トップへ

アダルトグッズ(特にオナニーホール)がくさい…どうすれば臭いが消える?

カテゴリ疑問・悩み(男性)タグ

ココに注目!
  • 独特のニオイはシリコン素材由来が多い
  • 脱臭方法あり
  • 強力除菌スプレーでかなり改善する

アダルトグッズは使い捨て以外なら、使っていくうちに変なニオイがついてきます。

女性向けのアダルトグッズは洗いやすくニオイがあまり残りません。でも男性向けはかなりニオイやすいです。

それは材質の特徴と雑菌が湧きやすい条件が揃っているからです。

対策は、使用後の水分除去。殺菌。これしかありません。

もう変なニオイが付いてしまった場合は、重曹やレモン汁、お茶っ葉などで消臭することができます。

アダルトグッズの臭い原因は2つ

ニオイの正体は雑菌の繁殖です。

これに、アダルトグッズの素材が持つ独特のニオイが混じることで変なニオイになります。

  • アダルトグッズに使われるシリコンそのものが臭い
  • 水分・たんぱく質の残留による雑菌繁殖

この2つがアダルトグッズ独特のニオイ原因です。

女性向けより男性向けアダルトグッズが臭い!

アダルトグッズのニオイで悩むのは基本的に男性です。

なぜなら女性向けのアダルトグッズはあまり臭わないからです。

女性向けのアダルトグッズがニオイにくいのは、基本的に凸の形状だからです。バイブやローターがそうです。

使用後に水で洗って軽く拭いて放置。これで臭うことはあまりありません。水分が蒸発しやすいからです。

一方で男性向けは凹の形状です。オナホが代表例。

オナホは密着具合が気持ちよさの秘訣。基本的に入り口が狭くて非貫通式がメジャー。どうしても使用後に水分が残りやすく、雑菌が湧きやすいためニオイが生じてしまいます。

女性が使うバイブやローターの素材は、鼻を近づけると独特なニオイがすることはあるものの、離れた位置から臭いということは通常ありません。稀に質が悪い素材だとニオイがしますが、何度か使用している内に気にならない程度に消えてしまいます。

ですが男性向けのオナホは違います。シリコン素材に柔らかさを持たせる必要性からオイル分が多く、オイルブリード(油漏れ・染み出し)によってシリコン特有の嫌なニオイが出ます。

女性向けは水洗い後の水分除去で完璧

凸型のアダルトグッズ(バイブやローターなど)は、究極は洗わなくても拭くだけでニオイは発生しません。水分がすぐに乾くからです。

男女ともに性器が痒くなるのは蒸れによる菌の繁殖が原因です。足の水虫もそうですよね。それらがたんぱく質を食べてニオイ物質を作るのが悪臭の原因。

要は完全に乾かしてしまえばニオイは出ません。

洗った後は通気性が高い保管袋に入れておけばホコリも付きませんし、拭ききれなかった微細な水分も通気性により乾いてくれます。また次回にすばやく使えます。

水洗いせずに除菌のウェットティッシュなどで拭き上げても大丈夫です。ただローションが残りやすいので、サラッとしたローションなら可能でしょう。ですが凸型は水洗いしたほうが楽だと思います。

