トップへ

男性のアナルオナニーの仕方

カテゴリ男の仕方タグ

前立腺を刺激しない場合

アナルオナニーのイメージ

男性でも女性でもアナルは共通の部位なので、基本的にやり方は男女ともに同じです。ただ、男性には前立腺という器官があり、これを活かすことで難しいアナルオナニーも気持ちよく感じることができやすくなります。

【タグ】アナルのページ

男性の場合のアナルオナニーは、そのまま前立腺オナニーとなることが多く、同じ方法との考え方もあります。

前立腺は男性特有のものなので、特に前立腺を刺激するためのものなら前立腺オナニーであり、そうでないのならアナルオナニーとなるかもしれません。

では前立腺を特に刺激するものではない、純粋なアナルオナニーとなるとその方法はどういったものでしょうか?

性的快感を得るには

アナル入り口には神経が集中しており、非常に敏感な部分の一つです。しかしアナルの周りを刺激するだけで性感を味わうことが難しいでしょう。

アナルで性感を感じるには、やはりアナル内部への指や器具の挿入が必要です。

アナルオナニーの仕方

気にしない人はともかく、まずは直腸内の洗浄が必要です。浣腸するのもいいですが、最近はトイレのウォシュレットや風呂場のシャワーで直腸内にお湯を入れて、排泄することで綺麗にする人が多いようです。

水やお湯を浣腸のように入れて洗浄するグッズもあります。こういったものを使うのが一番確実で手っ取り早いです。

ローション等の潤滑剤が必ず必要です。助成の膣のように、分泌液が出てくるわけではありません。ローションを指に付けて、アナル入り口をほぐしてやる必要があります。ゲイが使う!?お墨付きのアナル用ローションもあります。

あまり急に挿入すると、切れてしまい痔の原因となります。じっくりとほぐす必要があります。

ある程度ほぐれてきたら、ローションを補充しつつ、指やアナルバイブなどの挿入をします。そしてゆっくりと出し入れしたり、しばらく入れたままにするなどして楽しみます。

激しいピストン運動は向かない

アナルは非常に締りがきついため、あまり激しいピストン運動はできませんし向いていません。アナル用のアダルトグッズも、数珠が繋がったようなものがあり、これをゆっくりとした出し入れをすることで快感を得ます。

プラグというものもあり、これを使ってアナルを拡張したりします。アナルバイブもありますが、電池モーターの力では、アナルの締め付けには耐えられず、振動はともかくスイングは使い物にならないケースが多くて実用的ではありません。出し入れにしか使えないことも多々あります。

アナル用のバイブレーターもあります。ただ女性の膣と違い、締め付ける力が半端ないため、モーターの力が及ばずまともに動かないという口コミが多数あります。

最後は射精するしかない?

アナルオナニーの終着点、フィニッシュは特にありません。これだけで絶頂を迎えるのは至難の業でしょう。アナルに挿入したまま、ペニスを刺激しての射精がより快感を増す方法でしょう。

必ず清潔にして無理のない方法で

アナルオナニーの仕方は以上ですが、これは正しいオナニーの仕方なのかどうかというと、正しくないほうに強く傾くでしょう。はっきりと正しくないとは言えないところです。それは、方法さえ誤らなければ、特に問題はないものの、少し脱線するだけで結構な大事になるからです。

やはり一つに衛生面です。アナルは大腸菌が住み着く場所で、これが何らかの形で大腸以外の体内に入ってしまう可能性。腸壁が傷つき、そこに菌が進入する危険性。痔の可能性。あまりにも激しいピストンを繰り返した場合の脱肛。

ペニスを刺激するオナニーの仕方ではありえないほどの危険性が出てきます。非常に慎重な進行が必要です。

以上の点を考えて、無理をせずに、清潔な環境と後始末が必要になってくるでしょう。

何にせよ、かなり少数派、上級者向けというか、色々な意味で難しいオナニーの仕方です。

アナル洗浄の必需品(でもバリがあるので紙やすり必須)

【タグ】アナルのページ

普通の男性のアナルオナニーのやり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