買って損しない電動オナホの選び方とおすすめ電動オナホ

手持ちのオナホを2~3本試したなら次のステップへ。やはり電動オナホ!

電動オナホは今めちゃくちゃ進化しています。というか、過渡期をふっ飛ばして最高のものが出ています。突然出てきました。そしてそれを超える電動オナホはなかなか出てこないのでもはや完成の域。だから今電動オナホを買っても、後で新型出て後悔するってことはありません。欲しければ今が買いです!

電動オナホ選びで絶対に知っておくべきこと

電動オナホ

安い=壊れやすい(昔よりマシですが)

電動オナホに限らず、電動アダルトグッズは故障率が異常に高いです。

ただ、最近の高級ブランド電動オナホに関して言えばマジで故障しなくなりました。

一方、安い電動グッズは今でも壊れやすいです。昔よりかなり頑丈になっていますが、当たり外れがあります。口コミがいくら良くても、ハズレを引くことがあります。特に中華ブランド。

電動オナホは高いんだよな~と、なるべく予算を抑えたいのなら、その時点で電動オナホは諦めたほうがいいです。無理に安く買うと、ババくじ引かされる可能性があります。そのことを理解してなら買ってもいいですが。

安い=めちゃくちゃうるさい!

安い電動オナホがなぜ安いか?というと、とにかく動けばいいんだろ?ペニスしごければいいんだろ?という点しか重要視されていないからです。なので静音性なんて贅沢なものは無視。

そのためモーターの駆動音が漏れまくり。電動オナホはパワーが必要なのでモーターも強力。安い電動オナホはかなりうるさいです

もしあなたが一人暮らしでなく、家族がいる環境なら、電動オナホは絶対に高価なハイブランドを買わないといけません。

またレオパ○スみたいに隣の人のくしゃみまで聞こえるようなら、それも安い電動オナホ禁止です。もしかすると電動オナホでオナニーしているとバレているかもしれません。

中華電動オナホはどれもほぼ同じ

アダルトグッズはだいたい日本のメーカーが作っています(工場は中国が多いですが)。そんな中で電動オナホは中国ブランドが非常に多いです。めちゃくちゃ多いです。

Amazonで電動オナホと検索すると山のように出てきます。

で、よく見ると形や機能、説明図がそっくり。そんなのばっかり。

これ、工場が同じところとかで、多少の仕様変更で少し変えているだけ。もしくはパクリ。

だからAmazonで電動オナホを真剣に吟味しても意味がありません。口コミは中華系のサクラがうようよしています。参考になりません。

中華電動オナホは確かに安い。安いんだけど構造が安っぽくて刺激パターンも荒っぽいです。とにかく抜きたい!という人には向いていますが、もっと気持ちよくなりたい!という欲があるならおすすめしません。ほんと、作業で抜かれている感じなんです。工事されているというか……

電動オナホに必要な機能はたった1つ!

中華電動オナホは不要な機能がたくさん付いていることが多いです。

機能数が多いほど故障しやすいです。最初から壊れているやつもありました……

選ぶべき電動オナホで必要な機能は1つ!

「オナホ部分の交換・取り外しが可能」

これだけ。

なぜかというと、電動オナホといってもオナホが回転するかピストンするだけなので、気持ちよさは電動部分じゃなくてオナホ部分で決まるからです。

安い中華オナホはこのオナホ部分の素材が悪いことがかなり多いです。特に硬い素材は全然気持ちよくありません。ゴリゴリした刺激が好きならいいですが。

オナホ部分が交換できるタイプなら、違う形状タイプなどに変えることで自分にあう電動オナホになります。でも固定されている電動オナホだとゴミです。

その電動オナホのブランドには別オナホパーツがないケースでも、大きさが合えば普通のオナホがハマるってこともあります。ただ、普通のオナホはだいたいキツキツなので、中華電動オナホだとパワー不足で固まる可能性が高いです。

また、取り外しできるタイプじゃないと洗うときが面倒。防水加工されている電動オナホってほぼないので、洗うときに気を使ってしまい虚しくなってきます。

というわけで、電動オナホを買うときは内部のオナホ部分が交換できるか?外れるか?が重要。

そこを無視して買うとしたら、8,000円以下で買いたいところ。1万円超えは危険。

リアルさを求めるなら低速対応を買う

高価な電動オナホは安い電動オナホと何が違うのか?というと、低速時のトルクです。

安い電動オナホほど低速が出ず、出てもトルクがなくて動きがギクシャクしたり止まります。これはかなり萎えるんですよ。

でも高価な電動オナホは低速が完璧。非常にゆっくり、まったりとした速度が出つつも、トルクがあるので引っかかりがありません。

女性とセックスする、フェラチオされるときだって、最初から全開でガンガンやらないですよね。たまには小休止でスローになる場面だってあります。スローな速度の組み合わせがよりペニスを気持ちよくしてくれるものです。

ただ単にガシガシ刺激されたらいいよ、という人は格安の電動オナホで十分。でも気持ちよさ、セックス感を味わいたいならお金を惜しんではいけません。

最初に買うなら断然回転式がおすすめ

電動オナホは、

  • 回転式
  • ピストン式

の2タイプに分かれます。

中華系はこの両方を持っていることが多いです。

どのタイプがいいか?というと、最初に買うなら断然回転式です。

理由は、

  • 価格が安い割に気持ちいい
  • 動作音がかなり静か
  • ペニスに合う合わないが起こりにくい

といった点。

一方でピストン型は、

  • 安いとストローク長が短い(2cmとか、特に中華系)
  • めちゃくちゃうるさい
  • 本体が暴れ倒す
  • 思ってたほど気持ちよくないことがまあまあある

といった問題点が多いです。

簡単に言うと、ピストン型は高級品じゃないと期待した気持ちよさはほぼない、ってことです。

そして高級品というかダントツNo.1のピストン電動オナホはたった1つだけ。そして価格が約4万円!

一方で回転式なら高級品でも2万円であります。

2万円の価格差は結構きつい。しかも、VRと連動させたりとか他の出費が必要になってくる場合、この2万円差がかなり助かります。

そして間違いなく回転式は気持ちいいです。ピストンじゃないと気持ちよくないってことはありません!

だから最初は回転式。

じゃあ中華電動オナホだったら回転もしてピストンもするんだからいいじゃん!と思うでしょうが、ストローク長が短いのであまり気持ちよさに影響しません。自分の手でやるとき、2、3cm、長くて5cm程度ピストンさせても気持ちよくいですよね?

中華系を選ぶときは、できるだけ回転機能に優れた電動オナホを選ぶと後悔しませんよ。

買って損しないおすすめ電動オナホ

A10サイクロンSA PLUS(回転式)

A10サイクロンSA PLUS

ダントツでおすすめ!とにかくこれ買っておけば失敗しません。

日本製です。価格は約2万円ですが、正直安いと思えます。他の1万円クラスの製品を使えば分かります。あ、これ2万円は安いわって。それくらい違う。

モーターの動作が非常に滑らか。そしてめちゃくちゃ静か。

中華電動オナホだとウィーン!というモーター音が響いて、これが意外と興ざめさせます。なんか機械に犯されているような……

その点、A10サイクロンSAは気になりません。ほんと気になりません。

そして内部パーツは豊富に用意されており、素材が回転刺激に合わせて調整されています。だからペニスに密着してくれる率が非常に高い。使う人のペニスを選びません。

モータートルクもかなり強くて、めちゃくちゃ皮が余っている人が剥かずに挿入すると包皮がねじ切られるんじゃ!?というくらい巻き込みます。すごいトルク。コンドームありで使う人も注意。ローションが十分にないとペニスがねじられます。

中華オナホみたいに、途中で止まったり、動作がぎこちないってことがなく、ズブズブズブと女の子が騎乗位でハメてくれてるか、口名器でフェラされている感じがすごいです。

さらにA10サイクロンSAは動画連動機能もあります。AV女優の動きに合わせて動作します。この動作パターンは、本体だけでは発生しない超低速もあるためめちゃくちゃリアル。

どうせお金をかけるなら拡張性がある方がいいでしょう。これで2万円は絶対に安いです。動画連動対応の回転式はこれだけですよ。

A10サイクロンSA PLUSの販売ページはこちら(NLS)

A10サイクロンSA PLUSの販売ページはこちら(Amazon)

A10ピストンSA(ピストン式)

A10ピストンSA

やっぱりピストン式でリアルセックスを追い求めたい!というなら、価格が約4万円と倍になりますがA10サイクロンSAの姉妹機であるA10ピストンSAがおすすめ。

いや、もっと安いのないんかい!?

