トップへ

エネマグラを入れながらペニスを刺激

カテゴリ男の仕方タグ

エネマグラでドライオーガズムというのは相当難しく、成功している人の割合は無茶苦茶少ないと思われます。

それでもドライを感じたい!!そう願ってやまない男性が多いのですが、失敗するたびにやっていることがそのまま射精(ウェットドライオーガズム)で終わらせることです。

いかにも失敗といった最終処理なのですが、その感覚は普通の射精より明らかに快感が強いはずです。
しかしドライオーガズムという体感したことのないであろう強烈な性感を期待していた脳は、そのエネマグラを入れたままの射精に対しての反応が鈍いのかもしれません。だから言うほど気持ちよく感じていない人も多いでしょう。

でもはじめからウェットありきでやっていると、前立腺を刺激しながらの射精は明らかに気持ちよく、エネマグラの利用方法がそのためのものと割り切る方もおられます。

精液はいつもより大量に出て、突き上げるような快感があり、もう最後まで精液が搾り取られるような感覚です。

もちろんドライオーガズムとの快感とは別物。あっちは全くの異世界です。

面倒かも?お手軽さはやや欠けるか

しかしこのエネマグラを入れながら、前立腺を強く刺激しながらの射精は不安もあります。

そもそも前立腺オナニー自体に危険性があるという話も多く、前立腺炎による日常生活への強い影響も報告されています。

射精の瞬間はアナルが強く収縮し、最大限エネマグラが前立腺に押し当てられます。何度も何度も押し当てられるドライオーガズムよりはマシかもしれませんが、それでも前立腺に対して強い力がかかるのは事実。

あまりやりすぎたり、当たりどころが悪いと前立腺炎による障害を招く可能性もあります。

あとウェットなので射精後はどうしても虚脱感、虚しくなる感覚があります。普通のオナニーより満足した性感を得やすいため幾分マシですが、それでもドライのときとは違います。
そのためお尻に入れたエネマグラを取り出して洗う作業は虚しく面倒臭すぎるでしょう。

毎回、毎回、射精のオナニーという一瞬の性感のために面倒なアナル処理をするのはかなり骨が折れます。
それでも!という人は、ある意味お手軽に強い快楽を得られる方法とも言えるでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