トップへ

早漏を改善するオナニーの仕方~治すため必要な本当の条件

カテゴリ疑問・悩み(男性)タグ

早漏のイメージ

早漏改善の方法って1分でも長持ちする効果って出たことありますか?

たぶん、ほとんどの男性が効果を感じていないと思います。

ですが、それはあなたが真正のド早漏だから、ってことではありません。元々ほとんど効果がないことをしていたからです。

なぜ早漏が改善しないのか?

今まで言われてきた対策方法がダメな理由と、早漏が治る本当の条件について紹介。

本当の早漏原因は心因性のみ

早漏はペニスを鍛える、射精をコントロールする筋肉を鍛えることで改善する!

といくつも情報がありますが、そんなので早漏が改善したらこんなに悩んでいる人はいません。

なぜなら、早漏原因は心因性がほとんど。心、気持ち、精神的な面でのトラブルなので、鍛えるとかコントロールするという概念はありえないのです。

射精し始めた時期って早漏でしたか?

初めて射精することを精通と呼びますが、そこでオナニーを覚えて何度もやってきたと思います。

ではその当時は早漏だったでしょうか?

本物の早漏男性はセックスのときだけ早漏なのではなく、オナニーのときも早いです。

ペニスが刺激に慣れていないから鍛えれば早漏が治る……

それなら精通したあたりの若いときって早漏だったはず。でもそうじゃなかったと思います。結構ガシガシ擦って、今より時間がかかっていたはずです。

つまりペニスが鍛えられていないとかは早漏と関係ないのが分かりますよね。

鍛えて早漏が改善するなら誰も早漏はいないのでは?

亀頭が刺激に慣れていないとか、女性の膣刺激になれていないとか、まあいろいろ言われます。

でもそれなら、オナニーし続けているだけで早漏が治らないでしょうか?

亀頭オナニーでもやり続ければ早漏が治るはず。

女性の膣刺激に近いオナホでしごけば鍛えられるはず。

でも無理ですよね。

普段からオナニーしていても早漏はそのままのはず。だから心因性原因を何とかしない限り早漏は改善できないのです。

一応、鍛えるというか射精のスイッチ、トリガーを強い刺激に慣らして早漏を改善する方法はあります。ですが、荒治療でリスクがかなりあります。膣内射精障害の原因を逆手に取る方法です。詳しくは後半で。

ド早漏Aさん(仮名・32歳)の早漏事例

中度EDの例で登場したAさん(仮名)ですが、彼はド早漏でもありました。

Aさんの早すぎる射精経験

Aさんの最短記録は、1分に満たないゴムフェラ→ゴムあり挿入(亀頭のみ)→射精

という事件です。これは事件です。

本番ありの風俗での事故でした。風俗嬢はさすがに「えっ?」となって笑ってしまい、それがトラウマになってさらに早漏が悪化しました。普通の早漏からド早漏に昇格したのです。

もう2回目という気分ではなく、時間が大幅に余った状態で終了。店のオーナーが「何か問題あったのでしょうか?」と電話で確認する始末。

Aさんとしては(自分に)問題があっただけに、余計に落ち込むだけで叩きのめされたのでした。

その後もゴクアツコンドームありで1分も持たないというレベル。もう諦めていました。

いつ何が早漏原因となったのか分からない

そんな彼ですが、最初に早漏だと気づいたきっかけの記憶はありません。

ハッキリしているのは、いつまでは早漏じゃなかったか?という最後の非早漏セックスだけは鮮烈に覚えています。

そのセックスだけなぜはっきりと覚えているのか?

「早く出ないように」
「我慢しないと……」

ということを一切考えていなかったのです。早漏となってからは日常生活で女性と出会いがあった時点で早漏のことが頭に浮かんでいました。

非早漏時の最後のセックスのときは全くそんなことを考えていなかった。だからハッキリと覚えているんです。

この点から言っても、早漏原因は特定しづらく、かつ心因性によるものが大きいことが分かりますよね。

ド早漏を克服したAさんが……早漏再発!

Aさんは、後半に書いた床オナやその特性を活かしたオナニー方法で早漏を改善しています。

ばらつきがありましたが、ゴクアツコンドームと姿勢の工夫で15分以上の挿入を成功させました。ただ5分くらいのときもありますが、一度このような成功例があると「大丈夫」と自信がゆらぎません。

ですが……

この早漏改善の相手となった彼女と破局。

その後、半年以上彼女がいない時期があり、またオナニーだけの生活に逆戻り。風俗も行っていません。

そしてまたマッチングアプリで彼女ができたのですが……

初めてのセックスで早漏が再発!!

