軽い仮性包茎を改善するオナニーの仕方

仮性包茎は手術すれば治ります。ですが手術に抵抗があるしお金もかかる。手術後の機能不全や痛みなどのトラブルも聞く。じゃあ自力で無理なのか?って疑問。

かなり限定的ですが、普段のオナニーの工夫だけで仮性包茎が改善される可能性が少しだけあります。理屈を理解すればなるほど、となるはず。

オナニーして気持ちよくなりながら、女性の前や銭湯で恥ずかしくない自信をゲット!

仮性包茎が改善される条件とオナニーの関係

余った皮が短くなる=オナニーでは無理

仮性包茎は通常時のペニスには包皮が余っている状態。手術ではこの余った皮を切り取って縫い合わせ、適切な長さにして非勃起時でも亀頭が露出するようにします。

じゃあオナニーで余った皮を短くしたり縮めたりできるか?というと絶対に無理です。人の皮膚は一度伸びるとほとんど元に戻りません。すごいデブの人が急激に痩せると皮膚がダランと余ってますよね。あれと同じ。

余った皮をなんとかする、という手段は諦めましょう。

ペニスを長くする=可能性は低い

いわゆるペニス伸長。ペニスの長さが増せば包皮のダブつきが解消されます。しかし御存知の通りペニスの長さを伸ばすのは至難の業。増大手術は包茎手術以上にリスクがあります。

一応、刺激を与えて成長を促す、という意味ではオナニーは効果があります。ただ、大人になってペニスの成長が止まっている場合は難しい。それでも大きくなったという人がちらほら聞かれます。ウソかホントが不明なのもこの分野。

関連したサプリメントもあります。ただこれらサプリメントの実態は、直接ペニスを大きく成長させるものではありません。男性に必要な成分を整えることで、下半身状態を整える内容

人によっては、これを確かに飲んだだけで通常の元気さが増します。ほんの少し以前より通常時に勃起している状態になる、ことから仮性包茎が解消されることもあります。

つまり、通常時のペニスが縮みすぎている人、こんな人は頻繁にオナニーすることで血流が良くなるのと、勃起反応しやすくなるため、実際にペニス増大したわけじゃないけど仮性包茎が解消するケースがあります。

そのためには、やはりやる気が必要。そこで男性向けサプリメントを活用して、エロい気分を起こしやすくするという対策が有効になります。ああいったサプリメントを飲んでデカくなったという人は、ムラムラしやすくなってオナニー、つまりペニス刺激が増えたからというパターンも考えられます。

亀頭のカリ段差を高くする=オナニーで実現可能性がある

亀頭オナニーにハマった人の中に、仮性包茎が治った!という人がいます。なぜか?理由は亀頭のカリ段差が高くなったからです。

男性のペニスは大きさが違うのは当たり前。当然亀頭のサイズも違うし形も違う。その中でカリ首の段差、つまり亀頭と竿との直径差もかなりの個人差があります。

このカリ首段差が高ければ、余った包皮がそこに引っかかって止まります。包皮自体が伸びていても関係ありません。

このカリに関しては、ペニス増大で一番結果が期待できます。竿部分は包皮に包まれているため刺激が届きにくいのに対して、亀頭は組織がほぼむき出し。こすり過ぎると赤くなったり出血するような部位です。

つまり刺激が確実に与えられるのと、カリという端っこなので刺激が特に与えやすい条件があるため、亀頭オナニーだけで仮段差が拡大。結果、仮性包茎が解消される可能性があります。

仮性包茎解消向けの亀頭オナニー方法

親指ワイパー式

ペニスを握ります。人差し指と親指でカリのあたりに輪っかを作る感じで軽く握ります

そのまま、親指の腹と上側に来ている側面で亀頭を刷り上げます。親指だけが車のワイパーみたいに動く感じ。これを繰り返します。

カリを引っ掛ける感じでやっていると、しだいに亀頭の端がめくれあがるような感じになってきます。

親指だとしっかりカリに当たるし、無意識に刺激できるのでカリ段差アップに最適。AVを見ながらスローオナニー。時間は30分以上かけてやると効果的。

クレーン式

亀頭の上からUFOキャッチャーのクレーンみたいに、指で亀頭を引っ掛けて、上に滑らせる感じで繰り返し刺激。使う指は小指以外動員。手の角度を変えて刺激が大きい親指の1をたまに変えてあげると、亀頭の成長促進に効果的。

