トップへ

前立腺オナニーの仕組みと気持ちいい秘密

カテゴリ男の仕方タグ

前立腺とは男性にしかない器官です。これを刺激することで女性の絶頂と同じ快楽を得ることができると言われています。

つまり普通のペニスを刺激するオナニーとは全く違う気持ちよさを味わえるということ。

そしてこれは、自分一人で可能。つまりオナニーで実現できます。

前立腺は肛門に指を入れて曲げた先にあるクルミのような塊

前立腺は自分で触れます。つまり指で刺激できます。

肛門に人差し指か中指を挿れて、クイッと手間に関節を曲げた先にあります。奥深く挿れなくても大丈夫。

何か柔らかいような、表面がクルミのような質感のところがあります。それが前立腺です。

ペニスが勃起しているような興奮状態だとふくらんでいるのでより分かるはずです。

前立腺オナニーとは、この前立腺を刺激することで快感を得るやり方です。

前立腺が気持ちいいのは、性感帯なのは女性の子宮にあたるから

なぜ前立腺を刺激すると女性の性感を得られるのか?

これは、亀頭=クリトリスであるように、前立腺=子宮だと考えられているからです。

亀頭とクリトリスのように構造がほぼ同じなのに比べて、前立腺が塊、子宮が袋という構造上の違いがあるものの、人の性別進化の同質部分としてはここに当たると考えられています。

女性は子宮イキという言葉があるように、子宮がうずく、子宮が収縮してイクという絶頂を迎えます。このことから分かるように、最終的には子宮が絶頂に関与していることが伺われます。

前立腺オナニーは激ムズ。まず成功しないと思ったほうがいい

女性でもクリトリスでイクより、中イキ、つまり膣でイッたほうが性感は強くなります。クリトリスではイケるけどセックスではイケないと悩んでいる女性は多いです。

これは男性の前立腺オナニーとも似ています。

前立腺オナニーは難易度がMAXレベル。都市伝説になっているのでは?というほど難しいオナニー方法です。

女性は誰でもだいたいはクリトリスで絶頂を感じれます。でもクリトリスでイクのは短時間で余韻が短く、ある意味瞬発的。本当の満足感は得られない種類です。

それに対して膣でイケると相当満足できます。男性とのセックスという精神的な要素を除いたとしても、バイブで中イキできるとそれはもう比較にならない気持ちよさです。

女性でさえ、いわゆる中、つまり子宮レベルの奥で感じるのは難しいのです。

それが、性感を感じる役目を忘れた前立腺で行うのが男性の場合。子宮を突かれるという経験を得ることができる女性でさえ中イキできないと悩むのです。それを、ある意味性感に関しては退化している前立腺だけでイクというのは、いかに難易度が高いか用意に想像がつくでしょう。

噂に聞く前立腺オナニーの気持ちよさ~ドライオーガズムとは?

前立腺オナニーの噂は、主にドライオーガズムが相当気持ちいいという話でしょう。

結論から言って、男性のオナニー、セックスで感じられる快感とは別格。違う世界の種類です。これハマるとセックスや他のオナニーがどうでもよくなるレベルです。

これは先ほども解説したように女性の絶頂種類です。ということは、女性はこんな快感を感じているのです。そもそも男性はセックスの最中に声を出しませんが、女性は喘ぎ声を出します。人によりますが、イクときに近所迷惑になるレベルの人もいますよね。

男性からすると女性は声を出しやすい生き物だと考えているでしょうが、その理由は、前立腺オナニーでドライオーガズムを感じると納得できるのです。前立腺オナニーでドライオーガズムを迎えると、いくら硬派で売っているイケメンでも女性のように声が漏れてしまうんです。

ドライオーガズムは射精なしで絶頂∞で何度でも

ドライオーガズムの最大の特徴は射精しないことです。

男性は射精すると性興奮ホルモンがガクッと下落します。この下落っぷりが凄まじいため、いわゆる賢者タイムになります。でもドライオーガズムは絶頂を迎えても射精しないため、性的な興奮が治まりません。完全に女性の何度でもイケるイキ方です。だから男性も同じ。ドライオーガズムなら何度でも体力が続く限りイケます。

