トップへ

男は乳首オナニーをしすぎると気持ちよすぎる、危ない!?

カテゴリ男の仕方タグ

ペニス!?違うでしょ。今は乳首でしょ!?

乳首オナニーのイメージ

男のオナニーの仕方と言えば、当然ペニスへの刺激です。バリエーションがあるとしても竿か亀頭か裏筋かといった選択肢しかありません。

しかし、最近の男子はオナニー方法が多様化。たぶんネットのせいでしょうね。

その多様化したオナニーの中で、「乳首」の開発は非常に熱いオナニー方法として注目を集めています。

乳首は女性の性感帯のイメージがありますが、男もある程度の期間をもってして刺激していくことで信じられないほどの快感を得ることができます。

成功する男は少ない。その理由は?

乳首オナニーの方法としては、まず徐々に徐々に乳首を刺激に慣らしていくことです。いきなりグリグリやったり摘んだりはダメ。ソフトにソフトに慣らしていくことがポイントです。ローションを使ったりするのもいいでしょう。

ところが、この徐々にソフトにというのが守れず興奮してしまい、我慢できずに結構激しく乳首オナニーに挑戦する男が多いようです。まるで女性の体を気づかわずにむしゃぶりつく男みたいですよね。

しかしその方法では乳首が痛いだけで特に感じることもありません。そのため、やっぱり乳首オナニーなんて女のものとあきらめてしまい、その快感を体感することなくペニスのオナニーへと戻っていきます。残るのは赤くなってTシャツが擦れるだけで痛い乳首です。

成功すればマジでヤバイ気持ちよさ…

でもでも、一度乳首が敏感になりオナニーできるレベルに開発されると、乳首だけでイってしまうことも可能になるのが魅力です。

開発された後は、手放しで刺激ができるグッズ(断然UFO!!)を使うと本当にヤバイです。くれぐれも誰も回りにいないところでお願いします。失神しても知りません。

本当にそんなに気持ちいいのか!?

ウソかホントかの判断は自分でやってみれば分かるのですが、次のようなページがあります。

「乳首だけは絶対に開発するな。絶対にだ。」モリ速報VIP

ここを見れば分かるように、とんでもなく気持ちいいのです。

それと同時に、乳首が肥大したり、シャツにこすれるだけでムラムラしてきたりと、やりすぎると日常生活に支障が出るとか…

ペニスの敏感な亀頭はオナニーすればするほど鍛えられるのに、乳首は逆に敏感になってしまうみたいです。これは恐ろしいですね。

でもUFOなどを使った乳首オナニーは言うまでもなく、さらにペニスなり別のオナニー方法と組み合わせると失神レベル、ドライもしやすくなる武器となります。

あくまで自己責任ということになるでしょう。気持ちよさをとるかどうかです。

男性が乳首オナニーでおかしくなってしまう理由

乳首オナニー中

ではなぜこのように日常生活レベルでおかしくなるかというと、乳首刺激をすると人は性腺刺激ホルモンが分泌されるのですが、男性は女性と違って乳首を刺激される機会が人生で少なく、あまり許容範囲がないことが理由として考えられます。

つまり慣れていないところに、慣れていないという新鮮さが加わって執拗に乳首刺激を続けていると、女性でもそこまで乳首刺激しないよ…というレベルに達します。

逆にペニスは長年刺激してきているので許容範囲が広いですし、何より射精して性欲が萎えるので天井知らずにはなりません。

しかし乳首刺激は慣れていないのに加えて限度がありません。射精というゴールがないからです。

そのため、男性の極々一部には、先ほどのように乳首刺激だけで性腺刺激ホルモンの暴走状態に陥ったのではないかと思います。

今までにない新感覚ということと、どちらかというと突き詰める、のめり込む性格が多い男性の特性が噛み合ったことで起きた、ある意味奇跡とも言える状態ということですね。

やっぱり危険?安全な乳首オナニーの仕方とは?

U.F.O. SA

では安全に乳首オナニーをしたい場合はどうすればいいのか?というと、まず心配しなくても乳首オナニーでおかしくなる人は相当稀です。

おそらく狂ったように頻繁にやらない限りそうはなりません。先ほど乳首オナニーにゴールはないと書きましたが、まず乳首の皮膚が刺激に耐えられずむけたりして激痛が走ります。普通に服着て歩くだけで苦痛になるくらいです。

なのでオナニーする時だけする、ということで十分安全でしょう。オナニーしていない、例えば学校や職場なんかで、暇があれば乳首をコロコロしているなんてことになるとどうか分かりません。でも毎日でも1週間に1回でも、普通にオナニーしている時の乳首オナニーなら問題ないでしょう。

ペニス刺激と組み合わせてやれば、単体でやるより確実に気持ちいいですし、射精があるので天井知らずにはなりませんからね。

あとは、必ずローションなどで乳首の皮膚を保護すること。そして、刺激はマイルドに。絶対に強く擦り上げたりしないように。

指ならこするより、あてがって微妙に動かすといった程度で十分気持ちいいです。

U.F.O.シリーズのような乳首専用マッサージ器具を使うのもいいでしょう。気持ちよさはアップしますが、あれで乳首が痛くなったことはないので。もちろんローションは切らさないように。

U.F.O. SA(新モデル・コードレスでこちらが今の主流)

U.F.O. + R-1コントローラー(旧タイプの組み合わせ・この場合、U.F.Oは2個必要です)

乳首オナニーなんて嘘だ!と思った人は前立腺オナニーがおすすめ

ちなみに余談ですが、乳首オナニーがそれほど気持ちよくないな…期待はずれだ…

と思った人は、前立腺オナニーと併用してみると乳首の良さが分かると思います。乳首刺激が前立腺と繋がっているのが分かり、体全体が震える切ない気持ちよさを体感できますよ。

それに乳首オナニーとの併用で前立腺の感度もかなりあがります。ドライオーガズムが遠すぎると感じた人はかなりドライが近くなるはずです。

NEXUS REVOシリーズ(ちょっと挿入に苦労するけど秀逸)

DUKE(唯一前立腺バイブとして気持ちいい製品)

エネマグラ・アネロス(前立腺オナニーの定番・マストアイテム)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