電動オナホオナニーの仕方

オナホは今や国民男性一人に一本の割合で所有されているんじゃないか?というくらい当たり前のアイテム。そんなオナホの最高峰が電動オナホ。自動でヤラれます。ヤラれたくないですか?

もうオナニーじゃないです。性処理でもない。セックスに近いやり方があります。虚しいなんてもう言わせません。

なぜ電動オナホが買いなのか?電動オナホを活かし切る気持ちいい利用方法を紹介します。

電動オナホのタイプと特徴

回転式

オナホが回転する方式。まったりした刺激から中速までが得意。一般的に価格が安くて動作音が静か

価格を抑えつつ気持ちよくなりたいならこれ。

ピストン式

手でオナホを上下させるように動作する方式。動作が本来のオナホと変わらず、自動で動くことからセックスと同じ刺激感を味わえるのが特徴。価格はかなり高く、音もうるさい。

オナホはやっぱりピストンでしょ!?とリアルさにこだわる人におすすめ。

ハイブリッド式

回転とピストンの両方同時の方式。主に中華系の安い電動オナホに多いのが特徴。品質はイマイチなものが多く、ピストンのストローク長が短いものが多く、ピストン式のようなリアルさはほぼなし

安ければいい、とにかく自動でしごいてほしい!という人向き。

電動オナホの何がいいのか?買うべきか?

電動オナホのメリットは「自動で刺激される」という点。これだけです。

普通のオナホなら3,000円も出せばかなり気持ちいいものが手に入ります。でも電動になるだけで最低1万円。いいものだと4万円。そこまで出す意味があるのか?

ところが買いなんです。電動オナホは。間違いなく。

なぜなら、自動で刺激される=自分で刺激しない、という点だけでお金を出すメリットがあるからです。

なぜ風俗が人気かというと、セックス相手がいないというより、オナニーで満足できないからです。理由は虚しい、イマイチ気持ちよくないから。

オナニーの虚しさと気持ちよくないという問題の根本理由は、自分で刺激するという脳の動作にあります

自分で刺激しないだけで、びっくりするくらい虚しさと物足りなさは解消します。

例えば普段使っている格安500円のオナホでも、女の子に持ってもらってしごかれただけで最高に気持ちよくなります。同じオナホとは思えず、1万円のオナホか!?と思うほど。

仮に女の子の姿が見えない、壁から手だけが出ていたとしても同じ気持ちよさになるんですよ?

電動オナホの基本的な利用方法

超低速ロングオナニー

電動オナホの動作を遅くしてまったりじっくり楽しむやり方。

AV2時間など丸々見たいときに活躍。最後は速度を一気に高めて昇天へ!

時間をかけた分、精液が溜まるので射精がめちゃくちゃ気持ちよくなります。そしてイッてるのに電動オナホがしごき続けるので、潮吹きしてしまいそうになる地獄の気持ちよさが味わえます。

