床オナしている男性
  1. パンツだけ、もしくは下半身を裸にする
  2. ベッドや床を下にしてうつぶせに寝る
  3. やや腰を浮かせて戻す動作を繰り返す(尺取虫の動きのような)
  4. 射精はうつ伏せのまま行う

床オナは包茎の人専用方法

床オナは小学生や中学生など、初めての精通時に覚える方法です。

そのせいで包茎が解消されにくくなるため、結果的に真性包茎・仮性包茎専用のオナニー方法となっています。

ただ工夫次第でズルムケペニスでも気持ちよくなれます。

1.包茎は床オナしやすいし気持ちいい

仮性包茎の床オナ中のペニス

床オナは包茎の人がよくやる方法です。

なぜなら、床に押し付けた状態で包皮が固定され、その中を亀頭が前後するとオナホに入れているような感覚になるからです。

腰を動かすため、ちょうど女性を下にして、脚を伸ばしてゆっくりグラインド、膣奥に亀頭を押し当てているときの気持ちよさに似ています。

普通にセックスしてピストンするより床オナのほうが気持ちいいと言われるくらいです。

2.ズルムケは工夫が必要

非包茎(ズルムケ)の床オナ注意点

剥けている人は床オナに工夫が必要です。

包皮が余っていないのでダイレクトに亀頭が床に擦れます。

下に敷くタオルや身につける下着の生地で刺激を生み出さないと気持ちよさが生まれづらいです。

やや腰を浮かせ気味に擦り付けるとうまくいきます。包皮が余っていないので、押さえつけすぎると痛覚が勝ってしまいます。包茎の人より圧力弱めでやりましょう。

床オナのチンポジ

床オナのチンポジはみんな無意識にやっているため、何かの機会に他人のチンポジを知ると「えっ?そっち?」と自分の常識が疑われることがあります。

中には横にしている人もいます。ただ曲がる可能性が……

1.前向き~ベーシックでだがペニスが曲がる恐れもあり

床オナ前向きチンポジ

うつ伏せの状態で「おへそ」の方に亀頭が来るポジション。

勃起した場合はこちらの方向に硬くなるので、逆ポジションより負担がすくなくてスムーズ。

ただこすりつける動作でペニスが左右にズレがち。

極端にズレた状態で続けるとペニスが曲がる恐れもあり。

実際に曲がる可能性はかなり低いですが、床オナは想像以上の圧力がかかるため、ペニスを包む白膜(ソーセージを詰める羊の腸みたいなもの)が破けたり伸びて曲がる可能性は捨てきれません。

2.後ろ向き~勃起不全の恐れあり

床オナ後ろ向きチンポジ

立った状態で言えば亀頭が床方向に向いている状態。

ペニスの位置が安定するので左右にズレにくいメリットがあります。またお腹によって圧迫されないので、圧力がかかりすぎず、後に説明する膣内射精障害リスクが若干抑えられます。

勃起する角度と真逆になるためペニスは常に反発して位置を戻そうとします。

あまり腰を浮かせすぎるとペニスがパンツ内でテントを張った状態になりがち。そのまま勢いよく床にこすりつけると、ペニスがパイルドライバー状態で垂直落下。下手するとペニスが折れる、変形する可能性もあります。

ペニス後ろ向きポジションは腰をほとんど浮かせなくてもいい仮性包茎専用のポジションと考えるべき。

床オナの腰の動かし方

床オナの腰の動かし方

床オナは腰を前後に動かすのではありません。

腰だけを少し浮かせて床に戻す。

この動作の流れでは、ペニスが一体後ろに引いた状態になります。そして床に接触させるとペニスが実質前後に動きます。

腰を一切動かさずに床オナもできますが、その際は腕を踏ん張って、腰というより腕の力で前後にズラす必要がありかなり疲れます。

やはり腰を浮かせたほうが気持ちいいです。

女性との正常位で、こちらが脚を伸ばした状態腰を打ち付けるのと同じ動作と思ってください。

床オナの射精方法

1.パンツにそのまま

一番オーソドックスな射精スタイル。

精液は洗濯で問題なく落ちます。タンパク質が多いので洗い残しがあると腐敗して異臭を放ちますが、普通に洗濯すれば完全に落ちるので大丈夫です。

ただ薄い生地のトランクスだと精液が滲み出て床やベッドに付着する恐れがあります。

できればしっかりした生地のパンツのほうが安心ではあります。

2.射精だけティッシュ派は少数

イキそうになったら姿勢を起こして、普通のオナニーのようにティッシュに射精するスタイル。

パンツも汚さずに済むので楽と言えば楽。

ですが床オナは疑似セックスとも言えるような気持ちよさがあります。

セックスでも中出し(コンドーム着用含めて)が一番気持ちいいです。次に女性の体にぶっかけるのもいいですよね。

ですが床オナの場合、出す相手がティッシュというのはせっかくの気持ちよさが半減以下。

また、イキそうになって体勢を変えても間に合わない事故も起きます。その場合は精液を散らかすことになって現場が惨状。それならパンツに出したほうがまだましでしょう。

3.コンドーム着用

コンドームを付けて床オナする人もいます。

射精してもゴムを捨てればO.K.です。

安い業務用(風俗やラブホ向け)のコンドームなら1個10円程度なのでいくら使っても気になりません。

ただ、後にも書きましたが、床との摩擦でコンドームがズレて不快感を感じることもあるので注意。

4.全裸派はタオル敷き

床オナはパンツを履かずに全裸タイプの人もいます。

床ならまだ精液は拭き取れますが、ベッドや布団の上で射精はできません。

なので、射精しても構わないようにタオルを敷きます。バスタオルなど大きめで生地がしっかり厚いタイプです。

これならタオル生地の摩擦も味わえ、思い切り射精しても下に染みません。

ただ射精して時間が経つと精液の水分が下に移ってしまうので、終わったらサッと片付けるべし。

気持ちいい床オナの工夫

1.低反発や高反発のベッド

硬い床より多少のクッション、柔らかさがあったほうが気持ちいいです。

センベエ布団でも気持ちいいですが、低反発や高反発のベッドも独特の気持ちよさがあります。

低反発ベッドはペニス部分がベッドに埋もれるので、腰をあまり浮かさなくてもペニスがいい感じにこすられます。

高反発はしっかりとした刺激が味わえます。

グリグリと高い圧力をかけられますが、一定以上のかかりすぎた圧力はベッドに吸収されます。より高い刺激が欲しいけどゴリゴリ感は消したい人におすすめ。

2.キツめの下着

床オナはペニスの位置が左右にズレたり、こすりつけたときに力が逃げて気持ちよさも逃げてしまうことがあります。

そこでピタッとしたパンツ。

水泳のサポーターでもいいでしょう。とにかくフィット感が強いパンツ類なら何でもO.K.

ペニスが真っ直ぐに保持されるため、腰を完全に浮かせてもチンポジが安定します。

またキツイ締め付け状態で射精すると、ユルイ下着の場合より出している感が強くなり癖になります。

3.女性の下着・ショーツ

同様に女性用の下着・ショーツを履いてて床オナもメリットがあります。

女性の下着を身につける、汚すという背徳感によって興奮度がアップ。

また女性用の下着は男性にはサイズがキツイので、やはりペニスのポジションが安定します。

また、勃起した状態では亀頭が上から飛び出してしまいます。

ペニスサイズよりますが、ちょうどショーツの上端境目と亀頭のカリが擦れたり、包皮がそこで止まってより前後に動きやすくなったりといろいろなメリットがあります。

大柄な男性でもMサイズはきついですが基本的に着用できます。

4.女性の競泳水着

デサントやアシックス、ミズノなどの競泳水着フェチの男性は多いです。

独特のさわり心地があり、ペニスを擦り付けると生肌にこすりつけるより快感です。

床オナのときにこの競泳水着にこすりつけるとより気持ちよさをアップできます。

下に敷いてこすりつける他に、自ら着用して中からこすりつけることも可能。

マニアックな方法なら、1枚は穴を空けてペニスを出し、上からもう一枚着用して競泳水着で挟み込むなんてことも。

これなら競泳水着の生地表側にこすりつけられるし、そのまま射精しても外に精液が漏れづらくて重宝します。

5.ストッキング

ストッキンを履いたり、ペニスに巻きつけた状態で床オナします。

ストッキングの生地は網目が非常に細かく、その微細な凹凸が床オナを気持ちよくしてくれます。

ズルムケの人はもちろん、包茎の人も亀頭が飛び出したときにストッキングに触れることで気持ちよさの種類を増やすことができます。

6.床オナ用オナホ

床オナ用のオナホがあります。

穴ではなくて上から押さえつけるようになっています。

もしくは通常のオナホをカッターなどで切り裂き、ペニスにはめた状態で床オナするのもかなりの気持ちよさ。

風俗の素股のような快感です。

古くなったオナホか、1,000円くらいの安くてストレート形状のシンプルなオナホを改造しましょう。

7.ローションコンドーム

コンドーム内にローション少量を入れから装着。

そのまま床オナ。

ローションがこぼれて周りが汚れるという不安もありますが、どのみちパンツ内に射精するのなら一緒です。

ローションがグチュグチュと音を立てて、ヌメッとした滑り具合が新鮮な気持ちよさ。

ただ、勃起が少しでも弱まるとコンドームがズレてしまってダメになります。床オナ中はずっとギンギンな人専用かも。

8.おっぱいパーツ

オナホ素材でかたどられたおっぱいグッズ。

これを床に置いて、両胸の間にペニスを挟むようにして床オナ。

ローションは必須。

実際のパイズリは言うほど気持ちよくないと言われますが、おっぱい床オナはかなりの気持ちよさ。

両胸の間に溝が刻まれているタイプがおすすめ。

床オナの危険性「膣内射精障害」

1.女性の膣内でイケなくなる

膣内射精障害は、女性の膣内で射精できなくなる症状です。

  • 勃起はするけど最後までできない
  • 中折れする

などの問題が生じ、最悪の場合は自然妊娠が不可能に。

男として女性でイケないというのは、想像以上にショックを受けます。

床オナオンリーで暮らしていたら問題ありませんが、いざセックスとなって膣内射精障害であることが発覚したら、誰でも想像以上のショックを受けます。たぶんDNA自体がショックを受けているでしょう。

2.相手女性のプライドを傷つけて関係悪化原因に

女性は遅漏より早漏のほうがいいと言います。

遅漏は苦痛だからというのもありますが、早漏は自分の体が気持ちいいからだという自信にも結びつくからです。

しかし、自分の体でイッてくれない、というのは女性にとってショックです。

自分の体、アソコが気持ちよくないのではないか?

そんな風に不安になってショックを受ける女性も多いです。

何度エッチしてもダメ。

繰り返す度に、お互いに言えないことが溜まって関係がギクシャクしてきます。

結婚まで考えた相手と別れることになる可能性も。

これは冗談ではありません。

3.一度発症すると改善がかなり困難

膣内射精障害は一度発症したらそのままな人が多いです。

特に最近若者を中心に増えています。昔に比べてネットとスマホがあります。ベッドの中で親に隠れてバレずにズリネタを見れます。そしてバレないようにオナニーしようとしたら、布団の中で床オナが一番安全ですからね。

長く床オナをしていた人ほど治りが悪いです。

早漏がなかなか治らないように、膣内射精障害も治療はかなり苦労します。

専門の医師が治療に乗り出していますが、やることは「正しいオナニーの仕方」を指導するだけです。薬も何もありません。

TENGAが刺激度合いを何段階にも分けた専用のオナホカップを販売していますが、これを真面目に購入していたらかなりの金額です。うまくこの問題を利用しているような気もしますが……

