寿命が長い壊れにくいオナホの特徴と扱い方

オナホを買って数日で破損した!そんな経験で萎えたことありませんか?私はあります!

実はオナホって思ってたほど「脆い」です。ガシガシ使いたいアイテムなのに弱い。これいかに?ハードに使いたい派の人には死活問題です。

では頑丈で高寿命なオナホってどれなのか?何度もオナホを買うのはネット通販でも気が引ける、そんなにお金ないよ!オナホにお金かけたくない!そんな人のための、壊れにくいオナホの特徴とおすすめオナホを紹介。

オナホが壊れる、ダメになる事例

裂ける

一番多いです。膣口入り口の避けがNo.1ですね。ここは最初にペニスを迎え入れるため負担がかかりやすいのと、ビラビラを再現するために素材が薄く、かつキツくなっているから。ここが裂けると修復は困難。

内部構造の割れ・崩壊

中の凸凹やビラビラなどが割れたり剥がれ落ちる破損。内部構造が複雑なほど起きやすい。

本体外側の裂け、割れ

直接的な使用への影響はないものの、本体外側に裂け、割れが生じてくるといよいよ寿命。

ここは熱で溶かして修復も可能ですが、どのみち他も同じように割れてくる可能性大。特に大型、重量があるオナホは自重で折れ曲がりやすく、そこから割れが生じやすい。

【電動の場合】モーター・電子基板不良

電動オナホの場合、多くは中国製の廉価製品。これ、結構当たり外れがあります。

モーターの品質が悪いとトルク不足により、何度か使用していると熱を持って焼けてしますことも。またハンダ付けなどの処置が甘く、電子基板の通電不良が起きたり。はたまた、ローションが内部に侵入してショート。基盤が腐敗してアウトってことも。

電動オナホは安いものほど壊れやすいです。

頑丈で寿命が長いオナホの特徴・共通点

高耐久で有名な素材は3種類

RIDE JAPAN

オナホが裂けやすいかどうかは素材で決まります。オナホはTPE(サーモプラスチックエラストマー)というシリコンみたいな素材で作れるのが一般的。この素材の油分量、その他成分や製法によって柔らかさや耐久性が変わります。

やはり頑丈なのはメーカーオリジナルの素材。企画だけして下請け向上にポイー!で作らせているオナホより、素材指定されているのは頑丈なものがあります(逆に弱いものもあります。リアル系はそれ)。

どんな素材だと頑丈なのか?

  • RIDE JAPAN(ハードタッチAir)
  • RIDE JAPAN(バンジータッチ)
  • トイズハート(セーフスキン)

この3つは頑丈ですね。さらにベタつき、オイルブリードが少ないのも特徴なので、経年劣化でベタつきが激しくなることもあまりありません。そして大手ブランドだけにモデルが多いからいろいろ選べます。基本的にふわふわでめちゃ柔らかいリアル寄りほど弱くなる傾向。

内部構造は単純なほど頑丈

ストレート穴のオナホ

オナホの穴はストレート形状でシンプルなほど崩れにく高寿命。

逆にウネウネしてねじれている内部構造だと、オナホ内部にかかる負担が大きくて裂けやすくなります。ウネウネが一番外側に振ってある部分は、どうしても壁が薄くなっちゃうから。そこにペニスが突き進む負担、洗浄時の指のツッコミなどで破けたり裂けたりします。

キツキツ・硬めは穴が空きにくい

腟内がきついとペニスがピストンする負担が一箇所にかかりにくくなります。ユルユル系だと素材が亀頭のカリに引っかかったりで負担が繰り返され、内部構造が破けて崩壊することも。

単純に素材が硬くてキツイタイプも頑丈です。素材が硬いと一部だけに負担がかからないから。

軽くて小さい方が割れづらい

オナホって大きくなると結構な重量になります。重くて全長が長いタイプになると、手に持った先が自重で垂れます。その曲がった部分に負担がかかり割れてくることがよくあります。

