トップへ

エネマグラ(アネロス)で擬似ドライオーガズムを体験してみよう

カテゴリ男の仕方タグ

擬似ドライオーガズム

成功するとSEXも面倒になるなんて噂もあるエネマグラ(アネロス)(実際はSEXはSEXで別物ですが)。

ただ、その成功率は半端無く低く。私も偶発的にしか訪れないため毎回イケる人なんて本当にいるのかと未だに不思議です。

だいたいの人は前立腺をイジれば気持ちいいことが分かった、程度でやめてしまうでしょう。

しかし、若干ドライオーガズムとはズレるものの、もしドライオーガズムに成功したらこんな感じで、これよりもっとスゴイんだろうというイメージができる方法があります。

それが擬似ドライオーガズムです。

ドライオーガズムに近い快感というか、感覚が味わえるのですが、最終的には射精してしまう可能性が高い方法です。

亀頭オナニーと組み合わせることで擬似ドライへ

やり方は普通のエネマグラ(アネロス)プレイをして、だいたい1時間とかそれなりに続けてからの亀頭オナニーです。

ただ亀頭オナニーと言っても普通にやるんじゃなくて、めちゃくちゃゆっくりに微妙にやります。

イメージとしては女性のクリトリス。亀頭とクリトリスは同じだと言われますよね。亀頭が敏感だとは言っても、女性のクリトリスみたいに気持ちよさが味わえるわけではないのですが、前立腺を刺激してからじっくり亀頭を刺激すると違う状況になってきます。

だんだんと奥の前立腺からペニス根本あたりが、すごい熱くなって塊ののような性感がこみ上げてきます。

この状態にすぐに持って行ってはダメ。その場合、亀頭を刺激しすぎ。

亀頭は気持ちいい部分を触るのではなく、ほとんど感じない部分を刺激します。だから亀頭の裏筋とかは触らないでおきます。

亀頭のお腹側なんかは比較的鈍感。カリの裏なども責めず、亀頭の腹を撫でる、押す、といった感じでじわじわ高めていきます。

なぜただでさえイキにくい亀頭の敏感な部分を避けるかというと、そこを前立腺とセットで責めると射精しやすくなるからです。さらに乳首も一緒に刺激して、普段の手でやるオナニーの刺激とは全く違うことを続けます。

だから射精するための刺激じゃないという点がポイント。快感はあくまで前立腺と乳首で感じるのですが、それだけじゃ気持ちよさが微妙なので、足りない分を亀頭でギリギリ補うといった感じ。

この際、PC筋を目一杯締め上げる感じで、エネマグラの先端を前立腺に強く押し当てます。肛門が多少閉じていてもいいです。本当は肛門はリラックスしているほうがいいのですが、前立腺にググーッとエネマグラが来ている感覚が重要です。

なのでこのやり方の場合はヒリックスが一番適しています。

射精感の一歩手前で維持して限界を迎えると…

前立腺、乳首、亀頭で刺激を続けていき、射精感がこみ上げてこないギリギリのところを亀頭で調整していきます。

この射精のボーダーラインのところを行ったり来たりしていると、突然前立腺が爆発しそうなググ!ググ!!グググ!!!という性感マグマがやってきます。

これになったら亀頭刺激をやめて、前立腺と乳首を強く刺激します。

うまく行くと、射精する!!イク!!という感覚がいつもの何倍にもなるのに、ドクンドクン!といういつもの動きがあるのに射精しない状態になります。

この時、寝ていると完全に腰が浮き上がって、女性がガチイキするときのような感じで、ベッドに腰がバウンドします。今までにない気持ちよさを体感するはずです。

これがドライオーガズムに入るときの気持ちよさに似ています。ドライオーガズムはヒリックスの場合はもっと重くてクリア、かつ太い性感なので、本物はもっとインパクトが大きいですが、もしドライオーガズムに成功したら?という感覚は想像しやすくなると思います。

これで前立腺オナニーは気持ちいいんだ!もっとすごく感じれるんだ!というゴールが近くになった感じがするので、ただ単に前立腺が何となく気持ちいいレベルより挫折することは減ると思います。

やりすぎると本物のドライオーガズムが遠くなるので注意

じゃあこの擬似ドライオーガズムばっかりやっていれば、いずれ本物のドライオーガズムも楽勝じゃないか!!

となりそうですが、たぶんこれを繰り返していると逆にドライオーガズムは遠くなりそうです。どうしても亀頭を刺激しないとイケないようになってしまい、純粋に前立腺だけでイクことができなくなってしまい、本物のドライオーガズムが困難になる可能性があるからです。

また、この擬似ドライオーガズム方法は、強烈な快感が突き上げてきた後に、ふっと何かが緩み、いつも通りの射精感が一気に押し寄せてくることがあります。そうなると、もう止められず大量に射精するので、体やベッドにザーメンがこぼれ落ちる悲惨なことになることも…そりゃもうティッシュでペニスの先を包もうが、精液が溢れてこぼれてくるくらいです。

どうやってもドライオーガズムの感覚がつかめない、もう前立腺オナニーは引退しようか…という悩みに陥っている人は、何度かこの擬似ドライオーガズムで感覚を身近にしてみるのはいいと思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