とにかく膣内射精障害に一度なると、なかなかつらいトレーニング、リハビリを続ける必要があります。その間、あなたの性欲は100%発散されない時期が何ヶ月、下手すると何年も続くことになります。

4.逆手に取って早漏改善という方法もある

床オナは膣内射精障害になります。つまり究極の遅漏です。

それなら早漏の人が床オナをすれば早漏が治るのでは?という考えもあります。

これは実際に効果があります。

ただ、早漏の原因をダイレクトに解決する方法ではなく、ある意味副作用的な結果。だから誰でも効果があるわけではなく、床オナ特有のデメリットもあります。

下手すると早漏を飛び越して膣内射精障害になることもあります。

床オナの隠れたリスク

1.仮性包茎の悪化

床オナ

床オナは一般的に膣内射精障害になることが危険視されていますが、もう一つ大きなリスクがあります。

それは仮性包茎の悪化です。

仮性包茎は20代くらいまでなら自力で解消することがあります。

ペニスの成長や亀頭のカリ首段差が大きくなったことで、包皮のあまり具合がマシになるからです。

ですが、床オナをしていると包皮が伸びます。

ズルムケの人が床オナをしても大丈夫ですが、仮性包茎の人がやると余っていた皮がさらに伸びます。

もともと包皮は勃起のために柔軟性がある皮膚です。だから伸びやすく、特に床オナの際の前後運動で思っている以上に皮膚が伸び縮みします。

皮膚は一度伸びると手術しない限り絶対に縮みません。

床オナのやり過ぎは将来的に仮性包茎手術を余儀なくなる恐れがあります。

これを避けるなら、仮性包茎矯正リングを付けた状態で床オナするか、そもそも床オナをやめるしかありません。

ちなみにズルムケの人でも、亀頭のカリ高で包皮が止まっているタイプの人も注意が必要。

この手のズルムケは包皮が余り気味なので、床オナで皮を伸び縮みさせていると通常時でも若干仮性包茎よりになってしまう恐れがあります。

2.尿道炎や膀胱、精巣炎などのリスク

床オナのフィニッシュはうつ伏せのままが基本ですが、あまり体重をかけたままイクと危険です。

精液がスムーズに出ないため、一部が逆流してしまう恐れがあるからです。

寸止めオナニーで言われるリスクです。

精液が逆流してしまい、本来入らない部分に精液が侵入。精液はタンパク質が豊富なので滞留すると腐敗を起こして炎症を起こします。また亜鉛なども豊富で悪影響を与えます。

尿道炎、膀胱炎、精巣炎や前立腺炎などが起こる例が報告されています。

床オナの射精時は体重を抜いてスムーズに精液が出るようにしましょう。

床オナは気持ちいい!でも悪魔のオナニー方法だ

床オナは本当に気持ちいいです。スローセックスしているときの感覚に近いです。

VR動画を見ながら腰を振るとセックスしている感覚がより強いです。

これほどお金と手間をかけずに気持ちよくなれるオナニーの仕方はないでしょう。

ただ、床オナのメリットがそれだけ大きいだけに、デメリットも大きいです。

かなりの男性が膣内射精障害になっています。

大人になってから床オナ派になるケースは少なく、その場合は膣内射精障害になっていません。膣内射精障害になっている人の多くは10代からのヘビーユーザーです。

床オナ=膣内射精障害ではありあません。

ヤりすぎる、それしか知らない場合はリスクが跳ね上がります。

確かに床オナは気持ちいいですが、オナホを使ったり、ラブドールを使ったり、動画連動のオナニーグッズを使ったりで床オナに頼り切らないオナニーライフも過ごせます。

床オナから抜け出せない人も、これから始める人も、床オナ以外のオナニーにも関心を持つようにしましょう。それだけでかなりリスクは抑えられます。