超速抜き

手で動かすのでは不可能な速さとパワーでしごきまくる使い方。

もうとにかくガシガシ!としごいてもらい、とっとと抜いちゃう。無理やりイカされている感じがメリット。

パターン動作で耐えてもだえる

電動オナホにはだいたいパターン動作があります。強弱が変化して気持ちよさを高めてくれます。

女の子に焦らされている感じ。ほら?まだイッちゃだめだからね?と責められる射精管理やM系のAVを見ながら使うとより気持ちいい。

おすすめする最高の電動オナホのオナニー方法を解説

超絶おすすめ!VR+連動する電動オナホ

最初に言っておきますが予算がかかります。最初だけですが、数万円必要でも超絶におすすめです。オナニーの概念が変わります。

VRのAVを見ながら、その内容に応じて連動する電動オナホを使う。これです。めちゃくちゃ異次元の気持ちよさです。

VRをHMDで見ながら電動オナホを自動動作させるだけ

VRのAVをHMDという専用ゴーグルで見るのが肝。スマホと組み合わせる簡易HMDはダメです!映像のリアルさが損なわれます。

専用のHMDで見る4KのエロVRはすごいですよ?肌の毛穴まで見えるから脳がガチで勘違いします。そこにAV感はありません。

あとは電動オナホがAV内容に合わせて勝手に動作します。もう風俗もいらないんです。

気持ちいい理由→脳が持つ性感をMAXに利用できるから

オナニーより女の子とセックスしたほうが気持ちいいか?というと、実は性感で言うと変わらないか、オナホを使うオナニーのほうが気持ちいいんです。女性の膣ってそんな気持ちいい構造じゃないんですよ。本当に。

じゃあなんでオナニーよりセックスのほうが気持ちいいのか?というと、女性をそばに感じているからセックスのほうが気持ちいいんです

風俗 >>> ライブチャット・ライブ配信 > AV・動画

の順に、女の子をそばに感じられます。

風俗は女の子に触れるほどそばにいることを感じられ、かつ自分でペニスを刺激しなくていい。だから気持ちいいんです。

でもVRを使えば、脳を騙せるので女の子がそばにいる感覚になります。さらに、動画内容に連動する電動オナホを使えば、自分で刺激しなくていい、映像と刺激内容がリンク。より風俗やセックスに近づける。もう気持ちよくないわけがないですよね。

連動機能により電動オナホ単体では不可能な刺激が実現

連動機能はリアルさだけではなく、電動オナホ単体では発生しない刺激パターン、強弱が可能になります

通常、電動オナホには3~7段階くらいの動作速度が用意されています。でも一番遅い速度でもそれなりに動きます。この速さは実際のセックスの一番遅い動きより速いくらい。

でも連動させた電動オナホは、動画から発信される信号そのままに動作するため、AV女優の非常にじらしたフェラチオや腰の動きを見事に再現します。この動き方は電動オナホ単体利用では不可能なんです。

つまり、連動機能を使っていない電動オナホは、その性能を100%出し切れていないということ。

おすすめ電動オナホとHMD

A10サイクロンSA PLUS(おすすめNo.1)

A10サイクロンSA PLUS

ダントツでおすすめです。価格控えめ。性能抜群。動作音が静か。全て揃っています。

唯一の欠点?というか気になるかもしれない点は、刺激方式が回転式であること。やはりピストンが良さそうと思う人が多いでしょう。でも使ってみれば気持ちよくてどうでもよくなります。

もしピストン式を買うなら、まずこのA10サイクロンSAを試してからのほうがいいです。連動機能があるピストン式はいきなり4万円のA10ピストンSAになってしまうので。ちょっと買うのにハードル高いでしょう。

A10サイクロンSA PLUSの販売ページはこちら

A10ピストンSA

A10ピストンSA

ピストン式にこだわるならこれ。ただし価格が約4万円とA10サイクロンSAの倍。違いはというと本当にピストン式になっただけで+2万円です。それくらいピストン式ってコストがかかるんです。仕方がない。

