※以下は偽名(匿名)で買う方法を紹介していますが、事実上可能なだけでAmazon社は公に推奨したり認めているわけではないのでご注意。仕組み上、偽名かどうか誰にも分からないから買えているだけで、規約違反に該当すると思われるので注意が必要です。

80サイズ・10kg以上はNLSで購入推奨

1.Amazonで偽名購入するには80サイズ・10kgまでが限界

いきなりですが、以下の方法は荷物サイズが80サイズまで限定です。

もし偽名で購入するなら(Amazonが公に認めてはいませんが)、必ずコンビニ受け取りが必須です。荷物受け取りに身分証明書の提示が不要だからです。

80サイズとは、荷物サイズが縦横奥行きの3辺合計が80cm以下、かつ重量が10kg以下であることです。

Amazonでアダルトグッズをバレずに安全に買うにはコンビニ受け取りが必須。しかし、コンビニ受け取りでは80サイズまで限定です。

80サイズは一番小さなサイズの60サイズより1段階上なだけ。思っているより小さいサイズです。

大きなオナホやまとめ買いをする場合は簡単にオーバーします。また大型の据え置きオナホだと10kgを超えるものもあります。

大きなグッズや一度で買い物を済ませたい場合は、最もバレない買い方ができるアダルトグッズショップ最大手のNLSを選ぶのがおすすめ。

↓詳細は下記ページ↓

2.大型グッズはダンボール梱包なしの場合もあるので注意

Amazonで購入した場合、Amazonが発送手続きをする商品ならAmazonダンボールで発送されれます。

しかし、家電やPCモニターなど、大型商品はダンボールに直接送り状が貼り付けられて発送されることもよくあります。

アダルトグッズの場合、基本的に商品特性上、大きさに関係なくダンボールに梱包されて発送されます。プライバシー保護のためです。

ただ、アダルトグッズとして認定されていないけど結構恥ずかしい商品の場合、ダンボールなしのむき出しで発送されるケースもあります。

Amazonは毎日大量の商品を梱包して発送していますが、アダルトグッズ専門ショップではありません。アダルトグッズも大量のジャンルの中の一つなので、商品によってはむき出し配送がヒューマンエラーで起きないとも限りません。

おそらく第三者出品の商品だと思われますが、大型のピストンマシンが外箱のまま送られてきたというネット上の報告もあります。

大型の商品やアダルトグッズかどうか微妙なラインの場合は、Amazonではなくてアダルトグッズ専門ショップを利用するのが無難。アダルトグッズショップなら無地のダンボール箱で送られてくるのが絶対です。

偽名アカウントを作る or 内容を変更~その理由

1.残念ながらAmazonは個人情報流出が過去にある

Amazonは過去にわずかですが個人情報の流出騒動があります。

  • ほしいいものリストが名前(実名)と一緒に丸見えになった(アナウンスなしの突然の仕様変更により)
  • 注文履歴が名前(実名)と共に1週間ほど他人に見える状態が続いた(一部の人は住所まで見えていた)

アダルトグッズ購入が世間にさらされるのは危険すぎます。

今後も何があるか分からないので、プライバシー性が高い商品を買う場合は一定の注意が必要。

参考:Amazonユーザーが震え上がった「注文履歴流出騒動」の恐ろしさ 解消報道後も「不誠実」と怒りの声やまず – ねとらぼ

2.偽名で購入が「実質的に」可能

Amazonはコンビニ受け取り限定で、偽名で購入することが実質的に可能です(推奨されているわけではありません)。

3.サブアカウントを作る or アカウント内容を偽名に変更

アマゾンのaccount画面

普段使っているアカウントでアダルトグッズを買うと注文履歴に記録が残ります。もし情報が流出した際はバレるのを避けられません。

Amazonではサブアカウントを作ることは認められています。アカウントの切り替え機能があるからです(ただし、販売者側はダメ)。

そこでアダルトグッズ購入用のサブアカウントを作り、アカウント名はニックネームや偽名にします。

普段のアカウントで買う場合も、アカウント名は「ほしいいものリスト」やレビュー投稿時に使われるだけなので、最初から本名で登録する必要がありません。多くの人が実名フルネームで登録していますが、ここをニックネームにしておくだけでバレる確率は大幅に下がります。

ただし、コンビニ受け取りの際は「アカウント名」が送り状に記載されるので、ふざけた名前だとコンビニで大恥をかくので注意。

【一部の人の対象】買う商品はAmazonが販売する製品のみ~その理由

以下の人は注意指定ください。

  • 偽名ではなくて普段のアカウントのまま購入する
  • 自宅配送を選ぶ

1.Amazon以外が販売する製品は第三者に個人情報が渡る

Amazon通販はAmazonから購入しているとは限らず、以下の3パターンがあります。

  • Amazonが販売
  • マーケットプレイス
  • FBA「フルフィルメント by Amazon」

マーケットプレイスとFBAはAmazonと関係がない第三者業者・ショップが販売しています。

Amazonの販売ページ画面

上記画像は、PCでAmazonのある商品ページを見た場合の、画面右側を切り取ったものです(スマホでもほぼ同じ)。

通常、Amazonが販売する商品の場合、Amazonから買うボタンが上。第三者が販売する商品は下段に並びます。

販売主体がAmazonではない場合、注文者の住所氏名などが第三者の販売者に伝わっています。

Amazonから買っているのに、実は見たことも聞いたこともないショップや個人から購入していることになります。

アダルトグッズ購入の事実が得体のしれない人物に渡ってしまう可能性がある点に注意。

特にFBAは注意。

FBAとは、Amazonに在庫の管理から出荷、その他クレーム受付までとにかく何でもやってくれるサービスです。出品者は商品をAmazonに送るだけで商売ができます。

