アダルトVR再生に必要なPCスペック

VRはHMD単体で再生可能ですが、HMDの種類、動画サイトによってはPCが必須になります。

PC再生は思いの外PC側のマシンパワーが求められます。もし以下のHMDや動画サイトでの利用を検討しているなら、HMD単体で再生可能なのか?PCが必要なのか?をチェックしてください。

アダルトVR再生にPCが必要になるケース

代表的なパターン

  • FANZA(DMM)をOculus Rift、HTC VIVEなどで再生する場合
  • アダルトグッズ連動(アダルトフェスタの動画)をOculus Quest、Oculus Quest2で行う場合
  • アダルトフェスタ(アダルトフェスタの動画)のストリーミング見放題を使う場合

といった時にPCが必須となります。

ただソフトの対応アップデートなどで変わってくることもあります。

人気のOculus Quest2で見る場合のPC必須有無

  • FANZAでアダルトVRを買う場合 → PC不要
  • アダルトフェスタ(アダルトグッズ連動)でアダルトVRを買う場合 → PC必須

基本この2つで考えておけばO.K.です。

他の動画サイトはスマホだけしかVR対応していないこともあるので、多くの男性は基本FANZAでVRを買うでしょう。

ただアダルトグッズ連動はFANZA未対応。アダルトフェスタで買うしかありません。アダルトフェスタはOculus Quest2単体では再生不可能(Oculus GoやSKYWORTHは可能)。

ということで迷いないかと。

PCでアダルトVRを再生する仕組み

  1. 動画をダウンロードしてPCに保存
  2. Oculus Quest2などPC対応HMDとPCをUSB3.0で接続
  3. PC側の専用ソフト(動画サイトで配布される専用再生ソフト)で再生してHMDに投影

この際、アダルトグッズ連動対応の動画なら、PC側にBluetoothがあれば動画とグッズの連動が始まります。

再生はPC側の機能で行うので、4K画質で再生するにはそれなりのPC性能が必要。だいたい10万円以上のゲーミングPCなら可能です。

以下では人気のOculus Quest2を例にして解説していきます。

最新VRゲームもできる人気No.1HMD

PC再生のメリット

PCが必須になることはデメリットと感じる人もいるでしょうが、PC再生には以下のメリットもあります。

ダウンロードした動画の管理が楽

HMDに直接動画を保存した場合に比べて、PCのHDD等に保存した場合は管理が楽です。フォルダをジャンルごとに分けたり、削除したり移動したりといった作業はPCが圧倒的。

多くの作品を保有する人にはPC保存が適しています。

大量の動画をダウンロードしていつでも見れる

HMD内部のストレージ保存料はせいぜい128~256GB程度です。

アダルトVRは4K画質が当たり前になっていて1作品30GB超え。つまり4本くらいでHMD保存できなくなります。

でもPCだと1TBや8TBなど大容量のHDDやSDDにいくらでも保存可能。HDDの数を増やせば限りなく保存できます。

これの何がいいかというと、あの作品を見たい!となったときにHMDだと既に保存している動画を削除、そして新しい動画を保存など面倒な作業が必要なります。

でもPC保存だと動画はダウンロードしっぱなしでO.K.ですよね。

空いている時間にダウンロードできる

4K画質のアダルトVRはデータ量が多いためダウンロードに時間がかかります。爆速回線でもなければ1時間以上かかったり、遅い回線だと夜はまともにダウンロードできないサイトもあります。

これをHMDからダウンロード作業するとずっとバッテリー駆動してしまうためバッテリー劣化が早まります。また電池切れになってダウンロードが止まってしまうことも。

でもPCなら不在の時でもスリープモードにしないようにしておけば、ずっとダウンロードし続けてくれます。これなら見たい時にサッと見れる。

Oculus Quest2で連動アダルトグッズが使える

Oculus QuestシリーズはHMD単体でA10サイクロンSAなどのアダルトグッズと連動しません。Oculus GoやSKYWORTHなどは単体で可能ですが。

Oculus Questシリーズで連動体験したい場合はPC必須です。

アダルトVR再生に必要なPCスペック

CPUは上から3番目以上の性能が必須(2番目以上推奨)

CPUはPCの脳みそ。この脳みそが賢くないとVR再生がカクカクします。

intelとAMDが2大CPUメーカー。どっちも上から3番目以上のクラスならVR再生に問題ありません。余裕を持つなら2番目のクラス推奨。

intelなら

  • Core i 9
  • Core i 7
  • Core i 5
  • Core i 3
  • Celeron

となっていて、上から高性能。だいたい事務仕事でもCore i 5はあったほうが快適。VR再生となるとここが限界。

AMDは数字の大きさだけで判断できないので、そのときの序列を確認することが必要。

ミドルクラス以上のグラフィックボード

VR再生にはGeForce RTX 3070やRADEON RX 6700 XTなどのグラフィックボード(ビデオカード)が必須です。

一般的には高品質なゲームをするために必要なパーツですが、4K映像を出力するためにも必要なパーツです。

だいたいミドルクラス、中間くらいの性能のグラフィックボードが必要。そのときの価格帯によりますが、ドスパラなどのBTOパソコン本体で12万円程度のものに搭載されていることが多いです。

