オナニーしているのを見てもらう方法

誰かに見られている、見られているかもしれない……という環境は嫌でも興奮を誘います。

でも露出狂はもちろんダメ。合法で問題なく誰かに見てもらえる環境はないのか?

ネット利用の場合

動画投稿

素人のエロコンテンツ投稿マーケットが広がっています。有名なのはポルノハブやFC2などです。

当たり前ですが、国内から無修正映像を配信したらアウトですので注意を。

ライブチャット(動画投稿)

ライブチャットは、一般女性と一般男性がビデオ通話できるサービス。男性側が1分あたりで料金を支払い、主に出演女性の映像と音声、男性側が文字チャットでやりとりします。

女性側は基本的にオナニー配信しますし、男性側は相手女性が同意すればこちら側の姿を見せることができます。

リアル生活の場合

風俗

風俗嬢として働くならオナニー見せプレイがあります。利用客の男性としてなら、オナニーをじっと見てもらうだけというプレイも可能。

オナニーを見てもらうだけのオナクラという風俗ジャンルもあります。

パパ活

女性側はパパの要望に答えてお金をもらいますが、世間のイメージみたいにセックスありきでもありません。食事だけで3万円というのは本当にありますし、脱いだ下着を渡すで5万円とかもあります。その中でオナニーを見せてほしいというパパの要望に答えるというのも当然あります。

男性(パパ)はお金を払って自分のオナニーを見てもらうというプレイが可能。

出会い系サイト

出会い系サイトはマッチングアプリよりアダルト志向が強く、オナニーを見てもらう、見せてもらうというやり取りが成立します。

ただ女性側は風俗業者だったりすることもあるので、一般素人女性がいいならライブチャットが確実。

野外オナニー

昔からアウトはアウトでしたが、現代はさらに厳しくなっています。たまにAVの露出撮影で逮捕されているように、誰かの目に触れると通報される可能性大。

他人に迷惑かけていなければO.K.という考えもありますがモラル面でNGとなるでしょうし、基本的に推奨はされないやり方。見てもらいたいという欲望を叶えようとすると犯罪になるでしょう。少なくとも性器を外に出すのは完全アウトです。さらに現代は性器を服の上から触っていても通報されて逮捕行きです。やめたほうがいいでしょう。

野外オナニーの仕方

オナニーの仕方
タイトルとURLをコピーしました