トップへ

なぜ?前立腺オナニーが本当に気持ちいい理由と仕組み

カテゴリ男の仕方タグ

男性がハマる前立腺オナニー。

しかし、やってみてもイマイチ気持ちよくないと諦める男性が多いです。

  • 本当に前立腺って感じるの?
  • ドライオーガズムって嘘じゃないの?
  • 特殊体質な男性ができるだけじゃないの?

だんだん疑念が強くなってきますよね。

でも前立腺の仕組みを知れば前立腺オナニーを続けたくなります。気持ちよくなれるのが分かれば、信じられればヤル気が出ますよね。

前立腺が気持ちいい理由

医学的に仕組みが謎な前立腺によるドライオーガズム。

これを唯一?解説している人がいます。一部では有名なTwitterアカウント。@CyberIguanaさんです。

このツイート内容が、

  • 前立腺がなぜ気持ちいいのか?
  • なぜ射精せずイケるのか?

を解説しています。

これをまとめて、もう少し噛み砕いて説明していきます。

まずは同氏の前立腺ドライオーガズムについてのツイート一連をご覧ください。

1.前立腺は子宮と同じで性感を得られる組織だ

2.ドライオーガズムは前立腺の一部しか収縮しない

3.ドライオーガズム=メスイキというのは体の仕組み上嘘じゃない

4.射精しないのは前立腺の一部しか収縮していないから(精液を送り出せない)

5.女性の子宮・膣と前立腺の神経システムは同じ(=前立腺でドライは当たり前)

前立腺を刺激して気持ちいい理由は?

では上記のツイート一連を整理してまとめます。

読んでもらうと分かるように、前立腺は女性の子宮と膣に当たる。だから性感帯であっても何らおかしくないってことです。

つまり前立腺は気持ちいい!!

1.前立腺が女性の膣・子宮に該当するから

前立腺には前立腺小室という部分があり、これが子宮の痕跡器官で男性子宮や男性腟とも言われる部分だ。

と解説されています。

ざっくり言うと、男性の前立腺は女性のアソコと基本的に同じだということ。

なぜかというと、男女の決定はY染色体を持つ精子が卵子と受精するかどうかで決まり、元々は女性ベースで準備されているからです。

そのため性的な器官も極初期状態は女性型で始まります。だから男性の前立腺は子宮、膣から派生したというわけ。

ちなみに、女性にも小さな前立腺があることが分かっています(女性に前立腺があることの記述)。となると、男女の違って大きな枠では違わないってこと。だから男性が前立腺でイクのはなんら不思議じゃないってことですね。

2.前立腺への刺激は女性の膣・子宮への刺激と同種類だから

子宮頸部や腟下部の運動や感覚は仙骨神経叢(S2-4)支配で、これは前立腺を支配する前立腺神経叢(S2-4)と領域が同じだ

前立腺の周囲には勃起に関与する神経や血管が束になって側を通っています。

前立腺肥大症の手術を行うと勃起しなくなる症例がありますが、医学的にはっきりと理由は分かっていません。ただ、前立腺周囲に勃起に関わる神経や血管が集中しており、それが微細に傷ついたから?と考えられています。

前立腺を刺激しても敏感に感じる感覚はないものの、実際には男性機能、性感に関わる大事な組織が集合している「敏感な器官」と言えるのです。

前立腺を刺激するのは腸壁を介してなので、敏感さが失われていると考えればいいでしょう。

そんな神経システムが同じ、かつ敏感な部位である前立腺を刺激するのですから、腸壁を介する分女性より鈍感なものの、いわゆる開発、つまり慣れていくことで女性のオナニーと同じ感覚に至るというわけです。

3.前立腺を刺激すると、女性の興奮時と同じ状態になる

女性の性的興奮時にはオキシトシンというホルモンが脳下垂体から分泌され(中略)男性でも子宮の痕跡器官である前立腺でも裏側から擦られるとその刺激でドーパミンとオキシトシンが分泌される。

男性は普通にペニスを刺激するオナニーのときも、同様にドーパミンとオキシトシンが分泌されています。

つまり前立腺も立派な性感帯というわけです。

ただ、ペニスを刺激するよりオキシトシンの分泌量は多いと思われます。これについてはっきりと言及した事例が見当たりませんが、前立腺オナニーはペニスのオナニーと違って激しい興奮には至りません。いわゆる幸せな、優しい快楽に包まれ、最終的にドライオーガズムに至ります。

この気持ちよさの流れは女性の性感と同じです。また乳首オナニーで男性もオキシトシンが多く分泌されることから、前立腺オナニーも同様にオキシトシンが多い女性型の快楽、女性の興奮時と似ている状態になることが分かります。

