トップへ

軽い仮性包茎を改善するオナニーの仕方

カテゴリ男の仕方タグ

男にとって包茎は深い悩みです。

ただ、軽めの仮性包茎ならオナニーの仕方次第で改善することがあります。

理由は亀頭の増大です。

亀頭サイズ、特にカリ高が上がれば、余っている皮膚具合によっては被らずに止まってくれるんです。

亀頭は竿よりサイズアップしやすい

男にとって包茎以外に悩みとなるのがペニスサイズ。

これは増大手術しか確実性を帯びた方法がなく、自力でどうにもできないジャンルです(可能性としてやれることはあります)。

でも、亀頭に関しては大きくなることがあります。

理由としては竿部分との構造が違うからです。

亀頭はいわばむき出しの皮膚状態ですが、竿部分は分厚い皮に覆われています。だから竿をいくらしごいても特に大きな刺激になりません。でも亀頭はちょっとやりすぎると赤く出血するほど薄い皮膚です。

この違いのせいで、亀頭を刺激し続けていると、いくらか大きくなることがあります。

カリ部分がめくれ上がってカリ高へ

亀頭自体が全体的に大きくなることもありますが、それは微妙なもので明らかにというわけではありません。

ただ、特にカリ部分が大きくなるというか、段差が付きやすいです。

実際に大きくなったというより、カリ部分のフチがめくれ上がるというか、上向きになる人がいます。これによって、実質的にカリ高と同じ状況になります。

カリの段差が高くなって竿部分とのギャップつけば、余っている皮がそこで引っかかるんです。

するとかなり軽め仮性包茎が治るんです。

仮性包茎は自分で剥けば勃起中は亀頭が露出しているという人は多いと思います。これ、なぜ勃起中は露出しているかというと、勃起して亀頭も大きくなり、カリに引っかかっているからです。この状態を通常時にももたらそうというわけです。

元々亀頭が小さい人は難しい

しかしこの方法は、仮性包茎が軽い、つまり皮余りがダブダブ過ぎないことが条件ですし、何より元の亀頭サイズが肝です。

ペニスのイラストって確実にキノコ状に描かれますが、実際は竿より亀頭のほうが小さいタイプの人も大勢います。ちょうど火がついたろうそくみたいな感じです。

こんな人が努力しても、亀頭のカリ部分が余った皮を受け止めるくらいまで大きくなることはほぼないでしょう。

あともうちょっと……という仮性包茎で、カリ段差が既に少しある人が期待できる話になります。

また、これは可能性としての事例であり、確実に期待できる方法を話しているわけではないことに注意。

ただパンプアップ効果はかなりあるので、亀頭サイズが小さくて悩んでいる人にも亀頭オナニーはおすすめ。

亀頭オナニーで特にカリ部分を引き上げる

では亀頭のカリ部分を特に成長させたい場合、どのようにオナニーすればいいのか?

それは亀頭オナニーになります。亀頭のカリ部分を擦り上げるようにして刺激します。カリが引っかかって上にめくれ上がるように刺激します。

普通のオナニーでも亀頭を引っ掛けるように刺激すればいいのですが、それだと射精がすぐに訪れるので時間が足りません。

でも亀頭オナニーなら射精までにかなり時間がかかります。

そしてカリ部分を集中的にこすることができます。

皮を避けて亀頭だけ集中刺激

当たり前ですが、皮は根本に寄せておき、亀頭だけを、特にカリ部分を刺激します。皮が邪魔ならストッパーで根本に止めておきましょう。

ベーシックな方法は指の腹で棒の先端をつかむようにして、何度もカリ部分を擦り上げます。

または、人差し指と親指で輪っかを作り(いわゆるO.K.サイン)、カリ部分だけ集中して何度もピストンします。

最初はカリのフチが赤くなったりしますので様子を見ながら。あまりやると痛みを覚えます。

実質的に亀頭が大きくなるというより、刺激を繰り返すことで血流が集まりやすくなり、擬似的にサイズアップしたようになります。これだけでも程度によっては仮性包茎がなくなることがあります。

