トップへ

【男性版】オナニーはセックスの練習になるのか?上手くなるための条件とは?

カテゴリ疑問・悩み(男性)タグ

セックス相手

最近セックスしていない……

童貞以外でもセックスしていない期間が長いと下手になります。本当に下手になります。

いざというとき、今もう意中の女性がいるとき、セックスする雰囲気になったらどうすれば……

普通なら練習すればいいのですが、セックスの練習なんて世の中で一番やりづらい練習かもしれません。

ではオナニーで代用できないか?

と考える男性は結構多いです。

オナニーでセックスはうまくならない

結論から言うと、男はオナニーでセックスが上手くなるということは基本ありません。

同じ性行為なのですが大きな違いがあるからです。

もちろん相手の有無はありますが、それ以外でです。

オナニー:射精が目的
セックス:射精はおまけ

ただ単に性欲処理として女性を扱う場合は、ある意味オナニーに近いです。だから、相手のことを無視したセックスならオナニーで技術は向上します。

ですが、恋人同士だったり、セックスで相手に嫌われたくないという場合は、射精することが目的ではありません。その手前に大事なことが詰まっています。

その大事な部分をオナニーで練習できるかというと、さすがにそれはできないのです。

上手なセックスの条件とオナニーが練習にならない理由

オナニーがセックスの練習にならない理由は、上手いセックスの条件を知ることも重要です。

一般的には、早漏じゃない、ペニスが小さすぎないとかが言われますが、こういったことも含まれるもののメイン要素ではありません。

普通に挿入できて多少腰を振れれば、上手いかどうかは別として、下手とまで思われることはあまりありません。

セックスが下手と女性にはっきり言われるのは、挿入以前で決まっていることが多いからです。

※ただし、単純に体と心の相性がいいカップルは、何やっても自然にうまくいきます。その場合、お互いにセックスが上手いかどうかより、ただ単に満たされているので違う満足感とも言えますが……

痛がらせない

セックスの上手い下手で女性サイドから判断ポイントにされるのが、主に前戯の際の「痛い」「強すぎる」という点。

セックスが上手い男性ほど、射精に向かっていっていないので、相手女性のことに100%集中しています。相手の立場になっています。

でもセックスが下手な男性は、頭に射精のゴールがチラついており、相手女性は「こうすれば感じるはず!」という主観的な立場で女性の体を触りがち。

AVだと結構強めに触っているように見えるのですが、やはり演技があるので一般女性に通用しません。

相手女性に触れる前戯は、どう考えても弱すぎる!というくらいでちょうどいいのです。

では、この前戯の上手い下手をオナニーで練習できるかというと、どう考えてもできませんよね。

最初からマイナス行為がない(セックス評価は持ち点制)

男性は射精がピークタイムになりますが、女性はセックスの始まる前から終わってしばらくまでがセックスです。

完全に性欲だけ満たしたい!というセフレ多数の女性ならまだ違うでしょうが、普通の女性を相手にするなら、服を脱がせる前からセックスは始まっています。

その時点から、持ち点100として、だんだん減点されていくのが女性目線のセックス。

男性は0点から加点していくイメージですよね?

一度減点されたら増えません。持ち直せないのです。

だから前戯が重要と言われるのです。

男性は何かと挿入時を重要視します。セックスの上手い下手も繋がっているときにあると。

確かに早漏だとマイナスですし、挿入時に気持ちよくないとこれも下手と思われるでしょう。

ですが、挿入までが上手ければ、セックスが「下手」とは女性に思われません。概ね相手には高評価されます。

もちろん挿入しているときも重要なのですが、逆に挿入時のテクニックがあったとしても、前戯が下手だと挿入時は50%くらいしか評価されません。人によっては10%とかそんな場合も。

ですがオナニーは射精に向かう行為です。

セックスとは過程が違いすぎるため、オナニーでセックス上達は難しいのです。

挿れてほしいと思わせる、言わせられるか?

清楚な女性でも、前戯がうまくいくと相手男性のペニスが欲しくて仕方がなくなります。

「挿れてほしい……」

と言う子もいれば、聞くと恥ずかしそうに答える子もいます。

あれだけ股だけは硬く閉じていたのに、自然に緩んですんなり股を広げられるようになったり。

そこまで来たらそれなりに次第点です。

となると、オナニーでここまでの過程を訓練できるかというと難しいですよね。

膣をオナホにしない

挿入しているときの上手い下手は、男性が射精に向かっているかどうかで決まります。

オナホを使うときは射精しようとしていますよね?