さすがに三こすり半ではなかったものの、彼女との初めてのエッチで早くイッてしまったのです。

その後またトレーニングを再開してまた改善してきているようですが、失敗したときの彼女が普通にしてくれたのも早漏が悪化しなかった大きな原因です。

彼女がいない間、普通のオナニーをしていた

Aさんは彼女がいたときもオナニーしていました。彼女のことを思っての妄想オナニーがメイン。彼女が潔癖症でAV鑑賞を許さなかったためです。AVさんは真面目。

妄想オナニーなのでオカズ不足。そのため、後半で紹介する射精感が来る直前に強くしごく方法でオナニーしていました。かなり強くしごいて時間をかけてオナニーしていました。

ですが、破局してからはやっていません。

AVを見ながらササッと射精していました。

Aさんは気づいていました。

「なんか前より出るの早くなってない?」

でもAV見ながらだからだろうと思っていました。いざセックスになったらもう大丈夫と。

しかし、早漏具合が100%ではないにしろ結構元に戻ってしまいました。

セックスするときに、最近のオナニーで早めに出ていることが若干頭によぎっていたのです。

早漏はちょっとしたことで悪化して再発します。

この事例からも、早漏がいかに心因性に支配されているかというのが分かりますよね。

ペニスが敏感でも早漏ではない男性は多い

エッチ前の女性イメージ

ペニスが刺激に慣れていないから早漏である。

とは言いますが、先ほども述べたように、それなら精通したあたりの青少年も早漏のはず。

ですがこの時期にセックスしていた男性は早漏じゃなかったはずです。

敏感なはずなのになぜか?

不安がないからです。

早漏と非早漏の頭の中の違い

  • 気持ちよくなりたい!
  • 早くイッちゃだめだ!(恥ずかしい)

ただ本能で腰を振っているだけで、こうしたら気持ちいいかな?とか、すぐに射精したらどうしよう……とか何にも考えていませんよね?こういう性欲旺盛な時期って。

今、早漏で悩んでいる人は、

  • またすぐイッたらどうしよう…
  • どうすれば感度を抑えられるかな?
  • どうやれば相手にバレないかな……

と常に考えつつセックスしていないでしょうか?考えないようにしても潜在意識に「不安」がうごめいているでしょう。

別にまだ射精感が来ていないのに「そろそろ来そう……」と思った瞬間、射精の波が襲ってきたりとか。

人は制限されると意識がダメな方に傾く

ただ単に白線の上を歩くだけならできる。でも白線からはみ出してはダメ!と言われれば、途端に体がフラフラしないでしょうか?

人というのは制限が加わると、逆にダメなほうに傾こうとするのです。

崖の側を歩くと、なぜか崖の方に体が引っ張られる感じがすると思います。そっちに行ったらダメなのに。

早漏もこれと同じ。すぐに射精しないようにという制限が、逆に射精を意識してしまって早漏を悪化させてしまうのです。

鈍感で周りを見れないようなタイプのほうが、失敗せずに堂々と立ち回れると同じです。

つまり早漏というのはペニス感度ではなく、大半は精神的な面、メンタル面が原因であることが分かります。

そもそも早漏の原因は偶然でペニスに問題はない

「早い」と言う女性のイメージ

早漏は突発的に発症します。

先ほどの例のように、10代半ばでロングプレイが可能だったのに、20代になって早漏になってしまったケースが多くあります。

なぜかというと、一度だけ偶然、早すぎたときがあったからです。

その際に相手女性から「早すぎ」と言われればもちろんのこと、何も言われなくても自分で「やばい……早すぎた」と思っても一緒です。

この一つの「失敗」が早漏になりえるのです。それまで遅漏気味であっても。

一度このような偶然の失敗であったとしても、このときの敗北感がトラウマとなり、次のセックスのときに身構えてしまうのです。今回は大丈夫だろうか、また前みたいに早くイッてしまわないだろうか……

こうなってしまうと、崖の側を歩く人のように、ダメな方向に引っ張られがちになります。

効果がない早漏改善の対策方法

以下の対策方法は効果を期待できません。

ただ、やりようによっては効果があります。でもその条件を満たせる男性はほとんどいません。

条件は一つに継続です。次に、早漏であることをどうでもいいと開き直ることです。

その状態が続けば以下の方法でも早漏改善効果はあります。

ただ実際は難しい。だから多くの男性はトライしても早漏のままなんです。

興奮を感じないように精神コントロール

意識的に「気持ちよくない」と思い込み、性感を遠ざけることで射精感を遅らせる方法です。

射精は副交感神経優位から一気に交感神経優位になって発生します。

だから興奮が高まってくると射精になります。

そこで意識的に興奮しないようにするのですが、早漏男性の脳内は「早く出ないように」と常に意識しているため、純粋に興奮しないようにできません。

白線の上をはみ出さないように歩くのと同じです。

これではほぼ意味がありません。

なぜなら射精というのは脊髄反射だからです。脊髄反射というのは脳を介しての命令ではなく、直接的に反応する行動です。だからイメージする(脳で行う)というのは射精と関係がないのです。

ただ、早く出ないようにと言う恐れ無しでイメージできていたら、確実に興奮は抑えられます。

その場合は早漏抑止力になります。

よく挙げられる例として、早漏やセックスなどエッチなこと意外でトラウマなことを思い出したり、絶対にセックスできない女性や男性とエッチしていると想像したり。

これが本当に純粋にできれば早漏は抑え込めます。

ですが、どうしても目的が早漏への恐怖に支配されていてうまくいかないことが多いです。そして本気でこのようにイメージすると、今度はペニスが柔らかくなってくるという問題も生じます。

