トップへ

膣で中イキしたい女性の練習方法と最適なバイブ

カテゴリ疑問・悩み(女性)タグ

女性は膣でイケる人があまりいないと言われています。確かにクリトリスではイケるけど、セックスのときに男性自身に突かれてイケたことがないという話をよく聞きます。

これにはコツというか膣奥の開発が必要で、中イキできていない人はまだその域に達していないからです。

中イキするためのトレーニング方法

中イキするには、十分な前戯で体全体の感度を高め、子宮口周りをくりくりと押すかコネるようにしつこく刺激していくと中イキしやすくなります。ただ、どうしても慣れないと痛みを感じるため、一度激しくイッたあとにするのがおすすめ。この状態だと痛みは感じにくいです。

問題はどうやて膣奥を刺激するかですが、なかなか男性はこの刺激をうまくしてくれません。指でもペニスでもうまくいかない人がほとんど。でも好きな彼のペニスでイキたいと思うはず。中イキするためにオナニーで練習している健気な女性もいるのでは?

しかし自分でとなるとこれが難しい。多くの女性がバイブで奥を刺激して中イキできないかと試しますが、結局イケず、最後はいつものクリイキです。

  • エッチな気分をより高める
  • 奥を激しくではなく、軽く押すように刺激する
  • 焦らない

のが基本。

道具はバイブを使いますが、あまりグネグネしたものではなくストレートでシンプルなものがやりやすいです。材質もなるべく高品質なものを。安物バイブはデリケートな子宮口周りには合いません。

ちょっとお値段が張りますが、中イキ専用?と思えるくらいのバイブもあるので、これでじっくりと膣奥を押していくのもいいでしょう。

MONA WAVE(モナウェーブ)

MONA WAVE(モナウェーブ)

スウェーデン製のおしゃれでアダルトグッズに見えないこれ。

これまでのバイブとは決定的に違う構造を持っており、Gスポットを確実に適切に優しく叩くことができ、中イキがかなり容易に実現できる新発想バイブです。

動きを見てもらえば一目瞭然ですが、指でクイクイとGスポットを圧迫する動きがパワフルに行われます。

エッチが下手な男性ほど、指を膣内で前後にこすりがち。しかしGスポットでイかせるには「押す」動作が必要です。なかなか男性に理解してもらえないこの動作。MONA WAVE(モナウェーブ)ならこれが自分一人で簡単に実現できます。

価格はそれなりにしますが、品質が高くて頑丈。見た目もいやらしくなく、ぱっと見ではバイブには到底見えません。カラーリングもいかにも欧州っぽいおしゃれな雰囲気。まるでiPhoneのアップル製品みたいなたたずまいですよね。Gスポットを突き上げられる中イキ連続ループならこれです。

MONA WAVE(モナウェーブ) ~ Gスポット開発が容易。セックスでもイキやすくなる

ストロニックアインズ

ストロニックアインズ

たぶんこれって中イキを意識して作ったんじゃないの?ってくらい最適なバイブ。それくらい中イキにうってつけの動作をします。

何といってもドイツ製。すごいいい作りです。その分値段も半端ないですけど…

パワフルで重厚感のある短いストロークのドゥン!ドゥン!ドゥン!ドゥン!というピストンが自動で起こります。そもそもピストン機能があるバイブは珍しく、新しく発売されてもすぐに廃盤になってしまうほど。そのなかでストロニックアインズの出来は秀逸。ドイツ高級アダルトグッズブランドのものだけに、材質の良さ(医療系素材)と使いやすさは他のピストン系バイブとはものが違います。

自分でピストン運動しなくても中イキに最適なピストンをしてくれるので腕も疲れません。中イキを夢見る女性の必須バイブじゃないでしょうか。

ストロニックアインズ ~ 膣奥を重く優しく突き上げてくれます

極太タイプ・溝あり高刺激タイプはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の定番新オナニー方法
乳首オナニー
単体でイクのは超上級。でも誰でも今より確実に射精が気持ちよくなるため人気。
回転オナニー
オナホを回転させるという新発想。早漏でも長く、遅漏でも道中が気持ちよくなる万能さが人気の理由。
前立腺オナニー
男性の究極の性感ドライオーガズム。難易度は高いが、ペニス感度も格段に上がるのでオナニーに飽きてきた人にも。

関連ページ