前立腺オナニーで射精しない理由

前立腺オナニーの絶頂はドライオーガズム。つまり射精しません。

ペニス刺激と同様にドーパミンとオキシトシンが分泌されていますが、男性はペニスを刺激しないと射精の準備メカニズムが発動しないからです。

射精の仕組み~男性生殖器マニア

1.精液を出す準備がされていないから

イキそう……と射精感を感じてもう限界!イク!となったとき、精子が精管を通って前立腺手前までやってきています。

つまりピストルに弾を込めて装填した状態。

この状態に至るには、通常はペニスを刺激するしかありません。

そして色々な筋肉が緩んだり緊張したりで複雑な動作を組み合わせて、前立腺内の尿道に精子が流れ込み、前立腺液や精嚢腺液と混じり精液となります。

前立腺を刺激して気持ちよくなっても、射精に至るプロセスの最初が発動してない。精子が装填されていないため、最終的に前立腺が収縮しても、精液を作る準備ができていないから何も出ないってわけです。

2.前立腺の一部しか収縮しないから

男性も女性もイクときは体の内部が強く何度も収縮します。

女性の場合は膣と子宮。男性は前立腺です。

男性は前立腺全体が強く収縮することで、内部に通った精管にスタンバイした精液を尿道に送り出します。これが射精。

ですが……

前立腺には前立腺小室という部分があり、これが子宮の痕跡器官で男性子宮や男性腟とも言われる部分だ。前立腺全体が収縮すると連携動作により射精するが、この部分だけ局所的に絶頂で収縮しても全体的な動きにはならず射精には至らない。

というわけで、前立腺の一部しか射精しないため、精液を送り出すポンプ効果が発動しない(実際にはもっと他組織・筋肉も関わって複雑です)。

そして、女性がイクときに収縮する子宮に該当する前立腺小室だけは収縮しているため、女性同様に快楽に到達するというわけです。

では前立腺小室ってどんなの?というと、以下の医学サイトの左側2段目と3段目の写真を見てください。めちゃくちゃ小さい一部であることが分かります。

前立腺の仕組み・図解

ドライオーガズムの際、ここしか収縮していないとなると、確かに精液は送り出されないのは分かります。

それでもドライオーガズムのときは、射精のときとは違うものの強く突き上げるような収縮感を感じるのは不思議ですね。

3.透明な我慢汁は出るがそれは精液ではない

ただ前立腺オナニーをしていると透明な我慢汁は出ます。

あれは精液じゃないのか?というと、これは精嚢で作られる液体ではないので違います。

我慢汁は正式には「カウパー腺液」と呼ばれるもので、純粋に性的興奮を覚えると分泌されるもの。作られる場所は尿道であり、精液の内容物とは厳密に言うと別物。

精子の通りを良くする、精子を生きたまま膣に届けるためのもので、精液に先行して分泌されるものです。

だから性的な興奮を得るだけでカウパー腺液は分泌されるので、前立腺オナニーの際には透明な粘りっ気のあるカウパー腺液だけはチョロっと出てきます。

前立腺オナニーは信じ切ることで成功しやすくなる

ここまで、男性が前立腺オナニーで感じる、気持ちよくなれる根拠について整理してきました。

なんか科学的でオナニーには意味がないようにも思えますが、この内容を見て

「おぉ!じゃあやっぱり前立腺でイクことってできるんだ!」

とワクワクした人、腑に落ちた人はドライオーガズム成功率がグンと上がります。

なぜなら、前立腺の性感はただ刺激し続けたら開発されるわけじゃないからです。結構精神面に左右されます。

ストレスがかかっているとEDになったり、そこまでいかなくても性欲が落ちたりしますよね?

前立腺の感度ってペニスより遥かに弱いので、そういった邪念や不安があると前立腺は感じにくくなります。

同様に、

「ドライオーガズムって本当にあんのかよ?」

という疑念があると前立腺は感じにくいです。

一見、ただのお勉強のような今回の話でも、前立腺オナニーに対する疑問や疑いが晴れた人も多いと思います。

そんな人は、少なくともエネマグラ(アネロス)なんかを次に挿入したとき、今までより気持ちよさを強く感じると思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オナニーのネタ・おかず情報
【お試し付き】FATEY~スマホで見せつけオナニー
スマホカメラで女性に自分のオナニーを見てもらえるサービス。風俗だとオナクラに該当。お店に行かなくてもその場でかわいい女の子に射精の瞬間まで見せつけられます。アブノーマルなオナニーもO.K. ライブチャットと違い、オナニー専用なので消費するポイント量が少なくて安上がりです。1回分くらいのポイントがお試しできます。その他一覧はこちら
アダルトグッズ特集
本当に気持ちいいおすすめ電動オナニーホール
オナニーの虚しさ、物足りなさがなくなります。自分で動かさない。たったそれだけで気持ちよさが断然変わります。
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