【現代版】女の子の使用済み下着を手に入れる方法~実はなくなっていなかったブルセラ

昔社会問題になったブルセラ。

女子高生が下着をお店で脱いで、その写真をチェキで撮って一緒に販売。

社会の闇として話題に。

もう忘れられている話でしょうが、実は今もその需要は落ちておらず流通しています。

ただ形を変えています。

現代ではどのように女性の使用済み下着が流れているのか?

今、利用されている女性の使用済み下着の売買ルート

  1. ブルセラショップはまだある
  2. AV女優の新作特典
  3. パパ活
  4. 出会い系
  5. ライブチャット(ビデオ通話アプリ)

ブルセラショップはまだある

ブルセラショップはなくなったと思われているが、実はひっそりと存在しています。

と言ってもめちゃくちゃ数が減っていますが。

あと目立たないようにあります。

目立つとまた叩かれるしね。

こういうのを叩いて稼ぐ評論家とか多いし。そんな人が実は裏でってパターンはまあまああるw

一応ネット販売もしていますよ。

WEBの作りがなんか旧世代だけど。こういうお店のほうが大手企業より実はしっかりしてたりするんです。

ただ常に批判の目にさらされる社会問題性がずっと残っています。

SNSやフリマ経由で…ネット時代の今も息づく「ブルセラ」、危険な目に遭うケースも

AV女優の新作特典

AV女優の新作AVに着用済み下着が付属することがあります。

ただ着用済みにしては枚数多くないか?ということもあるし、着用といっても履いてすぐ脱いだとかそんなん。

ガチ着用は1着なので抽選ですね。

またダウンロードには付属しないのでDVD版を買う必要があります。

パパ活

パパ活というとお金持ちが遊ぶ別世界のイメージでしょう。

でもそうでもない。

実はパパ活ではデートなしで下着だけ買うことができます。

デートなしだから童貞でレストランとか苦手な男でも構わない。

下手にパパ活を利用すると月に30万とかかかるけど、下着購入だけなら数万円で済む。

女子側も好きでもない男とデートしたり飯食わなくていいし、ホテルでセックスする必要もない。

セックスしたほうが稼げると思いきや、時間拘束を考えると案外としんどい。

でも下着を脱いでその場で渡す。

これで3万円とか稼げるんだからちょろい。悪く言うと。

男性側も面倒なやり取りやストレスがないし、目の前で脱いでくれるし美人だしで言うことなし。

まあ、これを受け入れてくれる女子を探す手間はいるけどね。

出会い系

出会い系もパパ活みたいに下着を売ってくれる女性がいます。

というのも、最近の出会い系はパパ活目的女子が増えているから。

なのでパパ活みたいに考えればいいです。

パパ活みたいに収入とかの登録基準もないしこっちのほうがお手軽。

ライブチャット(ビデオ通話アプリ)

やっぱりもっと手軽に入手したい。

でもリスクや恥ずかしさは避けたい。

それならライブチャット(ビデオ通話アプリ)しかない。

一部のサイトだけだけど、フリマ機能がある。

ここでは出演女性が自由に自分のものを出品できる。いわゆるサイト・アプリ内のメルカリみたいなもの。

下着類ならなんと3,000円程度から売っている。

下着以外でも普段着ていた服とかコスプレ衣装とかいろいろある。靴とかもあるからマニアにはたまらんだろう。

女の子と交渉して、オナニー配信を見せてもらい、そのときに着用していた下着を売ってもらうように約束しておく。

ブルセラショップよりヤバいだろう。

まとめ

ブルセラというとイメージが非常に悪い。

これらは18歳未満の女子高生が中心だったのが特にマズかった。

でもライブチャット(ビデオ通話アプリ)では18歳からのガチ素人の子がいる。

やってることはある意味一緒ですが、そもそもオナニー配信しているんだから下着購入をとがめられる理由にもならず……

男性側は安全に、かつリアルに使用済み下着をゲットできる。

現代ではこれが最高最良の方法でしょう。

タイトルとURLをコピーしました