トップへ

エネマグラ(アネロス)が奥深くに入りすぎる場合の対策

カテゴリ疑問・悩み(男性)タグ

エネマグラ(アネロス)が気持ちよくない、ドライオーガズムできない。

その理由の一つに、

奥に入りすぎている

があります。

その対策は3つ。

  • アナルのリラックスをマスターする
  • エネマグラ(アネロス)を改造する
  • アネロスSYN(シン)タイプに変える

簡単なのは後者です。

案外と効果ありなので、何度もやっても奥に入りすぎていると思う人は変えてみるのがおすすめ。

エネマグラ(アネロス)挿入中に、ツルを指で掴んで軽く引き抜こうとした際に、ガッ!と引っかかっている、動かない感じがする場合は奥に入りすぎています。

エネマグラ(アネロス)が奥に入りすぎる理由

エネマグラ(アネロス)が奥に奥に入ってしまい固定されてしまうのは、無意識の内にアナルが引き込んでいるからです。

どうしても体が異物として認識してしまい、緊張しているからです。

1.アナルとPC筋が緊張している

エネマグラ(アネロス)を挿入して、おしっこを切るように力を入れると、エネマグラ(アネロス)がグッと奥に入りますよね。

つまり奥に入るということは、それだけ力が入っている証拠です。

自分で解放しているつもりでも、実際にアナルからPC筋が緊張しているケースです。

そもそもアナルをリラックスというのは日常生活でありえないことなので、できているつもりになるのは仕方がありません。しかもエネマグラ(アネロス)という異物が入っている状態だから、体としては緊張して当然です。

2.エネマグラ(アネロス)が滑り過ぎている

エネマグラ(アネロス)は滑ることが重要ですが、前立腺にいい感じで当たるスポットに安定せず、どうしても滑って奥に入りやすい場合があります。

どうコントロールしようにも奥に入っていく。

直腸内の形や深さ、アナルのキツさ、前立腺の膨らみ具合。

こういった要素が絡み、良いポイントを通り過ぎやすい、エネマグラ(アネロス)がそこを通過して安定してしまう場合があります。

本来、エネマグラ(アネロス)は動きやすい状態を維持するのが重要です。でも前立腺部分をエネマグラ(アネロス)のヘッドが通過してしまう場合はそれが仇となります。

【対策1】アナルのリラックスをマスターする

奥に入りすぎる一番の原因は、アナルがリラックスできていないからです。無意識に奥に引き込んでいます。

それを防ぐには事前のマッサージ。ローションの馴染ませを徹底することです。

地味ですが、頑張ると必ず結果が出ますよ。

1.事前の指マッサージを入念にする

アナルとPC筋が緊張しているので、とにかくエネマグラ(アネロス)挿入前のマッサージを入念にします。

アナル内部だけでなく、表側入り口ももみほぐします。

エロ動画でも見ながら10分以上かけてじっくりもみほぐしてください。

ローションを追加しつつ、アナルを指で何度も出し入れし、途中に穴を広げたりしてリラックスさせていきます。

始めたときより指が通りやすくなってきたら、それだけエネマグラ(アネロス)を受け入れる体制になっています。

2.NEXUS REVOで慣れる

前立腺を刺激する代表グッズはエネマグラ(アネロス)ですが、アナルがリラックスしていないと使い物になりません。

かといってアナル拡張は必要ありません。そんなリスクがあることをしてまでオナニーするべきではありませんね。

ただ、若干太めのものを長時間入れっぱなしにする。これでアナルのリラックスを得ることができます。

NEXUS REVOという前立腺マッサージ器具があります。

これは若干エネマグラ(アネロス)より太いです。問題は最初の挿入で苦労する点ですが、アナルで収まる首部分はエネマグラ(アネロス)より若干太いだけです。

イスに座りながらでも使えますし、何よりエネマグラ(アネロス)と違って何も考えなくてO.K.です。ただ任せておけばいいだけ。

NEXUS REVOはかなり優秀な前立腺刺激機能を持っています。こいつに任せておけば勝手に気持ちよくしてくれます。

これをしばらく使っていけば、アナルに異物が入っていること自体に慣れてきます。だから体から自然に緊張が抜けてきて、アナルやPC筋が勝手に引き締まってしまうことを避けられるようになります。