10万円を切るようなPCに付いているグラフィックボードだとやや厳し目。

グラフィックボードは映像処理に関わる部分なので、VR再生には非常に重要。推奨としては、15万円以上のPC本体ならまず間違いないです。

メモリは16GB以上

メモリは一時的な記憶領域。VRは大量に消費しませんが8GBだとやや物足りなく、16GBあると間違いありません。

10万円以上のゲーミングPCを買えばほぼ間違いなく16GB付いてきます。逆に32GBとか積んでもとくにVR再生に影響はありませんが、You Tubeなどの動画編集をしたい方は32GBにしたほうが快適に操作できます。

USBは3.0以上

PCとOculus Quest2の接続には、Oculus Linkという規格が用いられます。要はUSB3.0以上の通信規格です。

PC ー USB3.0ケーブル ー HMD(Oculus Quest2)

という感じ。

そのためPC本体にUSB3.0が備わっていることが必要。最近買ったPCなら間違いなく付いています。端子一部がブルーになっているのがそうです。

Oculus公式のLinkケーブルは1万円もしますが、対応している他社製USB3.0ケーブルで接続できます。ただ相性問題が出ることもあるので注意。

Bluetooth4.0以上(連動グッズの場合)

連動アダルトグッズを利用する場合は、PC側にBluetoothが必要です。

ノートPCだとBluetoothが付属していることが多いですが、バージョンは4.0以上が必要なので注意。

デスクトップパソコンなどでBluetoothが最初からついていない、またはバージョンが古い場合はAmazon等でアダプタを買えばO.K.です。

だいたい2,000円以内で買えます。中華系のやつは800円程度でありますが当たり外れがあるようなので、国内メーカーのバッファローが安定していますね。

Bluetooth4.0以上必須!安定の国産ブランドがオススメ

HDDは購入する動画本数に合わせて容量選択

動画保存はHDDでO.K.です。SSDも安くなってますがSSDにしたからといって再生に影響は出ません。

4KアダルトVRは1本30GBくらいあるので、仮に100本だと3000GB=3TBです。

こんな感じで必要な容量を計算しましょう。

PCをこれから購入する場合のおすすめ

BTOパソコンが鉄板

PCというとFUJITSUやTOSHIBA、DELLなどを思い浮かべる人が多いでしょう。でもアダルトVR再生を希望するならBTOメーカーのほうが安くて必要なスペックPCが手に入ります。

特に家電メーカーのPCは無駄なソフト満載で価格が跳ね上がっており、その割にスペックがイマイチ。ヤマダ電機などのチラシでPCがたくさん掲載されていますが、どれもVR再生には割高、スペック不足が目立つので注意。

BTOパソコンとは?

PCメーカーや家電メーカーではなく、日本の一般的なパソコンショップが組み立てて販売するPCのことです。

これらはパーツをショップが選択して組み上げるので、その時代に応じて必要な部品が最適に組み込まれています。無駄なソフト組み込みもなくコストがさげられており、かつ自分でパーツをカスタマイズできる強みがあります。

有名なBTOショップ

などなど。

これらは初心者の人も利用している人気店。もう少し詳しくなるとこだわりを求めて、他の上級者向けショップを利用したりします。

アダルトVR再生目的なら上記のお店のPCでバッチリです。

価格帯

だいたい12万円程度のゲーミングPC以上であればVR再生のスペックは満たしています。

20万円程度だと最新のPCゲームでも高画質で安定的に遊べる感じです。予算に余裕があればこの価格帯がおすすめ。

30万円クラスはかなりのパワーがあり何でもできますが、アダルトVR再生にはオーバースペック気味ですね。

デスクトップかノートか?

どちらでも構いませんが、PCゲームや動画編集が流行りの今は、以前よりデスクトップタイプの売れ行きが伸びています。アダルトVR再生にはどちらでも対応しています。

ただ後々パーツを交換するなどといったカスタマイズは圧倒的にデスクトップの有利。将来的にグラフィックカードを新しいのに交換するといった可能性があるならデスクトップです。

まとめ

4KのVR再生にはゲーミングPCが必須。手持ちのPCにグラフィックボードを追加しても可能ですが、貧弱なPCだとCPUや電源容量不足で難しい可能性もあり。

だいたい10万円以上のBTOパソコンを買っておけば大丈夫。

PC有無で選ぶHMD

連動グッズ希望ならPC必須!それ以外万能→Oculus Quest2

連動グッズありで高画質希望→SKYWORTHを見てみる

オナニーのネタ・おかず
タイトルとURLをコピーしました