亀頭を鍛える

亀頭刺激

ペニスで一番敏感な部分は亀頭です。なぜなら包皮に包まれていないからです。

だから仮性包茎を治すと早漏が治るという説もあります。

ただこれは刺激面と関係ありません。

仮性包茎が治ったら男性として自信が出るため、自信を持ってセックスができるから早漏じゃなくなるというケースはあります。

早くイッてしまったらという不安がなく、ただ男として女を感じさせてやる、もう包茎だって馬鹿にされないぞ!恥ずかしくないぞ!というプラス面が非常に大きく作用するからです。

既に剥けている人が亀頭を鍛えても早漏は1%も変わらないでしょう。

仮性包茎の人は多少変わるかも知れませんが、セックス時間が1分も伸びることは考えにくいです。

現に、亀頭だけ刺激していたら射精感は遅れるのです。亀頭オナニーは普通のオナニーよりロングプレイができます。これは誰でもです。

つまり、亀頭はそもそも敏感だけど射精に直結する部分じゃないことが分かります。だから亀頭を鍛えても早漏は治らないのです。

セマンズ法

早漏克服トレーニングのイメージ

射精しそうになったら刺激を止めて我慢。射精感が引いたら刺激をスタートして、またイキそうになったら止める……

これを繰り返すトレーニングがセマンズ法です。

早漏改善効果があるとされる定番の対策方法ですが、少なくとも劇的な効果はありません。

ただトレーニング中のどこかで「以前よりどんどんイキにくくなってる!」と強く感じると本当に早漏が治ることがあります。つまり結局は精神的なものということ。自信です。

セマンズ法は射精を「我慢」できる力が強くなるイメージですが、射精感が出てきた時点でもう手遅れです。そのときには拳銃をジャカッと装填した状態なのですから。

セマンズ法の効果は精神的なコントロール面強化です。

「刺激→気持よくなってくる→射精」

これが早漏の人の流れ。

「刺激→(ある程度の時間)→気持よくなってくる→【しばらくの時間】→射精」

というのが普通、遅漏の人の流れ。

気持ちよくなってくると誰でも射精感が近づきます。

ただ、早漏だと一気に「射精したときの気持ちよさ」が強く脳内再生されます。そのため一気に順序をすっ飛ばして射精に向かってしまいます。

セマンズ法はいわば生殺し状態にすることで、「射精したときの気持ちよさ」に対する執着を取りさる「修行」みたいなものです。

みなさんが考えているような射精を遅らせることができるトレーニングではなく、あくまで精神面での改革を起こしやすい方法だということです。

また精液が逆流する恐れもあるため、あまりギリギリで我慢を繰り返すと射精管で炎症を起こす恐れもあります。

セマンズ法は確かに有効な早漏改善トレーニングですが、修行レベルに鍛錬が必要。これでうまくいく男性は非常に少ないのです。

スクイーズ法

イキそうになったら亀頭やペニス根本をぎゅーっと抑えて射精感を閉じ込める方法です。

セマンズ法と理屈は一緒です。

あまりやりすぎると精液が逆流して炎症を起こし、子作り機能が失われる可能性もあるのでおすすめしません。

初めから射精しないように力を入れる

射精しないように、最初からPC筋に力を入れてセックスすると多少持ちが良くなることがあります。

ただ射精への意識が強まるため逆に早くなるケースもあります。

基本的に射精感を遅らせることはできません。射精感が来た場合に、予期できているから多少、ほんの少し射精までが伸びるだけです。射精感が突然来ると我慢しづらいので、その意味では効果があるものの早漏を改善するまではいきません。

自らPC筋を意識すると、早漏男性はどうしても射精をイメージしてしまいます。

また、PC筋はコントロールしにくく、意識してもそんなにうまく動作しませんし続けられません。

場合によっては早漏改善効果がある方法

上記で紹介した方法は、ある意味修行レベルです。

効果はあると言えます。ですが実現が難しいのです。

EDも同じで、やれることはたくさんあります。ですがバイアグラなどに頼りますよね?

深刻な悩みの早漏ですが、ほとんどの男性が根気よく対策をできない。だから上記の方法は事実上効果がないと言わざるを得ないのです。

一方で以下の方法は手軽。

そのため場合によっては効果が望める方法なのです。

早漏防止スプレー

早漏防止スプレーや塗り薬は昔からありますが、基本的に「リドカイン」という麻酔成分の作用です。

リドカインを皮膚に塗るとしびれたような感じになり、摩擦などの刺激をあまり感じなくなります。だからペニスが刺激に慣れていないタイプの早漏なら効果があります。

かゆみ止めのフェミニーナ軟膏が早漏対策に使われるもの全く同じ理由です。

でも実際はこの手のタイプの早漏は少なく、長く早漏で悩んでいる人のほとんどが精神的なものなので満足する人は少ないです。

ただ、精神的な原因の早漏であっても、刺激が少なければ射精までの時間はかかります。だから全く意味がないわけじゃありません。

しかしデメリットもあります。

  • 持続時間が短い
  • 性感を感じにくくなり勃起しない、硬くならないことがある
  • 塗りすぎると相手女性の膣感度も落ちて気持ちよくない(=バレる恐れ)

リドカインは少量だと効果が微妙です。でも塗りすぎるとペニスを触られても自分のものじゃないみたいな感覚になります。塗る量、そしてタイミング、これらをきっちり揃えないとうまくいきません。

これがもし何度かうまくいくと、セックスに自信が持てます。男の精神内容って結構単純で、仮に早漏防止スプレーの効果であっても、何回か早漏じゃなかったら自信が付くんです。

この精神的な自信が簡単に早漏を改善することがあります。だから精神的な原因の早漏に対しても、早漏改善スプレー、塗り薬は効果があると言えます。

ただ、何度かきっちりと成功させる必要があります。2回うまくいったけど3回目で暴発してしまった場合、「やっぱりダメだ……」という消えづらい自信喪失状態になります。この状態になると精神的な原因が根深くなるため、早漏改善スプレーはあまり気軽に使うべきものではないとも言えます。

最初はあまり期待できないレベルの、メントール系のマイルドな早漏改善スプレーのほうがいいかもしれませんね。

慢性前立腺炎を治す

医者は否定的な意見が目立つのですが、慢性前立腺炎を患っている人は早漏で困っている人が多いです。

医学からすると、前立腺の炎症と射精までの早さは関係ないとされていますが、慢性前立腺炎の人は射精感がかなり早く来ることが分かっています。

ただ慢性前立腺炎は治療法が確立されていません。薬はあるものの前立腺位置が体の深い部分にあり薬効が効きづらいからです。

漢方、体を温める、ビーポーレン(ハチが集めた花粉)といった民間療法で治ったという人もいますが、なかなか頑固で一生付き合うレベルの症状です。慢性前立腺炎の人で早漏の人は、慢性前立腺炎解消を地道に続ける必要がありますね。

一つのヒントとして、運動や筋トレによって血流を体の中心部から改善することが挙げられます。

中度EDを克服したAさんは、筋トレの量と室内自転車トレーニングによる高心拍運動によってEDを改善しています。

EDも血流の問題なので、体の深部から血行が良くなれば慢性前立腺炎の症状が軽くなるという事例もあります。

早漏のためだけでなく慢性前立腺炎解消のためとなれば、日常生活の毎日に影響することなので継続的にがんばれて早漏も一石二鳥で改善する可能性が結構あります。

ED治療薬を飲む

ED治療の看護師イメージ

Aさんは早漏かつ中度EDでした。

ED克服前にバリフというジェネリックED治療薬をネットで購入して飲んでいた時期があります。

副作用で断念していますが、それを飲んでいたときは早漏が多少マシだったとのこと。

どういうことかというと、ED治療薬の効果は半端なくて、自分のペニスがはちきれんほどにカッチカチになります。

ここまでカチカチになると、ペニスの感度は逆に鈍化します。まるでただの棒のように感じます。

さすがに感覚がボケてしまうので、刺激しても気持ちよさがあまり分からないレベルになります。

それでもED治療薬の効果で勃起は続きます。だから勃起はしているけど刺激はされていないという変な状態になり、結果的に早漏が改善したかのようになります。

ED治療薬は以下が代表的。

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

バリフやタダシップといったジェネリックも人気です。

仮にED治療薬を飲んでいるときだけの効果であっても、まやかしの遅漏であっても効果は絶大です。

なんでもいいんです。

とにかく長持ちした!

この結果と認識があれば、時間のセックスで長持ちするのは間違いありません。

射精したい欲求を消して早漏改善

先ほどの早漏改善スプレーやED治療薬による、副次的な精神的原因の早漏改善効果。

この考え方を踏まえれば、早漏改善のためにまだやれることがあります。

それが、「射精への欲求をなくす」ことです。

AV男優の努力を真似る

AV男優しみけん

例えばAV男優がなぜ早漏じゃないのか?という話。

AV男優は監督の指示にしたがって、GOサインが出たら射精でき、射精したらダメなときはイカないまま腰を振れるといいます。

これは様々な理由が述べられていますが、大きな部分はやはり精神的な面です。

AV男優は自分が気持ちよくなるために腰を振っているわけではありません。あくまで仕事です。

ということは、射精して気持ちよくなりたい!という欲求が低いのです。そしてセックスに対しての感情も一般男性とは違っていて、ある意味「冷めている」ような立場です。仕事なので。

最近だとeスポーツが流行りですが、あれは楽しいはずのゲームが仕事です。

楽しくやっているプレーヤーもいますが、勝たないといけないというプレッシャーでゲームをしているので、昔は楽しくやっていたのに今は楽しくない、と悩んでいるプレイヤーも多いです。

でも一般男性は射精したいわけです。そこが絶頂なので。

だからどうしても射精するために精神的な仕組みが出来上がっています。というより、そもそも射精という行為はDNAを残す重要行為なので、射精は早くできたほうが人類としては自然であり優秀とされているくらいなのです。

でも射精への欲求を減らし、射精に対するこだわりがなくなれば早漏が改善される可能性は大いにあります。

精液を垂れ流すことで射精欲求を減らす

精液が垂れ流れるペニス

射精が気持ちいいのは、前立腺が反射で強く反復動作するからです。この強さが強いほど気持ちよくなります。

だから精液がビュッ!ビュッ!と出るのではなく、垂れ流すように出たら気持ちよさは減ります。

射精感が来たら刺激をできるだけ少なくして、休みつつコントロール。ギリギリ手前の感じで継続して、もう出てしまっていいよ、という感じで脱力し続けます。うまくいくとビクンビクン!とならずに漏れ出る感じで射精します。

これを利用して、普段から漏れ出る感じで精液を流す癖をつけます。すると、射精すること自体にあまり期待しなくなります。射精感が訪れても「ああ、垂れ流れるだけだ」となり、射精したい!という加速がなくなるため早漏が少し改善されます。

ただこの変な射精に慣れきると、勃起の硬さがいまいちなのに射精してしまう可能性もあります。劇的な早漏改善効果があるわけでもないので、一種のアイデアとして留めておいたほうがいいでしょう。

乳首刺激の気持ちよさで射精へのこだわりを消す

乳首刺激

いきなり本末転倒な話になりますが、乳首を刺激すると早くイキます。

アカンやん!