UFOキャッチャーって爪のパワー不足で商品を持ち上げたらすぐ離しますよね。商品が亀頭、クレーンが手。滑って落とすを高速で長時間繰り返すのがクレーン式です。

親指ワイパー式より亀頭全体をこすれるメリットがある方法です。

亀頭増大のコツ

亀頭のフチをめくるように刺激

漫然と亀頭を刺激するのではなく、亀頭のフチを上にめくりあげるつもりで刺激します。フチを巻き込むような感じ。

亀頭を大きくするというより、フチをカールさせるようなイメージです。

勃起状態を維持する

血液ができるだけ亀頭に満ちた状態でやるのが効果的。フニャチン状態だと成長しません。

元気がない人は精力増強の取り組みも同時にやること。スクワットを簡単でいいので、椅子に座る前にやるとかなにか習慣づけてやると効果抜群。亜鉛やシトルリンなどのサプリメントで栄養補給も。

強くこすりすぎない

亀頭はパンパンの状態でこすり続けると、やはり充血してきて皮膚が痛むことがあります。特に強くこすりすぎると怪我します。出血するようなことがあると危険皮膚が硬くなりその部分の感度が死んでしまう可能性もあります。

強くこすっても亀頭が大きくなるわけではありません。弱い摩擦刺激で十分です。

1回30分以上やる

何分以上やると効果があるとかそういった確証はありません。ただ、なるべく血液を亀頭に集め続けることが有効なのは間違いありません。

亀頭オナニーは幸いにも射精しにくい方法なので、できるだけ時間をかけてやることで亀頭増大の期待がアップします。だいたい最低30分以上はやりたいところです。

ローションはなし

ローションはないほうがいいです。ローションを使うと亀頭にほとんど摩擦刺激が生まれません。

もし使うなら、アストログライドのような薄い被膜で指の感触を損なわないタイプ。これなら滑りも確保しして痛みを予防できますし、亀頭増大効果も確保可能。

実際にカリ高になるかは分からない

実績はあるが確実性はない

亀頭オナニーにハマっていたら仮性包茎が解消した、というのはかなりレアです。

  • もともと皮の余りが少なかった
  • カリ段差が元々あるほうだった

この条件下だと成功する期待はまあまあできるんじゃないでしょうか?

期待せずに続けるのが重要

実際に亀頭のカリが高くなった!という事例は、亀頭オナニーにハマっていたらいつの間にか……というケースです。

仮性包茎解消のためにやっていたのではないので、気長にやっていたらいつの間にかカリ高さんになっていたというわけ。もしこれが仮性包茎解消が目的なら、なかなか結果が出なくて諦めてしまうでしょう。

つまり、仮にこの方法にそれなりの効果があるとしても、実際に効果が出るのは相当先の話。期待してしまうと続かないので、それは薄く期待するにとどめて、亀頭オナニーを純粋に楽しむ習慣というのがおすすめ。亀頭オナニーはハマると結構癖になりますよ。

真性包茎の場合

真性包茎はオナニーで改善する可能性はほぼゼロ

真性包茎とは、亀頭と包皮が癒着している状態です。くっついています。

癒着を剥がさないと亀頭がむき出しにならないのですが、これをオナニーで気持ちよくなりながら、という虫のいい話はありません。残念!

ただ、亀頭オナニーをすることで亀頭と包皮の癒着がゆるくなる期待ができます。これはすぐ効果が出ず、かなり地道に、できれば毎日続けて多少効果が出るかどうか?といった程度。

でももし、自力で真性包茎を治す器具を使う場合は、このマッサージ有無が効果が出るまでの時間短縮になります。なので真性包茎もオナニーによってある程度改善期待できると言えるのかも。

真性包茎の癒着を剥がすには?

赤ちゃんのときのムキムキ体操という、包皮の癒着を剥がすケアがあります。これは賛否両論あるのですが、結局はどこかで包皮と亀頭が離れないといけません。

実は真性包茎だったけど自力で治したという人は結構いるんです。かなり痛みを感じますが、徐々に徐々にやることでクリアできます。

ポイントは、やりすぎず、少しずつ、時間をかけて、休みながら、という点。一気にやると出血して激痛。そこがカサブタになって余計に癒着して手術決定になるなどリスクがあります。

ただ自力で徐々に剥がす器具があり、これを使うとリスクを減らして真性包茎改善に取り組めます

この器具を使う場合でも、普段から亀頭をもみほぐして癒着の強まりを緩めておくのが有効。真性包茎は亀頭オナニーをしても気持ちよくありませんが、治療のつもりでやるといいでしょう。

関連ページ

タイトルとURLをコピーしました