーもO.K. ライブチャットと違い、オナニー専用なので消費するポイント量が少なくて安上がりです。1回分くらいのポイントがお試しできます。

関連ページ