トップへ

何回でも射精する男の無限オナニーを実現するには?

カテゴリ疑問・悩み(男性)タグ

mugen

男の性欲は射精をすると一気に減退します。

かなり精力が強い人は連チャンで勃起維持したままできるようですが、大半の男性はそんなの無理な芸当です。

ましてや、今日は一杯オナニーするぞ!!と性欲MAXだったのに、いざ一回射精すると「やっぱいいわ…」と気持ちが萎えてしまいます。

では、漫画かエロゲー主人公くらいの精力に、可能な限り近づけるにはどうすればいいのか?できうることをまとめます。

無限?射精には性欲と精液量が必要

何回でも射精するには、

  • 精液量
  • 萎えない、又は早く回復する精力・性欲

この2つが必要です。

まあ、性欲だけあれば射精で精液がほとんどでなくてもオナニーは可能なのですが、通常はやはり精液量に比例するものです。

空打ち射精もありますが、基本的に精液が空っぽになるのが早いと同時に性欲も衰えるのが早いです。

性欲の源は男性ホルモンのテストステロン

ではムラムラする性欲は何が元になっているかというと、これは男性ホルモン(テストステロン)です。

精液はというと、3分の2が精嚢分泌液。残りが前立腺液。その中にわずかに精子が含まれているものです。

だから、何度も射精するには、男性ホルモンのテストステロンを増やすのと、精液量を増やす2つの方策を考えればいいということ。

精液料を増やすための必要条件

精液の材料は30%が前立腺の分泌液。残り70%が精嚢(いわゆる玉金)からの分泌液です。

これらをサプリメントや薬などで増やすということは不可能なんです。

基本は、精液を作るための必要条件をしっかり満たすこと。欠けているものを補い、ちゃんと精液が作られるようにすること。筋肉を付けたいのにたんぱく質が不足していたら付きませんよね。それと同じです。

精液が何mlあれば射精できるのか?

精液が空っぽだと基本的に性欲もわかないですしオナニーもセックスも通常は不能。

ではオナニーするために、何mlの成績が最低限必要なのか?

「24時間で57人とセックス」した男性が世界記録更新も、ペニス酷使しすぎで病院へ直行! – 日刊サイゾー

この記事によると、24時間で57人の女性とセックスした世界記録。1回あたりの精液量が5ml以上ないとダメというルールだそうです。

5mlというと少ないように思うかもしれませんが、妊娠に必要な精液量が2mlと言われています。小さじ一杯が5mlなので5mlくらいは普通出ますよね。そして妊娠に必要な最低量とされているのが、小さじの半分弱くらいです。

こう考えると、2mlくらいあれば十分射精できると考えられないでしょうか?5mlというのは世界記録認定のためのルールなので、5mlないと射精できないわけじゃないでしょう。

栄養面は亜鉛とアミノ酸が重要

まず栄養面。

よく言われるのは亜鉛です。精液を作るために必要で細胞分裂にも必須。男性ホルモンのテストステロンとの関係も有名で、アメリカではセックスミネラルと言われているほどポピュラーな栄養です。

定番の亜鉛に加えて最近人気なのがアミノ酸です。

マカやクラチャイダムとか精力剤でお馴染みの植物がありますが、そのパワーの源はアミノ酸です。

アルギニンは成長ホルモンの分泌と関係が深く、精液の原材料にもなります。アルギニンに近いアミノ酸としてオルニチンもあります。日本では昔から長芋を食べるとギンギン!という話がありますが、長芋に多く含まれているアミノ酸がアルギニンなんですよね。

つまり、栄養面ならアルギニンを中心にしたアミノ酸は要検討。

十分な睡眠が成長ホルモンを増やす

寝る子は育つと言いますが、あれは睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されるからです。

成長ホルモンは細胞分裂を促す働きがあるため、精子を作る上でも関連があります。そうでなくても、体というのは寝ている間に一番成長します。精液も寝不足だとちゃんと作られないということに。

