アダルトグッズ購入手段別の危険性と対策

アダルトグッズを購入する手段と、各手段について回るリスク、危険性について解説。今はほとんどの人がネット通販です。

ネット通販

アダルトグッズ購入でワクワク

誤配

宅配便は誤配事故があります。間違えて他人に配達してしまう事件。もし受け取った人が開封したら悲惨。

対策

  • コンビニ、郵便局受け取り、専用宅配ロッカー(Amazon Hub)で自宅以外に配送して受け取る。

家族が勝手に開封

家族が自分以外の家族の荷物を勝手に開けてしまう事件。デリカシーに欠ける身内がいると起きがち。

対策

  • 自宅以外の配送で受け取る
  • 頑丈な二重包装で開けちゃいけない感がある梱包のショップで買う

宅配員に中身がバレる

送り状に商品名が記載されますが、当然ながらアダルトグッズであることは絶対に記載されません。当たり障りない商品名だったり自分で記載内容を変えられます。

宅配員にアダルトグッズだとバレるとしたら、アダルトグッズのショップ名ではない普通の会社名などのカモフラージュ名をその配達員が知っていたケース。同じショップの利用者だった場合はカモフラージュ名を知っているはず。

ゆうパックの伝票イメージ

しかし宅配業者は忙しいのでほぼ間違いなくスルーしています。発送元は基本気にしておらず、届け先住所しか見ていないし、自宅に来る配達員がカモフラージュ名を知っている確率も極々少ない。ほぼ気にしても意味がないレベル。

対策

  • 自宅以外の配送
  • 発送元名が変えられるショップで買う

ネットの個人情報流出

毎年のように各企業に登録された個人情報が流出しがち。アダルトグッズの購入履歴が漏れたらさすがに恥ずかしい。

以前、Amazonでは自分以外のアカウントに接続されるトラブルが1週間も続いたり、欲しい物リストが勝手に公開されていて本名のアカウント名が見られたりとという事件がありました。

ネット通販は購入履歴と住所氏名が漏れる可能性はゼロとは言えません。

対策

  • 匿名購入可能なショップでのみ購入(会員登録に住所氏名を書かなくていい)
  • 購入するときだけ住所氏名を入力して届いたら偽に変更する

ダンボール破損で中身が見える

ダンボールが配送中に敗れて中身が見える事故があります。宅配業者がテープなどで補強して配達時に「すみません……もし中が破損していたらご連絡ください」となりますが、アダルトグッズの場合は破損よりも中身バレするほうがキツイ。

対策

  • Amazon以外が発送する商品を避ける(特に海外配送はダンボールがペラペラで危ない)
  • めちゃ重い工業製品用の高品質ダンボール箱で発送するショップを利用する

アダルトグッズの外箱のまま裸で発送される

アダルトグッズは当然箱に入れられて発送されるべきですが、一部家電みたいに商品箱に送り状を貼り付けて発送する業者がいます。地獄です……

対策

  • AmazonのAmazon以外が発送するショップで買わない(過去にありました。レビューで指摘されていた)

ヤフオク・メルカリ

中身が見える状態で送られてくる

ヤフオクは稀ですがメルカリはリテラシー不足な人が混じってるので梱包がヤバい状態で送ってくる人が多数います。

対策

  • ヤフオク・メルカリ等で買わない(よっぽど探していた商品でもない限りリスクしかない)

アダルトグッズ購入を他人に推測される

ヤフオクもメルカリも何を落札、購入したかは他人から見えない仕組みです。ただ評価では誰から購入したかが分かるため、その購入先がアダルトグッズばっかり出品している人だと、ああアダルトグッズを買ったんだなとバレることになります。

対策

  • 相手の出品物がアダルトグッズだらけなら諦める

リアル店舗(大人のおもちゃ店・ドン・キホーテ等)

知り合いに見られる

お店の中で見られるのはもちろん、入るところ、出るところを見られてもアダルトグッズなどエッチなものを買いに来たとバレます。

対策

  • 変装する(そこまでするならネットで買おう)

店員が知り合い

店員が知り合いという可能性もあります。特に地元で人の動きがないような地域だと特に。ドン・キホーテなんかはバイトで近所の人が働いている可能性もあり。

対策

  • ネットで買おう

雑誌通販

運営企業が謎

ネット通販全盛の時代ですが雑誌など掲載の通販も未だにあります。ネットが苦手な高齢者が利用したりが多いようです。

ただ怪しい企業も混じっているのでいろいろ謎です。あと割高。明らかに。

対策

  • がんばってネットで買おう

DMが届く

アダルトグッズショップで購入しても絶対にDMは届きません。届いたらヤバい。

でも雑誌通販なんかは顧客リストが命なのでDMが届くケースがあります。こちらの商品どうですか?と。さすがに封筒に入っているのでアダルトグッズのDMとは分かりませんが、怪しさ満点なので家族に「何?」と聞かれるかも。

対策

  • やっぱりネットで買おうよ

安全に買い物できるネットショップはいくつもありますが、バレ対策と価格の安さ、品揃えや買い物のしやすさを考えると、基本的にNLSがNo.1です。

他のショップは、そのショップオリジナルのオナニーグッズを買うため、もしくはNLSで取り扱いがない商品を買うときくらいです。

ただ単に買うだけならどこでもいいですが、プライバシーを守るなら以下の方法も参考にしてください。

アダルトグッズ
タイトルとURLをコピーしました