となりそうですが、あくまで乳首を刺激しながらペニスを刺激した場合の話です。これは風俗嬢の常套テクニックです。客を早くイカせるのに有効です。

ただ乳首刺激に慣れてくると、ただそれだけで優しい性感に包まれます。明らかに性感満足度が向上するため、射精の気持よさへのこだわりが軽くなります。

乳首の気持ちよさに目覚めてくると、乳首を同時に刺激されたも早くイカなくなります。

気持ちよさを貪るベクトルが乳首に向かうからです。

でもペニス、特に亀頭は普通にやるより気持ちいいです。乳首と亀頭の感度は連携しており、お互いに相乗効果を生み出しますが射精感を逆に遠ざけてくれます。

前立腺刺激でドライオーガズムを体験する

前立腺刺激

女性がイクのと全く同じ気持ちよさだとされているのが、前立腺によって味わえるドライオーガズムです(乳首でも可能)。

射精無しで絶頂を迎えられ、気持ちよさの上限も男性の射精の10倍以上です。また気持ちいいと感じる長さも長く、何度もイケるため射精に対するこだわり吹っ飛びます。

ドライオーガズムに達した後は射精へのスイッチ回路が鈍くなっているため、射精しようとしてペニスをしごいてもドライオーガズムになるだけ射精しないことがあります。それくらい射精への道が遠くなります。

ただドライオーガズムは達成するのが非常に困難。それこそAV男優のしみけんさんみたいな、相当な努力を1年単位で続けるくらい努力が必要な行為です。ドライオーガズムなんて都市伝説という見方も未だにあるくらいですから。

しかし前立腺刺激を適度に行うだけでも男性の性感レベルは飛躍的に上がります。特にペニスを刺激していてもペニス部分だけでなく、体全体、脳が気持ちよさを感じているのが分かるようになります。

こうなると射精までの包まれるような性感にある程度満足します。だから射精への欲求は減り早漏が改善されます。

デメリットとしては、乳首よりもリスクがある、面倒という点ですね。この点については十分に理解して始めないと後悔することになるでしょう。

特に「トコロテン」という精液が押し出される射精ばかり続けていると、勃起不十分でEDのような状態になる可能性もあるので注意。

AV男優も昔は早漏だった!?なぜ今は違うのか?

AV男優と言うと絶倫で遅漏(というかコントロールできる)イメージですよね。

でもAV男優だから早漏じゃないというわけじゃなく、意外と昔は早漏だったという人が結構多いそうです。

代表例が「しみけん」さん。彼は早漏対策のnoteを販売していますが、内容はやはり精神的な原因を改善する目的と読めます。

内容は全て言うとnoteを買わなくていいので深く触れませんが、

  • 自分のことではなく相手女性のことだけを考える
  • 他のことを考える(突拍子もないこと)
  • 裸にならない

他にもありますが、どれも「早くイッてしまったらどうしよう」という自分のことに対する不安を一切考えないのが共通点じゃないでしょうか?

最後の裸にならないというのは、一糸まとわぬ姿だと感覚が邪魔されないからです。

着衣状態のほうが肌に服の繊維が触れて感覚神経が使用されるため、ある意味集中できないのです。だから射精に向かう精神回路が遠回りします。

他のことを考えるのも、相手がブサイクだと思いこむといった性に関することより、思い切ってわけのわからないことを考えるのです。

ただ、こういった努力は継続が非常に困難です。

やること自体は簡単ですが、ひたすらこれを継続して習慣化させるのは至難の業です。

そもそもAV男優は男性にとっての夢の職業ではありません。業界に憧れてAV男優見習いになってもほとんどすぐに辞めていくそうです。それだけキツイんです。

つまり、AV男優が早漏でない理由というのは、才能だけではなくて忍耐力が半端ないからではないでしょうか。仕事だから早漏じゃなくなるだけであって、AV男優も引退したら早漏になる可能性があるのです。

一見才能に思えるAV男優の射精コントロールですが、筋トレや多大なサプリメント摂取量、普段からのオナニーでトレーニングなどなど、一般男性が早漏改善のために1年も継続はできない内容を継続している結果です。

AV男優は才能で非早漏なのではなく、努力と継続によって実現しています。主に精神面で射精への欲求にブレーキをかけられる技能を持っているからではないでしょうか。

射精以外で性感を感じられると早漏が治る

なぜ射精したい気持ちに負けてしまうかというと、そこしか気持ちいいポイントがないからです。

女性はイカなくてもエッチで満足できます。なぜなら前戯の段階からかなり気持ちいいからです。必ずしもイクことが全てではありません。

だから男性も射精の手前で性感を強く感じることができれば、「射精したい!」という欲求に負けなくなり早漏が軽くなります。

年齢を重ねれば早漏は治ります

ここまで見てきたように、早漏対策というのは精神的な変革が必要なケースが大半だということです。

だから早漏は治らない。むちゃくちゃ困難なんです。

これはスポーツ選手のイップスと似ています。特定の動作やプレーができなくなる精神的スランプです。早漏と同じように、イップスのプレーを反復練習したってダメなんです。

いやいや、亀頭を刺激に晒し続けたら早漏が治ったよ、という人もいます。

これは刺激になれたというより、その地道で普通の人が続けられないトレーニングを継続した結果、ペニスを触っても射精してしまうというイメージから遠ざかった結果です。ある意味、射精に関心がなくなったというか、ペニスを気持ちよくなるモノから、単なる道具として認識するようになっただけと考えられます。

イップスの克服も地道な努力やひょんなきっかけで治ります。ただ困難なのは早漏改善と同じ。

歳を取ると早漏が治るという人が増えます。

射精能力が衰えてくるのに加えて、性的興味が薄れてくるせいで射精へのこだわり、欲求が消えてくるからです。

歳を取ると若いときに気にしていたことをどうでもよく感じるんですよね。鈍くなったのか、それとも人生経験の賜物なのか。

若い段階で早漏を治そうとするなら、このように年齢で変化するような何かを変えないといけないのです。

そう考えると精神的な面での早漏改善ってかなり難しいと思いますよね。

【リスク覚悟】禁断の床オナで早漏改善がすごい効果

そうは言っても何か効果的な方法はないのか?というと、かなりリスクがあるけど効果はあるという方法があります。ただし成功率は不明です。人それぞれ過ぎるからです。

方法は「床オナ」です。

床オナというのは、うつ伏せになってペニスを地面や硬いものに押し付け、体重をかけながらグリグリ刺激する方法です。

このオナニー方法に慣れると女性の膣刺激が物足りなくなり、セックスで射精できない「膣内射精障害」になる可能性があります。

ということは、早漏の人が床オナすることで、セックス時の早漏が改善される可能性があるということです。

ただ問題もあります。

間違ったオナニーの仕方なので、ペニスが変形したり、セックスのときに勃起しなかったり中折れしたりとリスクだらけです。

そのことを逆手に取った方法です。

床オナは新たに癖になりづらい

床オナ派の男性は、大半が10代などオナニーを覚えたての頃の癖から始まっています。まだペニスをどうこうするという確立がされていない時期に、たまたまうつ伏せになって勃起して……という敏感な時期に身につくオナニー方法です。

そして床オナ自体、圧力という特殊な刺激で感じるため、いわばペニスをかなり強く握り込むのと同じことになります。しかし普通のオナニーでそこまで強く圧力をかけるとあまり気持ちよくありません。

だから床オナは10代のときからなど、比較的早い段階で癖になっていないと気持ちよくなりづらいのです。

だから早漏改善のために床オナをするにしても、いまいち気持ちよくないため続けられない、成功しないことが目立ちます。

勃起不全になる可能性がある

床オナはペニスに想像以上の圧力をかけます。これが癖になると圧力をかけないと勃起しない勃起不全になる恐れがあります。

いくら早漏じゃなくなったとしても勃たなければ意味がありません。思っている以上にリスクがあります。

ペニスが曲がる恐れがある

だいたい右利きだからペニスは左曲がりが多いと言われます。

床オナをするとペニス位置が左右どちらかに動きやすくなります。その状態で床オナを続けるためペニスが左右どちらかに曲がる恐れがあります。

いつの間にか曲がっていたということになりかねません。一度曲がると修正は困難なので、やはりリスクはかなりありますよね。

早漏を飛び越して膣内射精障害になるかも

床オナを早漏対策として用いるのは一か八かの賭けです。失敗すればリスクだけが残ることになります。

そして最大のリスクが膣内射精障害になってしまう可能性です。

セックスのための早漏改善なのに、女性の膣ではイケなくなるという本末転倒の結果も十分ありえます。特に危ないのは、床オナの気持ちよさに開花してハマってしまった場合。

まあ膣内射精障害を改善するほうが早漏改善より楽なので、まだ早漏よりマシなのかもしれませんが……

床オナが気持ちよくない場合

床オナを早漏改善方法として推奨するわけじゃありませんが、もしやってみて床オナがいまいち気持ちよくない場合の対策方法を示しておきます。

どうしても圧力刺激は大人になってからだとイマイチです。

でも前立腺を刺激しながらだとかなり気持ちよくなれます。前立腺オナニーもリスクがあるのでリスクが倍になってしまいますが、やるとやらないとでは床オナの気持ちよさが格段に違います。

使うのはエネマグラ(アネロス)です。

ヒリックスのようなしっかりと前立腺に当たるものを挿入し、うつ伏せになって床オナするだけです。できるだけ前立腺オナニーをエネマグラ(アネロス)で楽しんでからのほうが、より気持ちよくなれます。

特に射精時は身悶えするような、いつもの射精とは種類が違って長いオーガズムを感じられます。

体型によっては前立腺を強く圧迫しすぎてトラブルになる恐れもあるので注意。もしかすると前立腺の気持ちよさを一番手軽に体験できる方法かもしれません。

床オナで早漏が治る可能性がある理由

最初に、ペニスの敏感さを改善しても、鍛えても早漏は治らないと書きました。

だったら、床オナによるペニスへの強い圧迫も一緒じゃないか?となるでしょう。

確かにその通りなのですが、床オナには独自のメリットがあります。

  • 想像以上に強い力がかかるけど痛くない
  • なんだかんだで長時間刺激し続けられる
  • 非床オナ愛好者が新規でやると気持ちよくない

この3点があるからです。

手では無理な強い刺激でペニスが鍛えられる

仮に手でゴリゴリと強い力で握り込み、ハードにオナニーしたとしてもまず気持ちよくないです。

摩擦でペニスが赤くなって痛くなる可能性もあります。

それに、自分の握力っていくつでしょうか?