なので軽くて小さいサイズの方が高寿命というわけ。

二重構造は剥がれさえ除けば頑丈

二重構造のオナホール

一般的にオナホは1種類の素材に穴を作っていますが、稀に外周部と内部で素材を変えているモデルがあります(上記画像参照)。これが二重構造、多重構造オナホ。

二重構造にすることでよりリアルな質感を生み出したり、持ちやすさ(垂れにくさ)を実現。

二重構造の素材同士の継ぎ目。ここがズレやすいというリスクはあるんですが、形を保持する外側素材はしっかり、内部は気持ちよさのためまったり素材。このようにオナホの形状をしっかり保ちつつ柔らかい刺激を実現できるため、気持ちよさ、リアルさを重視しつつ、1素材の弱さ問題をクリアできるのがメリット。

【電動の場合】やはり国産・メイドインジャパンは壊れにくい

中国ブランドの廉価製品はどうしても故障しやすいですが、日本製のものは壊れづらい。もしくは、日本製の高級製品をプライスダウンした廉価版。これも壊れにくいです。構造がしっかりしているので、部材のグレードダウンリスクはあるものの故障の不安はほとんどなし。

電動アダルトグッズ自体がとにかく故障しやすくて低寿命。ただ日本製やイギリスブランド(NEXUS REVO)なんかは電動なのに超頑丈。しかしオナホとなると日本製のしかまともなのがありません。

ちょっと試せればいいよ、って人以外は、電動オナホを買うなら日本製、日本ブランドにしておくのがおすすめ。

【RIDE JAPAN】高寿命オナホ

素材の頑丈さだけでなく気持ちよさもNo.1クラス。価格も安くてとにかく人気のオナホ多数。

ヴァージンループ HARD

バンジータッチ素材がとても頑丈で優秀。特に透明のAirタイプは超頑丈。別に透明素材=頑丈ってわけじゃないのですが、RIDE JAPANのオナホがよく売れるのでそんなイメージになっています。

ヴァージンループ HARD

とにかく頑丈。そして高刺激。やばすぎる刺激の強さ。よく亀頭周りが赤く荒れる人はジョリジョリ刺激で余計に荒れる可能性あり。それくらい強い刺激です。Amazonだと第三者出品で偽物が出回っている?口コミがありなので注意。

ヴァージンループハードの販売ページはこちら(NLS)

ヴァージンループハードの販売ページはこちら(Amazon)

ヴァージンループ

ヴァージンループ

上記HARDの元となったオナホ。低価格、そして高刺激で頑丈。当初はそこらへんのオナホ扱いでしたが、ある番組で千原ジュニアさんが絶賛したことで情報が拡散。一気にRIDE JAPANの看板オナホに。HARDより若干耐久性は落ちますが、RIDE JAPANのオナホは基本的に頑丈ですね。

ヴァージンループの販売ページはこちら(NLS)

ヴァージンループの販売ページはこちら(Amazon)

【トイズハート】高寿命オナホ

オリジナルのセーフスキンは、柔軟性がありながら高耐久・高寿命を実現。硬くないのに破れにくい。相反する特性を実現した価値ある素材をメーカーです。

特にセーフスキンはベタつきがないことで有名。確かに不快感はゼロ。不快感が出てきたら寿命と考えても良さそうです。

セブンティーン ボルドー

セブンティーン ボルドー

二重構造ですがかなり頑丈です。2年は平気で持ちます。さすがに3年くらい経つと内部構造が剥がれたりベタつきが取れなくなったりしますが、そのタイミングが寿命でしょう。

これの前身となる「セブンティーン」ですが、こちらは膣口が裂けやすい。似ていますが耐久性はボルドーが遥かに上。あと、「ボルドーソフト」もありますが、これも若干裂けやすくなっています。

セブンティーン ボルドーの販売ページはこちら(NLS)

セブンティーン ボルドーの販売ページはこちら(Amazon)

R20

R20

写真じゃ分かりにくいのですが、一般的なハンドホールより一回りデカイです。穴入り口が大きく開いているように、ボテッとしているので入り口も裂けづらく高寿命。

ただ内部構造は平均的よりゆるいです。その分内部がねじれていて高刺激なのですが、締め付けが必要な人には不評。そうじゃない人には好評です。緩いだけだと裂けやすくなりますが、肉厚外壁により頑丈さはバッチリ。

R20の販売ページはこちら(NLS)

R20の販売ページはこちら(Amazon)

Wマックスホール

Wマックスホール

見た目が若干グロい色をしていますが大丈夫。かなり頑丈、かつ刺激も高めです。価格は1,000円ほどなのを考えるとかなりいいです。壊れる気配がないです。ただ刺激の好みは若干分かれるかと。ちなみに同じシリーズで「SI-X」がありますが、なぜかこっちは裂ける報告があって謎です。