男性ホルモンのテストステロンを増やす必要条件

一番お手軽で効果大!筋トレのコツ

以前からよく言われているのが筋トレ効果。

女性は筋トレしても男性のようにムキムキになりづらいのは、筋肉を付けるためのホルモンが男性ホルモン主体だからです(某国の女性オリンピック選手が男性ホルモン漬けになっていたのは有名)。その中でテストステロンは筋肉を付けるのに重要な男性ホルモンです。

考えてみると精力旺盛な人でヒョロヒョロのガリガリ君というのはほとんど印象にありませんよね。AV男優もマッチョな人がいるイメージです。

マッチョ系のAV男優として有名なしみけんさんですが、彼はスクワットが非常に重要だと話しています。

これは体の中で大きな筋肉を一度に鍛えることができるからです。

男性は見た目を意識して上半身、特に腕や胸を鍛えるのが好きです。でも体の中で占める筋肉量割合では少なく、逆にスクワットで鍛えられる太ももとお尻の筋肉量は非常に多くなっています。

筋トレは続かないという人がいますが、それは小さな筋肉を中心に動かしているから。どの部位でも筋トレはツライものです。なので、どうせ動かすなら大きな筋肉を動かす。そのほうが一度に動く筋繊維量が増え、より多くのテストステロンも分泌されることになります。

常に満腹・怠惰な生活を避ける

精力が旺盛な人はある意味肉食獣に例えられますよね。では肉食獣と草食動物の違いって何か?というと、いつも満腹かどうか?という点があります。

草食動物は草木を食べます。場所が悪くなければ常に食べるものがあります。ヤギとか牛は牧草をいつもムシャムシャ食べていますし、反芻という行為で常時何かを食べている状態。

一方、ライオンやチーター、虎などの獰猛な肉食獣は、草食動物を狩りで捕らえて食べるのが主食。でも毎日食べているわけではなく、1週間以上何も食べないということも普通にあります。常に満腹じゃないんです。肉食獣は。

これは人間の性欲にも関係しています。

男性ホルモンのテストステロンは肥満傾向になると減少することが分かっています。家でダラダラして何かをムシャムシャ。こういう生活をしていると男性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

これはみさなんも感じたことがあるでしょうが、お腹一杯の状態より、お腹が空いているときのほうが「ヤリたい」気持ちが強くならないでしょうか?まさしく常に空腹気味の肉食獣。

何度も射精できる体を手に入れるには、怠けてダラダラしたり食べすぎていてはダメということなんです。

自分に最適なお酒の量を知る

性欲旺盛な人はお酒にも強いなんて印象がありますが、お酒に強い=性欲が高いというわけではありません。

アルコールはむしろ勃起しづらくなるように性欲にはマイナス作用です。

ではなぜ性欲旺盛な人のアルコール好きというイメージがあるかというと、単純にその人のアルコール分解力が高いからというのがあります。

性欲が湧く、沸かないというのは体の元気さが関係しますよね。でもアルコールを過剰に飲むと肝臓が疲弊します。肝臓が疲れているかどうかは自分で分かりませんが、なんかダルい…というのは内蔵疲れであることが多いんです。

だからアルコールがいいとかダメとかではなく、自分の肝臓処理能力に負担がない飲酒量にしましょうということ。もしくは休肝日を増やすとか。

こういった内臓系は人により差がまちまち。自分の体が一番スッキリしている状態を維持することが性欲アップの秘訣です。

性欲はあるけど硬さが足りない場合

性欲はあるけど硬さが足りずオナニーが楽しめないという問題もあります。

セックスはもちろん無理ですし、オナニーでも実は困難。当然オナホに挿入も難しいというかなり精神的に痛いことになります。

確実なのはED治療薬

バイアグラやシアリス、レビトラといった勃起薬は確かに効きます。飲む量や体質によりますが10代のとき以上にはち切れるほど硬くなります。

でも副作用もそれなりにあります。

セックスのためというのならまだいいかもしれませんが、下手すると毎日やることになるオナニーの度に投薬するのは若干常軌を逸しています。体のことを考えると明らかに良くないでしょう。

