VRのHMD
再生機器 必要器具 容量 価格
SKYWORTH 不要 本体16GB
SDカード
35,000円
Oculus Go 初期設定に
スマホ
32・64GB 25,000
30,000円
Oculus Quest 初期設定に
スマホ
64・128GB 50,000
65,000円
スマホ ディスプレイ
なしHMD
スマホ次第 1,000円~
(HMDのみ)
Oculus Rift S スペック
を満たすPC
PC次第 50,000円
PC別
HTC Vive スペック
を満たすPC
PC次第 70,000円
PC別
GearVR ギャラクシー
スマホ
スマホ次第 6,000円~
(HMDのみ)
PSVR PS4 500GB・1TB 28,000円
(HMDのみ)

★FZ:FABZA(DMM) ★AF:アダルトフェスタ(動画サイト)
★+1D:動画連動対応 ★MS:(MGS) ★CC:カリビアンコム

SKYWORTH-4D S801

SKYWORTH-4D S801

※4K対応

★対応動画サイト例

他器具 FZ AF +1D MS CC 容量 価格
不要 × × × 16GB
SD
35,000

アダルトVRの再生を意識して開発された、ある意味エロ専用HMDです。

SDカード対応で大量の動画保存が可能

SKYWORTHは本体ストレージだけでなく、SDカードに対応しています(HDD対応という表現がありますが専用品以外対応していません)。

Oculus Goは最大64GBの本体ストレージのみ。

DLNAサーバー機能を使えばPCのHDDやSSDからWi-Fiを通して再生可能ですが、PCに慣れていないひとだとややきつい。

そのため本体ストレージに保存すると、複数の高画質VR動画(4K1時間で15~18GBほど)ですぐに一杯になります。

でもSKYWORTH-4D S801ならいくらでも動画を保存できるし、ジャンルごとにSDカードを作っても便利。

今では256GBでも3,000円くらいでありますしね。

1枚に大量の作品を保存し、好きなときにサッと切り替えられます。

本体ストレージだけだと作品の削除とダウンロードを繰り返す必要があります。またストレージだと途中で止まることもあるため、やはり保存して再生が快適。

他のHMDはSDカードに対応していないので非常に便利な機能です。

独自OSのためFANZA(DMM)非対応

SKYWORTHの弱点はFANZA(DMM)のVR再生ソフトに対応していない点です。

FANZAの再生ソフトはアプリストアでダウンロードできるため、AndroidベースのOculus Goは対応しています。

しかしSKYWORTHはAndroidを改良した独自OSなので、AndroidのPlayストアに対応していません。つまりFANZAのVRは再生ができません。

ただSKYWORTHは大手アダルトグッズショップのNLSで売られており、かつNLSでは+1D動画のアダルトフェスタを昔から紹介しています。

つまりSKYWORTHはエロに関してはアダルトフェスタのVR専門と考えていいです。

じゃあそれで満足できるのか?

というと、アダルトフェスタのVRはFANZAと変わりありません。

そしてアダルトグッズと連動する+1D動画の販売サイトでもあります。

エロのためならSKYWORTHは間違いないHMDなので安心です。

Oculas Go

※4K対応

他器具 FZ AF +1D MS CC 容量 価格
不要 × × 32GB
64GB
25,000
30,000

VR普及はPSVRだと言われていましたが、実施の貢献者はこれ「Oculas Go」です。

25,000円とディスプレイありの単独再生HMDとしては最安。かといって画質や音などは妥協なし。

VRの良さを確実に体験できるベンチマーク的HMDです。

保存は本体のみ。32GBか64Gbで価格差は5,000円。

すぐに動画でいっぱいになるので64Gbが強くおすすめ。

Oculas GoはSKYWORTHと違ってFANZA(DMM)に対応しているのがメリット。アダルトフェスタにも対応しているので、+1Dのアダルトグッズ連動動画も見れます。

価格はOculas Goのほうが安いのですが、初期設定にスマホが必要なので注意。

★初期設定に必要なスマホスペック

端末 OS
Android 5以上
iOS 10以上のiPhone、iPad、iPod touch

またアカウント作成が必要です。

この際にFacebookアカウントでログインできますが、Oculasアプリのプライバシー設定で「自分のみ公開」にしておかないと、Facebookの友人に「DMMプレイヤー」を使っていることがバレます。めっちゃ恥ずかしいので注意!

