男の乳首オナニー(チクニー)は本当に気持ちいいのか?

るか19歳乳首VR 男女共通のオナニーの仕方

男は乳首で本当に感じるの?

感じます。

女性と同レベルかどうかというと、女性になれるわけじゃないので同じと断言はできません。

しかし、乳首だけで射精もできるし、ドライオーガズムも達成します。

問題は難易度です。

乳首オナニー(チクニー)の仕方
男性の乳首オナニーの仕方とコツを紹介。乳首は誰でも気持ちよくなれる第二の性感帯。刺激しないほうが人生損かも?

誰でも乳首が感じるようになるの?

ほぼ間違いなく誰でも立派な性感帯になります。

乳首だけでイクというのは非常に難しいですが、

乳首で感じる

というのは、ほぼ100%の男性が「短期間で」到達します。

前立腺に関しては、何が気持ちいいのかわからん!という男性が多いのに対して、乳首は気持ちいいと感じることがほぼ確実。

リスクを無視するなら男性なら誰でもやるべき性行為と言えるかも。

乳首オナニー(チクニー)の危険性と対策・予防方法
乳首オナニーで危惧される危険性について。リスクと予防方法も。

男の乳首の気持ちよさってどんなの?

ペニスの感度が飛躍的に上がる

一番実感しやすいのは、ペニスの気持ちよさがハッキリと上昇すること。

乳首感度が上がっている状態なら、乳首を刺激しながらペニスをしごくだけで気持ちよさが確実に上がります。

男のオナニーの場合、どうしてもある程度射精感が高まってこないとあまり気持ちよくありません。

しかし、乳首刺激しながらだと前半のほうからペニスが感じます。

しかも、今までより気持ちよさの範囲が膨らみます。点だった性感が体の内部から染み出すような感じ。

そのため射精後の賢者タイムも軽くなるメリットがあります。

虚しくならない気持ちのいいオナニー方法
射精後に虚しくなってしまう賢者タイム。これを回避するための条件と方法について。

ずーっと気持ちよくなれる

乳首の気持ちよさは継続性に特徴があります。

乳首は緩やかに感じ続けるため、ペニスによる射精と違って終りがありません。

もちろんやりすぎると感度が鈍っちゃいますが、最初から最後までずっと気持ちいい。

これは男性の性感としては人生初なのでは?

女の子みたいに感じてしまう

男性は女性みたいに「あん!」と感じることはまずありません。

でも乳首だと、不意に大きく感じることがあり体が急にビクッ!!となることがあります。まさしく女の子みたいに。

周りに人がいなければ声が漏れ出てしまうことも。

普段ペニスをしごいて、ある意味無理やり気持ちよくしているのに対して、乳首オナニーは自分でコントロールできない気持ちよさに襲われます。

最初から女の子みたいに乳首でガンガンに感じるってことはないものの、自分で刺激しているのに自分で予想できない気持ちよさがあるのは、非常に新鮮で癖になるでしょう。

乳首だけでイクことができる

男性も乳首だけでイクことができます。

射精しそうなときの感覚と違って、体の内側から染み出す快感。

通常、射精するときは前かがみになるように体が反応しますが、乳首イキするときは逆でのけぞる格好になります。

これは女性がイクときと同じですよね。

つまり女性が感じている絶頂に近いものを感じることができるというわけ。

乳首ドライオーガズム(乳首イキ)のコツ
乳首だけでドライオーガズムするためのコツ。かなり難しいですが簡単なコツがあります。

本当に感じられるようになるのか?

イクほどは難しいとしても、気持ちいいと感じられるのはほぼ確実です。

本当に男の乳首が性感帯になるかどうかは、以下の有名な事例が参考になります。

「乳首だけは絶対に開発するな。絶対にだ。」モリ速報VIP

乳首オナニーをかなり頻繁にヤり続けた結果、性欲が暴走して日常生活が崩壊してしまった事例。

これ、大げさかもしれませんが嘘じゃないと思います。

実際に前立腺オナニーでも同じことが起きます。

射精というゴールがない分、乳首オナニーは限界を超えて可能になるため、性感を感じるシステムが暴走してしまうことに。

もちろんスーパーレア事例なのですが、こんな男性がいるということは、普通の男性だって乳首で十分感じる証明になりますよね。

乳首オナニー(チクニー)の仕方
男性の乳首オナニーの仕方とコツを紹介。乳首は誰でも気持ちよくなれる第二の性感帯。刺激しないほうが人生損かも?

いくらやっても気持ちよくならない理由は?

強く刺激しすぎている

男性はペニスをしごいて射精する癖がついています。

強く刺激すれば気持ちよくなると思い込んでいるため、乳首も同じように焦って強く刺激しがち。

ですが女性とのセックスで乳首を激しく刺激するのはタブーでしょう。

自分の乳首も同じなんですから、かなり弱く、非常に物足りないくらいの刺激じゃないといけません。

乳首だけで気持ちよくなろうとしている

男性はどうしても射精という瞬間の気持ちよさを求めがち。

まあ当然なんですが、乳首の気持ちよさは継続性にあるため種類が違います。

乳首だけで気持ちよくなろうとすると、どうしてもハッキリした性感を求めてしまいます。だから強く刺激しがち。

最初は乳首だけで気持ちよくなることは諦め、普段のオナニーに付け足すだけでやっていくのがおすすめ。

そのうち、乳首を刺激することが明らかに気持ちいいことに気づきます。

そこまで来てから、徐々に乳首刺激の割合を増やしていき、ペニス刺激を減らしていきます。

乳首だけで射精したり、ドライオーガズムに達するのもこれを応用すると可能になりますよ。

乳首だけで射精する方法
乳首だけで射精することは可能か?その方法とコツを紹介。
乳首ドライオーガズム(乳首イキ)のコツ
乳首だけでドライオーガズムするためのコツ。かなり難しいですが簡単なコツがあります。
タイトルとURLをコピーしました