Wマックスホールの販売ページはこちら(NLS)

【NLS】アダルトグッズショップオリジナル高寿命オナホ

まだ名前がありません

まだ名前がありません

NLSで売上No.1をずっとキープする大人気オナホ。価格のお手頃さと気持ちよさに加えて、二重構造なのに頑丈で長持ち。言うことなしのスタンダードオナホ。

まだ名前がありませんの販売ページはこちら(NLS)

NR(エヌアール)

NR(エヌアール)

アダルトグッズショップNLSとRIDE JAPANのコラボ商品。ヴァージンループシリーズと同素材で頑丈。

NR(エヌアール)の販売ページはこちら(NLS)

【電動】高寿命な国産メーカー電動オナホ

A10サイクロンSA PLUS

A10サイクロンSA PLUS

電動オナホでどれがおすすめか?というとこれです。とにかく故障しづらいし気持ちいい。あと静か。この静かさを知ると他の電動オナホは正直キツイ。動作音が気になると気持ちよさに集中できないんですよね。

内部のオナホ部分は交換できるので裂けや割れが起きても問題なし。柔軟性がありますが回転式なのでそもそも壊れにくい。

A10サイクロンSA PLUSの販売ページはこちら(NLS)

A10サイクロンSA PLUSの販売ページはこちら(Amazon)

A10ピストンSA

A10ピストンSA

ピストンタイプの王様。価格も王様で約4万円!ただピストン式は非常に難しい構造が要求されます。普通に作ると暴れまわって大変(それがこのプロトタイプのA10ピストン)。A10ピストンSAはカウンターレール構造を採用して反動を抑えつつ動作音もセーブ。同時に無理に振り回さないので耐久性もアップしています。

ピストン刺激にこだわる、かつ動画連動機能、静音性もというのならこれ。高すぎる!という人は、次のBASICタイプがおすすめ。

A10ピストンSAの販売ページはこちら(NLS)

A10ピストンSAの販売ページはこちら(Amazon)

A10ピストンBASIC

A10ピストンBASIC

A10ピストンSAから動画連動機能を省き、各部グレードダウンさせた廉価版。とは言え構造は同じなので頑丈。ピストン刺激さえちゃんとしたものなら、ということならダントツおすすめ!変に中華の安いやつ買うよりこっちですよ。

A10ピストンBASICの販売ページはこちら(NLS)

A10ピストンBASICの販売ページはこちら(Amazon)

扱いに注意が必要なオナホの特徴

リアル系オナホ

名器の品格

NPGの名器の品格シリーズが代表(名器の品格)。実際の女性の膣内、挿入感に近いオナホは破損しやすいのが特徴なんです。

このリアルな挿入感を生み出しているのは素材の違い。皮膚を引っ張ったみたいに自然に伸びる柔らかい素材が特徴。これがリアルな膣感を出していますが、同時に傷つきやすく破れやすい欠点があります。

使い方次第、洗い方次第で大きく寿命が変わるため、なるべく瞬間的に広げないこと。裏返しはご法度。

挿入しているときも、本当の女性とセックスしているみたいに、あまり乱暴に動かさないほうがいいです。相手が痛がるかもしれない……というつもりで扱ったほうがいいくらい。だからこそリアルなところもありますね。

内部がねじれている or ストレートじゃない

オナホの穴形状

上記画像は名器の品格ですが、ご覧のように穴がストレートじゃありません。明らかに一部の穴が外壁に寄ってますよね?指を突っ込んで洗うときに、内壁に指が刺さる感じで傷を付けてしまう事例が多い。

指はペニスより細いので動かしやすいのと、爪があるため傷をつけてしまい、最悪は貫通してしまう恐れがあります。

内部構造がねじれている、まっすぐじゃないオナホほど、からみつく気持ちよさがあるものの、取り扱いには注意が必要です。

おっぱいオナホ

オナホというかおっぱいグッズ。巨乳タイプほど壊れやすくなっています。左右の胸の自重が外側にかかると、胸の谷間が裂けてしまうのです。

谷間部分は板というか、一番薄くなっているのに両胸は重りみたいな重さなので、どうしても真中部分に亀裂が走ります。だからモミモミしているといつの間にか真ん中が裂けた!というトラブルが結構多い。

