トップへ

前立腺・乳首・亀頭の3点責め

カテゴリ男の仕方タグ

男性の性感帯はペニスですが、開発すれば前立腺や乳首も感じるようになります。

この2つの新たな性感帯は、男性のペニスの感度をあげてくれます。そのため、ペニス+前立腺+乳首はかなりの破壊力があり、開発が進んだ人はすぐ射精に至るでしょう。

あまりにすぐに射精に至っては興ざめです。なるべく3点責めで悶えるような気持ちよさを長時間味わいたくありませんか?

そのためには、ペニスではなく、亀頭だけを刺激するようにします。

亀頭オナニーは普通のオナニーの仕方と違い、段違いに射精までの時間が伸び、イキそうでイケないもどかしい持続的な気持ちよさを味わえます。

ただ亀頭だけでは気持ちよさが足りない、それだけではイケないという人もいます。

そこで先程の3点攻めです。

長時間すごい気持ちよさが続く3点責め

この3点はどれもすぐに絶頂を迎える部位ではありません。特に前立腺と乳首は射精しないドライオーガズムを発生させる部位です。つまり無理やり気持ちよくさせるものではありません。この性格が亀頭オナニーと相性が良くなっています。

乳首と前立腺はそれ単体で楽しむのはもちろん、どちらもペニス、特に前立腺の感度を飛躍的に上げてくれます。

乳首と前立腺が開発されてくると、亀頭を刺激すると神経回路がお互いにつながっているのが分かってきます。それほどこの3点は密接に繋がっています。

その3点を同時にじわじわ刺激し続ければどうなるか…

特に前立腺でドライオーガズムを目指したものの、もう諦めたという人も気持ちよくなれるお手軽な方法です。

アダルトグッズは必須です

この方法にはアダルトグッズが必須です。体の3点を自分一人で安定して刺激することは不可能です。

亀頭はブルーボーイかトリプルバッハキャップス「LIBRA」が、振動強度と安定性でおすすめ(参考:亀頭オナニーグッズ)。

乳首はU.F.Oの一択です。スポーツブラで固定するのもお忘れなく。

前立腺は好みが分かれます。

ドライオーガズムを発生させるなら振動系はダメですが、最終的には射精する方法なのでこの3点攻めでは問題ありません。

非振動系なら通常のエネマグラ(アネロス)。振動系ならプレデターワンド、Duke(デューク)などがおすすめ。

ドライオーガズムにも使うことを考えるなら、もみほぐし動作のあるNexus REVOが秀逸です。

これらの道具を揃え、亀頭、前立腺、乳首に装着。全てのスイッチを押せば別世界へ近づけます。

ただ前立腺と乳首は別に開発しておかないと、いきなり3点責めしてもあまり気持ちよくならないでしょう。ドライオーガズムレベルまで高める必要は全くありませんが、ある程度の刺激を重ね、気持ちいいかも…と思えるほどには高めておく必要があります。

トリプルバッハキャップス「LIBRA」、U.F.O、プレデターワンドの3点組み合わせだと、コントローラーのR-1スターターセットが3つ必要になります。単価約4,000円ですので、これだけで結構な出費になりますが、電動コントローラーとしては相当優秀な部類で、他のアタッチメントでいろいろ使えるので無駄ということはありません。金額を無視すればおすすめです。

他のアタッチメントの使用も視野にいれるなら、R-1シリーズ・パーフェクトセットでアタッチメントとコントローラーを揃え、これにR-1コントローラーを追加購入すると出費が抑えられます。

3点攻めは強力ゆえに、刺激を止めようと思っても3つ同時に止められないのでその点は十分ご注意を。

Duke(デューク) ~ 充電式・ドイツ製の高品質・ハイパワー前立腺バイブ

Nexus REVO ~ 振動の有無切り替え可能。前立腺開発の初期にももっていこい

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