【完全自動】VR連動オナニーの仕方

VR連動オナニーの仕組み 男のオナニーの仕方

現時点で最高のオナニーの仕方です。

脳が性感を強く感じる条件が満たされるからです。普通にやるのとでは大違い。

オナニー特有の虚しさがなく、純粋に「エロい」気分のままイクことができます。

デメリットは初期投資が多少かかること。

彼女や風俗だとこれからもずっとお金がかかります。VR連動オナニーなら維持費は1ヶ月0円から可能。

セックスや風俗で感じるお金の不安を消しつつ、同等かそれ以上に気持ちいいオナニー方法です。

VR連動オナニーとは?

VR連動オナニーって何なの?

VR連動オナニーは、

  1. VRアダルト動画を見て
  2. 動画内容に沿って自動でペニスがオナホで刺激される

オナニー方法です。

男性は一切何も考えず、何も手を動かさず、アダルト動画の内容に没頭するだけ。

AV女優の動きに合わせてオナホが連動。

視覚と刺激が完全にリンクするため、脳の性感がフル稼働する最高に気持ちいいやり方です。

VR連動オナニーに欠かせないグッズ

どうやってやるのか?

VR連動オナニーは道具がいくつか必要です。

ポイントは、

「完全に自動で頭も手も意図的に使わなくていい環境」

を作ることです。

脳を完全にエロい映像だけにリソースを割くことが重要。

    ●必要なグッズ一覧
  1. +1D対応VRアダルト動画
  2. HMD(ヘッドマウントディスプレイ)
  3. VORZEシリーズ電動オナホ
  4. 専用固定器具

【ネタ・おかず】+1D対応VRアダルト動画

アダルトフェスタ

この方法では+1D対応のVRアダルト動画を必要とします。

+1dは対応したアダルトグッズを連動動作させる規格で、アダルトフェスタという動画販売サイトにて購入できます。

特にVRのラインナップが豊富で、VR単体で見るよりはるかに気持ちいいとんでもない規格です。

作品はFANZA(DMM)で売っているものと変わりありませんが、専用の信号が含まれています。

アダルトフェスタのWEBサイトはこちら

【再生機器】HMD(ヘッドマウントディスプレイ)

Oculus Go

VRなので視聴するにはHMDが必要です。

HMDとは頭に装着するゴーグル。レンズが2つあり、VR用の動画を立体的に映すための専用器具です。

スマホでも可能ですが、単体で再生できるHMDのほうが操作性と立体感は上です。

スマホだと操作や画面ズレでストレスが溜まるので、単体で再生できる以下の機種がおすすめ。

また、これら機種などの方向に向いても画面を真正面に調整できるので、完全に寝そべった形でも視聴できるメリットもあります。

女性に騎乗位される作品ではこれが特に活躍。

簡易比較~スマホ VS 単体HMD

タイプ 価格 操作 寝転び対応
スマホ 安い 面倒 難しい
専用HMD 高い 簡単 可能

おすすめ単体HMD簡易特徴表

画像 商品名 特徴
Oculus Go OculusGo 定番。映画や+1D以外のVR再生も可能。安く始めるならこれ。
SKYWORTH-4D S801 SKYWORTH-4D S801 操作が簡単。装着性がよく、メガネの人も装着しやすい。OculusGoより高いが操作性・快適性が上。ただしFANZAなど+1D以外のVR非対応
Oculus Quest Oculus Quest 高画質。単体もPC接続も可能。PC接続では大量の動画をすぐに再生可能。要PCスペック
Oculus Rift S Oculus Rift S 高画質・高スペック。PCのVRゲームも遊ぶならこれ。PC内の動画を素早く再生可能。要PCスペック

【一番人気】OculusGo or SKYWORTH

動画メインならOculusGoかSKYWORTHが人気。

大量のVR動画をPCのHDDから自由に選べるのは、PC接続のまま再生可能なOculus QuestかRift Sです。

  1. ○価格が安い(2万~3.5万円)
  2. ○PC不要
  3. ✕本体に可能なダウンロード本数が少ない(4Kで1~3本)SKYWORTHはSDカードに容量次第で10本ほど可能

【PC接続タイプ】画質重視・大量動画所有に最適

  1. ○高画質(OculusGo等でも4K再生可能)
  2. ○PCに保存した動画をそのまま再生可能
  3. ✕価格が高い(5万円以上)

【刺激】VORZEシリーズ電動オナホ

+1Dで連動動作するオナホはVORZEシリーズだけです(他にもありましたが消えました)。

価格がそこそこしますが、メイドインジャパンで故障しづらく高級感もあります。

手で使うオナホとは段違いの気持ちよさなので、あれこれ色々なオナホを買うよりは断然お得。

画像 機種名 価格 方式 動作音
A10サイクロンSA PLUS A10サイクロンSA 19,800円 回転 静か
A10ピストンSA A10ピストンSA 39,800円 ピストン やや騒音