中華電動オナホ

中国製だから悪いって時代はもう昔。中国製のほうがいい製品であることも多いです。ただ電動オナホに関しては模造品だらけで当たり外れがすごい!品質が安定していないんですよね。あと構造もチープ。ピストンストロークも短いし、バッテリー持ちが悪かったりが目立ちます。

とりあえず電動オナホを体験できたらいいよって人以外はおすすめできません。

オナホを長持ちさせるためのコツ

超リアル系オナホは丁寧に扱おう

名器の品格シリーズなど本物の女性の膣を再現したオナホの場合、特に素材が柔らかくて破損しやすい。素材自体はそこまで破損しやすくないのですが、リアル系はとにかく洗浄がしづらいのです。

奥まで洗いづらかったり、クッキングペーパーなど水気を取るための紙がちぎれて中に残りやすく、それを取るために苦労していたら内部構造が裂けたりと。そのため、本当の女性を扱うように丁寧に時間をかけて洗う必要があります。

とにかく無理して洗わない。それさえ守れば寿命は伸びます。ただ面倒ですけどね。賢者タイムの中これをやるのが面倒なので、ついつい乱暴に扱いがち。

絶対に壊したくないなら透明ハード素材

基本的に大半のオナホは簡単に壊れませんが、特に壊れないのは透明なハード素材です。ライドジャパンの「ヴァージンループハード」が典型例。同社のハードタッチ【air】という素材が採用されており耐久性が抜群です。

それよりやや耐久性が劣るバンジータッチ素材でも十分強いですが、ハードタッチ【air】の頑丈さはかなりもの。裏返そうが何しようが破損知らず。

オナホなんて1回買ったらもう買いたくねえよ!って人には超おすすめ。そして気持ちよさも抜群なので、同社のオナホでは売上No.1です。

裏返して洗うのを避ける

オナホを裏返して洗う

オナホは裏返して洗えば一番きれいになり悪臭を防げます。ただ裏返すと素材にかなりの負担がかかり破損原因になることが多い。裏返しただけで入り口が裂けるオナホも多く、できればやらないほうがいいです。

では裏返さずに綺麗に洗うにはどうすればいいかと言うと、水を流しながら指で奥を優しくかきまわす、もしくはオナホを傷めない柔らかいスポンジでしっかりと精液をかき出すしかありません。もしくはノズルを奥に差し込んで水流で洗い流すかです。もっと言うと、中出ししないのも対策の一つです。

精液のタンパク質が残るから悪臭や素材の痛みに繋がるので、精液をオナホ内で出さなければオナホの長持ちに繋がります。どうしても中出ししたいならコンドーム着用ですね。ですが気持ちよさは大幅に落ちます。これが問題。

オナホの洗い方~臭いニオイを残さず次回快適&寿命アップ

奥までしっかり洗いしっかり乾燥させる

珪藻土スティック

オナホは濡れたままにすると悪臭を放つだけでなく、オイルブリード(油漏れ)と混ざって素材が痛みやすくなります。

今はほとんどのオナホが非貫通式なので乾燥が困難。オナホの穴奥が乾きにくいです。吸水性のあるペーパーを丸めて差し込んだり、穴を広げてミニ扇風機で風を送るなどして乾燥させましょう。

オナホの乾燥・水分除去方法~雑菌繁殖とニオイ予防に

ベビーパウダーを振っておもちゃ袋で保管する

オナシュット

オイルブリードによって染み出した油はオナホ自体を痛めます。結局は油で作られている素材なので、油が長時間付着すると変性したりモロくなるからです。

これを防ぐためにはベビーパウダーが定番。油分を吸収して劣化を防ぐだけでなく、オナホ自体のベタつきや悪臭も抑えてくれます。一手間でオナホの寿命はかなり伸びますよ。

あとはオナホの保管方法。オナホはビニール素材と一緒にしていると癒着するおそれがあります。特に高温になる夏場は注意。地面や机などに密着している部分が変色したり変形することもあります。

これも定番の「おもちゃ袋」がベスト。通気性がよく、油でベタついたりくっつくこともありません。後はオナホの上に何か載せないように保管すれば、そうそうオナホが早期に痛むことはありませんね。

オナホの保管方法~寿命を伸ばし気持ちよさを維持するために

アダルトグッズ
タイトルとURLをコピーしました