男性だと60kgとかあったらかなりあるほうですよね?じゃあその60kgをフルに出してオナニーしてみてください。無理だと思います。痛いし、何より握力が続くかないしペニスの皮にひっかかるしでできないですよね。

でも床オナだと、体全体を使って自然に体重をかけることができます。具体的に何kgというのは姿勢によるので分かりませんが、当然半分以上の力はかけられます。

しかも、痛くないんですよね。不思議と。

だから時間も長く続けられます。

そのため、自然と刺激になれてきて……というか、それくらい強い刺激じゃないと射精しにくくなってくるのです。

ペニスを鍛えても早漏は改善しないと解説しましたが、それは継続的にできないからというのが本当の理由。

床オナだと継続的に、かつ強い刺激でできるので、普通のオナニーでは無理な「しごき」ができるためペニスが鈍くなります。

新たに床オナをすると射精に苦労して射精しちゃダメ!という意識がなくなる

床オナをしていない人が新たにやると、射精に至るほど勃起が継続しません。

何とかして射精に至る気持ちよさを得ようと、エロネタを工夫したり、姿勢を変えて刺激を工夫したりして苦労します。

つまり、射精しちゃダメだ!から射精しようとして苦労することになります。

これは今までの早漏改善方法で真逆じゃないでしょうか?

早漏を心因性とするなら、まさしくこの真逆の状態が効果的になると言えますよね。

巷の早漏改善効果で必須の継続的努力が早漏改善の肝

AV男優のしみけんさんは、鍛えることで早漏は治るとしていますが、それはもうかなりストイックにやることを条件としています。ご本人がストイックにと言っているわけではないですが、発言を読み取ると結局はそうなるかと。

だから最初に書いた一般的な早漏対策は効果があるのですが、継続できないから実質的に効果がないと説明しました。

一般男性はしみけんさんが言っているような継続的努力が無理なんですよね。

性欲が沸かないとペニスなんてしごいてられないですし面倒です。いくら早漏を治したいと思っても。

でも、床オナだと、ちょっと気持ちよさを感じるまでに時間がかかりますが、手でやるより遥かに高強度で長くペニスをいじめることができるのです。

つまり、通常は不可能なレベルのチントレができちゃうのが床オナということ。だから床オナで早漏が改善される可能性はかなりあるのです。

実際に週1回の床オナで、セックス挿入時間が倍になってる報告があります。この人は元が短すぎるのもありますが……

ただし、先ほど書いたように、この床オナ治療法はリスクがあるというのはお忘れなく。

床オナ効果を普通オナニーにも応用した方法

とは言っても、床オナを今更という男性が多いでしょう。リスクもありますし。

だったら、床オナの原理を少し取り入れた方法でオナニーし続けてみましょう。簡単ですが案外と効果あります。

射精感を感じる手前からめちゃくちゃ強くしごく

床オナはありえない圧力刺激でペニスが鈍感になります。無理やり鍛える方法ですが、それだけではありません。

射精に至るには興奮が頂点に達し、副交感神経優位から交感神経優位にスイッチして起きます。

そこに至るには各個人の癖があります。

極端なのが足ピンオナニー。

足をピン!としないと射精できない癖がつきます。足ピンが射精への引き金、トリガーとなっています。

ただ足ピンだとセックスできなくなるのでダメ。

そこで、普通の手でやる刺激の際に、射精直前の刺激に刷り込みを与えます。

強く、かなり強くペニスをしごいて射精します。普通じゃ気持ちよくないくらい強く。

イキそうになってからではなく、その若干手前くらいから強く強く激しくしごきます。

あんまり気持ちよくない、下手すると痛いのですが、怪我しない程度に荒く刺激します。

そしてその強い刺激のまま射精します。

継続すると強い刺激がないと射精しにくくなる

この方法を継続していると、

射精=強い刺激

という癖がついてきます。足ピンじゃないとイケないような。床オナみたいに強い圧力刺激がないと射精できないような。

ここではペニスを強く刺激する方法としていますが、何か他にトリガーとなる癖を身につければ同様の効果は期待できます。

例えば乳首を刺激しながらとかもありえます。

乳首を刺激しないと射精感がやってこないという男性がいてもおかしくはありません。

U.F.O.みたいな器具にドハマリするとありえなくないですね。

やりすぎると膣内射精障害になる

この方法は結局、床オナや足ピンオナニーと原理は一緒です。

なので、やりすぎるとセックスで射精に苦労するレベルまで遅漏になります。

オナニー依存は自分がEDになっても気づかないことは解説しましたが、これと逆で同じ状態になります。

必ず、実際にセックスする機会を設けないといけません。オナニーだけだと判断を誤ります。

セックス相手は誰でもいいです。

ド早漏だったAさんはプログラマーでこもりっきりだったので、ネットの出会いで女性と付き合ったり一晩の関係を持っています。お金があればソープ、大阪の飛田新地みたいな本番風俗でもいいでしょう。