ただVRと連動させたときのリアルさは断トツ。他のピストン式より遥かに静か。お金に余裕があるならおすすめです。よりセックス感が出て脳が快感を覚えるので。

A10ピストンSAの販売ページはこちら

その他電動オナホの場合

A10ピストンBASIC

動画連動機能がある電動オナホでおすすめできるのが以上2本だけ。他は亀頭バイブレーター等しかありません。

連動機能はいいよ、というのならA10ピストンBASICがNo.1です。A10ピストンSAから連動機能を取っ払った廉価版。静かで性能は確保されています。

でもこれでも価格は約2万円でA10サイクロンSAと変わりません。だったら回転式であるものの連動機能ありのA10サイクロンSAのほうが気持ちよくなれますね。

A10ピストンSAの販売ページはこちら

最安で最高の電動オナホオナニー方法を揃える予算

すべてゼロから揃えるなら、初期投資額は総額5万円ほど。

月額コストは動画購入費用で毎月2,000~3,000円ほどが平均的。

VR動画の購入先はアダルトフェスタ

アダルトフェスタVR

電動オナホが連動する動画はアダルトフェスタでのみ販売されています。

FANZAで売っているものと内容は全く同じですが、連動用の信号が埋め込まれています。価格は変わりません。

最安は月額2,980円の見放題。

単品購入はVRなら500~1500円程度。頻繁にセールしてるので30~50%OFFのときに買うのがおすすめ。

見放題と単品購入のどちらがいいか?というと、単品購入がおすすめ。理由は見放題はストリーミング専用で画質が1ランク落ちるので。やはり4Kフル画質の肌感は体験してほしいです。気持ちよさが5割は違いますから。

想定予算:月4本購入として2,000~3,000円。

アダルトフェスタのVR販売ページはこちら

HMDはOculusか専用品

Oculus Quest2

VR専用ゴーグルのHMDは、もう迷わずOculus Quest2です。性能も画質も最高。単独でもPC接続でも使用可能。非常に便利です。最新のVRゲームもできて3万円ほど。かなり安いです。

ただFacebookアカウント必須。なぜかアカウント凍結騒動もあったりでプライバシー面が不安なのが唯一の欠点。

HMD購入者の99%はエロVRを見るため、と言われているので、それだったらアダルトフェスタ専用機でもいいですよね。

DPVR-4DというHMDがあり、価格がOculus Quest2とほぼ変わらないというコスパの悪さが欠点ですが、Facebookアカウント不要。操作が簡単。SDカード対応など使い勝手は上です。エロ専用機としてはNo.1。

想定予算:3万円

Oculus Quest2はAmazonか公式サイトが最安で保証もあり。

DPVR-4DはNLSでポイントをもらうか、アダルトフェスタで動画が付いてくる割引セットのどちらかが最安。

コンビニ、郵便局受け取り(どちらも身分証明書不要で偽名購入可能)ならNLSで。

Oculus Quest2の販売ページはこちら

DPVR-4Dの販売ページはこちら

DPVR-4Dセットの販売ページはこちら(HMDセットのバナーをクリック)

電動オナホはA10サイクロンSA PLUS推奨

電動オナホは先述の通りA10サイクロンSA PLUSがおすすめ。

想定予算:2万円(ピストン式なら4万円)

どちらもNLS推奨。Amazonより安いです。偽名購入可能。

A10サイクロンSA PLUSの販売ページはこちら

A10ピストンSAの販売ページはこちら

机の固定器具はできれば推奨

ピストン・サイクロン専用スタンド

絶対に必須とまで言いませんが、上記電動オナホを机に固定できる器具「スタンドベーシック」も購入が激しくおすすめ。

これだけで5,000円くらいするのでちょっと躊躇しますが、ハンドフリーになるとVRへの没入感がすごいことになります。NLSでのみ販売しています。

想定予算:5,000円

スタンドベーシックの販売ページはこちら

必要なものまとめ(おすすめ構成)

以下組み合わせ。変えるとしたらHMDをDPVR-4Dにするかどうか。これで超リアルで気持ちいい電動オナホオナニーが実現します。

電動オナホ(A10サイクロンSA PLUS) HMD(Oculus Quest2) 固定器具(スタンドベーシック) VR動画(アダルトフェスタ)

動画連動したいならA10シリーズ以外無理なのだけは注意!

関連ページ

買って損しない電動オナホ

ここで紹介した電動オナホ含めて、その他電動オナホを検討したい人へ。

買って損しないオナホ(手持ちタイプ)

予算が出せない人は手持ちタイプで我慢。それでも、純粋な気持ちよさだけなら一緒です。ただ電動オナホは自分で刺激するという壁を取り除けるメリットが大きいので、大人のためのアイテムかも。

タイトルとURLをコピーしました