トップへ

綿棒で前立腺オナニー

カテゴリ男の仕方タグ

エネマグラEX2

前立腺オナニーはエネマグラで一気に火がついたオナニーの仕方ですが、ネットでは綿棒を使う方法が以前から定番になっています。

やり方は簡単。綿棒の先端を油やローションで湿らせ、肛門に挿入。ズブッと差すのではなく、先端がちょっと入るくらいでいいそうです。ちょっとチクッするところで止めるとも記載されています。

しかしこれでは前立腺に綿棒は触れていません。でもこれでドライオルガズムを迎えることは可能だそうです。

これは、エネマグラでドライオルガズムを迎えるのと原理的には同じだからできることです。

エネマグラは「当てて」意識させやすくするもの

エネマグラは前立腺をエネマグラ自身で刺激し、前立腺が刺激されている、器具が当たっているという意識を持たせてくれます。

しかし、この刺激を脳でダイレクトに想像、感じることがドライ成功への秘訣です。ただ単に前立腺に当たっているだけでは、気持ちよくなることはあってもイクことはできないでしょう。

それだけ前立腺オナニーというのは、脳、意識、精神の集中により、自分の前立腺をいかにはっきりと意識できるかによると考えられます。

そのため、綿棒は前立腺を刺激することはありませんが、肛門に異物となる綿棒を入れることで、前述の前立腺を脳、意識で感じ取るきっかけになります。

何もなく前立腺を意識しようとするのと、綿棒という小さなきっかけがあるのとではその難易度は全く違います。

決して綿棒で「当てる」ことのないように

決して綿棒で直接刺激する方法ではありません。もしそんなことをすると、曲がりくねる直腸内に対して、直線の棒である綿棒が引っ掛かり抜けなくなる、直腸内に強く当たりすぎて傷めることもあります。くれぐれも勘違いしないように。

以上のように、綿棒は前立腺開発への途中までの道案内人です。

うまく利用すれば、エネマグラのより手軽に安上がりにイク感覚を味わうことができます。

でも難易度は相当なもの。早くイキたいと性欲が溢れていると集中できずに失敗し、通常の精液を射精するウェットドライオルガズムになってしまうでしょう。

はじめはエネマグラでコツを少し掴んでからのほうがいいかなと思います。

エネマグラEX2 ~ 改良を重ねたタイプ。ドライ感が強い

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