そして女性が声を漏らしてしまうように、男性も声が我慢できないほど頭が真っ白に。ペニスだけではなく、脳から全身に広がる強烈な異次元の快楽の並に襲われます。

何度でも×強烈

これのループ。

ドライオーガズムを経験したことがない人は、なんて素晴らしいんだ!!と思うでしょうが、実はそうでもないんですよね……

もうやめてー!!という漫画やAVの世界になる

よく男性社会で言われるのが、AVや漫画のような世界はないという話。

女性がセックスなどで快楽に溺れ、「もうお願いだからやめてー!!」と絶叫するような話し。いやいや、気持ちいいんだろ?という展開が鉄板ですが、これは男性のドライオーガズムでありえるんです。

なぜなら、このような絶頂状態になった場合、体力ベースだと男性の方が高いからです。そのため精神的な部分は除き、体力面では男性の方が耐えられるんです。女性は失神する人が本当にいます。そのままおしっこを漏らす人も普通にいます。

男性はなまじ体力があるせいで、女性のイクより早い間隔でドライオーガズムを繰り返すことができます。並の波長が狭いんです。

だから、よく言われる、AVや漫画の世界なんて作り話。妄想!と言われる世界で、男性自身に起こりえるのです。

前立腺オナニーはドライオーガズムだけじゃない

前立腺オナニー=ドライオーガズムというイメージがありますが、実際はそうじゃありません。

前立腺オナニーほどある意味お手軽な方法はないのです。

ペニス全体の感度が上がる

前立腺を刺激しながらペニスをしごくと、明らかにいつもと違う感覚があります。

通常のペニスを刺激するオナニーの場合、それほどペニス自体が感度を帯びている感じはないですよね?ペニスの性感自体はそれほどなんです。

結局、本当に気持ちいいのは射精する感じがこみ上げてきてからでしょう。そこからオナニーが気持ちいいと感じるはずです。

でも前立腺を刺激しながらペニスを刺激すると、いつものストロークの最初から違う感じがします。亀頭はもちろん、竿の部分で気持ちよさが出てきます。おそらく、ペニス全体が気持ちよくなる感覚に驚くはずです。亀頭から根本、その奥まで何か広がりを感じるはずです。

前立腺が男性の性感を支えていることに気づくはずです。何もドライオーガズムじゃなくても、十分にメリットあるのです。

射精の瞬間の気持ちよさが強く、長くなる

前立腺を刺激しながら射精すると、いつも以上に目の前が真っ白になります。

いつもなら、ただ精液が出るだけでしょう。

でも前立腺を刺激しながらイクと、目の前がちょっと視界を失います。場合によっては思わず「ウゥ!」と声が漏れます。それくらい性感の度合いが強くなります。

今、オナニーがただ精液を出すだけの行為になっているなら、前立腺を刺激しながらやると違う世界を見れますよ。

早漏改善効果がある

前立腺オナニーはいわば女性型の快感を得る方法です。

男性型の快感は射精です。この瞬間にしかありません。

前立腺オナニーはいわば、女性ならでは長い快感と同じです。前立腺が女性の子宮に当たるからです。

前立腺オナニーにハマると、射精のときの気持ちよさを求めようとする意識が薄れます。なぜなら、射精しくても気持ちいい時間があるからです。

射精するかどうかというのは自律神経と脳の関係によります。快楽を求めるスイッチがどこでONになるかどうかです。

前立腺の気持ちよさに対するシフトが重視されると、射精して気持ちよくなるというこだわりが薄まります。なので、気持ちよくなりたいというスイッチが及ぼす早漏現象が解消される可能性があるのです。

ただもちろん、そんな簡単な話ではありません。もはや前立腺オナニーじゃないと本当に感じられないというのなら確実でしょう。でもその半分くらいまで高まれば、今より早漏はマシになるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