亀頭オナニーの仕方

男のオナニーの仕方

亀頭オナニーはペニス先端の亀頭だけを刺激し続けるオナニー方法。

普通にペニス全体を刺激するより様々なメリットがあります。

じっくりと気持ちよさを長く味わいたい、そんな希望があるなら亀頭オナニーがベスト。

亀頭のオナニーの方法

  1. 皮を剥いた状態の亀頭だけを刺激する(竿は一切触らない)
  2. お腹側>カリ>裏筋の順で射精しやすいので調整しつつ刺激
  3. 亀頭の刺激だけで射精が理想
  4. ローションは必要に応じて

亀頭だけを刺激する(竿は一切触らない)

亀頭オナニーはその名の通り、亀頭だけを刺激して他は一切触りません。

亀頭はキノコで言う傘の部分。勃起したときに赤くなる部分が亀頭です。

純粋に言うと裏筋は亀頭ではありませんが、亀頭オナニーの際はこの部分も含んでいることが一般的です。

  • 手でやる場合は摩擦
  • グッズの場合は振動

この刺激方法が一般的です。

お腹側>カリ>裏筋の順で射精しやすいので調整しつつ刺激

亀頭オナニーはスローオナニーの一種です。時間をかけて楽しむのがモットー。

勃起したときにお腹側に来る亀頭のメイン部分だけを刺激すると、非常に射精しにくいです。早漏の人でもすぐイキません。

ただ、その分気持ちよさも弱い。

次にカリ。

カリは亀頭と竿との段差部分のフチのことです。

ここが亀頭の中で気持ちよさと射精のしにくさでバランスが取れています。

亀頭オナニーを初めてやる人はカリ刺激をマスターすれば気持ちよくなれます。

最後に裏筋。

亀頭裏側の筋が通っている部分。

ここは亀頭の裏側でありつつ皮膚が非常に薄く、かなり敏感な部分。

ここだけ刺激しても大して気持ちよくなりませんが、亀頭オナニー中に刺激すると射精を誘発しやすいです。

長く楽しみたい場合は刺激を避けたほうがいいでしょう。

亀頭の刺激だけで射精が理想

最終的に亀頭の刺激だけで射精するのが理想です。

普通の竿刺激ありのときより限界まで我慢できるので、射精したときの爆発力が全く違います。

ローションは必要に応じて

ローションはあってもなくても可能です。

あったほうがヌルっとした気持ちよさに加えて亀頭の肌保護にもなります。

ただペペローションのような粘性が高いローションはおすすめしません。亀頭の感覚が失われるからです。

おすすめはアストログライド

非常に薄く潤滑するので亀頭の気持ちよさを邪魔しません。また外気に触れ続けても乾きにくく、指でやる亀頭オナニーのときは活躍します。

亀頭オナニーに使えるグッズ

  1. 【振動・電動】ブルーボーイズ
  2. 【振動・電動】ROCKET+1D
  3. 【振動・電動】XUANAI(シェンアイ)グランストレーナー
  4. 【回転・電動】A10サイクロンSA
  5. 【摩擦・手動】ストッキング・ガーゼ+ローション
  6. 【振動・電動】電マ(一般的なもの可)

装着して手放しで使えるものなら、ブルーボーイズとXUANAI(シェンアイ)グランストレーナーがパワフル。

手で持ちながら使うならROCKET+1Dですが、もっと安い製品でも構いません。ROCKET+1Dは動画連動機能があるので、このタイプを買うならこれを買っておけば後々損しないからです。

A10サイクロンSAは本来ペニスをズボッと奥まで挿入して使いますが、専用の机に固定する器具を使えば、亀頭だけ回転刺激を与えることができます。女性にチロチロなめられている感覚でかなり気持ちいい。

ストッキングやガーゼをローションでしっかり濡らして、乾布摩擦みたいにゴシゴシ擦ると地獄的な気持ちよさになります。

くすぐったいような我慢できない気持ちよさ。

できれば女性にしてもらうのがベスト。自分では耐えられないので。

そして電マ。

電マはアダルトグッズじゃないものでO.K.です。ドン・キホーテとかヤマダ電機、ヨドバシカメラやビックカメラで売っているマッサージ器具でもO.K.です。

亀頭刺激おすすめアダルトグッズ
亀頭を刺激できるアダルトグッズを紹介。様々な刺激方法と使い方がありながら、どれも機能性が高くてハズレが少ないジャンルです。

気持ちいい亀頭オナニーの刺激方法

  1. カリを指全てで軽くつまみ擦り上げる
  2. 手のひらを押し当てグリグリ回す
  3. 親指だけでカリを擦り上げる
  4. 片手でペニス根本を締め上げてもう片方で輪っかを作りカリ刺激
  5. 亀頭表側を親指でグリグリ押す