と思うでしょうが、ピストンでイキたいならケチらないでください。安物買いの銭失いになるのは確実なので。というか、まともなピストン電動オナホはこれだけなんです。

機能はA10サイクロンSAと同じ。刺激構造がピストン式かどうかです。動画連動ももちろん対応。

ただピストン式なのである程度うるさいです。さすがにA10サイクロンSAより動作音がします。それでも他の中華電動オナホよりだいたい静かなので、ピストン式でこの静かさは異常。構造上、絶対に動作音がデカくなるんですよ。それが打ち消されているのはすごいんです。価格の高さはこの構造部分のせい。

A10ピストンSAの販売ページはこちら(NLS)

A10ピストンSAの販売ページはこちら(Amazon)

A10ピストンBASIC

A10ピストンBASIC

さすが4万円はきっついわ……

という人に激しくおすすめなのがこれ。この価格は驚異的

何がおすすめかというと、A10ピストンSAから以下を引いただけだから。

  • 動画連動機能
  • 動作パターン

これだけ。後は使用している部材とかの違いはあれど基本同じです。

この価格帯ではありえない静音性と滑らかさ。そして、何より低速時の動作が完璧。上位機種にしか無理だった低速時のトルクが見事に備わっています。

これはSAで初採用されたカウンター式のレール動作を採用しているから。SAが高いのはここの設計に苦慮した部分が大きいので、この価格(約2万円)で同機構が手に入るのはめちゃくちゃお得です!

固定器具のスタンドベーシックにも当然対応。ハンドフリーでイカされます!

ただそれでも、価格がほとんど同じの回転式であるA10サイクロンSAと比較すると悩ましいところ。あっちは動画連動機能がありますからね。どうしてもピストンされたいんやー!という人はこっち。電動オナホのフル機能がほしいならA10サイクロンSAで決まり!

A10ピストンBASICの販売ページはこちら(NLS)

NLSピストン(ピストン式・有線電源)

NLSピストン

どうしても安くて気持ちいいピストン式の電動オナホが欲しいんだよ!!

という人におすすめ。

無印A10ピストンです。A10ピストンSAの初期開発モデルの試作品。これならコストを下げたまま出せるってことで発売されたもの。なんとお値段1万円ほどと格安

基本設計はA10ピストンSAと同じですが、違いはめちゃくちゃあります

  • 安い(4分の1の価格)
  • とんでもなくうるさい
  • とんでもなく暴れる
  • 動画連動機能がない
  • SAより低速が出ない
  • 有線のAC電源駆動

でも、激しくピストンするという部分は抜群。中華オナホにはないパワーとトルクがあります。ピストン系としては長い8cmストローク(BASICは5cm)なので、ペニスをしっかり奥まで出し入れしてくれます。インナーカップも共通なので気持ちよさは保証済み。

スタンドベーシック(机に固定する器具)にも対応していますし、自動でペニスをしごかれたいという欲望はバッチリかなえてくれます。音さえ気にしなければ、まったりした刺激が好みじゃないなら十分ありです。

むしろ1万円は安すぎるなあという印象です。電源が充電式じゃないのも大して気になりません。むしろ下手にバッテリー化したらパワーが落ちるので歓迎。予算と相談した結果なら十分ありな電動オナホですよ。

NLSピストンの販売ページはこちら(NLS)

絶頂! 爆転フェラボンバー

絶頂! 爆転フェラボンバー

1万円以下の回転式としては抜けた性能を誇っています。

見た目がチープで質素。でも性能は価格以上になので後悔しません。

何がいいかというと、オナホカップが2つ付いていて取り外しが可能なこと。一応、A10サイクロン(SAの旧式)のオナホカップも取り付けられるという汎用性。

そして何より、格安電動オナホには普通ない安定した低速動作。これが超デカイです!

安い電動オナホほど低速の動きが苦手です。とにかく荒っぽい。これが気持ちよさをバッチリ引き出してくれます。さすがにA10サイクロンSAほどの滑らかさ、静かさはないにしても、連動機能とかいらない、主に亀頭中心に感じたいという人ならあり中のありですね。

絶頂! 爆転フェラボンバーの販売ページはこちら(NLS)

絶頂! 爆転フェラボンバーの販売ページはこちら(Amazon)

関連ページ

アダルトVRを見るための機材選び

動画連動機能がある電動オナホは、ぜひHMDでアダルトVRを再生してみてください。世界が変わります……

買って損しないおすすめオナホ(非電動)

お手軽価格で超気持ちいいハンドサイズのオナホ。電動タイプより内部構造が凝っているものが多く、オナホ部分での気持ちよさはこちらが上。

タイトルとURLをコピーしました