やってはいけないニオイ対策

やらないほうがいいのは、エタノールなどのアルコール消毒です。

消毒や除菌の記載があるウェットティッシュや、液体状の消毒ジェルなどです。

これらにはエタノールが含まれており、化粧水でさえエタノール配合だと荒れる人がいます。

普段は大丈夫でも、ペニスや膣は経皮吸収率が顔の4~6倍以上です。エタノールが誰でも刺激になります。亀頭や膣のビラビラがヒリヒリして痛みが生じます。

確かにエタノールに消毒効果はありますが、実際のところは濃度がそれなりに必要なため、思ったほど消毒できていないのに刺激だけはあるということも。

万能消臭グッズ!「コモスイ」で解決

いろいろ対策方法はありますが、とにかくニオイの元は菌なので、これを除菌しきれば問題ありません。

一般的には除菌しても、水分が残っていると雑菌が繁殖してニオイが発生します。

でも以下のコモスイという消臭除菌スプレーなら、アダルトグッズを使う前の使用もできます。だからオナニー

コモスイ
  • ミスト式でアダルトグッズの内外に使いやすい
  • サラサラ仕上がりでベタつき防止
  • 少ない使用量で消臭除菌が完璧
  • オナニー後の部屋の消臭にも効果大
  • 精液を処理したティッシュに一吹きでイカ臭さ予防
  • アトピー肌の人も使える可能性大
  • 自然現象で濃度が落ちるので長期保管はできない
  • 気にならない程度の消毒臭が残る
  • 深くて複雑なオナホ内部には吹き付けにくい
アダルトグッズではなくて一般向きの消臭ミストです。次亜塩素酸塩ナトリウムベースなのでノロウイルス除菌も可能。アダルトグッズの消臭はもちろん、オナニーする前の手の消毒にも使えます。オナニー後の消臭にもかなり効きますし、1本あるだけでかなり便利。

オナホ表面のニオイ対策

オナホの表面から発せられるニオイは、シリコン素材独特のニオイに水分残留で繁殖した雑菌によるニオイです。

しっかりと水分を拭き取っておけば嫌なニオイは発しません。オナホ表面の嫌なニオイはほぼ水分除去の問題+シリコン独特のニオイです。

バイブや前立腺マサージ器具なども水分を放置しなければ悪臭は出ません。

1.洗い終わったら吸水性タオル・ペーパーでくるんでおく

よく水洗いした後に、タオルやティッシュなどで水分を取っても取り切れていないことが多いです。そのわずかな水分残留がカビ臭いニオイの元になります。

アダルトグッズは使い終わったらサッと洗ってしまいたいところ。あまり丁寧に拭いていられないでしょう。

だったら吸水性が高いタオルやペーパーでくるんでおきましょう。それだけで水分が完全に除去されます。

使い捨ての吸水ペーパーがあると便利。ティッシュは何枚も出さないといけないですし、水に濡れると敗れるのでカスがアダルトグッズに残りやすくなります。濡れても破れない吸水ペーパーなら大丈夫。

2.重曹・クエン酸・お茶っ葉などで消臭

オナホに限らずアダルトグッズはシリコン製が多いです。ただシリコンは独特のニオイを持っており、アダルトグッズ以外でもニオイに困っている人は多いです。

例えばシリコンスチーマーやお菓子作りに使うシリコンの型枠などです。料理にシリコンのニオイが移ってしまうこともあり悩んでいる人は多いです。

特にオナホの場合は柔らかさを持たせるために油分が多くてオイルブリード(油分漏れ)が激しいですよね。このせいで独特のニオイが残ります。オナニーした後、手を洗ってもシリコンのニオイが残ってしまいゲンナリする人も多いハズ。

あまりにニオイが気になる場合は、こういったシリコン製品に試されている消臭方法を用いることである程度ニオイを抑えられます。

重曹やクエン酸、お茶っ葉などを洗面器などに入れ、それを水で溶かした溶液にオナホなどを入れておきます。特にこするなどしなくていいのでオナホを痛めません。

普通のサイズの洗面器に大さじ1杯くらいの割合です。

ただオイルブリードが多い製品はニオイが戻ってきやすいので、気になる人はオイルブリードが少ないオナホを選ぶしかないですね。

3.消臭スプレー

アダルトグッズ向けの消臭スプレーがあります。これで仕上げておくと嫌なニオイはかなり抑えられます。

体向けの制汗スプレーも無臭なら使えます。香りがあると逆に変なニオイになるので注意。Ag+などの銀イオン製品が適しています。

サラサラパウダーがオナホの油分を吸い取りベタつきを抑えてくれます。

次亜塩素酸ナトリウムの水溶液を作れば強力に殺菌してくれるので、ほぼ菌由来のニオイは消えます。家庭用で手に入るノロウイルスに効く消毒剤はこれだけです。

ただ手作りで作ると濃度管理が難しく、オナホの内部に残留しているとペニスが荒れて大変なことになるので注意!専用の市販品を買うのがおすすめ。

【洗浄】オナホ内部(穴)のニオイ対策

オナホの臭いで問題となるのは、表面より穴の中でしょう。

穴の中がとにかく狭くて乾燥しにくくなっています。ローションと中出しした精液に含まれるたんぱく質が残留しやすく、それが菌の餌となり独特なニオイを発します。

よく洗ってよく乾かす。これをどうやって工夫するかが対策です。

これができていないと、オナホから抜いた自分のペニスがかび臭くて萎えます。

強い洗剤はNG!

