乳首ドライオーガズム(乳首イキ)のコツ

乳首ドライのコツは前立腺と似ていますがちょっと違います。

乳首を刺激するのですが、仕組み的には結局前立腺刺激と同じなんです。

前立腺オナニーは前立腺を直接刺激しますが、乳首は乳首を通して前立腺を刺激します。

つまり、乳首オナニーのとき、意識は乳首じゃなくて前立腺に向けるとイキやすくなります。

乳首だけでなかなかイケない理由は?

そもそも難しすぎるという難易度を除けば、乳首を意識しすぎているからです。

女性は乳首を刺激されても、乳首自体が気持ちいいというより全身でそれを感じています。

でも男性はペニスで感じる癖が強いため、乳首も乳首自体で感じようとしがち。

乳首でイクには乳首へ意識を集中!

となると、実は逆効果で、乳首イキからは遠ざかります。

なぜなら、乳首でイクと言っても、最終的には前立腺が関与しているからです。乳首ドライオーガズムの正体は、タイプが違う前立腺ドライオーガズム。

乳首だけに意識を集中してしまうと、前立腺とのリンクが遠ざかるためドライオーガズムしにくくなります。

前立腺オナニーが気持ちいい理由とドライオーガズムの仕組み
前立腺オナニーでドライオーガズムに達する仕組みを医学専門の人が解説しています。その内容をさらにまとめて紹介。仕組みがイメージできればイキやすくなる。

どうすれば乳首イキできるようになるのか?

前立腺と同じように、女性の意識になることが重要。

女性はイクことをゴールにしていません。その手前から気持ちよくて、溜まりに溜まってイクだけです。

男性はイクことをゴールにしているので、イク感じがなかなか来ないと、なんとかしてイケるように自ら快感を探しに行ってしまいます。

でも女性はそういうことをしません。

自分から気持ちよくなろうとする男性意識から外れなければ、前立腺ドライオーガズムと同じで、やはり乳首でイクことは困難です。

ドライオーガズム達成のコツ
ドライオーガズムは難しい!でもコツがあります。心理的なことと呼吸法だけで一気にドライに近づきます。

簡単な乳首イキの方法はないか?

完全な乳首ドライオーガズムではありませんが、射精しないで乳首イキする簡単な方法があります。

乳首刺激で自然に前立腺が意識されるように仕向ける方法でせう。

やり方

  1. 乳首と亀頭の同時刺激
  2. 徐々に亀頭刺激を減らしていく
  3. 最後は亀頭に触れないか指で支えるだけ

この過程で射精感を抑えきることができれば、射精せずに乳首だけで絶頂します。

乳首だけだと前立腺へのリンクが弱いところを、亀頭で補助してドライオーガズムに導く方法です。

ただ亀頭を少しでも刺激しすぎると射精感が来るので失敗が確定。

一度でも精液の存在が認識できたら無理です。もう射精の準備ができているため、ドライにならずにウェットします。

それでも乳首だけで射精できるため、価値があると言えばありますけどね。

注意点

裏筋は触らないこと。

亀頭の裏筋は亀頭部分ではあるものの竿部分です。

ここに触れると射精感が強まるので。

亀頭表側の肉部分というか、平たい部分メインで。カリもあんまり刺激しないほうがいいです。

平たい部分だけだと性感量がイマイチ。でも乳首と一緒に刺激していると、いつもと違うじんわりした気持ちよさが来ます。

気持ちよさが勝手にやって来る感じを味わってください。それがコツ。

当然包皮をめくっての刺激もNGです。

こうやって刺激を抑えないと乳首の気持ちよさがころされてしまい乳首イキしにくくなります。

乳首オナニー(チクニー)の仕方
男が一番簡単に今のオナニーを気持ちよくするなら乳首オナニー。通称チクニーです。女性ばかりじゃありません。男性も乳首だけでイクことが可能です。
タイトルとURLをコピーしました