でもセックスのときは射精しようとしてはダメなんです。相手女性を感じさせる、一つになるという感覚で、常に女性の反応を伺う意識が必要です。自分本位に腰を振っていたら下手と思われます。

AVやエロ漫画では無理やり挿入しても、挿入されたらされたで女性は感じてくる……という描写が多いですが、実際はそんなことありません。

男性と違って繋がるだけではあまり気持ちよくなれないのです。

前戯がダメでも挿入で挽回!というのは無理なんです。

そして、仮に前戯が良くても、挿入が男性本位だとセックスが下手だと評価されます。

挿入時は射精したいという欲をいかに抑えて、相手に気持ちよくなってもらおうとする余裕が必要です。

それで男が気持ちよくなれるのか?

と疑問に思う男性は多いでしょうが、相手女性に対する気持ちが強かったり、セフレの関係でも相手を気持ちよくさせられているという満足感が、射精以外のでの性感を大きく高めてくれます。

女性の膣はオナホじゃありません。

だからオナニーだと、どうしても射精に向かっていってしまう刺激になります。

オナホ相手に感情を持てるわけでもありませんし、オナホが感じているなんて満足感も当然ありません(笑)

いかに、オナニーがセックスの練習にならないか分かるのではないでしょうか?

セックスが上手になる?オナニーの仕方とコツ

オナニーはセックスの練習には基本的になりません。

しかし、普段のオナニーのやり方を変えることで、セックス上達へ若干近づきます。まあ、弱化ですが。

射精しないオナニーをする

射精することに飢えているとセックスはうまくなりません。

たまに射精しないオナニーをすることで、この射精への欲求が低くなります。

オナニーは射精することが目標なので、どうしてもその延長線でセックスしがち。だから下手になります。

必要なのは射精へのこだわり、欲求を消すことです。

早漏の人でも、一度射精感が落ち着いたら妙にイカなくなることがあります。これはある程度まで射精の感覚が強まってそれが引っ込んだため、射精したいという欲求が抑えられたからです。

結果、まだ出しちゃダメだ!という不安が消え、セックスに余裕が出ます。

射精したい、射精しちゃダメだという気持ちがある限りセックスに余裕が生まれません。

スローオナニーは一見この方法に使えそうなやり方ですが、結局は射精に向けてのスローなので、セックスのときに活かせるかというとそうでもありません。

ですがスローセックスという方法があるように、ゆっくり楽しむというのは射精だけにこだわらないので、セックス時の余裕に繋がり、結果上達へと進展する可能性もあります。

ラブドールを使ったセックスオナニーで環境変化に慣れる

クンニや指マン、挿入などの動作で、これが定番という動きがあります。これができていないとギクシャクして「この人慣れていないなあ……」と女性に思われます。

これらは風俗で練習できますが、風俗だと相手がプロなせいで成功しているのかどうか分かりません。演技もあったり、全く無反応だったり。

せめて、この動きが正しいとされる動作を、オナニーのときに冷静に練習しておくだけで、いざ本番のときにギクシャクせずスムーズにできます。

どうしよう、こうしたらもっといいのかな?

とセックスのときに考えていてはダメです。作業のように当たり前の動きがベース。工夫はそれができてからで、工夫がなくてもセックスは上手いグループに入れます。

例えばクンニですが、ベッドで相手のクリトリスを舐める姿勢。

多くの男性は真正面に体をうつ伏せにして行いますが、それだと自分の大勢がつらくなってきて舌の動きが荒くなったり下手な動きになります。

何をするにしてもポジションが重要。

本当はお姉さん座りのように脚を横にして腰片側をベッドに付けるようにしてポジションを取ります。そうると首や腰に負担がかからず、自然に相手クリトリスへ口が運べます。

こういった姿勢をラブドールで試すと言うか慣れておくと、いざセックス本番のときに自然にその姿勢に移行できます。やはり本番時は興奮しているので、染み付いている行動しか出ないのです。ぶつけ本番では「これでいいのか?」という不安が動作に出て失敗してしまうでしょう。

ラブドールで指マン・挿入の動きを予習する

ラブドールでセックスオナニーは実際の腰の動きや指の動きを予習できるメリットがあります。

指マンの場合は、AVだとこすっているように見えますが、実際は「叩く」ほうが女性は感じます。叩くというか、タッチしてパッと離すの繰り返しです。グイーっと強めに押したり、押したままグリグリはそんなに気持ちよくなりません。

ただオナホの形状は実際の膣とはかなり違うので(膣内では関節が曲がるがオナホ内では曲がらない)、リアルな練習になるわけではありません。でも、叩くという動作を実際に試してからだと、本番のセックスのときとは大違い。

オナホだけでいいじゃないかと言われそうですが、それこそクンニのときのように姿勢が重要です。どの姿勢が疲れずにできるか?指の動きが乱雑にならないか?というのを予習できるのはラブドールに付いたオナホだけです。