強力な洗剤、例えば台所用の食器洗浄剤は使わないでください。界面活性剤の力が強すぎてオナホのひび割れ、痩せなどの劣化に繋がります。

シリコン製品は油分を含んでいます。界面活性剤は油分をくっつけて取り除く性質があります。強力な食器用洗剤はやり過ぎです。

そもそもオナホやアダルトグッズで油汚れというのはあまりありません。シリコン系のローションを使った場合でも、その場合は専用のオイルクレンジングみたいなものじゃないとシリコンは落ちません。だから脱脂というのはオナホ洗浄に求められていません。

オナホを水洗いするときは手を洗うハンドソープを濃度薄めで使うので十分です。それで取れないほどの油分汚れはないからです。

落ちやすいローションを使う

オナホの穴の中が臭くなるのはローションが残留しやすいからです。ローションが水分を保湿した状態で穴奥に残り、そこに雑菌が繁殖してニオイが出てきます。

ローションと言えばぺぺですが、ああいったドロッとした粘土のものは水で洗い流しにくいです。ちゃんと洗えばもちろん落ちるのですが、射精したあとの賢者タイムだとおざなりになりがち。

水離れがいいローションを使うことで、流水の弱い流れと指による洗浄で綺麗に落ちきります。

落ちやすいけどプレイ中の気持ちよさを損なわないローションとして定番なのはアストログライドですね。

スクラブで精液たんぱく質を落とす

精液はたんぱく質の塊です。服の黄ばみ原因もたんぱく質であるように、たんぱく質は非常に残留しやすい特性があります。オナラの悪臭もたんぱく質が原因です。オナホ穴のニオイも精液が悪さをしている可能性大です。

ではどうやって落とすか?

洗剤でしっかり洗えば落ちると考える人もいるでしょうが、たんぱく質は界面活性剤で除去できません。たんぱく質に効くのはたんぱく質分解酵素です。

例えば毛穴ケアなどで使われる洗顔酵素パウダーがそうです。あまりに精液のたんぱく質汚れが残るなら使う価値もあるでしょうが、通常はここまでする必要はありません。

オナホ内部のヒダヒダなどにちょっと残ってしまうのが問題なだけなので、素材を傷めないこんにゃくスクラブ入りの洗浄剤が活躍。これならオナホにひび割れを起こしません。

男性の洗顔料によく含まれるスクラブはダメです。あれは肌を傷つけるように、オナホにもダメージを与えます。でもこんにゃくスクラブなら大丈夫です。これは赤ちゃん用のスポンジでも使われる素材で攻撃性がないからです。

いつもよりかなりオナホの中がスッキリ。悪臭の元の精液たんぱく質が取れるので、数回に1度などの定期的な使用をしておくとオナホが綺麗に維持できます。

細長いブラシで洗う

オナホは柔軟なので、グイッと押し込めば指の長さで奥まで洗えます。ただサイズが大きい、据え置きタイプやラブドールは指がどうしても奥に届かないことがあります。また洗い方不十分だったり。

同じく奥が洗いづらく入り口が狭いものと言えば……

ペットボトルです。

Amazonなどでペットボトル用の洗浄ブラシを購入して使っている人がいます。

問題なのはブラシの素材です。

塩化ビニールの硬いブラシだとオナホが細かい穴だらけになります。ハンドホールならいいですが、高価な大型据え置きやラブドールには使いづらいです。

素材はブラシよりスポンジ系のほうがまだオナホを痛めません。

ただ、きついオナホの中で早くブラシを動かすと内部構造のヒダヒダに引っかかり、ゴリッと剥がれることもあります。だいたいは大丈夫ですが、思っている以上に慎重にやらないといけません。

  • 非ブラシでオナホを傷めにくい
  • 汚れをかき出し悪臭予防
  • きついオナホだと入っても動かない
  • 内部構造が壊れる可能性
  • 結局、このスポンジを後で洗う必要がある
オナホ用のブラシがないので、近いものと言うとこんな感じですね。ブラシではないのでオナホをボロボロにしませんが、引っかかりやすいので内部構造に優しいとは言いづらい。

