トップへ

男性の床オナニー・うつぶせオナニーの仕方

カテゴリ男の仕方タグ

ココに注目!
  • 一番気持ちいい仕方とも言われる
  • 特に道具不要でお手軽
  • 女装コスプレで背徳感アップ
  • アダルトグッズ使用でさらに快感アップ
  • 膣内射精障害の可能性あり

床オナニー・うつ伏せオナニーとは?

男性が自慰行為を覚えるきっかけの一つにうつ伏せ状態のときの快感があるとされています。

うつ伏せになっているときに性的興奮を覚えて勃起すると、体重と床・地面にペニスが挟まれ、体を前後に揺らすと何とも言えない気持ちよさに包まれます。

やり方は細かく言うといろいろありますが、ほぼこれが基本。シンプルながら一度ハマるとやめられない中毒のようなオナニーの仕方です。大人になってもこれじゃないとオナニーする気になれないという男性も多いですね。

床オナニーをもっと気持ちよくするアダルトグッズをお探しならこちら

縦の動きでイク!

床オナニー・うつ伏せオナニー(以下、床オナ)のやり方は先に書いたとおりで簡単。

うつ伏せになり、体重をペニスにかけて圧迫しながら刺激します。

ペニスを押し付ける床は、ベッドや枕にクッションなど身近にあるものです。

気持ちいい体の動かし方はやはり前後。まるでセックスのように小刻みに前後に揺らすことで、手でこするよりも気持ちよさが奥のほうからこみ上げてきます。

横にゴロゴロする方法もありますがあまり気持ちよくないでしょう。

基本は縦の動きですね。

そのまま射精すると問題が生じやすい

床オナは手軽で誰でもできる方法ですがいくつか問題もあります。

まず一つ目は射精で出る精液をどうするか?

床オナは服を来たままでやれますが、そのまま射精すると当然パンツの中はベタベタです。気にしないというのならともかく、普通は不快に感じるでしょう。

かといって裸になるのも問題があります。

裸になってペニスを露出して床オナすると、床の材質によってはペニスの皮が巻き込まれたり挟まったりして激痛が走ります。また衛生面での問題もあり、さらに床をカウパー腺液や精液で汚してしまうことにも。

解決策としてはティッシュなどをあらかじめ敷いておき、その上でこすって射精するという方法。

しかしティッシュがズレてしまったり、量が足りなくて精液がはみ出すという可能性も。

洗濯などに抵抗がないなら、タオルなどもっと面積が広いものを敷くといいでしょう。

自らの精液で汚す背徳感を味わう方法

マニアックなやり方なら女装してやる方法もあります。ネット投稿動画では女装してその衣装を自分の精液で汚すというのが見かけられます。手持ちの普段着よりはまだ汚しがいがあるのかもしれませんね。

女装と言っても本格的にやらなくても、下着やスカートなど下半身だけでいけるでしょう。

このような女装と床オナの組み合わせはペニスへの刺激面でも効果があります。

ペニスはかなり敏感な皮膚の集合なので、こすりつける布生地種類によって得られる快感に幅が出ます。

例えば競泳水着のようなサラっとした生地や、男性物パンツとは明らかに違う生地質感や柄、レースなどによる刺激がたまらないという意見も。

単純にペニスを手でこれら生地で包んで擦るより、自らの体全体でこすりつけることで背徳感が湧いてきてより性的興奮度が増します。

シート上オナホで気持ちよさ大幅アップ

もっとお手軽でかつ気持ちいい床オナの仕方もあります。

床オナ用シートです。

簡単に言うと、オナホの内壁をシートにした感じです。

これを床に敷いて床オナすると、オナホを使いながら床オナできるという状態になります。

ローションを用いることでこれまでの床オナの引っかかるような感覚がなくなり、ヌメヌメしつつも圧力が加わって何とも言えない気持ちよさになります。

ただローションの量はかなり控えめにしないといけません。そうしないと勃起したペニスがすぐにズレてしまいうまく刺激できないからです。

素股、パイズリで風俗気分

床オナは何も並行な部分にペニスを押し付けると決まっているわけではありません。

例えば背が低めの据え置きタイプのオナホや、おっぱいパーツなんかが使えます。

据え置きタイプのオナホを使えば、まるで風俗の素股感覚です。挿入せずに膣口部分にペニスをこすりつける方法です。中に入れても当然気持ちいいですが、あえて素股にして楽しむというのもありですね。

またリアルなおっぱいパーツもかなり使えます。

こちらは完全にパイズリ状態。中には谷間に溝が刻まれているタイプもあるので気持ちよさはなかなかのもの。

通常の床オナだとペニスと床の接地面に刺激が限定されますが、おっぱいパーツを使うとペニス全体が包み込まれるような、それでいて圧迫感があって全く別物の気持ちよさになり癖になりますよ。

実は一番危険かもしれないオナニーの仕方です

しかし床オナは有名な通りリスクがあるやり方です。

膣内射精障害や仮性包茎の悪化、フル勃起できないタイプのED障害などです。

床オナニー・うつ伏せこすり付けオナニーの危険性と症状

床オナをすると圧迫感がないと射精できない癖がついてしまうことがあります。こうなると女性の膣の締め付けでは快感が足りなくなってしまい、セックスで女性を満足させられないという可能性に。

また体重をかけてペニスをグリグリするため、通常時に比べて血流が悪くなりフル勃起しづらくなります。これが癖になると、体は勃起を十分にしなくても射精に至るようになります。その結果、アナルオナニーで起きるトコロテン状態のように精液が漏れ出るような射精になることもあります。

なので、今既に床オナをしている人以外は新しくこの方法を試すべきではありません。

今既に床オナにハマっているという人は、早い内にこのやり方に変わる方法を見つけて慣れていったほうがいいでしょう。床オナはお手軽な反面、ある意味最も危険なオナニーの1つとも言えますね。

床オナニーをもっと気持ちよくするアダルトグッズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