現に、あまりオナニーをしないようになるとまた皮が被り出すこともあります。ある程度続けているとそういうこともなくなるので、もしかすると実質的にカリが大きくなっているのかもしれませんね。

  • 勃起力が高まるから亀頭への血流が増大しより効果アップ
  • 邪魔な皮を伸ばさずに済むので包茎悪化を防げる
  • 安いけど素材品質がいい
  • サイズ展開が豊富で合いやすい
  • 特にデメリットなし
海外製ではない国内向け、日本人向けのコックリングです。透明で目立ちにくく見た目の不快感もありません。若干強めになるサイズを選ぶことで、亀頭に血液が集中してより仮性包茎対策になります。ただし、無理に皮を引っ張って固定しないように。逆に伸びてしまうので注意。

ローションはなしかごく少量で

刺激を与えたいのでローションは使わないか、よく伸びて薄い皮膜を作るものがおすすめ。

仮性包茎目的の亀頭オナニーの場合は、気持ちよさよりカリ部分への刺激を優先したいところ。過剰なローション利用は刺激緩和になりすぎて目的達成から遠ざかってしまいます。

時間や回数に特に決まりや制限はありません。だから毎日する必要はありません。

できれば普段からやっているオナニーを亀頭オナニーに変えるだけです。

ただ時間がかかるため、いつもイソイソと抜いている人には辛いかもしれません。

少なくとも、より強くこすったからといってカリが高くなるわけじゃありません。いわゆる一時的な血行促進による増大がメインです。あくまで適度な刺激を与えるだけなので、痛みを覚えるほどの刺激はやめましょう。

  • 乾きにくく亀頭オナニーに最適
  • 被膜が薄くて刺激を緩和しすぎないのでパンプアップに使える
  • オナホなど万能でお得
  • ほんの少量でいいからコスパがいい
  • コスパがいいけど商品単価自体は高め
超定番の高機能ローションです。とにかく乾きにくさでは一級品。亀頭オナニーだけでなく色々使えます。

亀頭マッサージ器具で集中パンプアップ

指でやるのがあまり気持ちよくない、これでは射精できないという人もいます。

その場合は、亀頭専用のアダルトグッズを使って、長時間亀頭に血液を集め続ける方法もあります。

カリに刺激が集中しませんが、血液を集めて長時間パンプアップすることで亀頭サイズが一時的に増大します。それを癖付ければ、仮性包茎の具合によっては皮がうまく竿部分に収まってくれます。

  • 最も安定してパワフルな亀頭マッサージ器具
  • 亀頭の皮膚を痛めない設計
  • 強力なモーターでカリ部分も響く
  • 価格が安くコスパ良
  • 亀頭サイズが小さいと刺激不足になる
亀頭刺激と言えばこれです。先代がロングセラーだったので、新型のこちらが発売されたらすぐに売り切れてしまったほどです。とにかく同類の製品よりパワーがあります。なので亀頭のパンプアップにはうってつけ。あと単純に気持ちいいです。

キツキツのオナホで亀頭だけ出し入れ

入り口がきつい、狭い系のオナホを使う方法もあります。

ローションは最小限にして、カリがオナホに引っかかるくらいの、皮膚が若干持って行かれるくらいの状態にして亀頭オナニーします。

つまりオナホにズボッと全て挿入せず、亀頭だけ出し入れ。カリ部分をオナホ入り口で刺激します。

指でやるより気持ちよく、そして刺激度合いもなかなかなので効果的です。

ただ人によって亀頭サイズやカリ具合が違うので、ベストのオナホを見つけるのはかなり難しいですね。

  • 低価格ながらちゃんとピストンする
  • 穴が狭め
  • ペニス先端を挿入して後は自動でO.K.
  • 思わず奥まで入れたくなるほど気持ちいい
  • 中国製なので耐久には不安
ピストン系のオナホは非常に構造が難しく、製品としてまともなものがあまりありません。その中で、低価格ながらちゃんと使えるのがこれ。自動ピストンなので手でやるより亀頭が刺激され続けます。穴は狭めなので、ローション量を控えめにするのがコツ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