どこかで実際に試さないと加減が分からないので、積極的に女性と関われる機会を持つべきですね。

早漏改善のためなら妄想でオナニーしよう

早漏改善のためにオナニーでトレーニングするなら、できるだけAVなどのオカズは控えましょう。

こういった性的刺激な映像や画像は、性的興奮度を高めて射精感を近づけます。

そのためペニスを触っている時間が短くなり、自分から射精しようとする苦労感を味わえなくなります。

何にもオカズなしで妄想だけでオナニーしてください。

人によっては、これまで色々説明してきた要素を抜きにして、妄想だけで早漏が改善することもあります。早漏は心因性原因ですからね。

ただ、いきなり何もなしでオナニーしても勃起しねえよ!

って人もいるでしょう。

だったら、セックスありの動画ではなくて、イメージビデオなど性的レベルが低いコンテンツを見てオナニーしてみましょう。

いきなりそれは無理というのなら、お金が結構かかってしまいますがライブチャットのオナニー配信をおかずにするのもあり。

出演女性がいきなり脱いでオナニーするわけじゃないので、意識がペニスじゃなくて女性に集中するからいいトレーニングになります。女性慣れしていない人にも。

とにかく、普段からAVなんかでオナニーしている人は、刺激レベルを抑えるだけで普段より射精までの時間が伸びてくるはずです。

その間、いつもより刺激できてペニスを鍛える量も増えます。射精へのこだわりも減ってきます。

早漏改善方法は何かとペニス、ペニス、とこだわりがちですが、心因性がメインなのですから、視覚刺激をマイルドにするというのは非常に有効な対策方法なんですよ。

ド早漏のAさんの早漏改善トレーニングの結果と再発防止方法

ド早漏だったAさんは、以前からいろいろ早漏改善のために努力してきました。

あまり効果がないとして紹介した方法の大半は試しています。ですが効果はほぼゼロでした。

というのも、続けられなかったのです。

ああいった方法は少なくとも半年や1年継続して効果が出るかどうかです。修行なんです。

で、結局おすすめした方法でトライすること3ヶ月……

いつものような「エロいこと考えるだけで出そう」がなくなった

Aさんは女性とのセックスを意識した時点でもう射精感が近づいてきているのが分かるくらいでした。

でもトレーニングした結果、前戯の間にそのような状態にならず、完全ノーマルな状態で挿入に挑めました。

今まではスタートの時点でもうアウトだったので、確実に挿入時間が伸びました。

オナニーだけでは早漏改善は維持できない

トラウマを克服するのは非常に困難です。大体の人はトラウマを思い浮かべないように誤魔化しているだけで、本当に解決した人なんてわずかです。

早漏も同じで、どれだけ努力してセックスでうまくいっても、油断すると早漏の失敗時が頭をよぎります。

Aさんも彼女と破局した期間、適当な出すためのオナニーを続けたせいで自分の早漏癖に疑いを持ってしまい、次の彼女とのファーストセックスで失敗しています。

つまりオナニーだけでは早漏改善状態をキープするのは難しいということ。

やはり本番ありき。

セックスを何回も重ねていかないと、完全に早漏のトラウマを振り払うことができないのです。

特定の女性とのセックスだけも危ない

こんなこと言うと問題になりそうですが、特定の女性とのセックスだけしかしていないから早漏が再発したのです。

これがもし、他の女性ともセックスしていたら、確実に自信になって早漏は改善しきっていたかもしれません。

なぜなら、セックスは相手女性によって感じる気持ち、状況、刺激内容も変わってくるからです。また容姿の違いによってセックスに入る前の興奮度も違いますよね。

1つのパターンでだけ早漏が治っていても、ちょっと違うパターンのセックスになると、

「この子には嫌われたくないな」などと早漏の事実がチラッと頭に出てきてしまいます。

またいつもより興奮してしまい「あっ、今日ヤバイかも……」と思ってしまってもアウト。

早漏改善が確認できた時点で、自身がある時点でなるべく早く複数人の女性とセックスする。そうしたら自信が本物になり早漏の再発はかなり防げます。

ですが、結婚していたり彼女がいる人は大問題になります。

なので実践が難しいですよね。

ただ彼女と別れたという男性は、風俗でも出会い系でもなんでもいいので、早い内に複数人の女性とセックスしておくべき。フリーであることをチャンスとして、このタイミングで早漏と決別しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。
オナニーのネタ・おかず情報
【お試し付き】FATEY~スマホで見せつけオナニー
スマホカメラで女性に自分のオナニーを見てもらえるサービス。風俗だとオナクラに該当。お店に行かなくてもその場でかわいい女の子に射精の瞬間まで見せつけられます。アブノーマルなオナニーもO.K. ライブチャットと違い、オナニー専用なので消費するポイント量が少なくて安上がりです。1回分くらいのポイントがお試しできます。

関連ページ