圧力ロングノズルスプレーで洗う

これが一番お手軽でオナホにダメージを与えませんね。

窓のサッシお掃除に使われる、ペットボトルに装着するスプレーノズルです。細長いロングノズル付きがオナホの洗浄に向いています。

圧力をかけられて噴射力があり、かつロングノズルでオナホの底に届きます。

水圧で精液やローションを綺麗に吹き飛ばせますが、水なのでオナホを痛めることもありません。かなり便利です。

特に洗面所やお風呂場に移動も困難なラブドールの洗浄には適していますね。バケツなどで排水を受け止めれば、部屋で洗浄可能です。

安いし、場合によっては洗剤を入れたりしてより綺麗に洗うことが可能です。

  • ロングノズル付きで大型オナホの底までしっかり洗える
  • 水圧だけなのでオナホ内部構造を痛めない
  • 取れづらい精液塊もしっかり取れる
  • 持ち運びが困難な大型オナホ、ラブドールの洗浄ができる
  • 安いだけに製品精度にハズレがある
お金をほとんどかけずに、オナホの底をしっかり洗いきれる便利グッズ。これなら洗い残しによる悪臭リスクはありません。ペットボトルは炭酸飲料以外の方が圧力がかかりやすいです。たまにペットボトルとの相性や製品個別差で水漏れすることもありますが、まあ値段相応でしょう。

【乾燥】オナホ内部(穴)のニオイ対策

オナホの中をしっかり洗っても、水気が残っていると雑菌が繁殖するのに代わりありません。ニオイがまだマシになるだけです。

やはり乾燥をしっかりさせないと嫌なニオイは防げません。

仮に精液のたんぱく質が残留していても、水分が残っていなければ悪臭はほとんど防げます。

1.ドライヤーや卓上扇風機で乾かす

ドライヤーのコールド冷風で穴の中に風を送って乾かしてしまいます。ホットの温風だとオナホが溶けるので注意。ただ穴にうまく送風しにくいでしょう。

紙で先端の細い筒を作ったりして確実に奥に送風出来れば良いのですが。

卓上扇風機のような小型ファンを置いて、しばらく放っておいて乾燥させるのも案外と有効。

完全に穴の奥に風が通っていなくても、風の流れ、空気の入れ替えが近くで起きているだけで乾燥の具合はかなり違います。

風の力は弱いですが、穴に風が入るようならしばらく送風し続けられるので結構乾いてくれます。ただし机の上などでオナホがずっと存在している状態なので、家族持ちは辛いか…

2.【便利!】珪藻土スティック

珪藻土という非常に細かな穴が無数に空いた素材の棒です。毛細管現象で勝手に水分を吸い取ってくれます。

使用後のオナホの穴に突っ込んでおけば、穴に残った水分をキューッと吸い取ってくれます。現状で、オナホ内部を痛めずにしっかり水分除去できる唯一の製品でしょう。

珪藻土スティック
  • 瞬間吸水!
  • オナホの穴サイズで挿れやすい
  • 折れやすい
  • 硬いので細かい内部構造を傷つける恐れあり
お風呂の足拭きマットなどで活躍している珪藻土を棒状にしたものです。ただ珪藻土は固形にすると割れやすい性質もあり、かなり価格の差が出ます。そこまで品質がいい珪藻土ではありませんが、丁寧に扱えば何回でも使えます。オナホの穴の脱水効果は抜群です。

3.吸水ペーパー

キッチン用などで破けにくい頑丈な吸水ペーパーを、硬く巻いてオナホに差し込みます。

巻く量によってオナホの穴サイズにアジャストできるのがメリットです。ただ硬く巻かないと穴に引っかかってワシャワシャーと詰まってしまいます。

なので硬めに仕上げられた棒状のスポンジや巻紙がいいのですが、そういう製品となると女性の生理用品であるタンポンということに。

オナホを使うたびにだと女性より利用頻度が上がりそうな気もしますが、大事にしたいオナホなら使って損なし!

ソフィソフトタンポン
  • オナホ=膣だから理にかなっている
  • オナホの穴サイズで挿れやすい
  • 吸水性抜群
  • 抜くときにヒモがあるので奥に残りづらい
  • 抜くときにどうしても引っかかる
  • ソフトなオナホだと内部構造が取れる
女性の生理用品です。メジャーブランド。珪藻土スティックよりはオナホを傷つけにくいはずですが、使ってみると100%安心でもありません。粘りつく構造だと引っかかりが強くて抜くのに苦労します。硬めの素材なら安心ですね。とにかく吸水性は抜群。嫌なニオイはまず防げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