SKYWORTHはこういった設定も不要でプライバシーも安心。Oculas Goはちょっと注意が必要といった差があります。

Oculus Quest

※4K対応

他器具 FZ AF +1D MS CC 容量 価格
不要 × × × × 64GB
128GB
50,000
65,000

Oculus Goの上位機種。6軸トラッキングシステムによりリアルなVRゲームが楽しめます。

その割に価格は64GBモデルなら5万円程度。Oculus Goとの性能差を考えると割安感があります。

最初はFANZA(DMM)VRにも対応しておらずエロの世界では不人気でしたが、2019年末にFANZAが対応しています。アダルトフェスタは2019年時点で未対応。

画質はOculasGoやSKYWORTHより綺麗。

なのでオススメなのですが、アダルトフェスタに2019年時点で未対応。だから+1D動画対応グッズとの連動ができません。

そのうち対応すると思われますが、もし対応したら一番おすすめの機種になります。やはり画質はこだわりたいですからね。

VR-BOX

VR-BOX
他器具 FZ AF +1D MS CC 容量 価格
スマホ スマホ
による
1,000~

わずか1,000円のディスプレイなしスマホ用HMDです。

Amazonではめちゃくちゃな種類のスマホ用HMDが販売されています。みんな中国製で、コピーのコピーとかでわけが分かりません。

そんな中、格安価格ながら使い勝手がいいのがVR-BOXです。

これはアダルトグッズショップ大手のNLSが、いくたの格安HMDを使用してテスト。その中で、唯一NLSで販売してもいいと判断したのがこれ。

NLSでは中華系の格安グッズを片っ端から売らずに、実際にテストして基準を満たしものだけ販売しています。

Amazonではもっと良さげなHMDを見かけますが、実際に使ってみると作りがめちゃくちゃチープで、画面がうまく真っ直ぐにならなかったりいろいろあります。

とりあえずスマホでVRを見たいならVR-BOXは失敗しないおすすめHMDです。

以下はアダルトフェスタの要求スペックです。FANZAも同じと考えればいいでしょう。

iPhone(iOS10以上) Android
機種(OS) iPhone6 7以上 Android
6.0以上
8.0以上
画質 2K 4K 3K 4K
ストリーミング
高画質
ストリーミング
×

Oculus Rift

他器具 FZ AF +1D MS CC 容量 価格
スペックを満たすPC × × PC依存 50,000

PC接続用のHMDです。

完全に最先端のVRゲームに対応しており、Oculas Goと違って頭の傾き以外にも反応します。

価格は5万円程度で他のPC用HMDよりかなり安いです。

しかし、VRゲームはもちろん、アダルトフェスタの+1Dにも対応しています。

PCでVRのAV・エロ動画を見るならこれ!と言えるくらい定番。

ただエロVRのためだけに買うのはどうかな?とは思いますけどね。

お使いのPCがゲーミングPCならありです。より高画質で見れますからね。ただPCの必要スペックには注意。

エントリークラス+αのグラフィックボードと多めのメモリが推奨されています。

★PCの必要推奨スペック(byアダルトフェスタ)

対応機種 Windows(Mac非対応・BOOTCAMPで可能)
画質 4K
ストリーミング ×
高画質
ストリーミング
×
CPU core i5以上(4Kは第7世代以上推奨)
メモリ 8GB以上(16GB以上推奨)
ビデオカード GeForce960以上(970以上推奨)
GTX 1060 6GB以上(1070以上推奨)
OS Windows8以上(7は不具合あり)

