カーオナニー(車内オナニー)の仕方とリスク

どんなオナニーができるか?

カーセックスがあるくらいなので、カーオナニーも方法に制限はありません。

車の大きさ、車内の広さによって快適性は変わりますが、それを除けばあとは、

  1. ネタ・おかず
  2. どこに車を停めてやるか?

の2点さえ考えればいいです。

車内で見れるネタ・おかずは?

カーナビにスマホ動画を再生

  • HDMI端子があるカーナビ
  • HML(Mobile High-Definition Link)対応のスマホ
  • USB(HML)→HDMI変換ケーブル

もしくはRCA変換装置があればカーナビディスプレイにスマホのエロ動画を再生できます。FANZAでもなんでも。

スマホで見る

カーナビの画面サイズって小さいので、それならスマホでいいじゃん。

という人がほとんどじゃないかと。

HMDで見る

おすすめはこれ。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を頭に装着すれば、疑似大画面で動画再生が可能。

もちろんVRも。

ゴーグルをかけて周囲の目が気にならなくなるので没頭できます。

車内の場合、人が多いところで停車していると不審がられるでしょう。

誰も人がいないところなら気にせず使用できます。

家族持ちのお父さんが、休日に車で出かけたりガレージ内でHMDを楽しんでいるケースが増えています。

VRバーチャルセックス(VR連動オナニー)の仕方
アダルトグッズと連動するVRのAVを使った、一切手も頭も使わない完全自動オナニーの仕方。私のメインオナニー方法はこれです。

どこに車を留めてオナニーするのか?

基本、どこかに車を停めてやらないといけません。

走行中は不意のことで事故を起こす可能性があります。

ドラマやAVで、助手席の女の子にフェラチオしてもらいながらとかありますが、まあそれなら事故っても格好がつきます。オナニーだとさすがに……

自宅ガレージ・車庫

このパターンは結構多いです。

自分だけの空間がないお父さんに愛されている場所。

もちろん隣家から見られないかなどの注意は必要。

誰も通らない道端

誰も通らない田舎道みたいなところなら、野外オナニーの興奮度も味わえつつ安心して楽しめます。

ただ誰かに見られるリスクは当然有り。

野外オナニーの仕方
野外でオナニーする場合のやり方と環境について。基本的にリスクだらけ。

人が多い街中

野外オナニーの部類。

リスクだらけ。

駐車場

利用者が少ない、もしくは暗い駐車場だと車内の人影はほとんど分かりません。

バレそうでバレないスリルを味わうなんてことも。

車がない人は?

車を所有していないとなると、レンタカーかカーシェア。

でもそこでオナニーは利用規約違反になるでしょう。

迷惑行為なので。

さすがにやめておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました