オナニーでハゲる可能性はほぼゼロ!AGAとは無関係

オナニーをしすぎるとハゲる。有名な話ですよね。

でもよく見るとそうとは言い切れないのです。

ほぼ、オナニー(射精)することでハゲる可能性はありません。ほぼゼロです。

オナニーでハゲると言われる理由と仕組み

そもそもなんでオナニーして射精するとハゲるって言われているのか?

理由は、男性型AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが関与している。オナニー(射精)で男性ホルモンが増えるからって話です。

でも調べると分かるのですが、これでオナニーが悪いって言える?となります。

1.オナニーで男性ホルモンが増える

男性はオナニーして射精することで男性ホルモンが増えます。

だからオナニーをやり過ぎると男性ホルモンが多い状態が続くと言えます。

2.男性ホルモンが別の男性ホルモンに変化する

オナニーで増える男性ホルモンはテストステロンです。

テストステロンに、5αリダクターゼという酵素が働きかけると、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化します。

3.DHTが脱毛因子「TGF-β」を増やし、さらに別の脱毛因子「FGF-5」も増える

ジヒドロテストステロン(DHT)は、毛の根本にある毛乳頭に働きかけ、そこにある男性ホルモンレセプターと結合し、脱毛因子「TGF-β」を増やします。

さらに「FGF-5」という別の脱毛因子に働きかけ、髪の毛が抜けるように指示を出します。

4.脱毛因子が毛乳頭の活動を弱め、縮小させて抜けが増える

毛根が小さくなると毛は抜けます。通常は活動サイクルの流れで縮小して脱毛しますが、脱毛因子が積極的に抜け毛時期の状態を作っちゃいます。

だから次々と抜け毛が増えてしまいます。

オナニーはハゲの原因ではないと言える理由

上記のハゲる仕組みを読んで、理解できた人は「オナニー悪くないじゃん」と考えが変わっていると思います。

あくまでオナニーが関与するのは「男性ホルモンが増える」という点。

男性ホルモンなんて筋トレしても増えますし、体調次第で上下動します。オナニーくらいでハゲるほど左右されるか?

そして、男性ホルモンが増えた=ハゲる仕組みが発動とはならないじゃないか?ってことなんです。

1.オナニーがハゲる仕組みに与えている影響は少ない

男性型ハゲのAGA原因は男性ホルモンが起因です。男性ホルモンが多いほどハゲる、薄毛になるリスクが高いとされています。

性欲旺盛な人ほど髪の毛が薄いイメージも手伝い、昔から恐れられているオナニーのデメリットです。

ただ、何も男性ホルモン「テストステロン」自体が抜け毛原因になるわけじゃないこと。

おアニーが及ぼす影響はここだけ。

つまり、オナニーでハゲると言うには要因が少なすぎますよね。

2.セックス三昧の男はハゲなのか?

オナニーでハゲると言いますが、じゃあセックス三昧の男ってどうなのでしょうか?

この日本でおそらく一番射精していて、年齢も決して若くない男性と言えばAV男優。

そしてどれくらい射精しているのか公表している人物といえばこの人しかいませんよね。

4時間でムラムラし、AVの撮影が2本あっても家でオナニーするという強者……

しみけん

さんです。

じゃあしみけんさんがハゲているかというと違うでしょう。カツラ疑惑があるわけでもなく。

他にもいわゆるヤリチン男性ってハゲなのか?植毛しているのかってことですよね。

基本的にヤリチンですぐお持ち帰りする男で、立派にハゲている人って見たことがないですよね。やはり髪の毛がふさふさのほうがナンパは成功しやすいです。

じゃあセックスにあってオナニーにない要素は何かというと、

  • 体力を使う
  • 相手女性がいる
  • 虚しさがない
  • お金がかかる(ホテル代やデート代)

といった点であり、射精して男性ホルモンが出るってところは全く同じです。

では、セックスとオナニーの相違点が、5αリダクターゼ酵素の活性化や、その他脱毛因子の活動を弱めるのか?というとそんな説はないですよね。

あくまで射精して男性ホルモンが増えることが問題なら、セックスでもハゲる話にならないと変です

オナニーがハゲの遠因となる可能性

ただオナニーが遠い原因としてハゲにつながる可能性は僅かにあります。

ですが、オナニーがメイン原因として問題になる可能性はほぼゼロです。

1.皮脂過剰で毛穴がつまり抜け毛促進?

