オナニーが面倒くさい

いつからかオナニーが面倒くさくなった……

やりたい!から、やっておいたほうがいいな、で始めてしまう。

こんなオナニー不感症みたいな症状をどうすればいいのか?

またオナニーが楽しめるようになる方法を紹介します。

なぜオナニーが面倒になってしまったのか?

未知のエロがなくなったから

だいたいこれが原因。

10代でオナニーし始めの頃は、とにかくエロというものに無限の喜びを感じていたんです。

まだ見たことがないエロコンテンツが一杯あって、ジャンルも知らないものがたくさん。まだまだ自分好みの女がいる。

なのでムラムラする機会が多くてオナニーしたくなったんです。

決して精力、性欲だけの問題じゃなかった。

でも大人になり、しかもネットでいつでもなんでもエロコンテンツが手に入る。

そのせいで知らないエロがなくなった。つまりムラムラする機会が減っちゃってオナニーが面倒になってしまったのです。

精力が低下したから

単純に精力が低下したのも一つの問題。

ですが、精力が低下しただけならオナニーが面倒とは感じず、そもそもオナニーのオも頭に浮かばなくなります。

ストレスが溜まっているから

ストレスがあると性欲は低下します。

ストレスの種類によっては逆に性欲が増すこともありますが。

そしてオナニーというのは、やることよりもヤッたあとが面倒。精液の処理とか賢者タイム中にやるのは面倒。

この面倒さがストレスと重なってしまい、オナニーはしてもいいけど面倒だな、と感じてしまいます。

ストレスが強いときは、なるべく面倒なことは避けたくなる、興味を持たなくなるものです。

未知のエロを知ればオナニーは面倒じゃなくなる

10代の頃は精力が強かったからオナニー三昧だったのではありません。未知のエロが一杯あったからです。

なので、大人になった今でも未知のエロが手に入るようにすればいいんです。

VR動画を見よう

TVやモニター越しに見るAVは、あくまで平面で過去の出来事を映像化したものです。

でもVR動画なら違います。

立体的に見えるため、2Dと違って過去の映像感がありません。

2DのAVだとエロいことをするシーンまでチャプターを飛ばすことがありますが、VRだと導入部分もドキドキしちゃいます。

2Dと違って先が予想しづらく、この先にエロいことがあるのは分かっていても、視覚に加えて耳元でささやかれる言葉など意外なことが盛りだくさん。

だからまた違う作品も見たくなる昔の感覚が蘇ってきます。

VR動画の選び方

自分で刺激するのをやめよう

オナニーは自分で考えて自分で気持ちよくする作業です。

これが面倒になる原因。

でも女性にフェラチオされたりするのは面倒じゃないですよね。

オナニーでもこの状況になればいいんです。

つまり電動オナホ。

A10ピストンSA A10サイクロンSA

が鉄板。

これらは+1D規格のVRと連動します。

つまり、全く何もしなくても、予測できない刺激がされます。

もう面倒とかそんなことは感じなくなり、ただオナニーが楽しみになるだけです。

VR連動オナニーの仕方

全く違う性感帯を開発する

ペニスを刺激するオナニーはもう数え切れないほどやってきているから未知性がありません。

でも違う性感帯ならどうか?

なかは男の隠れた性感帯。

ドライオーガズムという強烈で何度もでもイケる絶頂も味わえます(難しいですが)。

だから今、乳首や前立腺にハマる男性が増えています。その中には、もうオナニーが面倒だったという人も多いんですよ。

ライブ配信で相互オナニー

ライブチャットサイトでは、相手の女の子とビデオ通話しながら相互オナニーできます。

これも完全に未知のエロですよね。

例えばこんなのとか。

相手の子がどんなオナニーしてくれるか?どんな衣装でやってくれるか?どんな言葉責めしてくれるか?全く分かりません。

1分200円ほどかかっちゃいますが、まあ安めの風俗ならこんなもの。

オナニーが面倒というより、もう下半身をだしてしごかざるを得ない衝動に駆られるほどムラムラしますよ。

ハマりすぎるとお金がかなりかかるので、その点だけは注意。

ライブチャットサイト一覧

タイトルとURLをコピーしました