HTC VIVE

※画像は後継機のComos

他器具 FZ AF +1D MS CC 容量 価格
スペックを満たすPC × × PC依存 65,000

Oculus Riftより優れたトラッキングシステム(体の動きを反映する機能)を持ったHMDです。

より全身を使ったVRゲームに適しており、その割に低価格で人気。

画質もいいです。

ただエロVRにこの機能がいるかというとまったくもって不要。

なので画質重視、さらにVRゲームもやりたい人向けです。

GearVR

他器具 FZ AF +1D MS CC 容量 価格
スマホ 16GB
SD
HDD
35,000

ギャラクシースマホ用のHMDです。S6以上のギャラクシースマホ対応です。

汎用品ではなくてギャラクシースマホに合わせて作られているため、他のHMDでよくある映像のズレや装着時の不快感がありません。

わざわざこれを買う必要はなく、今手持ちのスマホがギャラクシーで、かつ画質がきれいなモデルであるなら買う価値は大きいです。

PSVR

他器具 FZ AF +1D MS CC 容量 価格
PS4 ○(ソフト有料) × × × 500GB
1TB
28,000

PS4と接続して見るPS4専用のVRです。

VRの夜明けのはずでしたが、爆死レベルで売れていません。やはりソフトがねえ……

FANZAやアダルトフェスタのVR動画には対応しています。

しかし+1D未対応なので、エロ目的では購入する必要がない代物。

画質も言うほど綺麗じゃないです。

また、視聴中はTVにも映像が流れるので注意。AVのVRを見るときはTVをオフにしましょう。あくまでTVゲームの延長であることが分かりますね。

★対応機能(byアダルトフェスタ)

対応機種 PS4 PS4PRO
画質 3K以上4K未満
ストリーミング × ×
高画質
ストリーミング
× ×
必要アプリ LittleStar(有料

各HMDと対応する有名動画サイト一覧

※Oculus Questは対応していそうでFANZAにさえ未対応なので注意!そのうち対応すると思いますが。

再生機器 FANZA AF(+1D) MGS カリビアン
SKYWORTH × × ×
Oculus Go × ×
スマホ
Oculus Rift S × ×
HTC Vive × ×
Oculus Quest × × × ×
PSVR
(ソフト有料)
(+1D不可
× ×

HMDの選び方

Amazonで購入する場合、Amazonが販売する製品以外は保証が効かない場合があるので注意。

予算に制限がないならPC用HMDは万能

Oculus RiftとHTC VIVE+PCは万能です。予算があるなら文句なし。

ただしストリーミング再生未対応。基本的にHDDなどにダウンロードして見ないといけません。

お金をかけたくないならスマホ+HMD

一番低予算で視聴できるのがスマホとディスプレイなしHMDの組み合わせ。

最低1,000円でHMDが買えます。

見え方の臨場感は一体型HMDに劣りますが、iPhone最新型など高画質ディスプレイがあると画質自体はすごい綺麗です。

VRの臨場感重視なら単体再生HMD

見やすさ、臨場感、使いやすさ重視なら単体再生HMDです。

  • SKYWORTH
  • Oculas Go

この二択。

既にFANZA(DMM)で多数のVR作品を購入しており、スマホ+HMDからの乗り換えならOculas Goがおすすめ(SKYWORTHはFANZA未対応)。

これからVR作品を購入するならSKYWORTHがおすすめ(いくつも作品を保存できて削除など入れ替え不要だから)。

Oculas Questがアダルトフェスタにも対応したなら、プラス1万5,000円で高画質VRになります。だからアダルトフェスタに対応したらOculas Questはおすすめ候補です。

まとめ

SKYWORTH-4D S801

これからエロVRを本格的に見るならSKYWORTHが一番おすすめ。

なぜなら、やはり作品本数の保存制限がないから。

アダルトフェスタという動画サイトから買うことになりますが、アダルトグッズ連動規格「+1D」対応動画はココだけ。

+1DがないVRは魅力を半分失ったようなものです。

確かにOculas Goのほうがエロ以外の対応範囲が広いです。

ですが、HMD所有者の大半が男性で、そのほぼ全てと言えるくらいの割合が「アダルト」目的です。

だから最初からアダルトに特化しているSKYWORTHがおすすめというわけです。