カリを指全てで軽くつまみ擦り上げる

亀頭の真上から指で軽くカリ部分を持ち上げる感じで、シュッ!シュッ!と何度も擦り上げます。

指の数で刺激量を調整できるので便利。

手のひらを押し当てグリグリ回す

亀頭の真上から手のひらを押し当てて回します。

くすぐったいような耐え難い気持ちよさがあります。

尿道口はあまり擦らないようにしたほうがいいです。尿道炎になることもあるからです。

親指だけでカリを擦り上げる

普通にペニスをしごくスタイルで握り、親指だけ車のワイパーみたいにカリを擦り上げます。

大きく擦り上げてもいいし、細かく押すようにグリグリするのも気持ちいいです。

片手でペニス根本を締め上げてもう片方で輪っかを作りカリ刺激

根本をギュッと絞ることで亀頭がパンプアップします。

その状態で人差し指と親指で作った輪っかでカリ部分だけ往復ピストン。

パンパンになった亀頭に強めの刺激がいきますが、射精感はほとんど上がってこない不思議な気持ちよさが味わえます。

亀頭表側を親指でグリグリ押す

親指をお腹側。人差し指を裏筋に。

この状態で親指だけで亀頭をグリグリ押すようにこすります。

ただ押すだけでも気持ちいいです。

ある程度他の方法で高まっている状態だと感じやすくなります。

亀頭オナニーのメリット

  1. 射精しにくいから長く楽しめる
  2. 精液がMAXに溜まるから射精が超気持ちいい
  3. 包茎が悪化しない(仮性包茎なら治る)
  4. ペニス増大効果もある

射精しにくいから長く楽しめる

亀頭オナニーはスローオナニーの一種なので圧倒的に射精しにくいです。

AVを最初から最後までしっかり見たい人におすすめ。

また早漏でオナニーを楽しめていない人にも。

精液がMAXに溜まるから射精が超気持ちいい

射精のときの気持ちよさは精液量が大きく関係しています。

精液が多いと前立腺が刺激される強さと回数が増えるためです。

精液を増やす簡単な方法は時間をかけてオナニーすることです。

ただ寸止めは結構難しい。

でも亀頭オナニーなら簡単にできるので、最後に射精でフィニッシュしたときの気持ちよさが格別です。

包茎が悪化しない(仮性包茎なら治る)

真性包茎の人を除きますが、亀頭オナニーは皮を剥いた状態で行います。

包皮の上からだと皮オナニーです。

亀頭オナニーの良さに気づけると皮オナニーから卒業できるため、これ以上包茎が悪化することがありません。

また亀頭が増大する効果もあるためカリ段差が高くなり、皮が戻りにくくなる可能性もあります。つまり仮性包茎が改善するかもしれません。

ペニス増大効果もある

ペニスを大きくするには長く勃起していることが求められます。

それだけ血液が充満してパンパンになることで、組織の成長が促されるから、とされています。

この理論が本当なら、亀頭オナニーは長時間の勃起維持ができるので理想的です。

亀頭オナニーのデメリット

  1. 亀頭だけで射精できない人も多い
  2. 亀頭が赤く肌荒れすることがある

亀頭だけで射精できない人も多い

亀頭オナニーの弱点は、メリットでもある射精しにくい点です。

どうしても亀頭だけでイケない人もいます。

ただ刺激の工夫すればイケる可能性は高まります。

手で無理なら振動系のアダルトグッズがおすすめ。

最近のはパワーが強くて振動でもかなりの人がイケるようになっています。

亀頭が赤く肌荒れすることがある

主に手でやった場合ですが、長時間に渡るため亀頭の皮膚が摩擦に負けてしまうことがよくあります。

摩擦で痛くなるようなら加減するか振動系のアダルトグッズを使うといいでしょう。

まとめ

亀頭オナニーは長時間に渡って刺激が可能。かつ手軽で前立腺の感度を高められるので独特の気持ちよさがあります。

いつも「抜く」だけのオナニーだと虚しさが残りやすいですが、亀頭オナニーは射精後の気分落ち込みが少ないです。

他にも、前立腺オナニーや乳首オナニーとの相性も抜群。

亀頭刺激を調整すれば乳首だけでドライオーガズムすることも比較的簡単です。

タイトルとURLをコピーしました