乳首オナニーを始めてみたけどイマイチ気持ちよくならない。

男性に多いです。

ひたすら自分で刺激しているけどダメ……

実はコツがあるんです。

安全に乳首開発をやるならこれですが、多少のリスクを許容できるならもっと簡単に手軽に乳首感度を上げることができます。

乳首感度が上がるための条件

  1. 微細な刺激を感じ続ける
  2. 刺激のランダム性

微細で連続性のある刺激を感じ続ける

乳首感度を上げるには微細な刺激を受け続ける必要があります。

週に数回乳首を刺激しながらオナニーしている。

これだけでも開発される人はいますが、ダメな人はこれをずっと続けてもダメなままです。

もっと長時間に渡って刺激を受け続けないといけません。

でも、強い刺激、はっきりした刺激を受け続けるとダメ。乳首感度が麻痺してしまい、むしろ刺激に対して痛覚を覚えやすくなります。

微細、かなり微細。

わずかな刺激。

これをできれば24時間と言わずも、日中起きているときに受け続ければ乳首感度は飛躍的に上がります。

刺激のランダム性

そして壁になるのがこれ。ランダム性です。

乳首はペニスや膣と違い一定の同じ刺激を受け続けると感度が鈍ります。

ずーっと乳首をひたすらコネコネされると感じなくなってきます。場合によっては痛くなることも。

これを繰り返すと乳首の性感神経が引っ込んでしまい痛覚神経のほうが発達してしまいます。

刺激パターンを問わなくなるのは感度が上がっている人だけ。

未開発の乳首は以下に痛くならないように慣らしていくかが重要。

だからこそ一定の刺激じゃダメ。たまにとか、連続してもずーっと連続しない。

そんなランダムな刺激が長く続くと乳首感度は飛躍的に向上するんです。

乳首感度が上がる条件を満たした方法

  1. スポールバン・ファロス円皮鍼
  2. 乳首吸引器(ニップルサッカー)

スポールバン・ファロス円皮鍼

スポールバン

一体誰が最初に思いついたのか?

スポールバンファロス円皮鍼は小さなハリがついた鍼灸製品です。

いわゆる鍼治療が手軽に自分でできる製品で、ピップエレキバンにハリがついたみたいなものです。

ゴールドエンピシンってやつも同類でしょう。

この微細なハリ(1~1.5mmほど)を乳首に刺す。

これを半日や1日貼りっぱなしにします。

人によっては3日以上とか貼りっぱなしみたいです。

針を刺すと確かにピリッと来るのですが、しばらくすると感覚がなくなります。

でもまたある時ピリッとしたりムズムズしたり、カーっとなったりします。

実際には刺激が続いているのですが、刺激量が微細。そして自分が感じる刺激はランダム。

まさしく乳首感度が上がる条件を満たしているんです。

しかも貼るだけ。

学校や仕事の間も開発できるというスグレモノ。

乳首吸引器(ニップルサッカー)

乳首吸引

こっちは手軽さにかけます。

主に女性の陥没乳首を改善するための器具ですが、アダルトグッズショップにもオナニーグッズとして売ってます。

これで乳首を吸引したままにして過ごします。

刺激の微細さもランダム性もないのですが、血液が充満して神経も敏感になります。

乳首が開発されるのではなく、一時的に感度を高めることができます。

ずっと吸引するわけじゃありません。

一時的な感度アップ方法として使えますが、頻繁に、かつたまに短くやり続ければ乳首感度も上がっていきます。

ただ一時的じゃなくて感度向上が目的なら吸引は弱めにしないといけません。

となると吸引ポンプの質がかなり問われます。肌に密着する部分の材質や形状が悪いと空気漏れを起こすため、弱い吸引で維持できないからです。

また日中は付けられないというデメリとがあります。

可能性があるリスク

  1. かぶれ乳首が膨れたように肥大する
  2. 吹き出物ができる

乳首が膨れたように肥大する

乳首は非常に繊細な部位です。

スポールバンのような鍼灸グッズで乳首を治療するとかは普通ありません。

そして乳首に何かを貼るというのもかぶれの原因となります。

普通の肌なら問題なくても乳首の薄い肌だと問題になる可能性は飛躍的に上がります。

スポールバンなどを貼り付けていたら乳首が赤く腫れ上がったケースがあります。

場合によっては形、大きさが完全に元に戻らない可能性もあるので、思っているよりリスクがあると考えてください。

吹き出物ができる

乳首は体質によりかぶれやすく、また普段蒸れない環境にあるため蒸れに弱いです。

スポールバンなどの針が刺さっている部分に皮脂や汗が溜まると炎症を起こして小さな吹き出物ができることがあります。

非常に小さなものですが強いかゆみがあったり痛みが生じる可能性があります。

場合によってはニキビ跡みたいに跡が残り、若干乳首の形がいびつになることも十分ありえます。

肥大化して元に戻らない

乳首オナニーくらいじゃ男性の乳首は肥大しません。

ただわずかな刺激で勃起するようになるため、日中の服のスレで常に大きく維持されるのはあります。

ただ……

強い刺激をひたすら繰り返した人の乳首は実際に大きくなって元に戻らないことがあります。多少は戻りますが、どう考えても元の大きさに戻らないんです。

例えば乳首吸引器で強く何度も頻繁に吸引し続けた場合、乳首がむくんだみたいな状態で維持されることがあります。

肥大したというよりむくんだかんじ。

そしてこれが戻りません。

男性は女性っぽい乳首になる可能性があります。

乳首の根本にくびれがある感じで、コロンコロン首を倒すように乳首が回る感じ。

通常の乳首オナニーならここまで肥大化しませんが、強すぎる吸引は本当の肥大を生む可能性があるので注意が必要です。

まとめ

スポールバンなどは簡単です。

ただ人によって痛くて無理です。リスクもあります。本来の使い方じゃないのでどうなるか分かりません。

リスクを承知の上で自己責任にてやるしかありません。

もっと安全な方法はないか?

というと、おすすめなのは乳首刺激グッズのU.F.O.SAと連動AVを使った方法。

乳首が感じない……安全に感度を開発する方法とコツ

U.F.O.SAによる自動の微細な刺激+連動AVによるランダム性+十分な時間(作品1時間以上など)

が全て揃っています。

乳首ものAVを見ながらただ楽しむだけ。

これで乳首感度が上がっていきます。

レズものVRを使えば女性にも対応していますよ。