【対策2】エネマグラ(アネロス)を改造する

昔流行った方法です。最近はあまりしていないのではないかと。

1.アタッチメント部分を太く、分厚くして奥に入りにくくする

主に旧エネマグラ(薬局系)全盛のときに流行った方法です。

エネマグラ(アネロス)はアメリカ産なため、大柄なアメリカ人より日本人は前立腺位置が浅い。だから奥に入りすぎてダメだと。

実際はあまり関係ないのですが、奥に入りすぎてしまう人が多かったのは事実。

そこで、会陰に当たるアタッチメント部分を太く、分厚くして、物理的にエネマグラ(アネロス)が奥に入らない構造に改造していました。

2.熱で変形するプラスチックがベター

アタッチメント部分を大きく、分厚くすることで、最初の時点で奥に入りにくくなります。

単純にアタッチメント部分を何かで大きく、分厚くすればいいだけですが、適当にテープなんかを巻きつけると会陰が痛くなります。

またエネマグラ(アネロス)が斜めにズレてしまったり、浅くアナルに入りすぎて本来の動きができずに逆に失敗するなんてことも。

一番ベターなのが、熱で変形するプラスチック素材を使うことです。

60度で柔らかくなり、ドライヤーで微調整加工可能。

これをアタッチメント部分に盛ることで、奥に入りすぎるのを防ぐことができます。

ただやってみると分かりますが、思ったように仕上がらず、実際に使ってみてもエネマグラ(アネロス)の動きが不自然になったりズレたりでうまくいかないほうが多いでしょう。

やはりアナルのリラックスを習得したほうがおすすめかと。

【対策3】アネロスSYN(シン)タイプに変える

エネマグラというと白いプラスチック素材の物体を思い浮かべますが、シリコンコーティングされたタイプがあります。

ただ高級感があるだけでなく、ズレにくい、奥に行きづらいメリットがあります。

1.エネマグラとアネロスの違いに注意

日本ではエネマグラと呼ばれますが、世界的にはアネロスが正式名称。

今はアネロスを買うのが正解です。

エネマグラとアネロスの違い~今から買うなら断然アネロスの理由

2.人気モデルのSYN(シン)タイプで奥に行きづらい

そんなアネロスには「SYN(シン)」タイプがあります。

何が違うかと言うと、医療用のシリコンでコーティングされています。

基本的にはそれだけで、得られる快感とか使いやすさとかは一緒です。臭いがつきにくい、より肌に優しいといった微差なメリットです。

ただ、シリコン素材独特の肌なじみが、通常の白いプラスチック素材より若干滑りにくくなっています。

滑りにくいといってもドライオーガズムしにくくなるわけでなく、なんというかコントロールしやすくなっています。

プラスチック素材の通常モデルは、一気にズリっと中でズレてしまい、前立腺に接触している位置をキープしづらいことがあります。

ですがシリコンコーティングされているSYN(シン)タイプは、この不意なズレが起きづらく、前立腺にピタッとホールドしやすいメリットがあります。

いや逆に動きづらくてダメだって人もいます。

でも奥に入りすぎて困っている人なら、SYN(シン)タイプが大きな解決策になりえますよね。

エネマグラ(アネロス)各モデルの特徴と気持ちよさ~購入店比較まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
オナニーのネタ・おかず情報
【お試し付き】FATEY~スマホで見せつけオナニー
スマホカメラで女性に自分のオナニーを見てもらえるサービス。風俗だとオナクラに該当。お店に行かなくてもその場でかわいい女の子に射精の瞬間まで見せつけられます。アブノーマルなオナニーもO.K. ライブチャットと違い、オナニー専用なので消費するポイント量が少なくて安上がりです。1回分くらいのポイントがお試しできます。その他一覧はこちら
アダルトグッズ特集
本当に気持ちいいおすすめ電動オナニーホール
オナニーの虚しさ、物足りなさがなくなります。自分で動かさない。たったそれだけで気持ちよさが断然変わります。
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