上記はすべてNLSが最安。またはNLSでしか安定して販売していません。

NLS(アダルトグッズショップ)の評価(安全性・価格・評判)

A10サイクロンSAの特徴

A10サイクロンSA PLUS
  1. ○価格が安い(29,800円)
  2. ○動作音が静か
  3. ✕回転刺激だからリアルさに欠ける

販売数で言うとA10サイクロンSAが圧倒的に多いです。

やはり価格が手頃。約2万円は確かに高価ですが、すぐに壊れる中華電動オナホでも1万円。日本製で動作音も静か、モータートルクも十分で動画連動可能。この差を考えると価格差が1万円というのは破格です。

人によっては回転刺激がイマイチという人もいます。また女性の膣が回転するわけないので、動画内容とのリンクに欠けるのは事実。

ただ射精中の回転持続は逃げようにも逃げられないある意味地獄の気持ちよさ。これはピストン系にはないメリットです。

A10サイクロンSAの購入はこちら~AmazonよりNLSのほうが安いです。

A10ピストンSAの特徴

  1. ○唯一のロングストロークピストン動作
  2. ○動画との一体感がすごい
  3. ✕価格が高い
  4. △動作音がやや大きい

予算に余裕があればこちらをおすすめします。

やはりピストン刺激がNo.1の気持ちよさ。連動動画の女優とセックスしている感が強烈です。

問題点は本当に価格だけ。若干動作音がA10サイクロンSAよりうるさいですが、この気持ちよさを味わうと些細な違い。

なんでこんなに高価なの?

という疑問がありますが、ピストン電動オナホ自体がかなり難しい製品であり、日本製らしい品質を維持しようとするとどうしてもコストがかかるからです。

中華電動ピストンは音が異常にうるさく、動きがギクシャクしてセックス感が全くないので注意。

A10ピストンSAはヴァーチャルセックス感がある唯一の電動オナホです。

A10ピストンSAの購入はこちら~NLSでのみ販売中

専用固定器具

ピストン・サイクロン専用スタンド

上記の電動オナホはどれも重量が重く、手で支え続けるのは辛いです。

また、支える作業で脳が使用されるため、VRアダルト動画の視界情報へのダイブ感が損なわれます。

そこで、強く専用の固定器具を推奨します。

スタンドベーシック~A10シリーズ専用固定器具

これだけで5,000円ほどしてしまいますが、これがあるとないとでは本当に気持ちよさ、特に満足感に差が出ます。

超気持ちいいVR連動オナニーの手順

実際にどうやってやるのか?

電動オナホを固定してHMDで動画再生。後はお任せ。

ただこれだけですが、慣れるまでは手間取るでしょう。

  1. 電動オナホを机に固定してポジション調整
  2. 電動オナホを起動してHMD側でBluetooth接続
  3. オナホにローションを馴染ませてペニス挿入
  4. HMD本体にダウンロードした動画を再生 or ストリーミング再生
  5. ただひたすら動画を見て刺激に耐える

【1】電動オナホを机に固定してポジション調整

電動オナホをスタンドベーシックに装着し、机に固定します。

電動オナホは普段からスタンドベーシックに固定しっぱなしです。

机に挟むボルトは強く締め付ける必要はありません。軽くキュッと締まる程度でぐらつきません。

イスに座った状態がベストです。

太ももで電動オナホを支えつつ、2本あるクランプの内片方を軽く締め付ければ安定します。2本つけなくても固定されるので慌てずにやりましょう。

自分のペニスが挿入できる角度に調整します。

スタンドベーシックは一番上側、電動オナホが水平を超えたところでロックが解除され、その後垂直にまで下げると、上に向かって1段階ずつ角度がロックされます。

ペニス根本まで挿入するときは、一度イスから離れて、挿入後に座ると可能です。

もしくはイスの高さ調整機能を使います。

コタツみたいな低い机なら完全に寝そべった形でも可能です。

【2】電動オナホとHMDを起動してHMD側でBluetooth接続

Bluetooth

電動オナホとHMDの電源を入れます。

HMDはAndroidスマホとベースは同じなので、立ち上がりに多少の時間がかかります。

各HMDのBluetooth接続画面にて、表示される電動オナホを選択してリンクさせます。

Bluetooth製品はうまくリンクされない、途切れるなどがよくありますが、HMDと電動オナホの相性は非常に良くてトラブル経験はありません。ここがつまづくと萎えるのですが、かなりしっかり作られています。

Oculus系統の場合

アプリからDimensionPlayerを立ち上げ、接続画面で表示される電動オナホ名を選択。

SKYWORTHの場合

ホーム画面最上部のBluetoothマークを選択。

表示される電動オナホ名を選択。

【3】オナホにローションを馴染ませてペニス挿入

オナホにローションを馴染ませて電動オナホ本体に装着。

ペニスを挿入して準備O.K.

勃起していない場合は動画再生して刺激シーンが来てから挿入してもO.K.です。

A10サイクロンSAの初期オナホのように、ヒダヒダ状オナホは内部にローションを塗るよりペニスに塗ったほうが挿入しやすいです。

ローションを注入してペニスを挿入しない場合、オナホが下向きになっているためローションが垂れてきます。これには注意。

【4】HMD本体にダウンロードした動画を再生 or ストリーミング再生

後は動画を再生すれば、オナホも動画に応じて動作します。

何も考えず、ただ動画に没頭するだけ。セックスかそれ以上にのめり込むオナニーが可能になります。

ここで注意したいのは、ストリーミングでは画質が落ちる点です。

特に4K動画は画質が劣化して4K独特の臨場感、ダイブ感が失われます。

できるだけ、HMD本体に動画をダウンロードしてから見るのがおすすめ。

ただ、4K動画は1本20から60GBほどあるため、本体ストレージがすぐに一杯になります。

大量の動画を購入した場合、その都度本体へのダウンロードと削除を繰り返す必要があります。

OculusGoは最大64GBなので最低1~2本しか保存できません。

SKYWORTHはSDカードが256GBまで対応しているので、4Kでも10本くらいまで保存可能。

OculusQuestとOculusRiftSはPC接続可能なので、PCのHDDやSSDから自由にすぐ再生可能。

この当たりも考慮してください。

【5】ただひたすら動画を見て刺激に耐える

再生が始まると、作品によりますが比較的早い段階で電動オナホ動作シーンが来ます。

早漏の人だと普段の3倍の速さでイッてしまうでしょう。それくらい破壊力があります。

なぜこのオナニー方法はこんなに気持ちいいの?

VR連動オナニーは、普通のオナニー方法と決定的に違う部分があります。

  • VR
  • 映像と刺激が連動
  • 一切何もしなくていい

この特徴によって、セックスのときにかなり近い脳状態となります。

その上、女性の膣より気持ちいいオナホが刺激するため、性感はセックス以上。

そしてオナニーに欠けていた、脳が得られる性的刺激量を限界まで高めることが可能だから、セックスに近くてセックスより気持ち位オナニーが可能になります。

  1. リアルに女性とセックスに至る感覚があるから
  2. 脳を100%エロに振り切ることができるから
  3. 映像がリンクするため刺激がより強く感じるから

リアルに女性とセックスに至る感覚があるから

VRは普通のAVと違って、こちらに対して話しかける、こちらが相手である内容で進みます。

今までの通常2D映像は、いわば他人のセックスを覗いているような状態です。

つまり「おかず」でしかありませんでした。

でもVRは自分が主役であり主体です。

おかずと自分が主役かでは気持ちよさが全く違います。

風俗で他人のプレイを見せられているか、自分がプレイしているか?この違いがあります。

脳を100%エロに振り切ることができるから

VR連動オナニーでは自分で刺激する必要がありません。

自分でオナホを持ってオナニーする場合、ピストンする速度や握る強さを自然に調整しています。

もっと気持ちよくなろうという意思が働いているから。

でもVR連動オナニーではそういった思考が不要。

つまり、今まで考えていた脳の働きを、完全にVRのエロ映像に100%傾けることができます。

性感は脳で感じるので、できるだけ脳を100%使い切ったほうがより強く感じることができます。

極端な例ですが、何か軽作業しながらオナニーやセックスをしたのでは気持ちよさに欠けるのが想像できるでしょう。

でもVR連動オナニーなら、あなた本来が感じ取れる100%の性感を体験することができます。

映像がリンクするため刺激がより強く感じるから

普通のAVでオナニーする場合、セックスシーンの動きなどに合わせて自分の手を動かします。

つまり、自分で合わせにいっています。

そこには「ズレ」があり、脳は常にエロ映像と刺激とリンクさせようとするものの、違和感を感じながらオナニーしていることになります。

でもVR連動オナニーなら、見ている映像と刺激の内容、タイミングが完全に一致します。

ズレがあるように思うでしょうが、完全にピタッと一致しています。

すると、セックスにあってオナニーになかった、映像と刺激のリンクが生じるため、普段のオナニーよりはるかに気持ちよく感じます。

必要なものおすすめプラン

実際にどれくらいの初期費用がかかるのか?

