トップへ

エネマグラを買うなら本家アネロスを買うのがおすすめ

カテゴリオナニーについてタグ

エネマグラはアネロスになりました

かなり難しいけど成功するととんでもなく気持ちいいのが「エネマグラ」です。しかし、このエネマグラは本当の商品名ではないと言われます。

では本当の商品名はというと「アネロス」です。以前はエネマグラでしたがアネロスというネーミングで一本化されたようです。人気No1のアネロスはユーホーです。

アネロス(正規品)がおすすめの理由

そしてこの二つはそれぞれ販売元が違う状況です。元々の本家が海外アメリカのもので、よくネット通販で見かけるのが日本の薬局?さんが販売するものです。裏ではゴタゴタもあるようですが、一般的には米製アネロス(旧名エネマグラ)が正規品で、それ以外は正規品ではないという扱いみたいです。やはり正規品のほうが値段が高いです。

ただ形はそのまんま同じです。微妙な太さやカーブの具合が違ったりするのかもしれませんが、どれも見た目はそっくりです。決定的に違うのは仕上げの差です。本家アネロスは届いてその場でアナルに挿入しても大丈夫なほどツルツルの仕上げです。それに対して安いエネマグラはそのまま挿入したら血が出ることがあります。これは製造後の尖った部分などのバリを取り切れていないからです。だからサンドペーパーで削る作業をしないと痔になることも。

さらに本家アネロスはローションが乗りやすいように表面が微妙に凹凸しています。ツルツルしているんですが、ツルツルしすぎるとローションを全部弾いてしまって使い物になりません。その点もしっかり考えられているところが本物だなと感じさせます。安い方の廉価エネマグラはバリ取りの磨き作業でこのツルツルになりやすくて使い勝手が悪いのが難点です。

どっちでもドライはできるが、アネロスは種類が豊富にある

ではどっちがドライオーガズムに達しやすいかというと、これは何とも言えない気がします。安いほうのエネマグラでもドライはできます。ただ事前準備や使い勝手が本家アネロスのほうがいいですよ、といったところです。

あと本家アネロスのほうが最新の形のエネマグラが登場しています。廉価版のほうはあまり新しい形は出てきていません。旧来の形をちょっと変化させたものや、電動機能などがついたものが多くて、ドライオーガズムが成功しやすくなるような工夫は見受けられません。振動は一見気持ちよさそうですがドライの成功率は明らかに落ちますので。

特にアナル性感が高まりやすく、女性よりの快感が得られる「EUPHO(ユーホー)」は本家アネロスにしかありません。このユーホーはさらに難易度が高いのですが、成功すればかなりいいそうです。私も所有していますがユーホーはいまだに感覚がつかめません。確かに難しいです。

他にもHELIX(ヒリックス)というかなり強烈に感じるタイプやステンレス製のエネマグラなど、廉価版にはないラインナップがあります。

どっちがおすすめ?

と聞かれると、私は本家アネロスです、と答えます。何でも本家のほうがいいんでしょ?となりそうですが、廉価版より形のタイプがいろいろありますし、ちゃんとドライを迎えるために考えられたラインナップのためどれを買っても安心できます。廉価版のバンブーとか明らかに無理があるようなものは売っていません。人それぞれで感じるエネマグラが違うので、このようにどれでも安心して試せる、そしてすぐに使えてストレスがないのはかなり大きいです。

値段は本家が高いですが、廉価版と両方買ったことがある人は、その後はまず本家版を買うことと思います。私もそうです。ユーホーがないというのも大きかったですね。当然定番のEX2も本家アネロスです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