サプリメントでは基本硬くならない

サプリメントで勃起力が上がると思われていますが、ED治療薬のようにペニスを硬くすることはありません。

ED治療薬の場合、ペニス海綿体に流れ込んだ血液が体内に戻る量を抑制することで、海綿体に流れ込む血液量を増大。内圧を高める効果があります。

しかしサプリメントの場合はあくまで栄養素であり、このように体の部位機能をコントロールすることはありません。

唯一近いものというとシトルリン。

シトルリンはスイカ。特にスイカの皮に多く含まれているアミノ酸で、一酸化窒素のサイクルに関与します。これが血液量に関係するため、同じく血液量が重要な勃起中の硬さについて注目されています。

ただED治療薬と違って、あくまで栄養であり、血液量に関与すると言ってもペニスにだけの話ではありません。血管は体中に巡っているのですから、当然体中の血液量に関与します。ED治療薬はペニスにダイレクトに効くため効果も絶大。でもサプリメントは栄養であり、その栄養の持つパワーも体全体に働くもの。なのでサプリメントでカチカチになるというのはほぼ期待できないんです。

ただ、サプリメントのいいところは副作用がないところ。

そして、食事から十分にシトルリンなどアミノ酸が摂取できていない場合、それを補うことで正常な体の働きになることが期待できます。ミネラルが不足していたら病気になりますが、点滴等で補ったら回復するのと同じです。

だから栄養不足で衰えている勃起力を回復させる方法の候補として、シトルリンが食事から取り切れていないんじゃないか?ということなら大いに意味があるんですね。

勃起を高める部位を刺激する

男性はペニス以外にも強い性感帯があります。

一番手軽なのが乳首。風俗嬢がよく刺激する部分です。乳首をうまく刺激できれば勃起力はあがりますし、ペニスの感度も向上してオナニー自体が気持ちよくなります。

難易度とリスクが上がりますが前立腺もそうです。

内蔵を疲れさせず栄養をしっかり取り筋トレ+睡眠

結局のところ、性欲が強くて何回も射精できる人は体が元気。内臓が強いと言えます。それらがホルモン分泌につながっており、精液量が増大し性欲ホルモンも上昇。何回もイケる体になります。

だから◯◯が効く!というのが体に負担になっていたら意味がないということ。同じく精神的にストレスになっていてもホルモンバランスを崩すので精力は落ちます。

あくまで体が軽く感じるのが重要。重さ、ダルさを感じているなら、それを取り除くだけで精力は高まるでしょう。

筋トレも過度にやると疲れが取れず逆効果。その人の現状にあったレベルで行い、かつ栄養もしっかりその人の胃腸にあった内容で摂取。何か無理をしている限りは、精力は100%にならないと思っておいたほうがいいでしょう。努力が必ずしも精力に結びつかないんです。

胃腸に負担をかけず男の栄養補給サプリ

いつもより気持ちよく、強く、たくさん出したい人のための栄養が取れるサプリメント。

まがい物が多く、どれがいいのかかなり判断に悩む分野です。100%ではありませんがそこそこイケそうな雰囲気があるのがこういったサプリメント。

  • マカより優れたクラチャイダム
  • 原材料100%の添加物なし
  • 怪しげな製品が多い中安心の国内実績
  • 一番栄養価が高い根っこ部分のみ使用
  • 同種サプリメントの中ではお手頃価格で続けやすい

特にアルギニン含有量でマカより優れているタイ産クラチャイダム粉末サプリメント。筋トレ時にも必要とされるBCAAも豊富で自信を深めたい、連射したい男性の栄養補給目的で要検討候補です。

珍しい返品期間も設けられており、価格自体もこなれた金額。この手のサプリメントとしてはかなり良心的な部類に入ると思います。

ある程度こういったものに投資するなら、必ず食生活と睡眠には気をつけないと無駄になります。食べ過ぎなどで胃もたれや翌日に残る疲労を避けて、腹八分目で肉食獣としての男性的なものを引き出すように。その手助けとしてこのサプリは活躍してくれるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