毎日オナニーしたい場合の方法

オナニーする前は「今日から毎日やってやる!」と意気込んでても、射精したらそんな気が吹っ飛ぶ。

でも、しばらくしたらまた毎日やりたい気分に。

毎日やりたいけどできない、何か方法はないか?

誰でも毎日できる方法があるので紹介します。

毎日オナニーするための条件

射精しない

男性は射精すると萎えます。これは仕組みだから仕方がありません。

射精しなければ性欲の興奮低下はほとんど起きないので、その日に連続でも、また翌日以降でも毎日オナニーする気になれます。

じゃあそんな射精しないで済む方法があるのか?

というと、以下の方法が当てはまります。

これらはドライオーガズムといって、射精しないでイクことができます。

なので連続で何回でも絶頂可能。

しかも、射精するより気持ちいいという悪魔のやり方。

もちろんリスクもあります。

ですが正しくやればリスクは避けられるのでチャレンジする価値あり。

射精する精液量を減らす

AV男優がやっているテクニック。

男性のムラムラは前立腺液が溜まっているかどうか。

精液の大半は精嚢分泌液と前立腺分泌液なので、精液を小出しにできると次の日の分も残すことができます。

どうやるか?

というと、前立腺をあまり収縮させないのが重要。

ビクン!ビクン!と強く何回も収縮すると、8割ほど精液を吐き出してしまいます。

射精を我慢するというより、やや漏らす感じで射精すると、このビクン!ビクン!が弱くなって射精量が減ります。

意識するのは難しいので、乳首+亀頭オナニーによって、ドライオーガズムに近い射精がやりやすいです。

あまり精液が出ないので、また翌日もちょっとエロネタを見ただけでムラムラしてきますよ。

精液量を増やす

精液の量を増やしてもいいのですが、これは前記の1回の射精量を減らすのと併用しないと意味がありません。

いくら精液量が増えても、結局は1回で出る量が増えるだけ。なので減らす方法がないと意味がありません。

実際に精液量を増やす方法は、以下でまとめています。

精液量を増やすコツ

あとアルギニンや亜鉛も定番。

アマゾンで安く買えますし、いろいろ詰まったそれ用のサプリメントもあります。

精力を増やす

要は絶倫になればいいやん、という考え。

でも実際はキツいです。

精力を増やすって簡単じゃありません。

よく言われるのはアルギニンなどのアミノ酸や亜鉛の摂取。

確かに意味があるのですが、体のベースができていない人がやってもほとんど精力向上はありません。

体、具体的には股関節周り、大腿筋、大殿筋(お尻)の筋肉が十分で男性ホルモン分泌が増えるベースがある。そんな人だけど、食事面で栄養バランスが悪くて本来の精力が発揮できていない。

こんな人はサプリメントで変わる可能性がかなりあります。

でも毎日オナニーしたいからって筋トレ始められる人はほぼいないでしょう。

なので、とりあえずの目標は置いておいて、将来の精力低下防止のために、下半身の筋トレはおすすめしておきます。

参照:何回射精しても萎えないための条件

タイトルとURLをコピーしました