オナホの乾燥・水分除去方法~雑菌繁殖とニオイ予防に

オナホのニオイは乾燥次第で抑えられます。水分が残ると雑菌が沸き、オナホから染み出る油分のニオイと混ざり変な悪臭が発生。洗ったら乾かす!

オナホ表面の乾燥方法

振って水気をしっかり切る

オナホールの基本乾燥イメージ

オナホはローションの馴染みがいいように、水分に濡れるとキレが悪くて水滴が本体に残ります。

洗った後、洗面所で、もしくは風呂場に向かって勢いよく振って水気を飛ばしましょう。この一手間だけで拭くときの手間が大きく減ってしっかり乾燥させることができます。

吸水性のいいタオルかティッシュで水気を吸収

オナホをタオルで拭くイメージ

オナホはゴシゴシこすって拭けないので(やると破れたり破損する)、タオルなどで押さえる感じで拭くしかありません。でも普通の洗面所のタオルだと吸収性が悪くて思ったように水分が取りきれません。

オナホ用に用意するのはどうかとは思いますが、マイクロファイバーなど水分吸収効率がいいタオルを用意すると乾燥が非常に楽。オナホを包むだけでしっかり水分除去できるので、あとは放っておけば乾燥します。

ティッシュでもいいのですがかなりの枚数を使います。ゴミの量が出るので気にしないのであれば。

オナホ内部の乾燥方法

オナホ内部の穴をどうやって乾燥させるか?コレ次第で次回使用時の快適性が変わり、嗅覚に不快感が出ないので脳が性感をより強く感じることができます。地味ですが乾燥処理はオナホを気持ちよく使うコツです。

キッチンペーパー

キッチンペーパーなどの分厚い吸収性が高い紙を用意して、クルクルと細くしてオナホ穴に突っ込みます。ほじほじして中の水分を除去。あまり硬くまとめすぎず、オナホ穴に無理なく入る程度にまとめて突っ込むとまんべんなく水分が取れます。

何回かペーパーを変えて水分除去して、最後に新しいのを突っ込んでしばらく放置。すると残りの水分も吸い取ってくれます。

ドライヤーやエアダスター

風を送り込んでも乾きます。ドライヤーは温風が乾きやすいですがオナホから相当離して風を当てないとオナホが溶けます。溶けなくても空洞が発生するなど脆くなるので注意。冷風なら接近して問題なし。エアダスターなど細い管がついて強い風を送れる機材も活躍。

オナホ洗い専用器

上記画像のような器具をオナホに挿入すると、口が広く空いて風通りが良くなり乾燥しやすくなります。

NLS

裏返して拭く

オナホの裏返し

オナホを裏返して、表側の水分除去と同じ方法で乾燥させます。内部構造はヒダヒダなどに水分を残りやすいので、裏返すのが一番確実に水分除去できます。

ただ裏返すとオナホが痛むことがあるのと、裏返せないタイプがあるので注意。

珪藻土スティック

お風呂の足拭きマットで人気の珪藻土。非常に小さな穴が空いていて、一瞬で水分を吸い込んでしまいます。これを棒状にした製品。差し込むだけで内部の水分を吸収します。

穴がキツイと挿入するのにちょっと気を使いますが、一気にズボッと突っ込まない限り大丈夫。穴を広げつつ挿れてあげましょう。水分がスーッと引きます。

オナホの内部構造が複雑だったりねじれていると効果が落ちますが、いちいちクッキングペーパーなんか使ってられない!って人には好都合の便利グッズ。

ただ素材が柔らかい高級オナホや内部がねじれている構造だとやっぱりオナホをちょっと削りがちです。なるべくストレートな穴のオナホに推奨。

珪藻土スティック

珪藻土スティック
NLS

オナドライ

オナドライ
NLS

タンポン

ソフィソフトタンポン

デリケートな膣に入れるものなので、当然オナホにも適しています。珪藻土スティックよりはオナホを傷つけにくい。

ただ、トルネード形状など内部構造が複雑だと引っかかりが強くて抜くのに苦労します。オナホが硬めの素材なら安心。女性の膣はオナホみたいにキツイこともないしねじれてもないので。とにかく吸水性は抜群。嫌なニオイはまず防げます。

NLS

吸引器

吸引器 パワースマイルKS-700(ブルー)シリコンオリーブ管付き

介護などで痰を吸い取る吸引器が水分除去に使えます。手持ちのオナホでここまでやる人はまずいないでしょうが、大型オナホ、ラブドールなど乾燥させにくいタイプのメンテナンスには便利。

医療器具なので吸引力がバッチリ。ただオナホ内壁を吸い付けてしまい痛める可能性もあります。むしろ中出しした精液までバッチリ吸い込めます。どうしても大事にしたいラブドールや高級大型オナホなんかはこれでメンテナンス。

アダルトグッズ
タイトルとURLをコピーしました