トップへ

こんにゃくでオナニーする方法

カテゴリ男の仕方タグ

今ではオナニーホールが安く買え、なおかつ昔ほど買うのに抵抗がなくなっている現実があります。

その昔から男は、女性の膣のような何か穴にペニスを突っ込みたいと考えていましたが、自然界にも人工的なものにも中々膣の感触を味わえるものはありません。
ありそうでない…これが余計にもどかしいのですが、唯一?とも言える代替方法がこんにゃくを使うことでした。

こんにゃくは材質的にはかなり固めのオナホといった感じです。これに穴を開けたり、紙コップような筒に巻いて入れて擬似の膣を作ります。

手作りこんにゃくキットが便利?

いいものを作ろうと思えば、手作りのこんにゃくキットを用意します。

これだと粉末から作ることができて、紙コップ等の筒に流しこみ、真ん中に何か棒上のものを入れて固めれば、かなり精度の高い食品オナホが完成します。
棒状のものに溝や突起があれば刺激的なものが仕上がります。固さも調整すればなおかつ気持ちがいいものができるはずです。

ただ試す人はかなり少なかったでしょう。食べ物という特性上かなり抵抗があります。その後洗えば食べれないこともないのでしょうが、さすがにそんな気は起きないでしょう。
食べてるよ!なんて聞いたら、あとはスタッフが美味しくいただきました、というくらい信用出来ないレベルです。

ましてや食品故に保存が効きません。今ならオナホなんて高品質素材のものが3000円以内で買え、何度でも使える時代です。使い捨てでも100円以下。
こんにゃくを買って手間をかけることを思うと割に合わない作業ですね。

糸コンニャクで絡みつく気持ちよさ?

それでもこんにゃくのほうが気持ちいいかもしれない…と思うのなら、考えられるのは糸コンニャクかもしれません。

糸コンニャクを同じく筒状の何かに詰めて、そこにペニスを突っ込んでオナホにします。

触手のようなこんにゃくの波がペニス全体を包みやさしく刺激します。アダルトグッズではこのような糸状のものが販売されています。ただ人気は…みたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