トップへ

会陰オナニーの仕方

カテゴリ男の仕方タグ

会陰オナニーは、性器と肛門の間を刺激するオナニーの仕方で、会陰自体は男女にあるものの、主に男性が楽しむやり方です。

主にペニスへの刺激と一緒にすることで、より気持ちよくなれますが、会陰単体では優しい気持ちよさはあっても、絶頂までの性感を味わうのは相当の困難となります。

基本的な刺激の仕方

バックの女性

男性の場合、会陰オナニーの最終ゴールはドライオーガズムです。会陰部分も前立腺と近いため、刺激によって射精しない絶頂に達することが可能です。

やり方としては、会陰部分のマッサージです。初めから強く押しこむ人が目立ちますが、女性がオナニーするのと同じように、優しく円を小さく描くように、指でクリクリ、グニグニとマッサージしていくのがおすすめ。これは乳首や前立腺と共通ですね。

結局は、乳首や前立腺と同じく、会陰で性感を感じるように鳴るには開発が必要というわけです。そのため、焦りは禁物。感じるようになるには相当の我慢と継続が必要です。

気持ちよくするには?

ある程度会陰が開発されてくると、会陰の柔らかい押し込める部分を、軽く押し込んだり話したりしていると、だんだんと気持ちよくなってきます。

指以外にも、何か硬い円筒状のもの、空き缶や乾電池、マッサージ棒などなどを、股に挟んでイスに座って押し付けたりして、少し動いたりしているとジワジワしたモヤットした塊みたいなものを会陰付近に感じるようになります。

うまくいけば、その気持ちい塊が脳に突き抜け、目の前が真っ白になりドライオーガズムに達します。

ドライに達するまでのやり方は人それぞれでしょうが、強すぎない刺激でイクことに違いはないと思います。

会陰オナニーを成功させるコツは?

ドライオーガズムということで前立腺オナニーをイメージして、ピンときている人も多いと思いますが、会陰オナニーも乳首オナニーと一緒にやることで、やはり成功率が格段に高まります。

当然UFOですね。乳首オナニーと言えばスポーツブラと一緒に用意して、ストレスがかからない状態で楽しんで下さい。

会陰だけで射精もできる

電マ

ドライオーガズム以外に、射精を導く会陰オナニーの仕方もあります。

女性のオナニーでお馴染みの電マ、電動マッサージ器を使って、会陰部分に当て続けると、ペニスに一切触れていなくても射精する事が可能です。やや強めに押し付ける必要があるでしょう。

ペニス以外の刺激で射精という新鮮な感覚を味わうことができます。

コードレスマッサージャー ~ 高性能電マ・男女共に

ローター刺激で新感覚の気持ちよさ!

カンガルーマン2

会陰が開発されていれば、電マではなくてローターくらいの優しい振動を与え続けることでも、なんとも言えない切ない気持ちよさを味わうことができます。

きつめのボクサーパンツでローターを会陰に固定したり、ちょっと特殊ですが、カンガルーマンという会陰刺激のグッズを使うと簡単にストレスフリーで会陰オナニーができます。

ただカンガルーマンは取り付けにかなり苦労することもあるので、人によっては付けられなくてゴミ化することもあります。まあ980円なので興味のある人は使ってみるのをおすすめします。うまく装着できたら、ペニスがパンパンになって、会陰の振動で今までにない気持ちよさになりますよ。

カンガルーマン ~ 睾丸と竿を締め付け、会陰に直撃刺激!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