挿入している場合は、こするより亀頭で膣壁を押すのが正解。男性の主観だと擦ることがプラスに思えますが、実際は擦ったさきにある亀頭と膣壁の衝突が快感になっているのであって、摩擦で感じているわけではありません。

また、亀頭が膣口に当たるだけでなく、膣壁であれば感じるのです。

これも腰の動きをラブドールでいろいろ試してみるといいでしょう。

男性はペニスを膣口で絞りこするイメージですが、基本的には亀頭で膣壁をノックするのが正解。その上での摩擦刺激です。

実際のセックスでは姿勢に無理があって思ったようにできない、ということが多々あるので、ラブドールで自分の体の硬さやベストポジションを探るのはとても効果的です。

普段エロおかずありならやめてみる

AVなどのエロいおかずを見ながらオナニーするのが当たり前になっている人は、しばらくエロネタなしで妄想ののみでオナニーしてみてください。

必死にエロいことを考えてペニスを刺激しますよね?

なかなか勃起しなくて必死にアソコが反応するネタを絞り出します。

この思考回路は射精するためではなくて、勃起させる、硬くするための思考です。

そして、自分自身のことじゃなくて、擬似的に自分以外のことを意識してペニスを刺激しています。

セックスが上手い人は相手女性のことを考えています。下手な人は自分のことしか考えていません。相手が「これで気持ちよくなるだろ?」というのも自分のことしか考えていない発想です。決めつけなので。

これはAV・エロ動画・エロ漫画の見過ぎも原因の一つです。

男は自分がテクニックがあるとうぬぼれがち。実際にセックスの様子を見たことがない男子なら、これでいいのだろうか?相手女性はこんなことされて大丈夫だろうか?という不安が湧き上がります。でもセックスの様子に見慣れていると、こうすればいいという決めつけが頭にあります。

悪く言えば道具として見ている節がありますよね。

セックスが上手いかどうかは、道具をうまく使って気持ちよくなることではありません。道具じゃなくて女性を気持ちよくさせる、快感の波に溺れさせることができる、安心感と快楽の混ざった何とも言えない気持ちよさで包めるかどうかです。

エロ動画などを見すぎていると、どうしても女性と「道具」、つまりオナホのように扱いがちになります。この辺の切り替えができている人はセックス上手。いつまでもAV・エロ動画・エロ漫画の延長線にいる人はセックス下手と言えるでしょう。

ライブチャットしながらオナニーする

一般女性のライブ映像を楽しむライブチャット。

アダルトバージョンだと、チャットでいかにして脱がせるか、いかにしてエッチなことをさせるかが肝。

これをオナニーしながらやると、精神的な意味でセックスの練習になります。

普通は女性が脱いだりオナニーしだしてから自分もオナニーしますが、もう最初からオナニーします。

すると、まず脱いでもらわないといけないわけで、そのためにチャットで工夫するわけです。

下手な男性は「脱いでよ」「おっぱい見たい」とかストレートにチャットします。これって、セックスならとにかく挿入したいと言っているのと同じです。

セックスの場合、上手いか下手かは女性の立場に立てているかが重要。ライブチャットの場合も自分本位だとうまくいきません。まあ相手も慣れていると分かっていて脱いだりしてくれますけどね。

オナニーしながらいかにして相手女性の心を解きほぐすか?

これができれば、ただ射精したいだけの腰振りお猿さんから卒業です。

ただライブチャットしながらペニスを刺激するのは難しいです。だから手放しで刺激できるグッズを使うのが理想ですね。

オナニー以外の練習方法は風俗・出会い系

やはり相手女性がいたほうがセックスは練習になります。

その相手をどうするか?

彼女や奥さんがいればともかく、誰もいない場合は以下のようなところで探すしかありません。さすがにナンパはハードルが高いので対象外としています。そもそもセックスの練習がしたいと思う人がしないでしょう。

当たり前ですが、日本ではお金を払ってエッチしてもらうのは違法です。しかし、事実上可能となっているジャンルがあります。

ソープランド(トルコ風呂)

お店に入浴料を払い、中の女性と自由恋愛という形をとることでセックスありになっています。まあ料金コミコミなんで本当に形だけ。

日本で一番合法?的に女性とお金を通じてセックスできます。

他の風俗と違って2回戦が普通にあるので、時間があれば1発出してもまたできます。セックスの練習フィールドとしてはもってこい。

素直にセックスの練習をしたい、と言って何人か当たってみれば練習に付き合ってくれる優しいソープ嬢はいます。

ただ1回あたりの金額が安くて3万円。美人が多い高級店だと10万円くらいもザラなのでお財布には注意。

ちょんの間(飛田新地など)

