虚しくならない気持ちのいいオナニー方法

カテゴリ男の仕方タグ

こんな人におすすめ!ココに注目!
  • 毎回、射精後にまたやってしまったと後悔している
  • もっと満足感が高いオナニーをしたい
  • セックスに近い感覚を得たい
  • もうオナニーをやめたいと思っている
  • オナニーばかりしてしまって疲れている
  • オナニーは悪いことだと思っている

なぜ虚しくなるのか?

男性の場合は射精で絶頂を迎えるため、あっという間に快楽の時間は過ぎ去り、すぐに虚しさが訪れます。

これが男性のオナニーの弊害ともいえるべきもので、これさえなければもっとオナニーしてもいいという男性も多くいます。

同じ射精というゴールは同じセックスのときには感じない虚しさ…なぜオナニーではこんな気分になってしまうのでしょうか?

肉体疲労がないから

セックスは体をいっぱい使って時に汗をかいてまで行う全身運動、スポーツみたいなところがありますよね。

でもオナニーは手でシュッシュッ!としてしまうだけで何も疲れません。この差が虚しさの原因の1つとなります。

人の疲労は肉体的なものと精神的なものがあります。だいたいどちらかに寄るものなのですが、精神的なものの疲労だけに偏ると何とも言えない虚脱感や不安定さを感じることがあります。

オナニーの場合、射精で性欲が一気に失われて天から地へと突き落とされます。せめてこのときに肉体疲労がある程度伴えば、疲労を構成する精神的な偏りが緩和され、独特の虚しさや後悔感がかなり少なくなります。

ではオナニーの場合は、どうすれば肉体疲労を付け加えることができるでしょうか?

視覚的、物理的に満足できないから

その答えの前に、もう一つのセックスとの違い。それは、視覚的、物理的な満足感です。

セックスの場合、女性と肌を合わせるわけですから、体を舐めたり、キスしたり、抱きしめたりと物理的なアクションでより興奮を高めることができます。

また下着姿や卑猥な体勢になった女性を目の当たりにすればまたこれも興奮ものです。

でも当然オナニーにそういった要素はありません。

オナニーにもこれに近い要素があれば、射精以外での満足感が得られるため、射精して性欲が失われてもただ精液を出しただけという虚しさを感じなくなるのです。

射精の瞬間以外は気持ちよくないから

また上記とは別に、単純に気持ちよさの違いもあります。

男性のオナニーの場合、強い気持ちよさは射精の瞬間しかありません。だから、その一瞬のためにオナニーしてしまったという罪悪感や後悔の念が生まれるのです。逆に女性はイカなくても気持ちいい生き物です。

つまり、射精までの間も気持ちよく感じることができれば、虚しくならないというわけです。

全てを満たすオナニーの仕方とは?

以上の点を普段のオナニーにも取り入れることができれば、毎回感じる虚しさは感じなくて、より満足のできる気持ちのいいオナニーができるんですね。

しかしオナニーというものは基本的に動作が限られていて簡単に肉体疲労も感じられませんし、変な絵の書いたダッチワイフを用意してもむしろ萎えるだけです。

そこで利用するのが、エアダッチと呼ばれる空気式のエアトルソーです。

エアダッチ・エアトルソーとは?

ダッチワイフは形はヒドイし、プリントされた絵は適当と全く性欲が沸かないものでしたが、エアダッチは無色透明のビニール素材で、形もより本物の女性に近づけたリアルタイプです。

間違ってはいけないのは、昔からあるビニール素材のプリント絵があるものではないということ。無色透明で形も女性そのもののタイプのものです。こちらにエアダッチ系の一覧ページがあるので参考にしてください。

これにオナニーホールを装着し、セックスするときと同じようにオナニーすると、普通にオナニーするのと比べ物にならないくらい気持ちよく、射精後の虚しさも感じないのです。

これは以下の点があるからです。

1.腰を振ってオナニーするから疲労感がある

2.エロティックなボディラインが視覚的満足感を得させるから

3.抱きしめたり抱き上げたり、騎乗位で乗せたりと物理的な満足感がある

4.射精時に抱きしめながらイクことで出しているという満足感がある

5.コスプレなどで自分の理想、性癖を満たせるため

などなどです。

このようにエアダッチ・エアトルソーは簡単にセックスの要素をいくつもオナニーに取り入れることができるのです。

値段の安さもあり、発売後から爆発的に売れました。虚しくならないオナニーの仕方を探している人にはうってつけのグッズです。

オナニー全体を気持ちよくする

また射精までの間も気持ちよくするという点も重要です。

上記のエアダッチ・エアトルソーによるセックス型オナニーではオナニーホールを使用します。このオナホの気持ちよさも虚しさを軽減する効果があります。

手でペニスを刺激しても大して気持ちよくないのですが、オナホはセックスより気持ちがいいと言われるほどのものです(オナホについてはこちら)。その特徴は入れて刺激している間が気持ちいいことです。

もちろん射精の瞬間も気持ちいいのですが、射精感を感じるまでもまた性感を感じることができるのです。

だからオナニーを初めて射精するまで長い間気持ちよさを味わえるため、最後に射精して萎えてしまっても満足感があるため虚しさを感じにくいのです。

逆に手のオナニーだと射精までの行為がただ精液を絞り出すための事前作業になってしまうため、なぜまたこんな無駄なことをしてしまったんだろう…と後悔することになってしまいまさう。

つまりオナニーホールを使うことはただ性欲を満たすだけの単純なものではなく、性生活を質の高いものへと高める賢い方法なのです。オナホなんて恥ずかしい!そう思う人はただただ損をしているだけです。だからオナホを使い出した人は、最初は抵抗あったのに今では気にしなくなっているんですよね。

ただオナホはピンキリが激しいので、初めて買う場合は定番ものにしておくのがおすすめ。パッケージに騙されてはだめですよ~。人気・定番オナニーホールはここでまとめています。

オナニーしたほうが生き生きする

以上のように、普通のオナニーの仕方に欠けたものを補うと、1回1回のオナニーはとても質がよくなり、オナニーしたほうが日常生活も生き生きしてきます。

オナニーばっかりしてしまって毎日堕落してしまっている…オナニーをやめてしまいたい…

そんな風に感じている人は、積極的にアダルトグッズを使ってオナニーの質を高めるべきです。そうすれば、1回で満足できて何度もやらなくて済むようになります。

質の高いオナニーは健康にも心にも効果的で賢い行為です。一度自分のオナニーの質を高めてみませんか?


関連ページ