どうしても電動オナホが高いために安くはありません。

でも10万台以上売れているように、高額にもかかわらずポンポン売れています。

中華電動オナホはよく故障しますが、日本製なので買って安心。家電品質をうたうブランドなので、VR連動させなくても利用価値は抜群です。

必須

  1. +1D対応のVRアダルト動画:アダルトフェスタにて販売
  2. A10サイクロンSA or A10ピストンSA

連動対応動画と連動オナホはどうやっても必須。

【最低予算】手持ちのスマホを使う

  1. スマホ:無料
  2. スマホ用HMD:980円~
  3. A10サイクロンSA:19,900円 or A10ピストンSA:39,800円(税別)

合計予算:約23,000円より

スマホでもVRは再生できます。画質だけなら最新のiPhone等のほうがきれいです。

スマホをHMD化させるグッズを買うだけ。価格も980円くらいからで済むので激安。

ただ、

  • いちいちセッティングが面倒
  • 寝転がっての使用ができない(真正面位置を変えられない)
  • 歪みが生じやすい
  • 電話やメール、LINEなどに邪魔される

など没入感は落ちます。

【低額定番】OculusGoプラン

  1. OculusGo:25,000円から(64GBモデル推奨)
  2. A10サイクロンSA:19,900円 or A10ピストンSA:39,800円(税別)

合計予算:4万7,000円より

定番のHMDと言えばOculusGoです。一番人気。

価格が2万円から可能。

ただスマホよりやや複雑な操作で戸惑う人も多いです。スマホ操作が苦手な人は苦労すること確実。

  • NetflixなどVODを大画面、または寝転がって見る
  • FANZA(DMM)など+1D非対応VRも見たい

という人におすすめ。

簡単なVRゲームもできます。リモコンあり。

【簡単操作】SKYWORTHプラン

  1. SKYWORTH:34,800円(税別)
  2. SDカード:3,000円~(512GBとして)
  3. A10サイクロンSA:19,900円 or A10ピストンSA:39,800円(税別)

合計予算:6万3,000円より

アダルトフェスタとタッグを組んだある意味+1DVRの専用機。

  • とにかく操作が簡単
  • メガネでもストレスなし
  • SDカード対応で動画をたくさん保存できる
  • OculusGoより装着感が軽い

OculusGoとスペック的には同じ。

OculusGoと違ってアダルトフェスタ動画しか実質再生できません。その代わり余計な機能がない分操作が簡単。

リモコンがありませんが、アダルトVRを見るだけならリモコンはむしろ邪魔。本体横のボタンで操作できるSKYWORTHのほうが圧倒的にストレスがありません。

普段映画とか見ないならSKYWORTHのほうがノンストレスです。

【簡単操作】OculusQuest/OculusRiftSプラン

  1. PC(PCゲームが中程度の画質でカクつかず動くスペックが必要)
  2. OculusQuestOculusRiftS:50,000円
  3. A10サイクロンSA:19,900円 or A10ピストンSA:39,800円(税別)

合計予算:7万7,000円より(PCを買う場合は+10万円~ほど)

上位機種なので画質がさらに綺麗。

またリアルなVRゲームに対応しています。

QuestはPCなしでも再生可能です。

ただエロVRのためにQuest単体再生は意味がありません。

RiftSとQuestの最大の魅力は、

「PCに保存してある動画をすぐに再生可能である」

点です。

50本とか大量のVR動画データがある場合、OculusGoなどではいちいち本体に転送(数分から10分かかります)、次の動画を見るにはそれを削除してまた転送が必要です。

4Kになると1作品30GB以上とか普通なので。

ストリーミングだと途中で再生が止まったり、4K画質で見れない問題があるので、ダウンロードして見るメリットは大きいです。

この2機種はその手間をなくして快適にすぐ見れるのがメリット。購入した作品は合間にダウンロードしておけば、オナニーしたいときにすぐ見れます。他の機種だとこれが不可能(SKYWORTHはSDカード対応なので10本くらいは入ります)。

ただ再生部分をPCに頼るため、活かすためには多少のスペックが必要。

推奨スペックは思ったより高め。PCゲームの中程度画質でカクつかない程度は必要。相場で言うとドスパラやパソコン工房などで10万円以上からってところです。

まとめ

VRは見ながら自分でシコシコはあんまり興奮しません。HMDを準備するのも面倒になります。

でも動画と連動すると化けます。

オナニーが虚しく感じる原因のほぼ全てが除去され、脳が気持ちいいと感じる条件が満たされます。

セッティングと準備に時間がかかるのと、最初の初期投資にお金がかかるのが唯一のデメリット。

でも一度揃えてしまえば、アダルトVR動画は500~1,000円程度。通常動画より安いし、見放題ストリーミングもあります(月額2,980円)。

このオナニー方法を体験すると、もう自分でシコシコするなんてやってられなくなります。

特にイクときの気持ちよさは破格。

まず目を開いておられず、どうやっても体をのけぞって耐えるしかない最高の気持ちよさを味わうことになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました