オナニーホールを買う前に知っておきたいこと

オナホは日本男性1人あたり1本所有されているんじゃないか?ってくらい一般化してきました。もちろん大げさですが、昔と比べるとそれくらいオナホは売れてるってこと。

ただ事前に知っておいたほうがいいことが結構あります。それだけで無駄なお金は減らせますので。

オナホの大分類

オナホ(手で持つタイプ)

オナホと呼ぶ場合、一般的にこの手で持って使うサイズのことを指します。

大きさは手の平に収まるものから、1kgくらいあるような大きなものまで。「オナホ気持ちいぃ~!」と言う話は、ほぼ間違いなくこのタイプ。

価格は500~3,000円が売れ筋。1万円超えはめったになくて、高級品とされるものでも8,000円程度まで。洗いやすく、収納もしやすく、最初の1本は間違いなくこれ。

使い捨てタイプ(TENGAなど)か、繰り返し使えるかの2つに細分化される。

大型オナホ(据え置きタイプ)

手で持たずに、床や机の上に置いて使うタイプ。お尻の形をしているものが多く、腰振りオナニーに使えます。

価格は1~5万円くらい。重さも5kgを超えるものがあるほど。裏返せず洗いにくく乾燥もさせづらいため、初心者が興奮だけで買うと後悔する可能性あり。ただ、腰振りオナニーの気持ちよさは異次元。

電動オナホ

自動で動作するタイプ。動作タイプは、上下にピストン、回転、その両方の3タイプ。

主に充電式ですが家庭用コンセントから電源を取るタイプもあります。

価格は5,000~4万円と高価。ただ自分で動かさないオナニーの気持ちよさは格別。特にVRと組み合わせたときは異常。2本目以降のオナホでは検討必須。

アダルトVRの見方と始め方

ラブドール

人の形をした、ある意味超大型のオナホです。

本体と膣部分が一体化しているタイプと、膣部分が取り外せる、また市販のオナホが装着できるタイプがあります。

高価ですが見た目で既にエロい!そして抱ける!腰を振れる!コスプレさせるとさらにエロい!といいことばかり。価格と置き場所、メンテナンスの手間さえ許容できたら1体は欲しい。

オナホの穴種類

貫通式オナホの洗いやすさ

貫通式と非貫通式の2種類。今はほとんど貫通式しか選べないです。

貫通式(レア・メンテ楽・気持ちよさ↓)

オナホの穴が向こう側まで貫通しているタイプ。昔は結構ありましたが今ではレア。一部商品だけです。

穴が貫通しているので、中出しした後の洗いが楽。ただ全長が短いと精液が向こう側から出てくるトラブルもあり。空気が通りやすいから乾燥が楽で嫌なニオイがしづらいのがメリット。

空気が抜けるのでバキューム効果(ペニスに吸い付く刺激)がほぼないのが大きなデメリット。

気持ちよさより扱いやすさ、洗いやすさ、嫌なニオイを避けたい人におすすめのタイプ。また大型据え置きタイプだけは貫通式を選ぶという人もいます。大型だと貫通していてもバキューム効果が得られるし、何より水を流せば洗えるというメンテナンスのしやすさが魅力。

非貫通式(気持ちいい・洗いと乾燥が面倒)

何も見ずにオナホを買ったらほぼ間違いなく非貫通式、というくらい今はメジャーなタイプ。穴が向こう側まで貫通していないため、空気が閉じ込められてバキューム効果が得られます。

ただ底に精液や水分が残りやすく、洗いづらくて乾燥もさせづらい。そのため特有のカビ臭いニオイが発生しやすいのが難点。

嫌な匂いが嫌な人は裏返せるタイプがおすすめ。大型オナホは裏返すとか無理なので、水圧で奥まで洗い流すなど面倒な作業が毎回必要になります。

オナホの扱い方

オナホは消耗品です

まず始めに、オナホは消耗品であることを知っておきましょう。オナホは永久に使えません。

オナホの素材はシリコンっぽいTPEという素材で作られていることが多く、非常に多くの油分が含まれています。いわば油分が入って弾力があって柔らかいプラスチックみたいなもの。

逆に言うと弱いプラスチックとも言えるので、光や空気によって劣化してきます。特に使用や洗浄の際の伸び縮みによってモロくなってきます。さらに油分が勝手に染み出してくるので、だんだん気泡が増えてきて裂けやすくなってきます。

製品の品質によって耐久性は大きく違ってきますが、オナホはいずれ使えなくなる可能性があるというのは知っておきたいところ。

ただ、ちゃんと扱っていれば、不慮の事故(裂けるなど)がなければ3年くらいは普通に問題なく持ちます。

高級オナホは壊れやすい!扱いは丁寧に

高級品ほど耐久性が高そうに思いますが、実は結構逆です。高級オナホほど避けやすいんです。

なぜなら、高級オナホほどリアルな挿入感を再現するために、素材の柔らかさを追求しているから。さらに複雑な内部構造のせいで、どうしても薄い部分ができてしまい、ズコズコやっているうちにそこから穴が空いちゃうことがよくあります。

また、挿入する膣口も薄くリアルに作るため、そこから簡単に裂けてしまう事例も多いですね。

一方、リーズナブルなオナホ(3,000円くらいまで)は基本頑丈です。仮に壊れても買い直すのに抵抗がない価格だし頑丈。でも高級オナホは破損するとマジで凹みます。特に大型オナホだと、いざ処分となると困るので余計にショック。

オナホにお金をかける場合は、2~3本リーズナブルな価格帯を経験してからがおすすめ。そこで洗い方や乾燥方法。オナホで起きる破損トラブルを経験しておくと、高級オナホを買って初日で破損!という実際にあったトラブルを防ぐことができます。

オナホを傷めない正しい洗い方

オナホのニオイを防ぐ正しい乾燥方法

オナホは乾燥させないと変形・悪臭が発生する

オナホは水に濡れたままだと雑菌が繁殖して悪臭を放ちます。オイルの独特なニオイに湿っぽいカビ臭さが混じり、なんともいえないニオイに。

また、オイルが染み出すことで他のオナホやプラスチック製品、保管容器などと癒着します。

こういったトラブルを防ぐには、オナホ表面を乾燥させておけばいいだけ。

手段としては2つ。

1つはアダルトグッズ向けの保管袋「おもちゃ袋」。

おもちゃ袋

不織布で作られており、表面がオナホとくっつかない素材。通気性もあるので、オナホに限らずアダルトグッズはそれぞれ1本づつ保管袋に入れておくのがベター。難点は中身が分かりづらいこと。

2つ目はベビーパウダーで粉を吹いておくこと。

オナシュット

赤ちゃんのあせも予防に使われるベビーパウダー。余計な水分や油分を吸い取ってサラッと仕上げてくれます。ただオナホにまぶすとそこら中がベビーパウダーで白くなっちゃいます。使い勝手がいいのはオナシュット。スプレータイプで簡単。使用後にこれをやっておくだけで、オナホの悪臭から変形まで防ぐことが可能。

中出ししたら放置厳禁!

オナホは基本中出しで射精です。ただ男は射精すると賢者タイムが来てしまうので、オナホという存在が邪魔になります。

でも洗わないといけない。非貫通式なら精液はこぼれて来ないし、普通に置いておけば逆流もしない。だったら後で洗おうか……と放置する人がいます。でもこれ、後で後悔します。

なぜなら、残された精液に含まれているタンパク質が腐敗して、なんとも言えない嗅いだことがない悪臭がしちゃうから。いざ洗うときにすごいニオイがします。

ニオイがオナホに残るということはあまりありませんが(オナホ自体のニオイのほうが強いので)、一度臭い思いをすると、次に使うときにそのニオイが頭をよぎってしまい、本来得られる気持ちよさにフタがされちゃいます。

他のオナホ、バイブなどと一緒に保管しない

オナホのTPE素材は同類の素材やプラスチック製品とくっつきやすいので、一緒に保管していると癒着することがあります。

下手すると癒着部分がベロンと剥がれて穴が開くことがあるので、高級オナホは特に注意!

オナホは通気性がいいおもちゃ袋で1本ずつ保管するのがベスト。これなら他とくっつかないし、蒸れてニオイや雑菌が湧くこともありません。

オナホの上にモノを載せない

オナホの素材は一定の圧力がかかり続けると完全に元に戻らなくなります。オナホは一番上になるように保管必須。

柔らかい素材だと、中の内壁同士が癒着してしまい、気持ちいい凸凹部分が剥がれ落ちるってこともあります。

オナホを買うときの注意点

パッケージで選ばない

エロいイラストやAV女優の写真。これらとオナホの気持ちよさ、品質は全く無関係です。

最初から大型、電動を買わない

扱いにくい、使うのに準備が必要だから。オナホはまずセックスより気持ちいいというのをノンストレスで経験しておくべき。一度気持ちよさを知ってしまえば、洗うとか電動オナホの使用準備とかそういった面倒なことが面倒に感じなくなります。

最初から大型、電動オナホを買うと面倒で嫌になってしまうことも。お金の無駄や処分に困ることになるでしょう。

隠れた名器を探さない

男は逆張り傾向があります。人気ランキングに入るような商品じゃなくて、もっと隠れた逸品があるのではないか?と。

他のジャンルではそういったことがありますが、オナホに関しては無駄です。人気ランキングに入ってこない商品は、新作を除いてダメオナホの確率が非常に高い。

また、NLSのような大型サイトで口コミがついていない。ついていても星3以下も高確率でダメオナホです。

オナホは素直に星4以上の人気売れ筋を買っておいてください。10本とか所有していて、味変したいってなってから隠れた名器を探しに行きましょう。

新作は買わないほうがいい

新作は魅力的に見えますが実態は不明です。そのうち必ず口コミがつきます。それを待ってからが安全。

3,000円程度くらいまでなら冒険もありですが、1万円超えは他の人のレポートを待ったほうがいいです。

ローションにはこだわるべき

オナホの気持ちよさはオナホの性能次第ですが、活かすも殺すもローション次第です。

リアル系の高品質な柔らかい素材に、硬めのしっかりしたローションはおすすめできません。素材の繊細な刺激感を殺してしまうから。

ローションのベタつきが気になるならベタつかないタイプを優先。そうしないと不快感が脳の性感を邪魔してしまい、本来の気持ちよさが体感できません。

ローション一つで気持ちよさが相当変わるので、ローションはケチらないように!といってもローションはどれも安いですけどね。

オナホを気持ちよくするローションの選び方

オナホ関連ページ

寿命が長い壊れにくいオナホの特徴と扱い方

タイトルとURLをコピーしました