主に大阪にいくつかある昔の遊郭のなごり。

一応料理旅館という形態を取り、女性とはあくまで自室内での自由恋愛という形。お茶が出るのは料理旅館ですよ~というアピールでもあります。

特に飛田新地は全国的に有名。通りによって超絶美人ばかり、逆に化物ばかり(本当に化物通りと呼ばれている)の店などがあり、ある意味世の男性の好みを網羅しています。

料金は1万円くらいで安いです。ただ、ゴムはめてフェラされて勃起したら挿入して発射。ほぼラブドール状態です。

なのでセックスの練習としては挿入時の腰の動きくらいしかできません。また雰囲気的に練習できるような状態ではないです。

ただめちゃくちゃ美人とセックスできるので、美人とセックスしても早くイカないという練習は可能。

ファッションヘルス

明確にセックス(本番行為)禁止です。素股まで。

ですが、裏風俗としてセックスさせてくれるヘルス嬢がいるのは事実。

恋愛感情に発展するようなケースもあるくらいなので、もしヘルス嬢と仲良くなればじっくり練習することも可能。

ただ無理やりやろうとしたり、過剰に要求するとお店に通報されて怖いお兄さんが出てくるので注意。

中華系性感エステ

マッサージなんだけどセックスありという裏風俗。

主に中国人がメインでしたが、最近は違う国のところも増えています。

完全にお金儲け主義のような女性が相手なので、セックスの練習には不向きでしょう。

出会い系

出会い系でもセックスの練習相手は探せます。

ただ、掲示板に投稿されている女性の投稿は、ほとんどがお金目的のプロです。個人の場合もあれば風俗店が代わりに投稿していることも。

リアルな一般女性もいることはいるのですが、プロ女性の圧倒的な投稿量に隠れてしまい見分けるのが困難です。

出会い系は出会えないとよく言われますが、そもそも悪質サイトを利用している人が大半。出会い系を使うならネットリテラシーがないとカモにされます。出会い系で利用するべきサイトは数個しかなく、そこでプロフィール検索からメールしていけば普通に出会えます。

ある程度セックスへの道が開けている出会い系での出会いなので、リアルなセックスの練習が可能。もし失敗しても出会い系での付き合いなので引きずることもありませんしね。

パパ活

2016~2018年頃に爆発的に一般化?されたニュージャンル。

建前は一緒に食事したり出かけたりするだけですが……

やはりエッチありのほうが報酬がグン!と上がるため、体の関係ありの場合も多いです。そもそも食事だけで済むのは一握りの美人だけとも言われています。

実際には高額のデート代をもらっているから、次に繋げるためにも体を許すという女性も多く、実質的にはお金で売っているわけではないという見方もできます。

会ってすぐホテルならダメでしょうが、デートした上でながら自由恋愛とも言えるからです。

ただ結局はお金が余っている男性にしか利用できません。年収で言うと最低1,000万以上の男性が利用しており、開業医だったり弁護士だったり会社役員だったりが多いようです。もしくは株やFX、仮想通貨で稼いでいる人など。

お金という力があるので、セックスが下手でも問題になりません。パパ活の場合、男性も性欲処理目的で利用するわけじゃないので(そういう利用の人もいますが)、相手女性のことを愛おしく思えてセックスできます。だから繰り返している内にセックスが上手くなってきます。

かなり割り切りが必要な方法ですが、セックスの練習相手としては一番ベストなのかもしれませんね。

オナニーは精力・性欲を高めるメリットはある

オナニーでセックスの技術を向上させるのは簡単ではありません。

ですが精力・性欲を高めて、セックスのベースを作れるのはオナニーのメリットです。

精力や性欲が低いとセックスへのモチベーションが落ちます。セックス中の工夫もできなくなります。それはセックスの質を下げますよね。

オナニーを適度にしているだけで男性機能が向上します。全くオナニーもセックスもしないと徐々に勃起の硬さも落ちてきます。

今パートナーがいない。オナニーしていると虚しい。

という男性もいるでしょうが、彼女ができてからだと回復が間に合わないです。一度落ちた精力・性欲・男性機能は、ある程度の時間をかけないと元に戻りません。

セックスの練習というと何かと技術面を言われがちですが、それを支えるベースがしっかりしていないと成り立ちません。

オナニーする気があまり起きないのなら、ムラムラするための工夫をしてオナニーする。これだけで十分セックスの練習になりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。
オナニーのネタ・おかず情報
【お試し付き】FATEY~スマホで見せつけオナニー
スマホカメラで女性に自分のオナニーを見てもらえるサービス。風俗だとオナクラに該当。お店に行かなくてもその場でかわいい女の子に射精の瞬間まで見せつけられます。アブノーマルなオナニーもO.K. ライブチャットと違い、オナニー専用なので消費するポイント量が少なくて安上がりです。1回分くらいのポイントがお試しできます。

関連ページ