Amazonが配送を行うのでAmazon以外から買ったという自覚がありません。でも個人情報はバッチリ第三者に渡されているので、本名や自宅配送を希望する際は、よっぽど信頼できる販売者でない限り避けたほうが無難です。

FBA出品者に伝わっている個人情報の内容はここで確認できます。

FBA在庫出荷レポート

FBAで出品者に伝わる個人情報

プライバシーポリシーとして伝わらないのは電話番号だけ。どこの誰か、何を買ったかはバッチリ連絡されている証拠です。

Amazonが集荷配送しているから安心だ♪

とはならないので注意してください。

【全員】買う商品はAmazonが配送する製品のみ~その理由

Amazonが配送する場合はおなじみのAmazonダンボールです。

  • Amazonが販売する
  • 第三者が販売しAmazonが配送する

この2つはAmazonダンボールで配送されます。

しかし、第三者が販売して発送も行うマーケットプレイスは、Amazonダンボールではなくて各販売者が用意した発送方法が取られます。

Amazonでアダルトグッズ購入がバレるケースで多いのがこれ。

どう考えてもアダルトグッズなのに以下の状態で送られてきたケースがあります。

  • 外箱のまま
  • 透明なフィルムやプチプチで梱包して中身が透けて分かる
  • ダンボールが破損して中身が見える状態

といったトラブルがいくつもあります。

特にブランドものではないアダルトグッズを買う場合は注意!例えば電動オナホなどです。

なぜなら、これらノーブランド品は中国製のコピー品が非常に多く、販売しているショップも中国人経営のことが目立つからです。

そのためお構いなしな梱包で送られてきやすいので注意。

格安中華グッズでも、品質がチェックされて厳選されたものが売られているNLSで購入したほうが後悔しません。

配送先をコンビニで登録して受け取り人名を変更する

1.住所や電話番号は一切不要

Amazonではアカウント登録で住所登録は求められません。

住所が必要なのは配送先リストだけです。

ここでコンビニ指定を選べば住所登録は一切不要です。

2.氏名は偽名でも事実上可能だが注意

コンビニ受け取りの際に、荷物の伝票に記載される氏名は「アカウント名」です。

荷物の受け取りの際にサインが必要ですが、サインするべき氏名はアカウント名になります。

アカウント名が日常生活で使いづらい名前である場合は変更しておかないと、非常に恥ずかしい思いをします。

  • アカウント&リスト→アカウントサービス→ログインとセキュリティから変更
  • 購入最終確認画面で変更

のどちらかで、アカウント名をちゃんとしたものに変更しておきましょう。

Amazonのアカウント名変更の方法

一応、身分証明書記載の氏名を登録するように指定されます。

ただ実際に身分証明書の提示が求められることはないので、事実上は偽名購入が可能になっています(コンビニ受け取り開始間もない頃は身分証明書の提示が求められたこともありました)。

Amazonの購入最終確認画面

※Amazonは偽名購入を公に認めているわけではありません。事実上できちゃっているだけで規約違反の恐れがあるので注意。

支払い方法を選び支払う

支払い方法はコンビニ受け取りでも制限はありません。

偽名の受け取り先でも、普段使っているクレジットカードは使えます。

当然、クレジットカードの明細にはAmazonとしか書かれないので、何を買ったかは記録が残りません。

その他支払い方法で氏名入力が求められる際は、受取先として使用した氏名を記載します。

受け取り可能メールが届いたらコンビニで受け取る

1.端末操作 or メールを店員さんに見せる

発送が完了し、指定したコンビニに荷物が到着したらメールが届きます。

その受取可能メールが来たら指定したコンビニに受け取りに向かいます。

  • スマホでメール記載のバーコードを店員さんに読み込んでもらう
  • ロッピー(ローソン)、ファミポート(ファミリーマート)などの端末を操作して発券→店員さんに渡す

のどちらかです。

端末に打ち込む番号はメールに記載されています。

2.荷物を受け取りサインをして終了

荷物を受け取る際にサインが必要です。

この際に身分証明書の提示は不要です。偽名なら偽名のサインをします。

まとめ

Amazonは気軽に変える分、何も気にせずアダルトグッズを買ってしまいがち。

ですが販売業者は誰か?コンビニ受け取りの際の名前は大丈夫か?80サイズ以下か?といった点は注意が必要です。

本当かウソか分からない噂もあります。

2ch(5ch)掲示板の書き込みで、Amazonでバイトをしている人が

「誰が買ったのかは分かる。住所は分からないけど」

という発言を残しています。

参考:Amazonの倉庫でアルバイトしてるけど質問ある?

不特定多数の入れ替わりが激しいアルバイトに見られるのが本当なら、少数精鋭で入れ替わりがほとんどないアダルトグッズ専門の大手ショップのほうがやはり安心ではあります。

また、あまり知られていないブランドや、高価だったり大型なオナニーグッズを買う場合もアダルトグッズ専門ショップで買うのがおすすめ。

将来処分に困るグッズでも、アダルトグッズ専門ショップで買っておけば引き取り処分サービスが利用できるので安心です。

Amazonはオナホやバイブなどでメジャーな商品を1つ、2つ買う、他の一般商品のついで買いのときに便利ですね。