昔から皮脂が頭皮の毛穴に詰まっていると抜け毛の原因になるとされていました。

オナニーすると男性ホルモンが増えるため、皮脂分泌が促進されやすいからです。

皮脂は男女ともに男性ホルモンが分泌に関与しています。

確かに酸化した皮脂が詰まっていると、顔のニキビみたいに刺激が発生してトラブルが生じやすいはず。

なのでサクセスとか男の育毛ブランドでは、皮脂を根こそぎ取るシャンプーが発売されていたり、とにかく頭皮を揉み込んで皮脂を毛穴から追い出すケアが推奨されていました。

ですが、今は逆に、皮脂がある程度毛穴にあったほうが抜け毛が起きにくいという論文もあります。

ハゲはほんとに治るのか#3「頭皮の脂を取れ」「血行をよくしろ」は大間違い

皮脂が溜まりすぎているのは確実に良くないですが、取りすぎると余計に皮脂が出たり、頭皮が乾燥してゴワゴワに硬くなり、育毛環境が悪くなってしまいます。

となると、オナニー程度の皮脂分泌影響でハゲるかというと、それだけでハゲるのは考え過ぎではないでしょうか?

2.育毛に大事な亜鉛が精液で流出し不足する?

亜鉛ってめっちゃ大事な栄養素です。取りすぎると中毒を起こしますが、だいたい現代人は不足気味です。

亜鉛は細胞を作るのに必須です。特に男性にとっては、精子や性ホルモンの原材料となります。だから不足するとEDになります。

そして髪の毛の成長にも不可欠。

髪の毛も細胞が分裂して角化したもの。元は細胞なので、やはり亜鉛がないと十分に髪の毛が成長しません。

特に亜鉛は細胞の生まれ変わりが激しいところでよく使われます。髪の毛が本数が多くて、かつ代謝が激しい部分。より亜鉛が必要とされます。

でもオナニーをして精子をいっぱい出すと、当然次の精子が積極的に作られます。

となると、亜鉛不足になってハゲになるというわけ。

しかし、精液の量って非常に少ないです。

しかも、見えている精液ってほとんどが前立腺液なので、精子としての亜鉛含有量はめちゃくちゃ少ないです。

オナニーのやり過ぎでハゲるほど亜鉛不足になるなら、まず髪の毛以外も影響が出てきます。例えばひどい肌荒れや虚脱感など。

ただ虚脱感は単純にオナニーのやり過ぎ起きますし、オナニーによる亜鉛不足で引き起こされるとは到底言えないのです。

人によってはオナニーでハゲにくくなる可能性がある

ハゲのきっかけとなりうる、5αリダクターゼによって変化したジヒドロテストステロン。

この男性ホルモンが増える理由に、テストステロン不足があります。

どっちも男性ホルモンで、オナニーやセックス関係無しで毎日作られています。

そしてホルモンバランスと呼ばれるように、特定ホルモンが足りなくなると別のホルモンを作って補ったりしてバランスを取ろうとします。

男性ホルモンも同じで、テストステロンが足りないと男性機能に影響が出ます。

でも男性ホルモンって生活環境やストレス、年齢で減っちゃって簡単に増やせません。

そこでハゲの原因となる5αリダクターゼが積極的に働き、代わりにジヒドロテストステロンを増やして対応してしまうのです。ないから似たホルモンでバランスを取るわけですね。

ということは、オナニーして男性ホルモン「テストステロン」を出すこと自体は、何もハゲの直接的な原因とは言えないのではないでしょうか。

むしろ、男性ホルモン「テストステロン」が少なすぎる人なら、オナニーをすることでハゲ予防になっている可能性もあります。

男のハゲはオナニーくらいで影響されない

結局の所、男のハゲ事情はオナニーだけで左右されるものではないことが分かります。

確かに原因の一旦ではありますが、オナニーだけでハゲるというのは考えにくいです。

オナニーにふけりすぎて、生活環境も頭皮環境もそっちのけ。とにかく育毛環境に悪い状態が続いている。

こんな人だったらオナニーが原因でハゲる、ハゲたと言えるでしょう。

そもそもオナニーをやめるだけでハゲないのなら、ハゲた人もオナニーをやめれば抜け毛の進行が止まるはず。

ですがそんな話は聞いたことがないですよね。

タイトルとURLをコピーしました