トップへ

男だけど何度でも連続でオナニーして気持ちよくなりたい

カテゴリ疑問・悩み(男性)タグ

女性の場合は「射精」という行為がないので、体力が続く限りは何度もイクことができます。

でも男は射精すると一気に性欲が覚め、何度も連続でイクことは難しいです。

では、男が何度でも連続でオナニーしても萎えない、何度でも絶頂を迎えてイケるようにするにはどうすればいいのでしょうか?

オナ禁(オナニーを我慢する)

単純ですが、オナニーを我慢して射精しない期間が長くなれば、射精できる回数は増えます。

でも、連続で萎えずにというのはほぼ不可能です。それとその人の体質にもよりますので、せいぜい1,2回ほど射精の数が増えるぐらいでしょう。

つまり、どうやっても射精をする限り連続でオナニーは無理なんです。

勃起治療薬・精力剤を使う

連続で射精するのはかなり困難なのですが、その前に一度か二度射精してしまうと、勃起させるの自体が難しくて射精どころじゃない人が多いでしょう。

こんな場合EDなどで使う、バイアグラなどを使うと、別に勃起障害じゃない人も射精しても勃起状態のままキープできたりします。膣内射精障害の人も勃起できるくらい敏感になるからです。

ただ問題なのは副作用。言われているものでは、ほてり、胸焼け、目の充血、頭痛などで、軽いものが多いみたいですがかなりの確率で症状が出ます。体にいいものなのかよく分からないところはあるので、連続で射精するためだけに飲むのもどうなのか?といったところです。

あとは価格も問題。結構高いです。ただこれは、ジェネリックみたいに同等内容で安いものがあります。

  • バイアグラ → カマグラゴールド
  • シアリス → メガリス
  • レビトラ → バリフ

左が正規製品で右がジェネリック系です。相当価格が違います。ただこういった勃起治療薬のジェネリックは海外通販になります。お店をしっかり選ばないと偽物が平気で届くので注意して下さい。

ドライオーガズムなら可能

ここまで射精することを前提としていますが、逆に射精しなければ連続でいくらでもイクことは可能ということになります。となると、できるオナニーの仕方は限られます。

いわゆるドライオーガズム系の前立腺オナニーか乳首オナニー、ちょっと奇抜なのでいくと催眠オナニーなどがあります。

どれも射精しないのが特徴ですが、射精時に感じるビクン!ビクン!という感覚があるのに出るのはせいぜい透明の液体。すなわち射精していない状態で絶頂を迎えることができます。

この絶頂のタイプは女性型と表現されるように、体力が続く限りイクことができるものです。

では世の中の男性はみんなこのオナニーの仕方をすればいいのに、と思うかもしれませんが、実際は非常に困難です。

まず前立腺にしても乳首にしても、難易度が非常に高いです。成功率は1%もないのではないでしょうか?

あまりよくない噂、事例がネットで見つかる…

仮に成功したとしても、ホルモンバランスが崩れるとか日常生活で常にHな気分になるとか弊害もネットでは噂されています。成功した人がそもそも少ないだけに弊害の話も少なくて真実がベールに包まれたオナニー方法なのです。

ただそれでも前立腺と乳首関連のアダルトグッズは売れ続けています。それだけチャレンジしている、楽しんでいる人が多い証拠なのですが、成功しているかどうかまでは分かりません。

男である以上、射精をするオナニーをやる限りは連続でいつまでも継続するというのは不可能です。可能性があるとしたら、この射精しないタイプの方法のみです。

おそらくこういった方法を探している人は、今のオナニーに満足していないのでしょう。もしさっと早く射精してしまっているのなら、1回のオナニーをじっくりと時間をかけてやってみるのはどうでしょうか?いわゆるスローオナニーです。

スローセックスが流行ったように、スローオナニーも非常に射精時の満足感が高く、その後の罪悪感や気持ちの冷めもほとんどないのが特徴です。

前立腺オナニーも乳首オナニーもちょっとどうかな…という男性は、スローオナニー(亀頭オナニーなど)にチャレンジしてみては?

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